【カードゲームSS】少年「トレーディングカードゲーム“カードバトル”全国大会決勝!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:13:48.72 ID:Z545qhWj0
ワー……! ワー……!

実況『耳をつんざくようなこの大歓声!』

実況『会場中が凄まじい熱気に包まれております!』

実況『大変長らくお待たせいたしましたァ!』

実況『今、世界中で大ブームのトレーディングカードゲーム“カードバトル”!』

実況『全国に1000万人いるといわれるカードバトラーの頂点が、ついに決まる!』

実況『カードバトル全国大会決勝戦!』

実況『いよいよ開幕です!』

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:18:54.25 ID:Z545qhWj0
実況『解説は“カードバトル”シリーズの生みの親である、この方です!』

実況『本日はよろしくお願いします』ペコッ

解説『よろしくお願いしマース!』

実況『こういった大会を、生でご覧になられるのは初めてだとうかがっていますが?』

解説『そうデスネー!』

解説『これまでは、なかなか大会に駆けつけることができませんデシター!』

解説『ゲーム開発者として、今日のゲーム楽しませてもらいマース!』

実況『それではさっそく、両選手入場です!』

実況『優勝賞金一億円を手に入れるのは、果たしてどっちだ!?』

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:23:35.57 ID:Z545qhWj0
実況『まずは──』

実況『弱冠10歳にして、数々の強豪カードバトラーを撃破してきた──』

実況『少年君です!』

少年「トレーディングカードゲーム“カードバトル”全国大会決勝!」

少年「夢にまで見たこの舞台に本当に立てるなんて……」

少年「母ちゃんや父ちゃん、友だちだって応援に来てるんだ……」

少年「絶対負けない!」

実況『対しまして──』

実況『金にあかせて入手したレアカードで、大勢のちびっ子を号泣させてきた──』

実況『青年君、26歳フリーター!』

実況『大人気ない戦法でここまで勝ち抜いてきましたが、全く悪びれていません!』

青年「遊びに年齢は関係ない」キリッ

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:29:25.19 ID:Z545qhWj0
少年「よろしくお願いします」ガタッ

青年「いい試合をしよう」ガタッ

実況『両者、席についた! いかがでしょう、この両者の座り方は?』

解説『とてもいいデスネー! 貫禄がありマース!』

審判「両者、デッキを出して!」バッ

少年「はい」スッ

青年「フッ」スッ

審判「ではシャァ~~~~~ッフル、タァ~~~~~ッイムッ!」バババッ

【カードバトル心得 其之一】
対戦前は、よくデッキをシャッフルすべし。

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:32:29.35 ID:Z545qhWj0
少年「…………」シャッシャッ

青年「…………」シャッシャッ

少年「…………」シャッシャッシャッ

青年「…………」シャッシャッシャッ

少年「…………」シャッシャッシャッシャッ

青年「…………」シャッシャッシャッシャッ

実況『速い速い! さすがに両者とも、カードの扱いは手慣れたものです!』

審判「デッキ、チィェェ~~~~~ンジ!」バババッ

実況『ここで互いのデッキをチェンジして、もう一度シャッフルです!』

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:36:46.07 ID:Z545qhWj0
実況『ところで、常々疑問に思っていたのですが──』

実況『なぜわざわざ相手にも、自分のデッキをシャッフルさせるのですか?』

解説『イカサマ防止のためデース!』

解説『シャッフルのやり方次第では、山札の上の方に欲しいカードを来させるくらい』

解説『簡単にできますからネー!』

実況『なるほど──』

実況『ん!?』

実況『おおっと、ここで青年君が暴挙に出た!』

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:40:41.20 ID:Z545qhWj0
青年「フフフ……」ボワァッ

実況『青年君、さきほどチェンジして受け取った少年君のデッキを』

実況『なんとライターで燃やしている!』

実況『これはアリなんですか!?』

解説『アリデース! 実に有効な戦術デース!』

青年「フフフ、これで俺が優勝だ」パラパラ…

実況『青年君、灰になったカードを得意げに床に散らしたァ~~~~~!』

実況『早くも優勝が決まってしまったかぁ~~~~~!?』

審判「予備のデッキがなければ、君の負けになるが……あるかね?」

少年「…………」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:45:39.45 ID:Z545qhWj0
少年「あります」ニヤッ

青年「!」

青年(さすが、決勝まで来ただけのことはあるな)

青年(だが、予備のデッキなら、戦力的には落ちるはず……)ニヤッ

少年「あ、ちなみにいっておくと」

少年「さっきお兄さんが燃やしたボクのデッキは、ただのクズカードの寄せ集めなんで」

少年「こっちがボクの本当のデッキです!」バンッ

青年「なっ……!」

審判「ふむ……」

審判「バトル続行!」バババッ

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:49:41.73 ID:Z545qhWj0
青年「フフフ……こいつは驚いた」

青年「俺がカードを燃やさなければ、君はクズカードで戦わなきゃならなかった」

青年「つまり、俺が君のデッキを燃やすことを読んでたってことだ」

青年「……まさか小学生に出し抜かれるとはね」

青年「これはいいゲームになりそうだ!」ニヤッ

少年「ありがとうございます」ニヤッ

実況『さすがは決勝戦!』

実況『ゲーム開始前から、凄まじい心理戦が展開されております!』

解説『見てるだけで人間不信になりそうデース!』

【カードバトル心得 其之二】
カードバトラーたる者、いかなるアクシデントをも想定すべし。

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:54:36.35 ID:Z545qhWj0
ワー……! ワー……!

実況『さあ、いよいよゲーム開始です!』

実況『カードバトルのルールは皆さんご存じでしょうが』

実況『ここで念のため、もう一度ルールを説明いたします!』

実況『両プレイヤーは自分のターンごとに、山札からカードをドローして』

実況『手札にあるカードを使って、ゲームを繰り広げます!』

実況『そして、相手のBP(バトルポイント)を減らしていくのです!』

実況『互いに与えられたBPは、50000!』

実況『相手のBPを先に0にしたプレイヤーが勝利となります!』

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:58:36.66 ID:Z545qhWj0
少年(BP:50000) VS 青年(BP:50000)

審判「バァ~~~~~トゥルゥ~~~~~!」ババッ

審判「スゥゥゥゥゥウタァァァットゥ!」バババッ

実況『審判のエセ巻き舌も絶好調!』

実況『先攻は少年君! さあいったいどんなカードを出してくるか!?』

解説『最初の一手で勝負が決まることもありマース! ここ大事デスヨー!』

少年「ボクのターン! ドロー!」スッ…

少年(お、これはいきなりいいカードだ!)

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:03:42.69 ID:Z545qhWj0
少年「ボクは≪セーラー服人魚姫≫を場に出す!」バッ

人魚姫「ウフ~ン」ボワンッ

≪セーラー服人魚姫≫
レア度:★★★★★★
攻撃力:1000
防御力:800
セーラー服を着た美しい人魚姫。

実況『ちなみにモンスターのカードなどは』

実況『会場内の特殊な装置により、立体映像として具現化されます!』

実況『それにしてもなかなかの美女ですね~、この人魚』

解説『ワタシもこのカード好きデース! たまに○○○にしマース!』

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:08:27.19 ID:Z545qhWj0
青年「俺のターン! ドロー!」スッ…

青年(フフフ、どうやらツキは俺に向いているようだ)

青年「俺はこのターン、≪鋼のインキンタムシ≫を場に出す!」

インキン「インキーンッ!」キンキンッ

≪鋼のインキンタムシ≫
レア度:★★★★★★★
攻撃力:7000
防御力:5500
錬金術で生み出されたインキンタムシ。

少年(いきなりこんな強力モンスターを出してくるなんて!)

青年「むろん、≪セーラー服人魚姫≫を攻撃だ!」

少年「ま、まずい……っ!」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:12:16.59 ID:Z545qhWj0
実況『審判による判定は!?』

審判「…………」

審判「≪セーラー服人魚姫≫の勝ちッ!」バババッ

審判「青年のBP、20000ダウンッ!」バッ

少年(BP:50000) VS 青年(BP:30000)

青年「ハァ!?」

少年「やったぁ!」

実況『おおっと、勝利したのは少年君の≪セーラー服人魚姫≫だっ!』

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:16:35.51 ID:Z545qhWj0
実況『とはいえ疑問も残ります』

実況『数字上では、明らかに≪鋼のインキンタムシ≫の方が強そうなんですが……』

実況『攻撃力も防御力も相手カードを上回ってますし……』

実況『これはどういうことでしょう?』

解説『結局、勝敗を決めるのは審判ですからネー!』

解説『数字なんて飾りデース! 偉い人には分かりまセーン!』

【カードバトル心得 其之三】
数字だけでカードの強弱を判断するべからず。

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:21:42.81 ID:Z545qhWj0
実況『おっと……青年君が……!?』

青年「ちょっと待ってくれ!」

青年「どうして、俺の≪鋼のインキンタムシ≫が負けるんだ!」

実況『青年君、今の判定に抗議しています!』

解説『彼の気持ちはよく分かりマース!』

審判「…………」

審判「≪セーラー服人魚姫≫の方が可愛いからだ」バババッ

青年「なっ……!」

実況『お~っと、身も蓋もない回答だ!』

解説『審判の気持ちもよく分かりマース!』

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:27:27.66 ID:Z545qhWj0
青年「ふざけんな!」

青年「こっちはバイト休んでまで、大会に出てるんだ!」

青年「こんないい加減な判定されてたまるか!」

青年「だいたい≪セーラー服人魚姫≫のどこが可愛いんだ!」

青年「下半身はしょせん魚だし、制服だってブレザーの方がいいに決まってる!」

審判「……審判侮辱罪でマイナス3000、人魚姫侮辱罪でマイナス9000」バッ

審判「青年のBP、12000ダウンッ!」バババッ

青年「なっ……!」

少年(BP:50000) VS 青年(BP:18000)

実況『これは厳しいペナルティだ! 大きく差が開いてしまった!』

解説『審判に逆らうの、よくありまセーン!』

【カードバトル心得 其之四】
審判に逆らうべからず。

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:31:27.95 ID:Z545qhWj0
少年(ようし、一気に決める!)

少年「ボクのターン! ≪マルチメディア剣士≫を場に出す!」

≪マルチメディア剣士≫
レア度:★★★★★
攻撃力:1800
防御力:900
マルチメディアの知識が豊富な剣士。

剣士「マルチ!」ジャキッ

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:34:27.80 ID:Z545qhWj0
青年(せっかく決勝まで来たんだ! 諦めてたまるものか!)

青年「俺のターン! ≪老害≫を場に出す!」

≪老害≫
レア度:★
攻撃力:8000
防御力:9000
なかなかくたばらない。

老害「生涯現役じゃもんで」フェッフェッフェ

実況『判定は!?』

審判「……引き分け!」ババッ

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:38:55.94 ID:Z545qhWj0
青年(くそっ……子供のくせに手強いカードを揃えてやがる)

青年(今までなぎ倒してきたちびっ子たちとはワケが違う!)

青年(こうなったら、モンスターバトル以外で活路を見出すしかないな……)

青年(いいカード……来いっ!)スッ

青年(──来たぁっ!)

青年「フフフ、少年君」

少年「?」

青年「悪いがこのターンで君は終わりだ!」バッ

実況『あああああっと!?』

実況『なんだァ!? このカードはぁぁぁぁぁっ!?』

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:44:05.87 ID:Z545qhWj0
≪リアルファイト≫
レア度:★★★★★★★
効果:このカードが場に提示されてから60秒間、
プレイヤー同士の間に限りあらゆる暴力行為が許される。

実況『暴力行為ということは、これは──』

解説『プレイヤー同士の肉弾戦デース!』

解説『このカードを成立させるために』

解説『ワタシは世界中の国の司法機関と交渉したのデース!』

解説『交渉の結果、“カードバトル”プレイ中にこのカードが提示されてから60秒間は』

解説『全ての国家でプレイヤー同士の暴力行為に限り、法律の干渉を一切受けまセーン!』

解説『たとえ相手をキルしてしまっても、罪に問われることはありまセーン!』

実況『これはすごい! まさか、司法にまで影響を及ぼすカードが存在するなんて!』

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:48:33.57 ID:Z545qhWj0
ワー……! ワー……!

審判「ではただいまより、60秒間!」

審判「少年と青年の間の暴力行為に限り、一切の憲法法律その他が適用されない!」

審判「──ファイッ!」バババッ

実況『10歳と26歳のリアルファイトが始まったァッ!』

実況『ここで両選手のデータを紹介いたします!』

【少年】
年齢 10歳
職業 小学生
身長 187cm
体重 103kg
体脂肪率 6.7%

【青年】
年齢 26歳
職業 フリーター
身長 175cm
体重 62kg
体脂肪率 14.9%

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:55:38.37 ID:Z545qhWj0
リアルファイト開始30秒経過──

実況『少年と青年のリアルファイト、これは一方的な展開だァ~~~~~!』

青年「押忍ッ!」シュッ

ドズッ……!

少年「うごぇっ……!」ドサッ

実況『青年君の正拳突きで、少年君三度目のダウンだぁっ!』

青年「覚えておくがいい」

青年「戦闘においてもっとも大切なもの──」

青年「それは身長(サイズ)でも体重(ウェイト)でもないんだ!」

実況『その答えとは!?』

青年「   心   意   気   !   !   !   」

実況『60秒経過しました! リアルファイト終了!』

青年「チッ、仕留めきれなかったか……。さすがにタフだな」

【カードバトル心得 其之五】
カードバトラーたる者、心意気で戦うべし。

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:59:35.05 ID:Z545qhWj0
少年(ひどい目にあった……。こうなったら一気にケリをつけてやる!)

少年(ボクのデッキの中でも、最強のカードで!)

少年「≪ローブをはだけた魔女≫を場に出す!」バッ

魔女「オホホホ……ちょっとだけよ」ピラッ

≪ローブをはだけた魔女≫
レア度:★★★★★★★★★
攻撃力:6500
防御力:2000
黒いローブからのぞく白い肌がセクシーな魔女。

実況『妖艶な魔女が現れた! 流し目が色っぽすぎるぞ!』

解説『多くの男性プレイヤーの○○○になっている大人気カードデース!』

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 00:05:27.65 ID:PLqbWmVU0
青年(まずい……! 審判は女好き!)

青年(かといって、今俺の手札に女系のカードはない!)

青年「くそっ、≪胃腸が弱い竜皇帝≫でしのぐ!」バッ

竜皇帝「緊張したら、またキリキリしてきた……」グルル…

≪胃腸が弱い竜皇帝≫
レア度:★★★★★★★★★★
攻撃力:10000
防御力:10000
竜族の長にして最強の竜。ただし胃が弱い。

実況『巨大なドラゴンが出現だ! ──が、ちょっと顔色が悪いのが気がかりです!』

解説『体はデカイけど、根は小心者デース!』

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 00:08:53.00 ID:PLqbWmVU0
ワー……! ワー……!

実況『≪ローブをはだけた魔女≫と≪胃腸が弱い竜皇帝≫!』

実況『レア度9とレア度10のカードのぶつかり合い!』

実況『この光景に、観客のカードバトラーたちからも歓声が上がっています!』

解説『レア度9以上のカードが同時に場に出ることは、非常に珍しいデース!』

解説『トップクラスのプレイヤー同士の、トップクラスのカード同士の対決デスネー!』

実況『さあ、審判の判定やいかに!?』

審判「…………」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 00:12:50.75 ID:PLqbWmVU0
審判「≪胃腸が弱い竜皇帝≫の勝利ッ!」バババッ

審判「少年のBP、22000ダウン!」バババッ

青年「やった!」グッ

少年「そんな!?」

少年(BP:28000) VS 青年(BP:18000)

実況『これはどういうことでしょう!?』

実況『先ほど審判は、可愛いカードを勝たせていましたが……』

解説『多分、さっきの判定は自分でもおかしいと思っていたので』

解説『ここで青年君を勝たせて調整したんでしょうネー』

実況『なるほど~』

実況『そういったところまで読まねばならないのですね。このゲームは実に奥が深い!』

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 00:15:37.41 ID:PLqbWmVU0
少年(くそっ、まさか≪ローブをはだけた魔女≫がやられちゃうなんて……)

少年(他に出せるカードもないし……)

少年「……ターンエンド!」

青年(よし!)

青年(さすがに今ので攻め手を失ったようだな!)

青年(ここから一気に攻めてもいいが、ここはあえてBPを回復させる!)

青年「俺のターン!」

青年「俺はこのカードを使わせてもらう!」バッ

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 00:21:01.43 ID:PLqbWmVU0
≪BP倍増計画≫
レア度:★★★★★
効果:このカードが場にある限り、ターンごとに自分のBPが倍増される。

実況『出たァ~! 池田勇人もビックリだ!』

解説『なるほど、考えましたネー!』

解説『あのカードをどうにかしなければ、青年君のBPは増え続けマース!』

青年「さあ、まずは18000の倍で──36000!」

少年(BP:28000) VS 青年(BP:36000)

実況『青年君のBPが少年君を逆転しました!』

少年(ま、まずい……!)

少年(あれを取り除けるカードは≪計画倒れ≫や≪バブル崩壊≫とかがあるけど)

少年(ボクのデッキには入っていない……!)

少年(どうすればいいんだ!)

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 00:25:33.70 ID:PLqbWmVU0
青年「どんどん倍増していくぞ!」

少年(BP:28000) VS 青年(BP:72000)

青年「10万をあっさり突破だ!」

少年(BP:28000) VS 青年(BP:144000)

青年「20万!」

少年(BP:28000) VS 青年(BP:288000)

青年「俺のBPは576000です」

少年(BP:28000) VS 青年(BP:576000)

青年「さあ、次のターンで俺のBPはいよいよ100万を超えるッ!」

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 00:31:52.00 ID:PLqbWmVU0
次のターン──

ザワザワ……

実況『あ~っと、なんということでしょう! ここでトラブル発生!』

実況『この試合、二人のBPは壁についている電光表示板に表示されているのですが』

実況『その表示板が6ケタまでしか表示できない仕様のため』

実況『青年君のBP表示がバグって、文字化けを起こしてしまっております!』

実況『これではゲームが続行できません!』

審判「ジャッジ!」バッ

実況『おっと、ここで審判が動きます!』

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 00:36:28.08 ID:PLqbWmVU0
審判「青年、BP10000で再スタート!」バババッ

審判「≪BP倍増計画≫の効果も終了!」バババッ

青年「なんだって!?」

少年(BP:28000) VS 青年(BP:10000)

実況『審判、青年君のBPを強制的に下げることで、対処しました!』

解説『ナイス判断デース!』

少年「た、助かった……」ホッ…

【カードバトル心得 其之六】
BPは多ければ多いほどいいとは限らない。

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 00:42:41.00 ID:PLqbWmVU0
少年「ボクのターン!」サッ

≪刃物を持ったキチガイ≫
レア度:★★★
攻撃力:2800
防御力:500
危ない。

青年「俺のターン!」サッ

≪略せば東大生≫
レア度:★★
攻撃力:1000
防御力:1000
どこの大学の学生かは不明。

キチガイ「しゃげぇぇぇぇぇぇぇっ!」ブンブンッ

東大生「東大生と呼んでもらってもかまいませんよ」クイッ

審判「互いのBP、3000ダウン!」バババッ

少年(BP:25000) VS 青年(BP:7000)

実況『白熱したバトルが続きます!』

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 00:46:53.51 ID:PLqbWmVU0
実況『カードバトル全国大会決勝!』

実況『両者の激闘も、もうすぐ三時間を超えようとしています!』

解説『稀に見る長期戦デスネー』

審判「…………」チラッ

実況『おや?』

審判「…………」チラッチラッ

実況『審判がしきりに腕時計をのぞいていますが……!? なにかあるんでしょうか?』

解説『おそらく──』

解説『そろそろ帰りたいんでしょうネー』

実況『なるほど』

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 00:51:14.61 ID:PLqbWmVU0
審判「ジャッジメントトァ~~~~~ッイム!」バババッ

実況『おっと、ここでジャッジメントタイム!』

実況『このコールをされたら、プレイヤーはすみやかにゲームを中断せねばなりません』

ザワザワ……

審判「告白しよう!」

審判「私はもう帰りたい!」

審判「よって、この試合──」

審判「次のバトルで勝敗を決定する!」バババッ

少年「そ、そんな……次のバトルで!?」

青年「ぐっ……!」

審判「両者、出すカードを、30秒以内に決めろ!」

【カードバトル心得 其之七】
審判だって早く帰りたい時くらいある。

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 00:57:33.19 ID:PLqbWmVU0
少年「よ、よし……」ゴクッ…

少年(ボクがお年玉で初めてカードバトルの袋を買った時、初めて当てたカード……!)

少年「ボクが出すカードは──これだ!」サッ

≪ダイナマイト・ボルケーノ・アングリー・デビル≫
レア度:★★★★★★
攻撃力:4000
防御力:4500
常に冷静沈着な悪魔。

青年「ならば──」

青年(俺が一番好きなカードで勝負だ……!)

青年「俺はコイツで勝負!」サッ

≪侍騎士≫
レア度:★★★★★★★★
攻撃力:5500
防御力:3000
侍なんだか騎士なんだかよく分からない人。

【カードバトル心得 其之八】
カードバトラーたる者、己のカードを常に信ずるべし。

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 01:02:32.12 ID:PLqbWmVU0
デビル「頭を冷やせばいかなる困難にも対処できます」ニコッ

侍騎士「拙者の名刀レーヴァテインで一刀両断でござる!」チャキッ

実況『審判の判定は!?』

シ~ン……

審判「…………」

審判「判定!」バババッ

少年(ここまでやったんだ。たとえ負けても悔いはない……けど、やっぱり──)

青年(少年君はすごいプレイヤーだ。しかし、だからこそ──)

少年&青年(勝ちたいっ!!!)

審判「カードバトル全国大会、優勝者は──」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 01:07:03.30 ID:PLqbWmVU0
審判「この私ッ!!!」ビシッ

少年「……へ?」

青年「は?」

実況『ん……?』

解説『エッ?』

審判「よって優勝賞金一億円を手にするのは、この私!」バババッ

少年&青年「…………」

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 01:12:50.43 ID:PLqbWmVU0
少年&青年「ふざけんじゃねぇぇぇっ!」ビュバババッ

グサササッ!

審判「ぐぎゃあああああっ!」ドサッ

実況『あーっと、二人が投げたカードが審判の全身に突き刺さった!』

実況『まるで手裏剣! まさに現代に生きる忍者!』

解説『自業自得デース!』

【カードバトル心得 其之九】
あまりにふざけた審判は、ブッ倒して良し。

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 01:18:05.66 ID:PLqbWmVU0
実況『しかし……これでは審判は当分目を覚まさないでしょう』

実況『この場合、優勝者はどちらになるのでしょうか?』

実況『同時優勝ということにして、賞金は山分けでしょうか?』

解説『そんな必要はありマセーン!』

解説『これほどハイレベルなカードバトルは初めて見マシター!』

解説『ワタシ、カードバトルの生みの親として、とても感動しマシター!』

解説『というわけで、ワタシのポケットマネーからお金を足して』

解説『同時優勝の少年君と青年君両方に、一億円差し上げマース!』

実況『えええええっ!?』

ワー……! ワー……!

解説『ついでにナイス実況だったアナタにも、一億円あげマース!』

実況『ど、どうも』

実況(正直嬉しさより、もらっていいのかよって気持ちのが上回ってるんだけど)

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/11(木) 01:23:34.90 ID:PLqbWmVU0
ワー……! ワー……!

少年「今日はありがとうございました、お兄さん」

少年「内容的には……ボクの完敗でした」

青年「そんなことはないさ」

青年「こんなに苦しく、なおかつ楽しい勝負は初めてだったよ!」

青年「いつかまた──カードバトルしようぜ!」

少年「はいっ!」

ガシッ……!

実況『少年君と青年君、再戦を誓い合い、固い握手を交わしたァ~~~~~!』

解説『感動デース!』

【カードバトル心得 其之十】
カードバトラーたる者、みんなで仲良くプレイすべし!

おしまい

http://viper.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1373462028/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする