【男女SS】男「愛を伝えることが出来なくなった」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 20:31:18 ID:zlW8eE2o
女「で?こんなところに呼び出してどうしたの?」

男「・・・女」

女「はい?」

男「・・・俺はお前が・・・」

女「・・・」

男「::だ!!・・・あれ!?」

女「・・・ふざけてるの?」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 20:33:50 ID:zlW8eE2o
男「・・・今のは無しだ!ごめん!もう一回!」

女「ちょっと・・・なんなのよ」

男「俺はお前が::だ!」

女「・・・あのさぁ」

男「あれ!?俺はお前が::だ!:::::!おい!」

女「・・・帰っていい?」

男「ワンモア!::だ!何でだよ!」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 20:36:56 ID:zlW8eE2o
男「・・・何だったんだ?」

男「いいや・・・怒らせちゃったし手紙を書こう」

『女へ
昨日はごめん。言いたかったことを手紙で伝える。
俺はお前が@@だ。』

男「何だよこのグチャグチャ!ふざけんな!」

男「くそ!もう一枚!」

『俺はお前が@@です』

男「なんだよ!なんなんだよ!」

『@@だ!』

男「くそー!!」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 20:40:08 ID:zlW8eE2o
男「結局好きだ系ワードが書けなかった」

友「おはよう」

男「おう!おはよう!」

友「うわ・・・隈酷いぞ」

男「いやー実は昨日ずっと::レター書いてて・・・あれ!?」

友「はぁ?ファンレター?」

男「ちげーよ!::レターだよ!:文!くそ!」

友「なんだよお前・・・」

男「わかんねえ・・・」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 20:43:42 ID:zlW8eE2o
男「・・・実はさ。昨日女に::しようとおも・・・あれ!?」

友「・・・セクハラしようとしたのか?」

男「ノーだよ!::だよ!くそ!」

友「というかお前から初めて女さんの名前を聞いたな。なんかあったか?」

男「いやー実は俺、女が::でさ・・・これもだめ!?」

友「え・・・?何だよ聞こえなかったぞ」

男「・・・なんでもない」

友「なんだよ気になるなぁ・・・」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 20:50:08 ID:zlW8eE2o
男「・・・国語はだりぃな・・・」

教師「えーではこのページを・・・男くん読んでください」

男「あ、はい」ガタ

男「・・・えーと『彼女の瞳は¥¥しく、キラリと輝いていた。それはいわゆる¥¥する瞳だった』・・・くそ」

教師「・・・恥ずかしい単語かもだけど、読まなきゃダメよ」

男「・・・すみません」

男(美しいもダメなのかよ・・・)

教師「じゃあ次のページも読んでみて」

男「はぁ・・・『僕はとても後悔した。彼女に::を::えることが出来なかったからだ』・・・」

教師「・・・」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 20:54:01 ID:zlW8eE2o
男「なんなんだ・・・なんなんだよ・・・」

女「・・・男」

男「女」

女「あんた昨日から変よ」

男「・・・うん」

女「・・・昨日、何が言いたかったの?」

男「・・・!」

男(ここでジェスチャーをしたら・・・!)

男「女!」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 20:56:29 ID:zlW8eE2o
男(俺は!)サッ

女「あんた?」

男(お前が!)

女「あたし?」

男(好きだ!)

女「・・・!」

男「女・・・!」

女「ふっざけんじゃないわよ!!!」

男「!?」

女「ばか!」 スタスタ

男「・・・?」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 20:59:45 ID:zlW8eE2o
男「んん?」

男「俺は・・・で俺の心を指差して」

男「お前が・・・であいつの心を指差す」

男「好きだはハート型・・・完璧じゃないか」

男「・・・!」

男「心の位置って・・・」

女「なにあいつ!いきなり黙ったと思ったら・・・○○○○が好きだって・・・」

女「最低!」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 21:03:51 ID:zlW8eE2o
男「・・・とりあえず、ジェスチャーは出来るようだ」

男「こう・・・ハートに・・・あれ!?は、ー、と、にぃぃぃいいい!!」グイグイ

男「 ゼェ、ゆ、指が・・・ゼェハートに動かん」

男「な、なんなんだ・・・」

男「・・・あぁ!?」

男「さっきのチャンスを無駄にした・・・」

男「くそー!!!」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 21:16:01 ID:zlW8eE2o
男「こんな時は&&いい動物をみよう・・・」

男「おぉ・・・このブログのチワワはかなり&&いいな。コメントしよう」

『チワワノガフちゃん*・いいですね!水遊び姿がとっても'{>.です!特にお尻!
コメント12 ことお』

『>>12はぁ?』

『ふざけんなks』

『通報しますた』

男「なんでだよ・・・なんでだよ・・・」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 21:20:22 ID:zlW8eE2o
男「・・・投げキッス・・・恥ずかしいけどいいかもしれない!女ー!!」

女「なによ変態」

男「くそ・・・まぁいい、みてろ!」

女「?」

男(手を口につけ・・・)スッ

男「!?」 グググ

男(離れない・・・離れない!)プルプルプル

女「!? は、吐きそうなの!?」

男「!?」

女「わ、私あんたのリバースショーなんて見たくないわ!さよなら!」 ダダッ

男「女ぁー!!!」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 21:25:24 ID:zlW8eE2o
男「くそ・・・これじゃただの変な人だ・・・」

男「! そうだ・・・頭の体操で見たことがあるぞ!女ー!」

女「なによ超変態」

男「ぐっ・・・み、みてろ!」

女「?」

男「教科書を開いて・・・端と端をくっつけ・・・られねぇ!」

男(ハートじゃねぇ!これはまるで・・)

女「・・・M?あんた・・・マゾだったのね!いや!こないでぇ!!」ダダダ

男「・・・くそ・・・くそー!!」

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 21:29:53 ID:zlW8eE2o
男「・・・!文章は文章でも・・・!」

『すごく
きたない
だんご』

男「これなら・・・!女ー!」

女「なによ異常○○」

男「うぐぅ・・・これを☆☆☆☆しろ!」

男(ヒントもだめか・・)

女「・・・?・・・!!」

男「女・・・!」

女「だれが○○○なんて食べるか!あんたってホント異常○○ね!」

男「あぁ・・・今までの失敗のせいでこんな歪んだ解釈に・・・」

男「というか○○○とかいうなよ・・・」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 21:33:36 ID:zlW8eE2o
男「そうだ!夏目漱石の名言を借りよう!女ー!」

女「! 五メートル離れて喋って!」

男「ぐぅぅ・・・女ー!今日は月がきれいだなー!!」

女「・・・」

男(やったか!言えた!)

女「月なんて見えないわよ・・・」

男「ダメか!」

女「! げ、幻覚作用のあるものを・・・!?」

男「えっ」

女「それは犯罪よぉぉぉおおお!!」

男「・・・」

男「どんだけ俺はおかしい人だと思われているんだ・・・」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 21:43:24 ID:zlW8eE2o
男「くそー!!なんで%%を%%えられないんだ!!」

友「なんか知らんが荒れてんなぁ・・・」

男「あー・・・カラオケ行こうぜ!」

友「おーいいな」

男「おっしゃ!いくぞいくぞ!」

友「気分の落差やべぇな」

男「それが俺だ!いざゆかん!カラオケ!」

友「へいへい」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 21:49:23 ID:zlW8eE2o
男「おっしゃーいくぞ!# #### ###!」

友「なんだよ曲名」

男「# #### ###~いまだぁーけはー」

友「いやいや大事なとこだろ・・・そこ・・・」

男「くそー!演奏中止だばかやろー!」

友「・・・じゃあなに入れる?」

男「@@の@@@!」

友「いやなんだよ」

男「くそー!!」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 22:02:44 ID:zlW8eE2o
男「はっ!ハートを絵にしたらいいのでは!」

男「よし!・・・女ー!」

・・・カコン

男「紙コップ?・・・糸電話か」 スッ

女『これではなして・・・どうぞ』

男「おふぅ・・・この紙を見てください・・・どうぞ」

女『・・・?・・・!ど、臓器売買ですか!?どうぞ』

男「違いま・・・あ、逃げてしまった」

男「くそ・・・くそ・・・」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 22:27:32 ID:zlW8eE2o
男「動きも駄目・・・歌もだめ・・・比喩もダメ・・・」

男「ならば!女ー!」

男「ん?あれ?・・・あっ」

モニター「女『なによ』」

男「ぐう・・・みろ!」

ガガガガガ・・・ガガガ

モニター「女『?・・・グラウンドに何書いているの?」

男(スキ・・・っと!)

『フニ』

モニター「女『・・・○○○○はフニじゃないわ』」ブチ

男「あぁ・・・!でもいい情報をもらった」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 22:40:23 ID:zlW8eE2o
男「女ー!これなーんだ!」

女「・・・?生のすき焼きじゃない」

男「おう!なーんだ!」

女「・・・生のすき焼きじゃないの?」

男「ちょっぴり違うなぁ!」

女「・・・焼いてないすき焼き」

男「そうあと%%だ!」

女「・・・?!まさか・・・!」

男「女・・・!」

女「食べろっていうの・・・?」

男「うぐぁああああああ!!!」

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 22:43:56 ID:zlW8eE2o
男「あぁ・・・俺はもうダメだ・・・アイディアが無い・・・」

姉「あれ?男じゃーん」

男「あぁ姉さん」

姉「一緒帰ろー」

男「うん・・・」

姉「おやー?男、元気無いねぇ?どした?」

男「うん・・・ちょっとね」

姉「じゃあさ、夕食で元気だしなよ!今日はカレーだって!男はカレー¥・・・美味しいもんね!」

男「?・・・おう!」

姉「いざゆかん我が家!」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 22:49:03 ID:zlW8eE2o
姉「んー!カレーおいしー!」

男「姉さんもカレー&・・・よく食べるよね」

姉「うん!だって私カレー#・・・美味しいもの!」

男「?・・・そうだよなー」

姉「母さんのカレーは美味しすぎる!」

男「だよな・・・ごちそうさま」

姉「おー早い」

男「まあな・・・っとテレビみるか」ピ

姉「あー!ロード・ローラだ!@@@い・・・こ、この子面白いよね!」

男「・・・そうだね」

姉「・・・」

男「・・・」

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 22:51:51 ID:zlW8eE2o
男「姉さん?」

姉「!」

男「・・・あのさ、最近変わったことある?」

姉「ななななんのこと!?いいいいえないわけじゃないの!!」

男「・・・姉さん」

姉「・・・うぅ、男・・・」

男「・・・」

姉「うわぁあああぁぁん!!ごめんねぇえええ!!!」

男「え!?」

姉「ぞれ、わだじのぜいなのぉおおお!!!」」

男「な、なんだってー!!!」

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 22:57:57 ID:zlW8eE2o
姉「あのね、わたしの$び・・・ボーイフレンドがね、『ツンデレマジ萌えす』って言ってたの」

男「え、姉さん$$いたの!?」

姉「うん・・・で、彼のタイプに成るため頑張ろうって・・・でも私ってかなり素直じゃない?」

男「自分で言わないで・・・まぁそうだけどよ」

姉「だからね、自分の気持ちを丸々隠す薬を作ったの」

男「作ったの!?」

姉「科学部だから」

男「なるほど」

姉「・・・これがかなり強力な薬でね・・・」

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 23:01:34 ID:zlW8eE2o
姉「水に溶かして飲まないと見境なく続く薬になったから実験用に桃の天☆水にいれておいたの」

男「ん・・・?」

姉「そしたら・・・男、飲んじゃって・・・ごめんねぇぇえええ!!」

男「うわー!心当たりしか無ぇぞ!!」

姉「でも一ヶ月くらいで切れるからそれまで我慢してね・・・」

男「おう・・・そんなに」

姉「ごめんね・・・」

男「ほう・・・でもツンデレか・・・」

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 23:08:30 ID:zlW8eE2o
男「女ー!!」

女「・・・なによ」

男「やった普通だ!・・・はっ・・・ ゴホ・・・女なんて¥¥じゃ・・・嫌いなんだからね!」

女「!」

男「女なんて嫌いだからね!」

女「・・・」

男「近寄らないでね!」

女「・・・そっか」

男「女・・・!」

女「これまでのあんたの行動、そういうことだったんだ」

男「うん!」

女「・・・あんた、そんなに私が嫌いだったんだ」

男「う・・・え?」

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 23:10:40 ID:zlW8eE2o
女「はは、これまでのは全部私を遠ざけるためだったのね」

男「え・・・」

女「・・・キモイけど、ちょっと楽しかったのよ」

男「女・・・」

女「じゃあ、消えるわね」

男「女・・・!!」

女「じゃあね」

男「待てよ!・・・あっ」

男「・・・くそ」

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 23:12:51 ID:zlW8eE2o
男「おはよう」

友「おう・・・あ、女おはよう」

女「・・・おはよ」

男「お、女。おはよう」

女「・・・」 スッ

男「!」

友「おおう不機嫌だな」

男「・・・」

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 23:15:11 ID:zlW8eE2o
男「・・・あ、この方法なら・・・」

男「女ー!」

シーン

男「あれ?・・・女ー!!おーい!」

シーン

男「・・・」

男「くそ・・・」

男「なにも言えないことより嫌われた方が辛い・・・」

男「・・・なにも・・・」

男「・・・よし!」

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 23:17:05 ID:zlW8eE2o
男「女、女・・・あ!おい!女!」

女「・・・」 スタスタ

男「女!」ガシ

女「!・・・離して」

男「女、聞いてくれ!」

女「・・・いや」

男「女!」

女「聞きたくない!」

男「・・・女ぁああああああああ!!」

女「!?」

男「俺は女が@@だ!@@@てる!」

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 23:20:23 ID:zlW8eE2o
男「初めて見たとき@@いいと思った!同じクラスになれて@@しかった!話したとき@@@@した!」

女「な、なにいってるのよ・・・」

男「いつも女を目で@ってた!女が@きでよ@った!誰よりも女をあ@してる!」

女「・・・え」

男「女!俺は!お前が・・・すきだぁあああああああ!!!」

女「お、男・・・」

男「勝ったぞぉおおおおおおお!!!」

女「わたし・・・」

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 23:23:10 ID:zlW8eE2o
女「私・・・昨日凄く悲しかった・・・いっぱい泣いた・・・」

男「おう・・・ごめんな」

女「・・・だって・・・だって・・・」

男「・・・」

女「私、男が好きなんだもの・・・」

男「!」

女「本当に、好き?」

男「昨日はごめん!訳あって嘘ついた・・・俺は女が大好きだ!」

女「・・・嬉しい・・・」

男「女・・・」

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/23(木) 23:26:40 ID:zlW8eE2o
女「・・・男、好きよ」

男「女・・・」スッ

女「・・・んっ」

男「・・・うぉお、初めてだ」

女「わ、私もよ」

男「・・・俺でよかったのか?」

女「当たり前よ!だって私はあなたが::なんだもの!・・・え?」

男「え?」

女「い、今のなし!男が::!@@@てる!あれ?」

男「う・・・」

女「えぇ!?」

男「うつったぁあああぁぁああああああ!!!!」

終わり

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1329996678/l50

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする