【盗賊SS】勇者「勝手に仲間増やさないでくれ……僧侶さん」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 21:01:56.77 ID:kZYfcuJk0
僧侶「勇者……勇者……」クイクイ

勇者「なんだ、服引っ張るな」

僧侶「お腹すいた……」

勇者「さっきご飯食べただろ」

僧侶「パンの耳だけだった……」

勇者「お金がないから我慢してくれ」

僧侶「昨日も一昨日もだった……」

勇者「ちなみに明日もだ」

僧侶「お腹すいた……」

勇者「俺の分もあげただろ」

僧侶「勇者が死んじゃう……」

勇者「俺は大丈夫だって。武士は食わねど高楊枝っていうだろ」

グー

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 21:02:28.38 ID:kZYfcuJk0
盗賊「ひゃはははは!かっこつけておいて自分の腹ならしてんじゃねぇよ。かっこわるぅ、ぷぷぷ」

僧侶「……」コクコクッ

勇者「え!?誰!?」

僧侶「新しい仲間……」

盗賊「俺盗賊!よろしくなっ!なっ!」バシバシッ

勇者「ちょっ!叩くな!盗賊!?何勝手に仲間ふやしてるの!?」

僧侶「これでお金の心配ない……」

勇者「勝手に仲間増やさないでくれ……僧侶さん」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 21:04:03.97 ID:kZYfcuJk0
盗賊「まー俺様に任せておきなって。兄貴」

勇者「兄貴じゃないし!盗賊ってあれだろ?シーフだろ?バンデッドだろ?要するに泥棒だろ?」

盗賊「平たくいやそうだな、まぁ細かいこと気にすんなよ」

勇者「これから世界を平和にしようって俺らがなんで盗賊仲間にするの!?」

盗賊「あ、そうだ。間違えた」

勇者「だ、だよね?何かの間違いだよね」

盗賊「先に女将さんから伝言があったんだった」

盗賊「冒険の宿デリバリーサービスをご利用ありがとうございます」

勇者「デリバリーだったの!?」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 21:07:05.09 ID:kZYfcuJk0
僧侶「よろしく……」

勇者「ちょっとま……」

盗賊「大丈夫大丈夫!まぁ俺様にまかせておけって、じゃ、町戻ろうか」

勇者「戻るの!?せっかくここまで来たのに!?」

盗賊「いや、このままじゃだめだろ?飢えてそのうちしんじまうぞ?」

勇者「うっ……」

盗賊「さぁ、いこうぜ!獲物が俺たちを待ってるぜ!」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 21:12:22.39 ID:kZYfcuJk0
―――町

勇者「で、町で何をするんだ?」

僧侶「……」コクコクッ

盗賊「まぁ、見てなって。おっ、あいつなんて悪そうな顔してるしちょうどいいかなぁ」

盗賊「おっと」ドンッ

町人「いてぇ!てめぇ何しやがる!」

盗賊「ん?」

町人「ん?じゃねえよ!人の肩にぶつかっておいて挨拶なしかよ!」

盗賊「あぁん?お前俺に言ったの?それ?」ギランッ

町人「ひっ……ナ、ナイフ……」

盗賊「そんな怖いこと言われたら俺、ナイフが震えて何しちゃうか分かんないなぁ?」ピタピタ

町人「な、何する気だ……そ、そんなことしてサツが黙ってねぇぞ」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 21:15:56.95 ID:kZYfcuJk0
盗賊「あぁ?俺らを誰だと思ってんだ?」

町人「え」

盗賊「俺らを勇者ご一行と知っていってんのかっつってんだよ!」

勇者「ちょっ!」

盗賊「お前、俺らにかかってみろ、一瞬で消し炭だぞ?骨ものこらねぇぞ?」

町人「ゆ、勇者!?あの!?ゆ、許して……」

盗賊「謝ればすむってもんじゃねぇだろ?誠意をみせてくれねぇとなぁ」

盗賊「っと勇者の兄貴が言ってんぞ、おらぁ」

勇者「言ってないし!」

町人「こ、この金で勘弁してくれ!頼む!殺さないで!」サッ

僧侶「……許す」サッ

町人「じゃ、じゃあ俺はこれで!」ダダダッ

盗賊「なっ?こんなもんよ。金の心配はしなくていいぜ?」

勇者「ただ強盗じゃないか!これ!」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 21:21:52.99 ID:kZYfcuJk0
盗賊「いや、俺ら勇者一行だろ?その立場利用しない手はねーだろ。魔王討伐のために協力してもらわないとな。それにあいつの面みただろ?どう見てもスジもんじゃねーか、罪悪感感じる必要ねーよ」

勇者「協力じゃなく強制だろ」

僧侶「強制はよくない……」モグモグ

勇者「何食ってんの!?僧侶」

僧侶「はい……勇者の分」スッ

盗賊「ひゃははは!もう金使ってきたのか。いいねぇー、金は天下のまわりものってな」

勇者「とにかく!強盗!だめ!絶対!」

盗賊「ちぇっ、わぁったよ、そんなんだから金がなくて飢えるんだよ」

グー

盗賊「で、お前それ食わないの?」

勇者「……食べるけど」モグモグ

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 21:27:41.02 ID:kZYfcuJk0
―――夜

盗賊「今夜の獲物はあそこの屋敷だ」

僧侶「……あいあいさー」

勇者「……おい」

盗賊「まぁ聞けって。あの屋敷はこの国の財務大臣の屋敷でな?賄賂もらいまくって悪さしてるって話だ」

僧侶「……わるもの」

盗賊「そんなやつをちょっととっちめてやろうって話さ」

勇者「なるほど……不正はよくないな」

盗賊「じゃ、いくぜ。音立てるなよ、3分以内で決めるぜ」スタッ

僧侶「あいあいさー……」ササッ

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 21:32:43.52 ID:kZYfcuJk0
勇者「ちょっ、ま……」(0:05)

盗賊「よっと、調べのとおりこっちは手薄だな」(0:15)

僧侶「金庫はあっち……」

勇者「え?」

盗賊「ふせろ……そこを右だ」

僧侶「倉庫……」(1:00)

勇者「おい、大臣は……?」

盗賊「けけっ、ちゃちな鍵だぜ。こんなん俺様にかかれば……」カチッ

僧侶「開いた……」

盗賊「うっひょお、かなり溜め込んでやがるな。おっと全部もってたりするなよ。すぐバレないように奥のほうのだけ持っていこうぜ」(1:30)

僧侶「あいあいさー……」

盗賊「よし、じゃあ鍵をしめなおしてっと」ガチッ(2:30)

盗賊「気を抜くなよ、最後まで」ササッ

僧侶「……」コクコク

盗賊「よし、ここまでくればオッケーだ。きっちり3分!」(3:00)

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 21:37:33.99 ID:kZYfcuJk0
勇者「オッケーじゃない!!大臣懲らしめるんじゃないの!?」

盗賊「金がなくなれば悪さもそうできないだろ?それにこの金が世界を救う勇者パーティの資金になるんだ。いいことじゃねぇか」

勇者「いや、ただの泥棒だよ」

僧侶「プロの犯行……」

勇者「お前ノリノリだったじゃん……」

盗賊「まぁ、これで当面金の心配はないんだから安心だろ?」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 21:43:10.72 ID:kZYfcuJk0
―――数日後

僧侶「……勇者、お腹すいた」クイクイッ

勇者「昨日パンの耳食っただろ?あと服ひっぱるな」

盗賊「なぁなぁ、勇者、お腹すいた」クイクイッ

勇者「服ひっぱんな!気持ち悪いわ!」

勇者「あれだけお金があったのに数日でなくなるってどうなってるんだよ」

盗賊「あー俺宵越しの金はもたねぇ主義だし?」

勇者「意味ねー!お金の管理できない盗賊とか」

商人「まったくですわ、お金は大切にせなあきません」

勇者「誰!?」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 21:47:46.99 ID:kZYfcuJk0
商人「あ、私商人いいます。よろしゅう」

勇者「こちらこそ……じゃねーよ!誰だよ!」

商人「あ、そうでしたわ。先にこれ言うんでしたわ」

商人「冒険の宿デリバリーサービスをご利用ありがとうございます BY女将」

勇者「ま・た・お・ま・え・か」

勇者「僧侶!」

僧侶「これでお金の管理も安心……」ブイッ

勇者「いや、お金より戦力的に難が……」

商人「まぁまぁ勇者はん、私に任せてくださいや」

盗賊「おっ?お前なんかできんの?」

商人「まぁ見ていてくださいや、ふふふ」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 21:52:53.17 ID:kZYfcuJk0
―――数日後

僧侶「……」モグモグ

商人「どうです!食事もちゃんと取れるようになったでしゃろ?」

勇者「あれだけしかお金がなかったのになんで……」

商人「要は倹約と運用ですわ。できるだけ使わないで増やすんですわ」

盗賊「俺のカジノ費用が……くそ……」

勇者「盗賊お前そんなことに使ってたのか」

商人「それにさっき勇者はんが倒しはったこの魔物……使えまっせ」

勇者「戦闘であんたと盗賊は一切使えなかったけどな」

商人「そ、それは言いっこなしですわぁ……私商人ですし?商売命ですわ」

盗賊「俺盗賊だし?盗み命だぜ」

勇者「じゃあなんで魔王討伐のパーティに入ったんだよ!」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 21:58:08.21 ID:kZYfcuJk0
商人「まぁまぁ、それの話題はこっちに置いておいて……この魔物の皮、売れまっせ」

盗賊「おっ?マジ?」

商人「ええ、結構な値になります。剥いでいきまひょ」

盗賊「おっしゃ!俺のナイフにまかせとけ!」バリバリッ

勇者「……」

僧侶「……」モグモグ

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 22:03:22.20 ID:kZYfcuJk0
―――町

道具屋「ほほぅ、これはなかなか見事な魔獣の皮だね」

商人「せやろ?いやぁ、あの魔獣倒すのには苦労しましたわ」

道具屋「倒したのかね!いやぁ、すごいね」

商人「で、いくらでっか?」

道具屋「そうだねぇ、これくらいでどうだい?」パチパチッ

商人「あー、あかんあかん!これくらいはもらわな」パチッ

道具屋「ちょっ!それはさすがにボリすぎだよ!相場の倍はするじゃないか!せいぜいこれくらいだよ」パチッ

商人「……本気でっか?」

道具屋「うちも商売だからね。これで駄目なら他所いってくれ」

商人「あー、あかん、あかんわぁ。あんたもうどうなっても知らへんで?」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 22:08:18.41 ID:kZYfcuJk0
道具「突然何をいってるんだい?」

商人「盗賊はん!」

道具屋「え?」

盗賊「おう!お前この毛皮が買えねーんだと?あぁ!?」ドンッ

道具屋「ちょっ、お店荒らさないで」

盗賊「お前俺らが誰かしらねーのか!?あぁん!?」

道具屋「え?え?誰って?」

商人「あー、あかん!もうあかん!早く謝ったほうがええ」

盗賊「てめぇ!世界を救うのに協力する気がねーのか!俺らは泣く子も黙る勇者パーティだぞ、ごらぁ!」ドンッ

道具屋「ゆ、勇者?」

商人「世界を救うためにこれ買ってえな……と勇者はんは言ってはりますで?」

盗賊「おらっ!どうすんだ?あぁん!?」

勇者「……」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 22:13:06.49 ID:kZYfcuJk0
―――冒険の宿

女将「あら、勇者ちゃん。ひさしぶりー」

勇者「盗賊と商人を返品します」

商人「勇者はん!?何言ってますの!?」

盗賊「ちょっ!待てよ!」

女将「あらあら。でも二人ともいつもよりは長く使ってもらえたわね」

商人「ま、待って!ほんま待って!なんでやねん!何があかんかったの!?」

盗賊「そ、そうだ!俺が悪かったなら謝る!だからパーティーに……」

勇者「お前らと一緒にいたら俺が討伐される側に回ることになる気がする……」

勇者「行こうか、僧侶」

僧侶「……」コクッ

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 22:17:11.84 ID:kZYfcuJk0
商人「僧侶はん!?待ってえな!おたくが私ら呼んだんでっしゃろ!?」

盗賊「待ってくれ!せめて俺だけでも!」

商人「何自分だけ仲間になろうとしてはるんや!盗賊はんずるいで!」

盗賊「知るか!お前より俺のほうが使えるはずだ!」

女将「ちょっと、静かにしなさい。二人ともいつもの窓際の席が空いてるわよ」

盗賊「や、やだ!もうあの席で待つのはいやだ!」

商人「せや!あそこで誰にも誘われずに待ち続けるのはもう嫌なんや!」

女将「もう勇者ちゃん行っちゃったわよ。よかったじゃない、いつもより長く冒険できたんだし」

商人「……」

盗賊「商人……いつもの席行こうぜ……」ポンッ

商人「……うん」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 22:23:50.73 ID:kZYfcuJk0
―――町

勇者「結局、またお前と二人か」

僧侶「……勇者は私と二人きりになりたかったの?」

勇者「ばっ……ち、違うよ!」

僧侶「……ロリコン」

勇者「ロリコンちゃうわ!っていうかお前の体が成長してないだけで俺とたいして年変わらないだろ!」

僧侶「……別に私のことなんて言ってない」

勇者「なっ……そ、それはだな///」

僧侶「……私のこと好きなの?」

勇者「ば、ばっかじゃねーの!そんな幼児体型のお前に興味あるわけないだろ!」

僧侶「……」シュン

勇者「あ、いや、別にそういう意味じゃ……」

僧侶「……もういい」スタスタ

勇者「あ……」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 22:29:30.45 ID:kZYfcuJk0
―――岩山

勇者「ところで、僧侶、もうああいうの仲間にするのやめような」

僧侶「?」

勇者「いくらお金になってもなぁ……魔王を倒しにいくんだ。お前みたいに回復魔法使えるんならともかく、ある程度強くないとだめだ」

僧侶「……わかった」

僧侶「でも……これ……あの人たちが置いていった」スッ

勇者「なにこれ?……お金?」ズシッ

勇者「……まぁ、これはこれとして……」スッ

僧侶「……ねこばば」

勇者「ま、まぁあいつらもちょっとは役に立ったけど……とにかく仲間にするなら戦力になる人にすること!いい?」

僧侶「……うん……だから」

ドラゴン「ぐるるるるるる」バサッバサッ

勇者「ん?なんだ?急に暗く……」

ドラゴン「貴様か……我を仲間にしたいとか言うのは……」ドシーン

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 22:34:35.15 ID:kZYfcuJk0
勇者「でかっ!ってかドラゴン!?」

ドラゴン「貴様かと聞いておるのだ!」

勇者「し、知らない!」

僧侶「……ドラゴンさんこいつです」スッ

勇者「またお前か!」

僧侶「……戦力になる人が欲しいって言った」

勇者「戦力になるけど人じゃないよね!?」

ドラゴン「おい!人間!きいておるのか!」

勇者「あー……えっと、仲間になってくれるんですか?あ、あはは?」

ドラゴン「そうだな、神の使いたる我を仲間にしようというのだ。それなりのものをいただかないとな」

勇者「あ、お金?あ、あまり持ってないんだけど」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 22:39:25.63 ID:kZYfcuJk0
ドラゴン「人間の金などいるか!そうだな……ふむ、その娘でよい」

勇者「は?」

ドラゴン「なかなか柔らかくて美味そうだ」

勇者「僧侶のことか?」

ドラゴン「ああ、それで仲間になってやろう」

勇者「断る!」

ドラゴン「何?断るだと?我をここまで呼んでおいてそれですむと思っておるのか!」

勇者「たとえ神の使いだろうと何だろうとそんな取引できるわけないだろう」

ドラゴン「世界を救うために旅をしているのだろう?そんな娘と世界とどちらが大事かよく考えよ」

勇者「断ると言っているだろう!」

ドラゴン「我よりもそのような小娘を取るというのか!ならば二人ともここで我に食われるがいい!」ゴゴゴゴゴゴッ

勇者「くっ……来るか。僧侶、お前は逃げろ!」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 22:45:48.25 ID:kZYfcuJk0
ドラゴン「いや、待て……おい、勇者」

勇者「なんだ?」

ドラゴン「もしかして……お前この娘に懸想しておるのか?」

勇者「懸想?」

ドラゴン「この娘を愛しておるのかと聞いておるのだ」

勇者「ぶっ!?突然何を!?」

ドラゴン「何、ふと疑問に思ってな。我のほうが魔王を倒すのに役に立とう。それなのにお前はその娘に固執する。だからはっきりさせておきたかったのだ」

勇者「な、なんでお前にそんなことを言わないと……」

ドラゴン「ならば二人とも我が胃袋に収まるのみよ」ゴゴゴゴゴ

勇者「うっ……」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 22:51:04.00 ID:kZYfcuJk0
ドラゴン「どうなのだ?好きなのか?愛してるのか?言ってみろ。嘘は許さんぞ」

勇者「す……す……」

ドラゴン「ほれほれっ、どうした」

勇者「あー好きだよ!これでいいのか!」

ドラゴン「ぷっ……くくっ……どこが好きなのだ?」

勇者「ちっちゃいとこも無口なとこも全部だよ!言わせんな!はずかしい///」

ドラゴン「ぷははははははは!も、もうあたしだめ!おかしすぎる……」ボフンッ

勇者「なっ……ドラゴンが人になった!?」

魔法使い♀「あはははははははははは!いえーい!僧侶!」パシーン

僧侶「……いえーい」パシーン

勇者「え……え!?」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 22:56:17.12 ID:kZYfcuJk0
魔法使い「いやぁ、やるねぇ、色男!このこのっ」ツンツンッ

勇者「え?え?え?」

魔法使い「僧侶!お前のことが好きだ!ちっちゃいところも無口なところも全部!」

僧侶「……勇者ったら大胆///」

魔法使い「あははははははは。あたし新しく仲間になる魔法使い。よろしくね」

勇者「どういうことなの!?」

魔法使い「勇者、この間あんた僧侶にひどいこといったでしょ」

勇者「うっ……それは……」

魔法使い「だからあたしがドラゴンに化けて本心を聞き出してみようって提案してみたわけ。名付けて勇者に好きって言わせよう大作戦!大成功ね」

僧侶「……」コクコクッ

魔法使い「あ、そうそう。言い忘れてたわ」

魔法使い「冒険の宿デリバリーサービスをご利用ありがとうざいます」

勇者「それはもういいよ!」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 23:01:23.38 ID:kZYfcuJk0
魔法使い「いやぁ、勇者の本音を聞きたいって僧侶が言うものだからね、ちょっとしたお芝居を」

僧侶「……勇者」

勇者「あーもう知らん!あーあーきーこーえーなーい///」ダダッ

魔法使い「あはははは、顔真っ赤にして行っちゃった。面白いじゃない、あんたの彼氏」

僧侶「……彼氏じゃない、勇者」

魔法使い「あー、あんたたち面倒くさいわねぇ。もうチューしちゃえばいいのに」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 23:06:35.84 ID:kZYfcuJk0
―――山脈

勇者「登場はあんなだったけど、魔法使い、結構強いな」

魔法使い「あはは、まぁね?魔法使いだし?」

勇者「やっぱ戦力になるやつが一緒だと違うな。戦闘が格段に楽だ。盗賊と商人ときたらもう後ろに隠れてるだけだったからな」

魔法使い「あいつら仲間にしてたんだ。苦労したのね」

勇者「知り合いか?」

魔法使い「職場同じだから顔は合わせるけど……あいつら辛気臭いのよね。あたしに仕事がくると恨めしそうに見てるし」

勇者「あ、なんか分かる」

魔法使い「でしょでしょ?妬みって嫌よね」

勇者「でも戦力は増えたけど、あとはバランスだな。前衛がもう一人ほしいな」

僧侶「……」クイクイッ

勇者「なんだ?僧侶」

僧侶「……もう呼んである」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 23:11:30.34 ID:kZYfcuJk0
武闘家♂「冒険の宿デリバリーサービスをご利用あざーっす!」

勇者「おお!武闘家か!強そうじゃないか!」

武闘家「うぃっす!自分腕力だけには自信あるっす!」ムキッ

魔法使い「臭そう」

僧侶「……臭そう」

武闘家「酷いっす……」

勇者「お前らあまりいじめるなよ。よろしくな、武闘家、頼りにしてるぞ」ポンッ

武闘家「う……うぃっす!!自分がんばるっす!勇者さん!」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 23:17:22.30 ID:kZYfcuJk0
―――宿屋

勇者「お前本当に強いな。魔法使いも見直してたぞ」

武闘家「あざっす!でも勇者さんの剣のがすごいっすよ」

勇者「これは魔王を倒すのも近いな」

武闘家「自分勇者さんのためにがんばるっす!」

勇者「俺のため?あ、ああ……世界のためにがんばろう」

勇者「さて、そろそろ寝るか。ランプ消すぞ」フッ

勇者「おやすみ」スゥ

武闘家「あ、あの勇者さん」

勇者「なんだ?早く寝ないとつらいぞ?」

武闘家「さ、寒くないっすか?」

勇者「そんな袖まくった服着てるからだろ。ほれっ、俺の毛布やるから」パサッ

武闘家「そんな悪いっすよ。それより……」ギシッ

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 23:22:12.56 ID:kZYfcuJk0
勇者「お、おい?なんで俺の布団に……」

武闘家「ほらっ、二人で布団に入れば解決っすよ」

勇者「ちょっ、くっつくな」

武闘家「それに人肌同士で暖めあえばもっといいっすよ」ピタッ

勇者「っていうか何でお前裸なの!?」

武闘家「ねぇ、勇者さん……兄貴って呼ばせてもらってもいいっすか?」ギシギシッ

勇者「ちょっ!やめっ!パンツ脱がさないで!」

武闘家「大丈夫っすから……痛いのは最初だけっすから……」

勇者「いやあああああああああああああああ!」

ギシギシ

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 23:27:17.05 ID:kZYfcuJk0
―――預かり所

勇者「武闘家を預けます」

武闘家「兄貴!?俺道具じゃないっすよ!?」

勇者「一番奥のほうにしまって置いてください。二度と見つからないくらいに」

武闘家「せめて冒険の宿に帰してくださいっす!」

勇者「こんな悪魔の凶器を……呪われた武器を冒険の宿において置くなんて俺にはできない」

武闘家「俺人間っすよ!」

勇者「世界のためにも二度とあんな悲劇が起きないようにするのが勇者の務めだ」

武闘家「ま、待って!捨てないで!兄貴いいいいいいいいいいい!」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 23:32:20.11 ID:kZYfcuJk0
―――宿屋

魔法使い「おはよー、あら?武闘家は?」

僧侶「……」コクコクッ

勇者「武闘家?誰のことだ?それは」

魔法使い「え?」

勇者「そういえば前衛にもう一人増やそうって話だったよな」

魔法使い「いたよね?武闘家。結構強かったし」

僧侶「……」コクコクッ

勇者「そういえば前衛にもう一人増やそうって話だったよな!」

魔法使い「これなら魔王倒すのも時間の問題だ!って言ってたもんね?」

僧侶「……」コクコクッ

勇者「そういえば前衛にもう一人増やそうって話だったよな!!」

魔法使い「あー、もう。分かったわよ。なんか知らないけど忘れたいのね。そうね、前衛がもう一人いたらいいわねー(棒)」

勇者「だろだろ?僧侶、今度こそ俺が選ぶからな。いいな?」

僧侶「……」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 23:37:21.93 ID:kZYfcuJk0
―――町

戦士♀「よろしく!」プルンプルン

魔法使い「うわっ、女の子選んだわよ」

僧侶「……エッチな格好」

勇者「お、おお……揺れてる」

魔法使い「自分以外全員女の子のハーレムパーティとかひくわぁ……」

勇者「だ、だって男の仲間はもう絶対いやだ!」

戦士「ん?どうかしたの?」スッ

勇者「なんでもない、なんでもない。ははは」

魔法使い「あ、今◯◯◯目で見てたわ」

僧侶「……」コクコクッ

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 23:42:30.82 ID:kZYfcuJk0
戦士「な、なんだよ……勇者……あたしのことそんなつもりで誘ったのか……」バッ

勇者「いや、違うって!戦士がそんな露出の多い格好だからつい……」チラッ

戦士「仕方ないだろ、動きやすい格好なんだから」

魔法使い「あ、今度はお尻を見た」

勇者「き、気のせい!気のせいだよ!」チラチラッ

勇者(お尻も揺れてる……)

戦士「……」

僧侶「……」

魔法使い「……」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 23:46:25.51 ID:kZYfcuJk0
―――冒険の宿

魔法使い「こいつリストラで」

勇者「ちょっ!?俺!?」

戦士「うん、妥当な判断だね」

女将「あらあら、勇者ちゃんがうちに?」

勇者「待って!勇者の俺が抜けちゃってどうすんの!?」

魔法使い「安心して。魔王はあたしたちがちゃんと倒してくるから!」

戦士「そうだなぁ、代わりにあそこの子でも仲間に入れようか」

女将「ああ、遊び人ちゃんね。遊び人ちゃーん、お呼びよ」

遊び人♀「あ、はいはいはいはいはーい!私がんばります!」

勇者「俺の代わりに遊び人!?」

魔法使い「じゃあ、いこっか」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 23:53:30.33 ID:kZYfcuJk0
僧侶「あ……勇者……」

戦士「ほらっ、僧侶もあんなのほっておいていこ」ズルズルッ

僧侶「……勇者」

勇者「ああ……本当に行ってしまった……」

盗賊「よぉ、勇者じゃねぇか」ニヤニヤ

商人「お久しぶりですなぁ」ニヤニヤ

勇者「お、お前らは……」

商人「さぁさぁ、こちらの窓際の席が空いてまっせ」

勇者「く、来るな……」

盗賊「遠慮すんなよ、俺たち仲間だろ、くくくっ」

勇者「ち、違う……俺はお前らとは……」

商人「私らがながーい暇のつぶしかたを教えてやるさかい、安心したってやぁ。ふふふっ」

勇者「いやだあああああああああああああああ!」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/09(土) 23:58:56.44 ID:kZYfcuJk0
―――洞窟

戦士「んーっ!やっぱ女だけのパーティーってのは気楽でいいな」

魔法使い「そうねぇ、変な視線で見られることもないし」

遊び人「私一生懸命がんばります!世界の愛のために!」ワクワクッ

僧侶「……愛?」

遊び人「そうです!愛です!この世界には愛が足りません、だから争いがなくならないんです!」

戦士「やるき十分だね、いいじゃない」

魔法使い「あ、さっそく魔物がでたわよ」

戦士「よーし!じゃあ愛とやらで倒しちゃおうか!」

遊び人「だ、だめです!」

戦士「え?」

遊び人「あの魔物……悪者と決め付けるのはよくないです!」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 00:04:09.91 ID:+JwI0kYw0
戦士「でも……あれ明らかに敵だろ?」

魔法使い「あんなに触手伸ばしてるし……ねぇ?」

遊び人「そういう決めつけが争いを生むんです!見ててください!私が説得してみます」

スタスタ

遊び人「魔物さん、お友達になりましょう」ニコッ

ズルルルル

遊び人「きゃあ!」

戦士「あ、捕まった」

遊び人「あっ///だ、だめです……そんなとこ……」ウネウネ

魔法使い「うわぁ……ぬるぬるした液体が……大丈夫?遊び人」

遊び人「だ、だいじょうぶです!ほらっ、魔物さん……怖くない……怖くないですよ……あんっ///」

ズルズル

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 00:09:10.84 ID:+JwI0kYw0
遊び人「ひゃんっ!そ、そこはだめですぅ……あっ……あっ……」クチュ

戦士「す、すごい……」ゴクリッ

魔法使い「あんなところがあんなになっちゃって……」

遊び人「あっ……やめっ……あーーーーーっ!す、すごいですぅ」

戦士「そ、そんなにすごいの……?」

魔法使い「ちょっと、戦士?」

戦士「あ、べ、別に興味なんてないよ!?あ、遊び人大丈夫?」

遊び人「こ、これは愛……愛です……あっ……いいっ///」

魔法使い「……なんかもう置いていこうか?楽しんでるみたいだし……」

戦士「あ、うん、そ、そうだね」モジモジ

僧侶「……」ジー

魔法使い「ほらっ、僧侶。あんたが見るにはちょっと早いから」グイッ

遊び人「あーーーーーっ!も、もっとぉ///」クチュクチュ

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 00:13:34.05 ID:+JwI0kYw0
―――冒険の宿

魔法使い「次誰を仲間にしよっか」

戦士「うーん」

僧侶「……勇者」

戦士「えー……」

僧侶「……勇者」

魔法使い「あー、分かった分かった。どうせそれしかないって思ってたわよ。それにここに預けられてちょっとは反省したでしょ」

戦士「ならいいけど……」

女将「あら?勇者ちゃんをご指名?」

僧侶「……」コクコクッ

女将「うーん、残念ねぇ。勇者ちゃんは今お出かけよ」

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 00:18:41.26 ID:+JwI0kYw0
魔法使い「え?」

女将「勇者ちゃんが雇えるって分かったらもう、引く手数多でね。もう50件先まで予約がいっぱいよ」

魔法使い「50件!?」

戦士「確かに勇者っていえば万能だからなぁ……人気もあるか……」

盗賊「裏切り者裏切り者裏切り者裏切り者裏切り者……」

商人「勇者しね勇者しね勇者しね勇者しね勇者しね……」

魔法使い「あれは?」

女将「あ、あれは気にしなくていいから」

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 00:23:42.34 ID:+JwI0kYw0
魔法使い「僧侶、残念ね。ちょっと勇者は無理みたい」

僧侶「……勇者がいい」

魔法使い「でもねぇ……」

勇者「女将さん!戻ったよ!」ガチャッ

勇者「あっ!」

僧侶「……勇者」

勇者「何々?仲間!?仲間さがしてんの!?」

魔法使い「そうだけど……」

勇者「じゃ、じゃあ俺!俺入る!入れてください!」

戦士「だけどな……」

勇者「もう変な目で見ないから!お願い!」ガバッ

魔法使い「いや、そうじゃなくてあんた50件先まで予約がいっぱいって話じゃない?」

女将「勇者ちゃん、契約違反はいけないわよぉ」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 00:28:45.39 ID:+JwI0kYw0
勇者「予約?全部やってきたけど?」

女将「え!?」

勇者「北のゴブリン討伐だろ?東の鉱山の工夫救出だろ?それから南の山脈の……」

戦士「すごい……それだけをこんな短期間で……」

魔法使い「あんたどんだけ万能なのよ……」

勇者「いやぁ、ははは。見直した?惚れた?」

僧侶「……」クイクイッ

勇者「お、僧侶。いいだろ?よろしくな!」

僧侶「……」コクコク

魔法使い「まっ、決まりね」

戦士「だね」

勇者「女将さん、お世話になりました」ペコ

女将「あーあ……うちの稼ぎ頭がいなくなっちゃった……後に残ってるのっていったら……」

盗賊「……」

商人「……」

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 00:33:58.04 ID:+JwI0kYw0
―――魔王城

戦士「あっという間に着いたな」

魔法使い「早すぎでしょ……」

勇者「ちゃんとしたパーティだとここまで早く着けるとは……今まで俺は何をしていたんだ……」

僧侶「……適材適所」

勇者「本当に無駄だったな……他の仲間を入れてた時間……」

戦士「そんなことより……」

勇者「ああ……わかってる」

魔法使い「この扉の向こうに魔王がいるのね……」

戦士「ここからでもすごい魔力を感じる……」

魔法使い「大丈夫……あたしたちなら……ね!」

僧侶「……」コクッ

勇者「いくぞ!」バーンッ

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 00:39:11.61 ID:+JwI0kYw0
魔王「来たか……人間ども」ゴゴゴゴゴッ

魔法使い「これが魔王……すごい迫力……」

戦士「これでお前も最後だ!降りて来い!」

魔王「馬鹿が!身の程をしれい!人間などと同じところへ降りてゆけるか!」クワッ

魔王「貴様らはここでただもがき苦しみ闇に飲まれるのみよ」

戦士「なに!?」

魔王「貴様らは決して私に近づくことはない、永遠にな」

魔王「さぁ!絶望の悲鳴を上げろ!恐怖と憎悪こそが我が力となる!」

魔王「闇に飲まれよ!」

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 00:40:38.00 ID:+JwI0kYw0
ズズズッ

戦士「な、なんだ?」

魔法使い「床から黒い塊が……」

僧侶「……」

勇者「これは……」

魔王「貴様らは貴様ら自身の闇に飲まれてしね!」

カッ

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 00:45:57.66 ID:+JwI0kYw0
―――戦士

戦士「な、なんだ!?急に暗く……魔法使い!戦士!勇者!?どこだ!?」

???「見捨てた……」オオーン

戦士「だ、誰だ……闇から声が……」

遊び人(闇)「なんで見捨てたんですか……」

戦士「あ、遊び人!?」

遊び人(闇)「なんで見捨てたんですかああああああああああ」ドロドロ

戦士「ひっ……触手もいっしょに……」

遊び人(闇)「なんでえええええええええええええ」

戦士「だ、だって……それは、お前が気持ちよさそうに……」

遊び人(闇)「……気持ちいいですよおおおおお」

戦士「え」

遊び人(闇)「うふふ……戦士さんはうらやましかったんですよねぇ」

戦士「な、何を言って……」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 00:51:03.29 ID:+JwI0kYw0
遊び人(闇)「ほらっ、とってもいいんですよ、この触手。戦士さんもこうされたかったんですよね」クネクネッ

戦士「ち、違う……」モジモジ

遊び人(闇)「だったら何でそんなモジモジしてるんですか?」

戦士「こ、これは……」

遊び人(闇)「ほらぁ、一緒に気持ちよくなりましょうよおおおおおおおおお」

ズルルルル

戦士「や、やだっ……や、やめ……やめろおおおおおおおおおおおお!」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 00:56:15.54 ID:+JwI0kYw0
―――魔王城

戦士「やめろおおおおおおおおおおおおおおおお!」ジタバタ

魔法使い「な、何!?どうしたの戦士!戦士!」

勇者「戦士に何をしたんだ!」

魔王「何もしてはおらん。そいつはそいつ自身の心の闇に飲まれたのだ。己の罪悪感にな!」

勇者「なんだと!?」

魔王「ふははははは!己自身の闇には絶対に勝てん!さぁ、次はお前だ!」

オオーン

魔法使い「あ……あ……」

勇者「魔法使い!」

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 01:01:40.01 ID:+JwI0kYw0
―――魔法使い

魔法使い「罪悪感?ばっかじゃないの?あたしがそんなの感じるわけないじゃない」

盗賊(闇)「お前はいつもそうだな」オオーン

商人(闇)「ほんまになぁ……人でなしやでぇ」オオーン

魔法使い「盗賊!?商人!?」

盗賊(闇)「いつもいつもいつも俺たちをゴミみたいに扱いやがってよお」

商人(闇)「人気職だからって調子に乗ってはりますなぁ」

魔法使い「ふ、ふんっ、あんたたちみたいな役立たずと一緒にしないでよね」

商人(闇)「せやなぁ、私らなんてほんまゴミ屑ですわぁ」

盗賊(闇)「ああ、死んだほうがマシだよな」

魔法使い「そ、そこまで言ってないでしょ」

商人(闇)「っというか私らもう死んでしまってん」

盗賊(闇)「お前の心ない言葉が原因で、もう首をくくってなあああああああああ」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 01:07:26.36 ID:+JwI0kYw0
魔法使い「え」

商人(闇)「ゆるさへん……絶対にゆるさへんでええええええええええ」ドロドロ

魔法使い「ちょっ、ちょっと」

盗賊(闇)「てめえも一緒に落ちやがれえええええええええ」ドロドロ

魔法使い「か、火炎魔法!」ゴゴゥ

商人(闇)「ぐあああああああああああああ」

魔法使い「や、やった?」

商人(闇)「心痛い……苦しい……ゆるさへええええええええん!」ドロドロ

魔法使い「な、なんで効かないの!?」

盗賊(闇)「さぁ、こっちへ来いよおおおおおおおおおおお」

魔法使い「い、いやあああああああああああああ!」

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 01:12:13.13 ID:+JwI0kYw0
―――魔王城

魔王「くくくっ、見えるぞ、そいつの心が。馬鹿め、いくら攻撃しようと己の罪悪感がなくならない限り闇に飲まれるのみよ」

勇者「魔法使いまで……」

魔王「次は……お前だ!」

僧侶「……」

勇者「僧侶!?いや、こいつに罪悪感とかあるのか?ボーっとしてるから罪悪感とかないんじゃないか?」

僧侶「……勇者ひどい」

勇者「なさそうだな……ふっ、魔王やぶれたり!」

魔王「ふっ……ふははははははは!おどけて見せても私はごまかせんぞ!」

魔王「そいつの闇……お前らの誰よりも深く暗いわ!」

勇者「な……に?」

魔王「絶望の闇に飲まれるがいい!」

僧侶「……」

オオーン

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 02:01:22.55 ID:+JwI0kYw0
―――僧侶

僧侶「……」キョロキョロ

僧侶「……勇者?」

勇者(闇)「呼んだか?」

僧侶「……勇者がおっきい」

勇者(闇)「あのさぁ……お前うざいんだけど」

僧侶「……」

勇者(闇)「いつもいつも俺の邪魔ばっかしやがってよぉ。なんなの?魔王倒したくねーの?」

僧侶「……」

勇者(闇)「くくっ、言ってやろうか。お前の本心を」

勇者(闇)「お前冒険が終わるのが怖いんだろう」

僧侶「……」

勇者(闇)「そりゃそうだよなぁ!お前みたいな根暗で無口なやつなんて冒険のあと誰も相手にしてくれないもんなぁ?もちろん俺も」

僧侶「……」

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 02:06:52.27 ID:+JwI0kYw0
勇者(闇)「っていうか、今お前が仲間と思ってるやつらも勇者のパーティだから入ったってだけだからなぁ。誰が好き好んでお前みたいなのと一緒にいるかよ」

僧侶「……」

勇者(闇)「おまえさぁ……どっかいっちゃえよ」

僧侶「……やだ」

勇者(闇)「くくくっ、お前俺に嫌われるのが怖いんだろう。俺にずっと迷惑かけてるもんなぁ」

僧侶「……や、やだ……」

勇者(闇)「はっきり言って最初から迷惑だったよ。お前のことずっとウザかったんだ、お願いだから消えてくれよ」

僧侶「や、やだ……勇者」ポロポロ

勇者(闇)「気安く呼ぶな、友達でもないのに」

僧侶「……ううううううううううううう……やだ……聞きたくない……」

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 02:11:29.60 ID:+JwI0kYw0
―――魔王城

僧侶「……うううううううううううう」プルプル

勇者「僧侶!おい!大丈夫か!うずくまって……」

魔王「ふはははは!聞こえるものか!もうすでに闇の中よ!」

勇者「てめぇ……」

魔王「では次はお前の番だな。くくくっ、見えるぞ、お前の心が……どんなことに罪悪感を持っている?」

魔王「いろいろ酷いことをしているようだな。何が出るであろうなぁ、預かり所に入れた武闘家か?リストラした二人組か?」

勇者「武闘家だけは勘弁してください」

魔王「それはお前の心次第だ!さぁ!闇に飲まれよ!」

カッ

魔王「さて、どんな悪夢を見ておるやら……」

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 02:16:45.94 ID:+JwI0kYw0
勇者「悪夢?」キョトン

魔王「なっ!?闇に飲まれないだと!?どういうことだ!?」

勇者「俺に聞くなよ」

魔王「な、なぜだ……どういうことなのだ……どんな人間でも罪悪感のひとつやふたつあるはず……」

勇者「ああ、なるほど、そういうことか。俺に聞かないわけがわかった」

魔王「な、なんだ?」

勇者「俺に罪悪感なんてないから」

魔王「なっ!?」

勇者「俺の心が読めるんだろ?じゃあ分かるんじゃないのか?あるのかないのか」

魔王「どれ……ふむ……これは……貴様相当酷い人生を歩んでいるな」

勇者「まぁな」

魔王「幼いころより特殊な力を持つ化物として迫害され続けておる……なのになぜだ!なぜ心に闇がないのだ!」

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 02:21:58.63 ID:+JwI0kYw0
勇者「俺はそれを受け入れたからな。誰も恨んでなんていない、俺は最初から一人だ」

魔王「受け入れただと!?いや、それでも罪悪感のない者などいるものか!貴様の心の中……絶対にあるはずだ……どこか……どこかに……むっ……これか!」

カッ

ミニ僧侶(闇)「……」チョーン

勇者「ちっさ!手乗りサイズの僧侶!?」

魔王「ど、どうだ……貴様にもほんの少しの心の闇が……」

ミニ僧侶(闇)「……勇者の馬鹿」ペチッ

勇者「……」

ミン僧侶(闇)「……馬鹿馬鹿馬鹿」ペチペチペチ

勇者「……いい」

魔王「なん……だと……」

勇者「っていうかお前に感謝だな。俺にも少しは人間らしいところがあったってことか?」

魔王「こんなもの闇の中にはいるか!どうしてそんな心でいられる!」

勇者「だからさっきから言っているだろ?それは俺が化物だからさ」

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 02:27:01.83 ID:+JwI0kYw0
魔王「なんだと?」

勇者「俺自身もそう思っているからだ。俺が化物だってな」ゴゴゴゴゴゴッ

魔王「な、なんだ……この闘気は……ま、まさか……」

勇者「俺みたいな化物が普通の人たちに紛れてたらそりゃあ怖いよな。でもそれに罪悪感なんてないし、恨んでもいない」ゴゴゴゴゴッ

魔王「それほどの力がありながら……なぜだ!なぜそんなことを受け入れる!」

勇者「俺はな、こう思っているだけだ。俺やお前のような化物なんてさ……この世界にいてはいけないってな!」バッ

魔王「がっ……く、首が……」

勇者「だから死んでくれ。悪いな」ギリギリッ

魔王「ぐおおおお……なぜそれほどの力があるのに……それを振るわん!力あるものが支配する!それが自然なことではないのか!」

勇者「俺はそうは思わない」

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 02:32:03.93 ID:+JwI0kYw0
魔王「お前ならば王にでも何にでもなれただろう!いや、私を超えるその力……世界を支配することだろうとな」

勇者「だれもそんなもの必要としていない」バキバキ

魔王「がはっ……ならばなぜ仲間など作ったの……だ」

勇者「……」

勇者「初めて頼られたからな……世界を救ってくれって……だから少し人間らしい気分を味わってみたかっただけさ……」

魔王「」ガクッ

勇者「悪いが魔王……この世界に俺もお前も必要ない」

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 02:37:11.97 ID:+JwI0kYw0
―――魔王城

勇者「さて……おい、みんな、大丈夫か?」

勇者「おい、魔法使い。おきろ」ペチペチッ

魔法使い「この!この豚ども!あたしと同格と思ってるなんて身の程を知るがいいわ!あはははは……はっ!?」

勇者「どんな幻覚見てるんだよ……っていうか闇を逆に虐げてるだろ、お前……」

魔法使い「あ……幻覚……ち、ちがっ……あたしそんなんじゃ……///」カー

勇者「ドSだったんだな……お前……」

魔法使い「違うって言ってるでしょ!そ、そうだ!戦士と僧侶は!?」

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 02:41:40.73 ID:+JwI0kYw0
戦士「あっ……あっ……い、いい……///」クネクネ

魔法使い「戦士!おきて」ユサユサ

戦士「あんっ……///」

戦士「はぁはぁ……あ、あれ?ここは?」トローン

魔法使い「戦士……あなたなんかすっごい……」

勇者「◯◯い顔してるぞ……」

戦士「はっ!ち、違う!違うから!あたしそんな子じゃないから!」ブンブン

勇者「どんな幻覚みてたんだよ……」

戦士「な、何にも見てない!見てないから!」

128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 02:47:18.25 ID:+JwI0kYw0
勇者「あー、もう分かったよ。あとは僧侶か、おい、大丈夫か?」

僧侶「……!?」キョロキョロ

勇者「お、大丈夫そうだな」

僧侶「……勇者」ポロポロ

勇者「お、おい。何泣いてるんだよ」

僧侶「……ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」ポロポロ

勇者「え?」

僧侶「……友達と思われてないのに……誘ってごめんなさい」ポロポロ

魔法使い「はぁ!?」

僧侶「……冒険の邪魔ばっかして……ごめんなさい」ポロポロ

戦士「僧侶?」

僧侶「……嫌われてるのに……好きになってごめんなさい」ポロポロ

僧侶「……ううう」

136: 猿さん規制中_| ̄|○ il||li 2013/02/10(日) 03:14:32.73 ID:+JwI0kYw0
勇者「……ぷっ」

戦士「ふふっ」

魔法使い「あははははははは」

僧侶「?」

勇者「なんだ、僧侶。そんなこと気にしてたのか?」

僧侶「……え?」

魔法使い「友達と思われてない?あたしとあんたはマブダチでしょ、ねっ」ツンッ

僧侶「……あう」

戦士「そのキャラ好きだよ、迷惑なんて思ってないさ」ツンツン

僧侶「……あうあう」

勇者「俺も僧侶のこと嫌いじゃないからな。泣くなよ、なっ?じゃ、まぁそういうことで……」

魔法使い「ちょっと待て」

戦士「勇者、他に僧侶に他に言うことがあるだろう」

魔法使い「好きっていいなよ」

勇者「いや、言わないよ!?」

140: 猿さん規制中_| ̄|○ il||li 2013/02/10(日) 03:20:08.65 ID:+JwI0kYw0
魔法使い「空気読みなさいよ」

僧侶「……いいの……ありがとう……みんな」

魔法使い「僧侶がいいならいいけどさ……僧侶、もうあんなこと思っちゃだめよ、あたしたちがついてるんだから」

僧侶「……」コクッ

戦士「で、結局魔王は勇者だけで倒しちまったのか」

勇者「悪い」

魔法使い「いや、別にいいんだけどね。でもどうやって?」

勇者「なんか色々やったら……倒れた」

戦士「なんだそれ?もうちょっと詳しく教えなよ」

勇者「じゃあ、お前もどんな幻覚みたか詳しく……」

戦士「やった!魔王倒したぞ!帰ろう帰ろう!さぁさぁ!」

魔法使い「言いたくなさそうね……」

勇者「それじゃあ、帰るか。国に」

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 03:25:28.23 ID:+JwI0kYw0
魔法使い「そうね、あなたたちはこの後どうするの?」

戦士「そりゃ、国からご褒美もらって故郷に錦を飾るさ。んーっ何がもらえるのかなー、楽しみね」

戦士「でもその前に……ちょっと遊び人探して謝っておくかな……」

魔法使い「あたしも冒険の宿の窓際組の様子ちょっと見ていこうかな……次の冒険で下僕として使ってあげてもいいかもね」

魔法使い「勇者と僧侶はどうするの?」

勇者「俺?俺は国に帰るだけだよ。僧侶も教会に戻るんだろ?」

僧侶「……」コクッ

魔法使い「そっか……みんなバラバラか。ちょっと寂しいわね」

戦士「何いってんの。また、冒険さそってよ、ねっ」

魔法使い「そうね、また一緒のパーティになるかもね、じゃ行きましょうか」

勇者「よし!凱旋だ!」

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 03:30:40.71 ID:+JwI0kYw0
―――辺境

勇者「って俺に帰る国なんてないんだけどな……」

勇者「帰っても俺みたいに強すぎるやつは扱いに困るだけだろうなぁ」

勇者「戦争に利用されるのも嫌だし」

勇者「まぁ、このあたりなら誰にも迷惑かけることもないだろう」

勇者「よっしゃ!いっちょ家でも建ててみるか!」

僧侶「……」クイクイッ

勇者「ん?服の裾が……」

僧侶「……勇者、お腹すいた」

勇者「なんでいるの!?僧侶」

僧侶「……」

勇者「っていうか教会に帰ったんじゃないの!?」

僧侶「……」フルフル

勇者「教会に帰ればお前英雄だろ?それに魔法使いや戦士だって会いに来るだろ。なんでわざわざこんな辺境にいるんだよ」

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 03:35:05.88 ID:+JwI0kYw0
僧侶「……誘って……くれた」

勇者「え?」

僧侶「……無口で……誰も誘ってくれなかったのに……勇者が誘ってくれた……」

勇者「冒険始める前の話か?いや、まぁ、それは……」

僧侶「……勇者……震えてた……すごく勇気だしてた……」

勇者「まぁ……な。絶対断られると思ったし。声かけても」

僧侶「……なんで?」

勇者「いや、もうお前も分かってるだろ?俺はさ、化物なんだよ」

勇者「だから魔王を倒してくれって言われたとき、一人で行こうと思ってた。ずっと一人だったし……一人で倒せるだろうしな」

勇者「でも……町でお前を見かけて……それで……ただ……こいつと一緒にいたら楽しいだろうなって……そう思ったんだ」

僧侶「……勇者と一緒は楽しい」

勇者「それは俺の台詞だ。でも、冒険はもう終わったんだ。俺なんかと一緒にいてもいいことないぞ?」

僧侶「……勇者と一緒にいたい」

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 03:41:00.20 ID:+JwI0kYw0
勇者「こんな誰も来ない辺境でいいのかよ」

僧侶「……うん」

勇者「何もないぞ?誰もいないしな。寂しくなるぞ?」

僧侶「……勇者はいや?」

勇者「いやじゃ……ない」

僧侶「……」フルフル

勇者「あー!もう!言えばいいんだろ!そうだよ!俺もお前と一緒にいたいよ!」ギュッ

僧侶「……うん///」

勇者「絶対はなさないからな!ここで二人きりだぞ!」

僧侶「……勇者」

勇者「……僧侶」

僧侶「……でも二人きりじゃない」

勇者「は?」

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 03:46:00.61 ID:+JwI0kYw0
魔法使い「まったく見せ付けてくれるわねぇ……」

戦士「勇者……お前よく真顔でそんな台詞いえるな」

勇者「なっ……お、お前ら……なんで……」

魔法使い「なんでって僧侶が勇者に会いたいって泣いてたんだからほっておけないでしょ」

戦士「まったくこんな辺境とはね」

勇者「でもこれ以上俺みたいな化物とかかわったらお前らまで……」

魔法使い「馬鹿言ってんじゃないの!僧侶はそんなあんたのことが好きになったんだからね!」

魔法使い「だから自分を化物なんて呼ぶのはやめなさい」

戦士「あたしたち仲間だろ?辺境とはいえ、会いに来ることくらいできるからさ」

勇者「お前ら……」

盗賊「そうだぜ?お前らのイチャイチャぶりを冷やかしにな!『僧侶!お前を放さないからな!』」

商人「『ここで二人きりでっせ!』ぷははははははは!ひぃー恥ずかしいー!」

勇者「お前ら!?」ビキッ

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 03:51:04.09 ID:+JwI0kYw0
盗賊「ひゃはははは、そんな怖い顔すんなよ。窓際に一緒に座ったなかだろ?」

商人「せやで、せっかく来てやりましたのに」

遊び人「そうですよ!これは愛です!愛!」ギュッ

戦士「こら、くっつくな」

遊び人「えへへー、いいじゃないですか、一緒にいけない遊びを覚えた仲でしょう」

戦士「ちょっ、言うな///」

僧侶「……勇者は一人じゃない」

勇者「は……はは……まったく僧侶、お前ってやつは……うっ……はは……は」ポロポロ

勇者「勝手に仲間増やさないでくれ……僧侶さん……」

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/10(日) 03:58:28.38 ID:+JwI0kYw0
―――預かり所

店主「おーい、これ奥にしまっておいてくれ」

店員「はい、店長。よっと」グイッ

店員「あれ?おかしいな。入らないぞ?」グイグイッ

店主「おい!もう店開けるぞ!はやくしろ」

店員「まぁいいか、なんか引っかかってるけど。それ!」グイッ

店員「もう奥の方の道具取れなくなっちゃったな……まぁいいか」

タタッ

武闘家「……闇に飲まれよ」ゴゴゴゴゴゴ

おしまい

http://viper.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1360411316/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする