【恋愛SS】男「俺、ずっと前から幼馴染の事が…」幼馴染「いいわよ」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:07:25 ID:/5uC8xZI
男「…だから、俺…」

幼「だから、いいわよ」

男「え?」

幼「何?」

男「OKって事?」

幼「そうよ」

男「やったぁぁぁぁ!!!」

おわり

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:08:05 ID:/5uC8xZI
男「…っていやいやいや」

幼「何よ?」

男「え?何で今、ナレーションみたな感じで『おわり』って言ったの?」

幼「言ったけど、何か文句でもあるの?」

男「文句はないけど…」

男「いやいやいや、あるよ!文句あるよ!」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:08:40 ID:/5uC8xZI
幼「何よ」

男「俺、勇気だして告白してたのに、途中でかぶせて返事って!」

幼「あなたが私の事好きだった~なんて」

幼「あたな以外の人皆が知っている事実よ」

男「そんな馬鹿な!?」

幼「え?本気で気付かれてないと思ってたの?」

男「俺は幼稚園の頃から、ずっと幼の事が…」

幼「いいわよ」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:09:11 ID:/5uC8xZI
————————
はしゃぐ男
それを見て、微笑む幼馴染

やがて見つめ合い、笑い出す2人…

部屋を映していたカメラは徐々にパンアウトしていき…
澄み渡った空を映し出す

空は…これからの二人の行く末を暗示しているかのような
真っ青な…それはそれは真っ青な、青空だった

おしまい

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:10:06 ID:/5uC8xZI
男「っておい!」

幼「何よ?」

男「なんでナレーション足しちゃった?」

男「で、何?俺の部屋、カメラで撮られてるの?」

幼「そうね」

男「え?マジで?盗撮?」

幼「違うわよ。イメージよイメージ」

男「イメージ?」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:10:47 ID:/5uC8xZI
幼「盗撮イメージ」

男「やっぱ盗撮じゃん!」

幼「ジョークよジョーク。アイリッシュジョーク」

男「アイリッシュなの?てかどの部分がアイリッシュ?」

男「アイルランド人、どこに出てた?」

幼「え?あなたと私の2人きりのこの部屋に」

幼「第三者が居ると思うの?」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:11:21 ID:/5uC8xZI
男「誰も居ないと思ったから、聞いたんだよ!」

男「あと、どこまでがジョーク?」

幼「最初から全部ジョークね」

男「それじゃあ…俺の告白は…」

幼「あ、それは…

幼「いいわよ」

幼「お・し・ま・い」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:12:45 ID:/5uC8xZI
男「って、おい!」

男「なんか、ジブリアニメの終わりみたいになっちゃったよ!」

男「なんでそんなふわっふわした感じにしちゃった?」

男「あと、ナレーションベースの体、放棄かよ!」

男「普通におしまいって言っちゃったよ!」

幼「何なのよ、男ってば」

男「何がだよ!」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:13:34 ID:/5uC8xZI
幼「どうしちゃったの、今日は」

幼「いつものキレキレな男はどこ行っちゃったの?」

男「キレキレって何?どういう状態を表現してるの?」

幼「いつでもキレイキレイの泡を手につけている状態?」

男「何で俺がいつも石鹸の泡を手につけてるんだよ!」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:14:08 ID:/5uC8xZI
幼「お外はバイ菌だらけですからねー。キレイキレイしないとねー」

男「子供をあやす様に言うなっ!」

幼「もう、この子は!またワガママ言って!」

男「だから!子供扱いやめろ!同い年だぞ!」

幼「知ってますけど?」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:14:50 ID:/5uC8xZI
男「…うん」

幼「何?」

男「幼は昔から、何でも知ってたよね。俺が知らない事いっぱい」

男「…そんな幼の事を俺は…」

幼「いいわよ」

幼「fin」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:15:29 ID:/5uC8xZI
男「ストップストーップ!」

幼「もう、一体何なのよ」

男「俺、せっかくいい感じで話しを戻そうとしたのに」

男「何でフランス語でおわりって言った?」

幼「隠してたけど、私、実はフランス人なのよ」

幼「メルシーボークー」

男「何に対して、ありがとう、なの?」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:16:12 ID:/5uC8xZI
男「おじさんもおばさんも純和風っていうか日本人だよね?」

男「フランス関係ないよね?」

男「どゆことー?幼、ドユコトーー?」

幼「ツッコミが長いし、大した意味もない」

幼「私が審査員なら、男、予選敗退は確実ね」

男「何か、意味わかんないけど、今、俺、貶められた?」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:16:58 ID:/5uC8xZI
幼「そんな事ないわよ、モナミ」

男「モナミ?誰?」

幼「…何でもないわよ。で、つまり何が言いたいの?」

男「だ、だから!」

男「俺は…俺は幼の事を…」

幼「いいわよ」

幼「ジ・エンド・オブ・ウォー」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:17:35 ID:/5uC8xZI
男「待って!お願いだから待って下さい!」

幼「何を待つのよ。男、意味わかんないわよ?」

男「え?俺、意味わかんない?」

幼「エスターク相手にザラキ連打するクリフトくらい」

幼「もちろん初代ファミコン版のね」

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:18:19 ID:/5uC8xZI
男「…ファミコン版ならクリフトはスタメンじゃないでしょ」

幼「私のパーティはトルネコ・ミネア・マーニャ・クリフトよ」

男「何の話し?ねぇ、何で今、戦争が終わる話しからの」

男「ドラクエ4の話しに切り替えたの?」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:18:52 ID:/5uC8xZI
幼「別に切り替えたつもりないけど」

男「まぁ、戦争が終わるのは良い事だけどさ…」

男「俺、今、大切な事伝えようと…」

幼「いいわよ」

幼「ゲームオーバー」

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:19:44 ID:/5uC8xZI

男「オーバーになっちゃったよ!」

男「とうとう、本格的に終わらせようとしちゃった?」

男「クリアして、ハッピーエンドとかじゃなくて」

男「バッドエンドな感じが漂ってるよ!」

幼「そんな事ないわよ」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:20:17 ID:/5uC8xZI
男「じゃあ、どういうつもりなんだよ」

幼「私が意味のない会話が好きなの、知ってるわよね?」

男「あぁ、よく知ってるよ」

幼「つまりそう言う事よ」

男「どゆこと?」

幼「この会話に…」

男「…」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:20:57 ID:/5uC8xZI
幼「…深い意味は無いって事」

男「何で今、ちょっとためてから言ったの?」

男「あと、そのドヤ顔やめろ!」

男「俺の一世一代の告白を…」

幼「いいわよ」

男「だから!なんでちゃんと話しも聞かずに」

男「『いいわよ』って言っちゃうの?」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:21:40 ID:/5uC8xZI
男「ちゃんと聞いてよ!」

幼「聞いてるわよ」

男「あ、言い間違えたよ」

男「最後まで、ちゃんと聞いてよ!」

幼「いいわよ」

男「だからね、俺は幼の事が…」

幼「だから、いいわよ」

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:22:17 ID:/5uC8xZI
男「…」

幼「…」

男「台無しだよ!コレ!」

幼「何よ、急に大きな声出さないでよ」

男「一生懸命な俺がバカみたいじゃんか!」

幼「そんな事、ないわよ」

男「…」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:22:51 ID:/5uC8xZI
幼「一生懸命に、コンタクトを取ろうとする男君を」

幼「何故か、のらりくらりと、やり過ごそうとする幼さん」

幼「あっれれぇー?どうしたのかなぁー?」

男「その小芝居は何だ!俺のやる気を削ぐ作戦か!」

幼「!」

男「なに、その核心を突かれた殺人犯みたいな顔」

幼「可愛い幼馴染に向かって、殺人犯って酷くありません?」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:23:27 ID:/5uC8xZI
男「話しそらすな!さっきの小芝居は、俺のやる気を削ぐ為だったんだな?」

幼「男…ついに能力に目覚めたのね?」

男「何の能力だよ!てか能力って何だ?」

幼「能力と書いて、チカラと読むのよ!」

男「そんなの別に知りたくもないし、知っても意味ねーよ!」

男「徹底的に俺の話しを聞かねーつもりか?」

幼「男…やはり、人の心を読む能力(チカラ)を…」

男「そんなんじゃねーから!」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:24:08 ID:/5uC8xZI
男「はぁ…もう疲れたよ…」

幼「あら、もう降参?」

男「…くっ、悔しい…だけど…」

幼「あら、あなたが必死に隠してる薄い本のセリフね?」

男「必死に隠してるんだから、気付いても気付かないフリしてよ」

男「てか、また部屋漁ったな?」

幼「!」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:24:42 ID:/5uC8xZI
幼「やはり能力が開花したか…ククク」

幼「奴は所詮四天王の中でも最弱の存在よ…」

幼「そうだ、所詮あやつの能力は…」

幼「魔王様はもちろん、我らの足元にも及ばん…」

幼「油断するな!男の能力は進化すれば我らの能力を上回るかもしれん…」

幼「ククク…とりあえず魔王様に報告だ…」

幼「役たたずの土の四天王は死んだ…とな」

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:25:22 ID:/5uC8xZI
男「…」

幼「…」

男「もう気が済んだ?」

幼「…」

男「…気が済んだ?」

幼「今日の男は冷たい…」

男「ねぇ、真剣な話しの腰をボッキボキに折られ続けた」

男「俺の気持ちを、少しは考えて?」

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:26:03 ID:/5uC8xZI
男「そりゃ意味のわかんない、即興劇をスルーするくらいするよ!」

幼「ぷっ」

男「今、何で吹いた?」

幼「スルースルクライスルー」

幼「ダジャレでしょ?今のネタならR-1の3回戦くらいまで行けるんじゃない?」

男「そんなに面白くないし、R-1とか出ないし!」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:26:40 ID:/5uC8xZI
幼「出てくればいいじゃない」

幼「そして青春の一ページに泥を塗りたくってくればいいじゃない」

男「…」

幼「あ、良い意味でね?」

男「悪意しか感じない!」

幼「…」

男「…」

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:27:16 ID:/5uC8xZI
幼「…」

男「…」

幼「フフ。まさに、沈黙は金…ね」

男「…」

幼「わかったわよ。私も覚悟を決めるわよ」

男「マジで?」

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:28:06 ID:/5uC8xZI
幼「いいわよ」

男「…またそれかよ!もういい加減に…」

幼「ちゃんと聞くから…話して…いいわよ…」

男「!」

幼「早くしないと、また不思議時空に引きずり込むわよ?」

男「!」

幼「…」

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:28:48 ID:/5uC8xZI
男「幼さん、小さな頃から俺を引っ張ってくれる」

男「俺が困っている時は助けてくれる」

男「優しくて、頭が良くて、勘が鋭い」

男「そんなあたなが大好きです」

男「俺とお付き合いしてください」

幼「…いいわよ」

男「マジで?」

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:30:17 ID:/5uC8xZI
幼「鈍感紳士の男は気付いてないんだろうけど」

幼「私はとっくの昔に、あなたにゾッコンLOVEよ?」

男「マジで?そんな素振り見せなかったじゃん!」

幼「アナタが鈍感だから気付かなかっただけよ」

男「マジか…」

幼「マジよ」

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:31:05 ID:/5uC8xZI
男「じゃあ、今日のやりとりは何だったんだよ!」

幼「だから最初からいいわよって言ってたじゃない」

男「そうだけど!」

幼「…ちゃんと告白されるのが、恥ずかしかったのよ」

幼「それくらい、幼馴染なんだから、察しなさいよ、バカ!」

男「はは…それじゃ、本当に…」

幼「私もあなたの事がずっと好きだったの」

幼「私で良ければ、お付き合いして下さい」

男「やったぁぁぁぁぁぁ!」

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:32:03 ID:/5uC8xZI
幼「あ、一つ忘れていたわ」

男「え?何を?」

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/22(金) 00:32:39 ID:/5uC8xZI
幼「エンダァァァーーーーーーーーー」

男「イヤァァァァァアァァ?」

男「って、違うよ!」

男「幼、それは当事者が言うセリフじゃないよ!」

ホントにおわり

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1340291245/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする