【オリジナルSS】男「歩こう……どこまでも、どこまでも」

1: ◆xGZ8epJNzU 2018/05/20(日) 16:00:09.69 ID:gNZChRei0

ある日、男は決心した。

「歩こう……どこまでも、どこまでも」

男は歩き始めた。

2: ◆xGZ8epJNzU 2018/05/20(日) 16:03:09.70 ID:gNZChRei0

男が歩いていると、ある夫婦が喧嘩をしていた。

「ふざけるな! なんて身勝手な女だ!」

「あなたこそ! 男として見損なったわ!」

散々罵り合い息切れする二人のもとに、男が歩いてきた。

そして――

3: ◆xGZ8epJNzU 2018/05/20(日) 16:06:04.91 ID:gNZChRei0

「お二人ともすごい汗ですね。もしかして、よほど歩いたんですか?」

それだけいうと、とっとと歩いていってしまった。

取り残された夫婦はというと、

「なんか、バカらしくなっちゃったな」

「私たちも散歩でもする?」

「そうだな……」

仲直りするしかなかった。

4: ◆xGZ8epJNzU 2018/05/20(日) 16:09:12.90 ID:gNZChRei0

男はある村にたどり着いた。

そこでは村民同士が村の行く末について論じていた。

「この村をもっと栄えさせるため、開発を進めるべきだ!」

「いや、歴史のあるこの村は、ありのままの姿で残すべきだ!」

どちらの言い分も一理ある。

男はかまわず歩を進めた。

5: ◆xGZ8epJNzU 2018/05/20(日) 16:12:05.59 ID:gNZChRei0

ある村人が男に聞いた。

「あんたはどう思う? この村を開発すべきか、このままにしておくべきか」

男は歩きながら、こう答えた。

「これまで色んな道を歩きましたが、こんなに歩きやすい道はなかなかありません」

村を去っていく男の背中を見つめる村民たち。

誰かがいった。

「とりあえず、このままということで……」

6: ◆xGZ8epJNzU 2018/05/20(日) 16:15:05.24 ID:gNZChRei0

歩き続ける男は、ある大きな町に到着した。

町は町長選挙の真っ最中。

どちらの陣営も、相手の弱みの握り合いに必死になっていた。

「対立候補者は立ち小便をしたことがあります! ぜひ、私に清き一票を!」

「そちらこそ、桜の木の枝を折ったことがあるじゃないか! ぜひ私に一票を!」

あまりにもバカバカしいやり取りに、町の人たちも半ば呆れている。

男はただただ歩き続けた。

7: ◆xGZ8epJNzU 2018/05/20(日) 16:18:04.25 ID:gNZChRei0

二人の候補者は、男の歩く姿をじっと見つめた。

「なんと美しいフォームだ……!」

「あんなに堂々と歩く人間を見たことがない……!」

男を見て、二人はお互いのやり方を恥じた。

「これからはもっと堂々と勝負しましょう」

「ええ、町や町民をどうするのかの政策で、論じ合いましょう!」

8: ◆xGZ8epJNzU 2018/05/20(日) 16:21:07.57 ID:gNZChRei0

ある民族同士が、にらみ合い、殺気立っている。

二つの民族は長年いさかいを続けており、それがいよいよ爆発寸前となったのである。

「今日こそお前らと決着をつけてやる!」

「望むところだ!」

一触即発。

そんな雰囲気にもかかわらず、男は平然と歩を進めた。

9: ◆xGZ8epJNzU 2018/05/20(日) 16:24:05.77 ID:gNZChRei0

突然の乱入者に、困惑する二つの民族に対し、男は歩きながらつぶやいた。

「なぜ争ってるんですか? みんな、歩けば汗をかくのは変わらないのに……」

男からしてみれば、思ったことをただ口にしただけだった。

しかし、どうやら両民族の心にこの言葉はやたら響いてしまったらしく、
あれだけ高まっていた戦意はいつしか収まってしまった。

二つの民族の未来はこれからだ。

10: ◆xGZ8epJNzU 2018/05/20(日) 16:27:05.76 ID:gNZChRei0

男は地雷原に着いた。

当然、地雷原を管理している兵士が止めに入る。

「ここから先は、あちこちに地雷が埋まっていて危険だ! 入ったらいかん!」

「しかし、どうしてもここを通りたいのでね」

男は迷わず地雷原に足を踏み入れた。

恐れもなにもない。

男は地雷を踏んだ時のことなど考えてはいなかった。

歩きたいから、歩いているのだ。

11: ◆xGZ8epJNzU 2018/05/20(日) 16:30:13.82 ID:gNZChRei0

男をおそるおそる見守る兵士たち。

やがて――

「あの人を死なせたらいかん! みんなで地雷を撤去するんだ!」

地雷原を管理する兵士たちは、地雷の位置を知っている。

瞬く間に大勢の兵士が集められ、地雷の撤去作業が始まった。

そのおかげなのか、運がよかったのか、男は地雷原を徒歩で抜けることができた。

その後、地雷原から全ての地雷が撤去されたのはいうまでもない。

12: ◆xGZ8epJNzU 2018/05/20(日) 16:33:15.65 ID:gNZChRei0

血と煙と銃弾と悲鳴が飛び交う戦場。

むろん、男はペースを落とさず歩き続ける。

「何者だ!? あそこを歩いているのは!?」

「我が軍にあんな兵士はいませんし、敵軍でもありません!」

両軍でこんなやり取りがなされ、いつしか戦う兵士たちは男の歩く姿に見とれていた。

13: ◆xGZ8epJNzU 2018/05/20(日) 16:36:05.92 ID:gNZChRei0

男が通れば、戦闘が止み、戦場が静かになる。

歩く男の姿には、戦いをやめさせてしまう何かがあった。

男がいなくなった後、この戦場からは一つの発砲音も聞こえなくなっていた。

男はそれが自分のおかげだと、気づいているのかいないのか、定かではない。

14: ◆xGZ8epJNzU 2018/05/20(日) 16:38:22.42 ID:gNZChRei0

男が歩いていると、複数の人間が男の前に立ちはだかった。

彼らはみな、国の指導者である。

「なんでしょう?」

「君が歩き続けるせいで、我々の国の兵士から戦意が消えてしまって、大変迷惑している。
もう歩くのをやめてもらいたい」

「お断りします。私は歩きたいのです」

男がこう答えると、指導者のうちの一人が銃を向けた。

「これでもかね?」

15: ◆xGZ8epJNzU 2018/05/20(日) 16:41:04.36 ID:gNZChRei0

しかし、銃を向けられても、男の態度は変わらない。

「私は歩きます。撃ちたければどうぞ」

「歩かなければ助かるというのに! 下らん意地を張って地獄に落ちてもいいのか!」

「そうしたら、地獄で歩くまでです」

指導者たちは、男を止めるのを諦めた。

いかなる武力も、権力も、男を止めることはかなわなかった。

16: ◆xGZ8epJNzU 2018/05/20(日) 16:44:04.56 ID:gNZChRei0

しばらくして、この地から争いらしい争いはすっかり消えてしまった。

まもなく皆は、この地を平和にした男を捜したが、もはや行方は分からない。

しかし、今もきっとどこかで歩き続けているにちがいない。

それだけは分かった。

17: ◆xGZ8epJNzU 2018/05/20(日) 16:47:28.70 ID:gNZChRei0

いつしか人々は男のことをこう呼ぶようになった。

この地から戦争をなくしたことから転じて、戦争をもひれ伏させた偉大なる王、

戦争王(ウォー・キング)と――

― 終 ―

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526799609/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする