【囚人SS】囚人「懲役一ヶ月の刑?」ドクター「はい。」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 01:32:55.657 ID:+rO3eX5l0.net
警察官「・・・五回目。」

囚人「・・・」

警察官「五回目の万引きだ。」

囚人「・・・はい。」

警察官「盗んだものはぁ?、少女向け雑誌、えんぴつ、ノート、筆箱。」

囚人「・・・」

警察官「前の犯行も似たような物だったな。」

囚人「・・・娘が、いるんです。」

警察官「あぁ、知ってるよ。」

警察官「六年前に奥さまと離婚。」

警察官「当時一歳だった娘さんを引き取り、男手一つで育てる」

囚人「・・・」

警察官「正直ね、同情はしないでもないよ?でも、犯罪は犯罪だ。」

囚人「・・・はい」

警察官「罰金30万。払える?」

囚人「」フルフル

警察官「じゃあ、実刑になる」

囚人「・・・どれくらいですか」

警察官「さぁ。五回目だし、被害額も少なくはない。」

囚人「・・・何ヵ月?」

警察官「何年。だろうな」

囚人「そんな・・・!娘は、娘はどうするんです!」

警察官「そればかりはぁ。まあ、何かしら配慮はするけど、どこまでできるか・・・」

囚人「今回は、今回だけは勘弁してください!もう二度とこんな真似は!」

警察官「俺に言われても困るんよ。」

囚人「しかし、娘が、娘が!」

警察官「執行猶予はつく。それまでに優秀な弁護士でも雇うんだな。」

囚人「・・・そんな金は」

警察官「・・・じゃあ大人しく罰をうけるだけだ。」

2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 01:38:24.649 ID:+rO3eX5l0.net
とある研究所

ドクター「・・・というわけで」

助手「・・・」

ドクター「私は、このことに非常に興味があるのです」

助手「しかし、ドクター。検証するには人間が必要では。」

ドクター「そう、そうなんだよ助手くん。」

ドクター「そこでだ、犯罪者を使ってはどうかね?」

助手「・・・犯罪者?」

ドクター「彼らの人権はあって無いようなものだ。どう使おうと私の勝手だろう」

助手「お言葉ですが、少なくとも日本では彼らにも・・・」

ドクター「無論、本人の同意の上さ。」

助手「・・・いやしかし、法的に不可能では?囚人をモルモットとして使うなど」

ドクター「治験だよ治験。法的な問題は別の者に任せよう。」

助手「うまくいくのかなぁ」

ドクター「ふっ、きっとうまくいくさ。浦島太郎計画。」

4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 01:45:02.064 ID:+rO3eX5l0.net
数日後

囚人「・・・あの。貴方は」

警察官「彼が、俺が個人的に紹介したい人物だ。」

ドクター「どうも。囚人さん」

囚人「ど、どうも」

警察官「彼は、名高い研究者でね。君に協力してほしいらしい」

囚人「はぁ?」

ドクター「一ヶ月間の治験を行って頂きたい。」

囚人「よく、話が読めないのですが」

警察官「彼の一ヶ月間の治験に協力すれば、実刑は懲役一ヶ月とする」

囚人「は、はぁ!?」

警察官「それだけ重要な研究なんだ。君も、何年も刑務所には入れられたくないだろう?」

囚人「なにがどうなっているんだ?治験ってなんです?」

ドクター「一ヶ月間、用意された部屋の中で暮らせば良いのです」

囚人「へや?」

ドクター「ええ、何もない部屋ですが、食事もトイレも用意されています」

囚人「そこで、何を?」

ドクター「なにもしません。ただ居るだけでいいのです」

6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 01:47:51.730 ID:+rO3eX5l0.net
警察官「悪くない条件だろう?」

囚人「いや、まぁ。」

ドクター「貴方の命に関わるようなこともしません。貴方はただその部屋にいればいいのです」

囚人「・・・それをやれば・・・」

警察官「一ヶ月の拘束で外に出られる」

囚人「・・・」

ドクター「協力して頂けませんか」

囚人「・・・わかりました」

警察官「ふん」

囚人「やりましょう」

ドクター「同意していただけて光栄です」ニタニタ

8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 01:51:14.608 ID:+rO3eX5l0.net
二日後

囚人「じゃあ、いい子にしてるんだぞ

娘「パパ、どこにいくの?」

囚人「・・・仕事さ」

警察官「娘さんは、こちらで見ておこう。一ヶ月、責任をもって。」

囚人「よろしく頼みます」

ドクター「では、行きましょうか。」

囚人「・・・はい」

娘「ぱぱ・・・」

囚人「・・・いってきます」

娘「・・・・」

ドクター「さぁ、車に乗ってください」

囚人「はい」

バタン

ブーーーーン

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 01:56:55.031 ID:+rO3eX5l0.net
研究室

助手「まさか、本当にこの条件で実験ができるとは」

ドクター「彼は今控え室にいる。部屋と料理の準備を整えろ」

助手「これから、どうするんです」

ドクター「前にも話した通り」

ドクター「私がいま一番関心があるのは、老化と時間の関係だ」

助手「・・・」

ドクター「この世にあるものは必ず朽ち果てる運命にある」

ドクター「それは時間と共に進行するものだ。」

ドクター「では、精神的な影響はどのくらいある?」

助手「・・・」

ドクター「老化は、時間と共に進行するのか。」

助手「それとも・・・」

ドクター「私はこう仮定する。」

ドクター「人の体感時間は身体の老化に比例する」

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 02:01:03.677 ID:+rO3eX5l0.net
囚人「この部屋に、入ればいいのか?」

ドクター「そうです、囚人さん。」

囚人「思ったより、狭いな」

ドクター「申し訳ない。」

ドクター「だが、刑務所の監獄よりは綺麗だろう。」

囚人「たしかに。壁も床も天井も真っ白だ。」

囚人(本当に、目がおかしくなるくらい真っ白な部屋だ。)

囚人(部屋にあるのは、机と、椅子と、時計。)

囚人(隅には小さなトイレが着いている)

ドクター「気に入って頂けたかな?」

囚人「一ヶ月で出られるのなら、我慢できる部屋ですね」

ドクター「ははは」ニタニタ

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 02:06:13.027 ID:+rO3eX5l0.net
ドクター「君からは私の声がスピーカーから聞こえるだけだが」

囚人「ええ」

ドクター「私は角にあるカメラで君を観察している」

囚人「・・・」

囚人(天井の四隅にカメラが設置されている・・・)

ドクター「まあ、リラックスして過ごしてくれたまえ」

ドクター「腹がへっただろう。食事を用意した」

ウィーーーーン

囚人「おお、机の中から料理が」

ドクター「どうぞ、召し上がれ。最初の晩餐だ。」

囚人「いただきます・・・」モグモグ

ドクター「・・・」

16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 02:09:08.155 ID:+rO3eX5l0.net
囚人「ふぅ、なかなか美味しかった」

ドクター「それはよかった」

囚人「これで一ヶ月なら、余裕で、」

ドクター「」ニタニタ

囚人「がん、ば・・・れ・・・」クタァ

助手「眠りましたね。」

ドクター「こっからが本番だ」

助手「どうするんです?」

ドクター「十分後におこす。」

ドクター「部屋の時計は一時間進めておけ」

助手「承知しました」

17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 02:11:30.464 ID:+rO3eX5l0.net
十分後______

ピリリリリリ

囚人「ん、ん・・・ぁ」

ドクター「目が覚めたか囚人さん」

囚人「ん、ああ、ねてたのか」

ドクター「相当お疲れかね。一時間寝たままだったぞ」

囚人「ははは、気が張ってたのかもしれませんね」チラ

囚人(もうこんな時間か)

ドクター「まあ、ゆっくりしてくれ」

20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 02:16:07.584 ID:+rO3eX5l0.net
2時間後

ドクター「そろそろ私はおいとましよう」

囚人「え、ああ、はい」

ドクター「なにもない部屋だ。消灯したら君も寝るしかない」

囚人「・・・そのようですね」

ドクター「おやすみ、囚人さん。これからよろしく頼む」

囚人「ええ。」

カチン

シーン

囚人(本当に真っ暗だ)

プシューーーー

囚人(ん?なんの、音だ?)

囚人(なにか、吹き出るような・・・お・・・と、、が。)

助手「被験者、昏睡状態になりました」

ドクター「よろしい三十分後におこすぞ。」

ドクター「部屋の時計は8時間すすめとけ」

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 02:18:48.015 ID:+rO3eX5l0.net
三十分後

ピリリリリリ

カチン

囚人「・・・う、んん」

ドクター「おはよう囚人さん」

囚人「・・・おはようございます」

ドクター「始めての夜はどうだったかね。よく眠れたか」

囚人「ええ、グッスリと眠れました」

ドクター「そうか、よかった。」

ドクター「朝食を用意した。食ってくれ」

ウィーーーーン

囚人「いただきます」

24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 02:22:12.295 ID:+rO3eX5l0.net
助手「思っていたよりも上手くいっていますね。」

助手「彼、完璧に8時間後の朝だと思いこんでいます」

ドクター「就寝というより昏睡状態だからな。」

ドクター「この部屋では外の時間に関係なく、彼の認識の時間の上で時が刻まれているんだ。」

助手「体感時間が全てということですね」

ドクター「左様。」

ドクター「それが彼の身体にどう影響するのか。」

28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 02:26:35.049 ID:+rO3eX5l0.net
囚人(昔から枕が変わると寝られない人間だったが)

囚人(不思議とこの部屋ではグッスリと眠れた)

囚人(料理も質素ながらしっかりと栄養が取れる)

囚人(しかし不思議と腹は減らない。体を動かさないからだろうか。)

囚人(今は2日目の朝。あと30日で家に帰れる。)

29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 02:29:59.241 ID:+rO3eX5l0.net
ドクター「囚人さん。」

囚人「はい、なんでしょうか」

ドクター「すまないが私は講義があるから、90分ほど席を外す」

囚人「はあ、大変なんですね」

ドクター「これでも一応、教授という肩書きもあるのでな」

囚人「がんばってください」

ドクター「では、失礼。」

助手「教授ってw」

ドクター「なにか?」

助手「いいえ。なんでも。」

ドクター「時計を早めろ。三十分後に戻る」

32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 02:34:10.501 ID:+rO3eX5l0.net
かち、かち、かち

囚人(なにもやることがない)

囚人(ただ白い部屋に一人。)

囚人(考えるのは、娘のこと。別れた妻のこと、これからのこと・・・)

かち、かち、かち

囚人(きこえるのは、時計の音)

囚人(心臓の音。)

囚人(時計には秒針が付いていない。)

囚人(針が動いて、何秒たったか解らない)

33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 02:36:07.128 ID:+rO3eX5l0.net
20分後

囚人(・・・・そろそろ、ドクターが戻ってくる時間だが)

シーーーーーン

かち、かち、かち、かち

囚人(遅いな。さすがに90分は長いぞ)

かち、かち、かち、かち

36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 02:37:58.573 ID:+rO3eX5l0.net
三十分後

ドクター「いやぁ、すまない。講義が長引いてしまって。」

囚人「ドクターぁ!」

ドクター「なにもない部屋で退屈だったろう」

囚人「いやー、もうほんと暇でしたよ!90分が三時間くらいに感じましたw」

ドクター「ははは、大袈裟な。」ニタニタ

40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 02:41:17.613 ID:+rO3eX5l0.net
ドクター「少し小腹が空いただろう。」

囚人「いや、あまり腹は減っていない」

ドクター「そうか?食欲がないのか?」

囚人「いや、思えば昨日からトイレにも行ってないし、なんだか消化不良だ。」

ドクター「それは困った。被験者には健康体で居てもらわなければならない」

ドクター「これを飲んでくれ整腸剤だ」

ウィーーーーン

囚人「ああ、ありがとうございます」

ゴクゴク

41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 02:45:58.062 ID:+rO3eX5l0.net
囚人「なんか、青リンゴみたいな味ですね」

ドクター「飲みやすいだろう」

囚人「あはは・・・」

ドクター「・・・」

囚人「ち、ちょっとトイレへ行ってきます」

ドクター「どうぞ。安心して。トイレにカメラは付いていない」

囚人「あはは」

ガチャン

助手「一日のリズムを植え付けるために朝、昼、晩の食事は不可欠ですが」

ドクター「消化の方法も考えねばな。」

助手 「料理に下剤を混ぜさせますか」

ドクター「・・・・」

ドクター「容量を考えて入れるように」

助手「承知しました」

43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 02:48:40.650 ID:+rO3eX5l0.net
囚人「ふぅ、スッキリしました」

ドクター「それはよかった」

囚人「・・・おなか空きました」

ドクター「はっはっは」

ウィーーーーン

囚人「おお、クッキーだ」

ドクター「遠慮なく食べてくれ」

囚人「いただきます」サクッ

囚人「うん、なかなかうまい」

ドクター「気に入ってくれてよかったよ」

囚人「」クタァ

44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 02:50:33.811 ID:+rO3eX5l0.net
30分後

ドクター「おきろ、昼飯の時間だ」

囚人「う、ううう」

ドクター「また寝ていたぞ。平気か?」

囚人「すこし疲れているようです」

45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 02:52:24.818 ID:+rO3eX5l0.net
~~~~5日後

助手「あれから、5日が経過しましたが」

ドクター「囚人にとっては25日目の朝だな」

囚人「・・・あと、6日で家に帰れるんですね」

ドクター「一ヶ月、長かったかね」

囚人「ええ、早く娘に会いたい」

50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 02:56:50.894 ID:+rO3eX5l0.net
さらに1日後

~~~~~

助手「彼の体感時間はどうなっているのでしょう」

ドクター「それは彼にしかわからんだろう」

助手「今では30分を半日と言っても疑問に思っていないようですね」

ドクター「あと、25日。」

ドクター「どこまで伸ばせるだろうか・・・」

囚人「出せぇ!話が違うぞ!もうとっくに一ヶ月だ!!」

囚人「早くかえらせろ!娘にあわせろぉぉ!!」

ダンっダンっ

55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 03:00:44.031 ID:+rO3eX5l0.net
それからドクターの声が聞こえることは無くなった。

ただ一人、白い部屋でぼーっと、秒針のない時計を眺めながら。

1日に三度の飯を食べ、
暗くなり、就寝し、
アラームが鳴り、朝が来る。

毎日が眠くて眠くて仕方ない。

もう一ヶ月。いや、2ヶ月はとっくに過ぎているはずだ。

ストレスでどうにかなってしまいそうだ。

56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 03:04:27.850 ID:+rO3eX5l0.net
15日後

~~~~~~

囚人「・・・・」

ドクター「みろ、助手」

助手「・・・こんなことが」

ドクター「囚人の髪が真っ白だ。」

助手「・・・しかしストレスから来るものでは?」

ドクター「仮にそうだとしても、白髪になったことに変わりはない。」

助手「・・・それはそうですが。」

ドクター「彼の今の体感時間は?」

助手「およそ、35年です」

ドクター「ふふん。」

ドクター「鏡だ。彼に鏡を渡せ」

58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 03:07:24.029 ID:+rO3eX5l0.net
ウィーーーーン

囚人「う、、あ、、?」

助手「お久しぶりです囚人さん」

囚人「だ、だれ、だ」

助手「私はドクターから研究を引き継いだ助手と言います」

助手「ドクターから伝言で、あなたに鏡を届けました」

囚人「鏡・・・?」カチャ

囚人「・・・・・」

助手「・・・・」

囚人「・・・・くっ、くふふ、くくくく」

59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 03:10:42.580 ID:+rO3eX5l0.net
囚人「くぁははは!あはは!あはは!」

助手「・・・落ち着いてください。囚人さん。」

囚人「おじさんだぁ!おじさんが映ってるぞぁ!ははは!」

助手「囚人さん、落ち着いてください。」

囚人「落ち着けるかぁ!この!」

囚人「裏切り者がぁぁぁ!!!」

バリーーーン!

囚人「実刑一ヶ月じゃなかったのか!!?」

囚人「何年、何十年いるんだよ!俺はぁ!」

囚人「娘は!娘はどうしたぁ!!!!」

62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 03:13:37.002 ID:+rO3eX5l0.net
助手「落ち着いてください。娘さんは無事です」

囚人「会わせろ!娘に!会わせろ!」

助手「落ち着いてください。」

『あわせろぉ!会わせろ!!!!』

ドクター「・・・一端眠らせろ。」

助手「はい。」

プシューーーー

囚人「会わせろ!あわせろぉ、あわ、せ・・・・」

バタン

助手「・・・パニック状態ですね」

ドクター「娘に、会わせようか。」

助手「はい?」

67: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 03:17:31.399 ID:+rO3eX5l0.net
ドクター「彼の体感時間で、娘が生きていたら・・・」

助手「現段階では約41歳。彼が今目覚めれば、42,3歳でしょうか」

ドクター「45歳の女性。彼の娘と特徴が似ている役者を至急用意しよう。」

助手「そんな都合のいい・・・」

ドクター「まあ、もうできているんだがな。」

助手「・・・え」

ドクター「計画の内さ。」

71: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 03:21:51.384 ID:+rO3eX5l0.net
女性「出番でしょうか。」

ドクター「ああ、よろしく頼む」

助手「・・・ここまで想定して」

女性「それで、何をすれば?」

ドクター「これから彼と面談をしてもらう」

女性「ええ。」

ドクター「彼の娘の今までの生い立ちはこの前送ったデータの通りだ。」

ドクター「そこからの架空の39年間はこの通りにやってくれ」

女性「・・・」パラパラ

助手「・・・」

女性「承知しました。やりましょう」

73: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 03:24:09.361 ID:+rO3eX5l0.net
助手「よろこべ、囚人。娘と面会だ。」

囚人「・・・!?」

囚人「会えるのか!?」

助手「ああ。実はもう来ている。」

ウィーーーーン

囚人(壁の一部が開いた)

助手「その窓の先が面談室だ。」

助手「娘さんを通す。いいな。」

囚人「あ、ああ。」ドキドキ

74: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 03:27:44.412 ID:+rO3eX5l0.net
女性「・・・・」

囚人「・・・娘・・・なのか」

女性「・・・ぱぱ」

囚人「・・・!」

女性「・・・すごく、老けたね。」

囚人「・・・ああ。」

女性「・・・私も、おばさんになっちゃったね。」

囚人「・・・・あぁ。」

囚人「・・・・でも、変わらない」

女性「そうかな・・・・」

囚人「・・・元気に、してたか?」

女性「うん」

囚人「そうか。」

女性「警察官さんとね、暮らしてるのよ」

囚人「・・・え?」

76: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 03:31:25.570 ID:+rO3eX5l0.net
女性「ぱぱが、連れていかれたあの日から、警察官さんの家で面倒を見てもらってたの。」

囚人「・・・」

女性「今では、私の旦那さんよ」

囚人「・・・す、すごい年の差だな」

女性「そうでもないわ」

囚人「そ、そうなのか?俺と変わらないだろ。彼の年齢」

女性「医療は発達してるから。」

囚人「・・・はあ。」

女性「今の平均寿命、知ってる?」

囚人「・・・さあ。」

女性「165歳よ。」

囚人「ひゃくっ!?は!?」

84: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 03:36:08.177 ID:+rO3eX5l0.net
女性「ぱぱも、まだ100年は生きられるわよ。」

囚人「いや、そんな、もう、俺は」

囚人「俺は、お前が幸せなのを知ったから、もう。」

女性「そんなこと言わないで。」

囚人「でも。」

女性「ここから出たら、私の家に遊びにおいでよ。」

囚人「・・・でも、いつ出られるか。」

女性「大丈夫。必ず出られるわ」

囚人「何故そう言える。」

女性「ドクターが。ぱぱをここに監禁しているドクターが。」

女性「その条件として生きたまま返すことを契約しているから。」

囚人「つまり・・・」

女性「百年以内に、必ず出られるの。」

87: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 03:41:01.334 ID:+rO3eX5l0.net
囚人「百年・・・」

女性「だから、頑張ってね」

囚人「ま、待て」

女性「また来るから。」

囚人「まて、いかないでくれ!」

囚人「一緒に帰れるように説得してくれ!頼む!もう無理なんだ!限界なんだ!」

女性「大丈夫。死ぬことは絶対にないわ」

囚人「娘!それでもおまえは!俺の娘か!」

女性「もっとも私は、下らない万引き犯の娘です」スッ

囚人「・・・・あ、あ、あ」

女性「じゃあね。ぱぱ。」

懲役90年(16日)続行

おわり。

100: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 03:56:30.914 ID:+rO3eX5l0.net
懲役一ヶ月後

ドクター「やあやあ、お疲れお疲れ」

囚人「ぐ。あ、、あ」

ドクター「一ヶ月の実刑、お疲れ様。」

囚人「・・・ふざけるな」

ドクター「ふざける?なにが。」

囚人「っ!」

囚人「何十年拘束した!俺を!!」

囚人「犯罪だ!監禁だ!!俺の人生を返せ!」ダンダンダン

ドクター「まあまあ、落ち着きたまえよ。」

103: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 03:59:58.496 ID:+rO3eX5l0.net
囚人「落ち着いていられるか!百年間の拷問を受けてたんだぞ!」

ドクター「百年、ねぇ。」

囚人「はぁ、はぁ、はあ」

ドクター「なにも疑問に思わんのか?」

囚人「なにが!」

ドクター「貴方はよぼよぼのおじさん。私はあのときのままの元気な中年男性だ。」

囚人「・・・・」

ドクター「実刑、一ヶ月。約束は守っている」

105: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 04:03:28.360 ID:+rO3eX5l0.net
囚人「・・・・まて、なにが言いたい」

ドクター「君は一ヶ月間この部屋にいた。それだけだ。」

囚人「そんなデタラメをよくも!」

ドクター「ほら、来ましたよ。」

囚人「!?」

ブロロロロ

ぶーん、、

バタンっ

囚人「け、警察官・・・」

警察官「ドクターさん、お待たせしました。囚人の出向かいに参りました。」

ドクター「ええ、お待ちしておりました」

警察官「それでぇ、囚人はどこに?」

囚人「・・・・」

ドクター「そこのが、囚人だ。」

107: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 04:05:55.772 ID:+rO3eX5l0.net
囚人「警察官、おまえも変わらないな。」

警察官「あなたは変わりすぎです。」

囚人「娘とは、真剣なのか?」

警察官「・・・はい?」

囚人「とぼけるな!俺の娘を渡してやったんだ!責任持った行動をしているだろうな!?あ!?」

警察官「落ち着いてください。」

警察官「ほら、娘ちゃん。ぱぱだよ」

パタン

囚人「・・・・・!?」

109: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 04:08:40.777 ID:+rO3eX5l0.net
娘「・・・パパ、どこ?」

囚人「む、娘・・・・?」

娘「んー?」キョロキョロ

囚人「意味が、解らない・・・どうなってる?は?え?は??」

ドクター「・・・・プッ」

助手「ドクター?」

ドクター「ぶぅわあははははは!!」

囚人「!?」
警察官「!?」
助手「!?」

ドクター「素晴らしい、素晴らしいよ!」パチパチ

112: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 04:13:52.652 ID:+rO3eX5l0.net
ドクター「この一ヶ月間、この代わり映えのない世界に、あの部屋が存在したぁ!」

ドクター「あの部屋は世界に関係なく、加速し続けたんだ!」

ドクター「見ろ!彼こそがその結果だ!時空という共通の概念からこぼれ落ちた屑だ!!」

囚人「・・・」

ドクター「素晴らしい!芸術だ!哲学だ!あはははは!」ポロポロ

囚人「一ヶ月・・・ほんとうに」

娘「ぱぱーどこー?」

囚人「ほんとうに、一ヶ月だったのか?」

娘「ぱぱー!ぱぱー!」キョロキョロ

115: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/20(月) 04:18:57.064 ID:+rO3eX5l0.net
囚人「・・・・娘、俺だよ!パパだよ!」

娘「?パパ・・・?」

囚人「そうだよ・・・ほらおいで」

娘「ちがう。パパじゃない!」

囚人「・・・」

警察官「・・・」

ドクター「あー、癖になりますねぇ。この実験」

囚人「・・・」

ドクター「今度は、教育と退化で実験しましょうか」

ドクター「ねぇ?」

囚人「もう、どうにでもなれ」

おわり

http://viper.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1466353975/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする