【女騎士SS】勇者「俺が考えてた冒険と全然違うんだけど」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 17:21:35.23 ID:nRV/Zr/40
勇者「ふと、冒険したくなった」

勇者「というわけで買ってみました勇者ガイドブック」

勇者「勇者の家系なのにどうして何も記録とか残ってないんだか」

勇者「ふむふむ、『王様の命令は何が何でも肯定しなければならない』?」

勇者「『嫌がると永遠と同じ言葉で肯定を求めてくる』……うわ、なんだそれ」

勇者「『勇者は王様の命令がなされるまで冒険できない』……マジかよする気満々なのに」

勇者「『昨今の勇者はハーレムパーティーが多く、女性ばかりのパーティが目立つ』」

勇者「……ふむ」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 17:24:00.86 ID:nRV/Zr/40
勇者「『そのままパーティーのメンバーがヒロインに昇格し、結ばれるケースも少なくない』」

勇者「ほえー、そうなのか」

勇者「最近じゃ、よく萌えパとか言われてるのはそれだったのか」

勇者「ん、前例パーティーがあるぞ」

(例)勇者:僧侶、僧侶、僧侶

勇者「えええ、僧侶しかいないじゃん……」

勇者「こういうバランスの悪いパーティは参考にならないな」

勇者「というか、こんなの載せるなよ……」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 17:26:36.73 ID:nRV/Zr/40
勇者「それにしても……」

勇者「なーんか違うんだよなぁ」

勇者「俺が思ってたのはこう、熱くて、男と男の友情! ちょこっとした恋愛!」

勇者「みたいなのをイメージしてたんだが」

勇者「可愛いお姫様と最後には結ばれる……みたいな」

勇者「『姫救出後、結婚におよぶケースは多い』……これだよこれ!」

勇者「あ、でも前例が相当昔だな……最近はそういう感じじゃないのかな」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 17:29:45.09 ID:nRV/Zr/40
勇者「ん……『男ばかりのパーティだとたくましいが、変なイメージを付けられる場合がある』」

勇者「どういうことだ?」

勇者「『初めて訪れた町のサービスの差がある』……なんだと!?」

(例)女性ばかりのパーティだったためにレディースデイが適用された。

勇者「なんだと……こういうのは参考になるぞ!」

勇者「なるほど、俺のわがままではなく、村の人達のニーズに合わせて作らないといけないのか!」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 17:33:29.81 ID:nRV/Zr/40
勇者「でも、一人くらい男いてもいいじゃないか」

勇者「肩身が狭いぞ、このやろう」

☆こんな人はオススメ
・男一人は窮屈!

勇者「お! まさに今の俺」

『できるだけ女の子に見える男(男の娘)を連れて行く』

勇者「……お、『男の娘』?」

勇者「うわー、どうすりゃいいんだよー」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 17:36:50.73 ID:nRV/Zr/40
勇者「『勇者は基本的にあまり善行をし過ぎてはいけない』……なんで?」

勇者「良いことしちゃ悪いのか?」

(例)絡まれている女性を助ける……攻略に支障が出る。

勇者「いやいや、助けるだろ! 俺の勇者の血が疼くよそんなの!」

勇者「しかも攻略に支障って言葉おかしいだろ! 冒険なんだと思ってんだよ!」

勇者「あー、もうっ、すげーやる気失せた!」

勇者「冒険のためにどれだけ修行したと思ってんだよ!」

勇者「んん……『冒険が始まらないと修行を積んでも強くはなれない』……マジかよぉ」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 17:39:31.28 ID:nRV/Zr/40
勇者「もういいや、ふて寝ふて寝」

勇者「どうせ頑張っても強くなれねーんじゃ、意味ねーって」

コンコンッ

勇者「誰だよ……はいはい」ガチャ

?「勇者か?」

勇者「……誰ですかあんた?」

女騎士「私は女騎士と言う者だ。王からのご命令だ、ついてきてもらおう」

勇者「え、今!?」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 17:44:27.96 ID:nRV/Zr/40
女騎士「今だ。ふむ、見た感じ既に装備の準備はできているようだな」

勇者「いや、ちょっと待って下さいこれにはワケが……」

女騎士「悪いが、王のご命令なのだ。ついてきてもらわないと困る」

勇者「う……わ、わかったよ……じゃあ少し支度するから、待っててくれ」

女騎士「うむ」

勇者(……つか、なんだあの美人は!)

勇者(ガイドブック、ガイドブック……)

『最近では城に仕える兵士達にも変化が見られ、女性の数が増大している』

勇者「……城もニーズにこたえてるのか」

女騎士「まだか?」

勇者「も、もうちょい!」(とりあえず、このガイドブックは持って行っておこう)

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 17:47:48.64 ID:nRV/Zr/40
勇者「おまたせ」

女騎士「ふむ、それでは行こう」

勇者「あんた、城に仕えてるのか?」

女騎士「? そうだが」

勇者「そうか。命令って、何か具体的なこと言われてる?」

女騎士「いや、特には何も」

勇者「ふーん」

女騎士「なにか?」

勇者「いや、なにもないけど」

勇者(思わず見惚れちまったぞ……)

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 17:52:06.75 ID:nRV/Zr/40
女騎士「あなたは、本当に勇者なのか?」

勇者「へ、そうだけど?」

女騎士「思ったより気さくな方で、驚いた」

女騎士「城にある勇者にまつわる本では、とても寡黙で、『はい』か『いいえ』しか答えないと聞いたが」

勇者「古い古い。そんな勇者はもう何十世代も前だよ」

女騎士「ふむ、そうなのか?」

勇者「うん」(ガイドブックに受け売りだけど)

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 17:56:15.15 ID:nRV/Zr/40
女騎士「そうなのか……確かに誇りがかぶっていて、古い文字ばかりだったな」

女騎士「ならば、あなたはもう少し人間らしいお方である、と」

勇者「ま、そうなるのかな?」

女騎士「少し興味があるので、聞いていいか?」

勇者「どうぞ」

女騎士「勇者としての自覚はあるか?」

勇者「……え」

女騎士「別に責めているわけではない。ただ、あなた自身そのことをどう思っているのか知りたくて」

勇者「んー」

勇者「まあ、何時の時代にも勇者はいて、誰かが勇者にならざるをえないなら」

勇者「それが俺の家系だったってだけさ」

女騎士「つまり、運命だと?」

勇者「まあ、そんなとこ」(正直、ガイドブック見たせいで半分くらいやる気削がれてるんだけども……)

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 17:59:19.73 ID:nRV/Zr/40
女騎士「あなたは……とても素敵な方なのだな」

勇者「いやはや、そう言われると照れるなぁ」

女騎士「そろそろ城に到着する。これからは少しだけ口をつぐんでいていただきたい」

勇者「了解」

勇者(ガイドブックには確か、『口を挟むと色々めんどくさいので静かに命令を聞く』だったかな)

勇者(『質問すると逆に話が長くなるので黙っておく』)

勇者(サクサク説明してくれたほうが嬉しいし、そうしよう)

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 18:01:04.41 ID:nRV/Zr/40
王「おお、よくぞ参った勇者よ!」

勇者「……」

王「おお、よくぞ参った勇者よ!」

勇者「……?」

王「おお、よくぞ参った勇者よ!」

勇者(ど、どういうことだ!?)

『挨拶をしないと話は進まない』

勇者「は、はい」

王「ふむ、女騎士、下がれ」

女騎士「はっ」

勇者(めっちゃビビったー……)

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 18:03:56.47 ID:nRV/Zr/40
王「実は、貴殿を呼んだのは他でもない」

勇者「はあ」

王「魔王が蘇ったのだ!」ででーんっ

勇者「な、なんだってー!」

王「驚くのも無理はない。昔封印した魔王が、また姿を現したのだからな」

王「あれはある朝のことだ……」

くどくど

くどくど

勇者(思ったより長いぞ、なんだこれ)

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 18:08:19.89 ID:nRV/Zr/40
王「……ということなのだ!」

勇者「……」zzz

王「……頼まれてくれるか?」

勇者「ふぇ!? は、はいっ」

王「うむ、それではあれを持って来い!」

兵士「はっ!」

勇者「ん? なんですか?」

王「支給品だ。これで魔王を倒してきてくれ」

勇者(なにこの棒?)

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 18:09:58.80 ID:nRV/Zr/40
勇者(『王様の支給品は期待値少』……ってこのことか)

勇者「いや、いいです。武器屋で買うんで」

王「そう言わずに!」

勇者「いいですって」

王「そう言わずに!」

勇者「……ああ、わかりました。いただきます」

王「おお、もらってくれるか!」

勇者(王様こえぇ……)

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 18:13:32.78 ID:nRV/Zr/40
王「あと、一人での旅は辛いだろう、ギルドに行くといい」

勇者「ギルド?」

王「そうだ。ギルドにはたくさんの職業の者たちがいる」

王「きっと貴殿の役に立つ者たちがいるはずだ」

王「ギルドの場所はわかるか?」

勇者「あー……わかんないです」

王「それでは女騎士、案内しろ」

女騎士「はい」

勇者(い、いつの間に……!?)

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 18:16:38.23 ID:nRV/Zr/40
女騎士「それでは、ついてきてください」

勇者「う、うん。それでは王様、行ってきます」

王「幸運を祈る!」

勇者(あ、マジなのか。『冒険の始まりは案外ドライ』って……)

女騎士「ふふっ、勇者さん。途中寝ていましたね?」

勇者「えっ……バレてたか」

女騎士「仕方がありません。私の同僚にもそういう者がいますから」

勇者「君達も、あんな話を聞かされるの?」

女騎士「はい。毎朝定時に」

勇者「うわー……辛そう」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 18:19:23.96 ID:nRV/Zr/40
女騎士「返事を怠ると、また同じ話が繰り返されるので、頑張って起きています」

勇者「大変だね」

女騎士「でも、王様は素敵な方ですから」

勇者「ふーん」

女騎士「私の家系は代々王に仕えているので、王様には感謝しないと」

勇者「なるほどね」

女騎士「ギルドはここです。それでは、私はここで」

勇者「ちょ、ちょっと待って」

女騎士「はい?」

勇者「あのさ……君と一緒には行けないのかな?」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 18:23:01.20 ID:nRV/Zr/40
女騎士「え……私、ですか?」

勇者「うん。なんだか、君となら、冒険が楽しくなりそうだし」

女騎士「でも……私は……」

勇者「いや、わかってる。別に強制はしないけど」

勇者「……できれば、の話だから」

女騎士「……すいません、それはちょっと」

勇者「そ、そっか」

女騎士「私はあくまで王様に仕える一兵士に過ぎません」

女騎士「足手まといになるのが関の山です」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 18:27:19.35 ID:nRV/Zr/40
勇者「足手まといなんて、最初から決めつけちゃダメだ」

勇者「冒険していけば、必ず強くなるよ」

勇者「君の性格なら、絶対にね」

女騎士「……勇者さん」

女騎士「わかりました。城に行って、頼んできます」

勇者「わかった。とりあえず、俺はギルドで他のメンバーを集めるよ」

女騎士「はい!」

勇者(……よし、これで一人)

勇者(えっ、女騎士って前例ないのか!?)

『女騎士をファーストコンタクトで勧誘するのは難しい』

女騎士イメージ:胸がでかい、男勝りな口調、生真面目

勇者(……あ、生真面目なところがちょっと見え隠れした以外当てはまってないな)

勇者(特に胸とか……)

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 18:31:02.24 ID:nRV/Zr/40
勇者「さて、と」

勇者「あとは……ギルドで仲間集めだな」

勇者(ギルドについてもやっぱりガイドブックは書いてあるなぁ)

『バランス重視かビジュアル重視か』

勇者「……いや、バランス重視だろ」

『主にパーティは、戦闘二人、魔法一人、補助一人が望ましい』

勇者「まあ、そうだよな」

勇者「って、なると……とりあえず僧侶と魔法使いになるかな?」

勇者(でも、なんかありきたりだなぁ)

勇者「前例に残るようなメンバーにしたいもんだ!」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 18:35:30.82 ID:nRV/Zr/40
?「ちょっと、あんたどきなさいよ!」

勇者「ん?」

?「ギルドの入り口に立ってボーっとしてるって、あんたまさか素人?」

勇者「いや、勇者だけど」

?「ありえないわよ、そんなの。私の目はごまかせないから」

勇者「そういうお前はなんなんだ?」

女武闘家(以下、女武)「私? 私は女武闘家よ。いいからどいてくんない?」

勇者「あ、ああ……」(あの体型で武闘家……?)

女武「なによ?」

勇者「いや、なんでもない」

女武「ふんっ」

勇者(……どうみてもただのちびっ子だったぞ?)

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 18:40:09.74 ID:nRV/Zr/40
勇者(ま、武闘家は今必要じゃないからいいか)

勇者「とりあえず中に入ろう」

ギルドマスター「いらっしゃい」

勇者「ど、どうも」

ギルマス「あんた、初めての人かい?」

勇者「はい」

ギルマス「そうか、じゃあ説明は?」

勇者「えっと、さっき教えてもらったので」(全部ガイドブック頼みだけど)

ギルマス「んー……身なりを見る限り、あんた勇者だね」

勇者「ええ、わかりますか?」

ギルマス「ああ、その棒は、王様からもらったものだろう?」

勇者(これ、ある意味パスにもなるのか……?)

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 18:43:27.73 ID:nRV/Zr/40
勇者(通りで捨てられないわけだ)

ギルマス「勇者ってのは戦闘、魔法、補助……どれに関してもバランスが良いから」

ギルマス「多少、パーティを冒険させても良いんだけどね」

勇者「……?」(パーティを冒険?)

『パーティを冒険:標準的でないパーティにすること。遊び人のみのパーティなど』

勇者「い、いや……そういうのはちょっと」

ギルマス「あんた自身が決めるもんだ」

ギルマス「どんなのがいい? 戦闘特化型、魔法特化型、補助強化型?」

勇者(た、たくさんあるんだな……)

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 18:47:06.23 ID:nRV/Zr/40
勇者「戦闘特化型になると?」

ギルマス「武闘家、戦士、あとは盗賊とかもいいんじゃないかな」

勇者「えっと、騎士がいるんですけど」

ギルマス「騎士? ほほう、そりゃイイヤツだね。戦闘も補助もできる」

勇者「そ、そうなんですか」

ギルマス「んー、そうなると魔法使いは必須になるかもな」

勇者「魔法使い……」

ギルマス「勇者とツートップ組むんじゃ、武闘家や戦士じゃちょっと難しいかもしれないからな」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 18:49:37.60 ID:nRV/Zr/40
女武「ちょっと聞きづてならないわね」

ギルマス「げっ、女武ちゃん……いたのかい?」

女武「いたわよさっきから。ちょっと、そこの素人」

勇者「……俺のことか?」

女武「私が特別にあんたのパーティに入ってやってもいいわよ?」

勇者「……ええ」

女武「何よ、文句あるの?」

ギルマス「女武ちゃん、さっきの話聞いてたかい?」

女武「聞いてたわよ。納得いかないから、証明するためについていくって言ったの」

勇者(め、めんどくせーこいつ)

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 18:51:48.77 ID:nRV/Zr/40
×聞きづて
○聞き捨て

勇者「わ、悪いんだけど、できれば魔法使いとか、僧侶が欲しいんだ」

女武「ああ、私ちょっと前まで僧侶やってたわよ」

勇者「えっ!? お前が!?」

女武「なによ、悪い!?」

ギルマス「女武ちゃんは、昔はこんな子じゃなかったんだけどね」

女武「マスター、なんか言った?」

ギルマス「いや、何も!」

勇者「で、でも……お前とはなんかやだ!」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 18:54:37.12 ID:nRV/Zr/40
女武「そんな理由通じると思ってんの!?」

ギルマス「雇い主がオーケーしないと、俺としては承諾できないな」

女武「そ、そんなぁ……」

ギルマス「とりあえず、魔法使いを呼んでくるよ。性別とか気にする?」

勇者「できれば女の子で」

ギルマス「うん、そういうと思ってたよ」

勇者(ニーズに合わせて、女の子……)

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 18:58:27.18 ID:nRV/Zr/40
すいません、席を外します。

再開は9時半ころになると思います。

できたら、保守お願いします……。

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 21:36:22.11 ID:nRV/Zr/40
女魔法使い(以下、魔女)「……」

勇者「えーっと、君が女魔法使い?」

魔女「……うん」

勇者「どういう魔法が得意?」

魔女「……」

勇者「……?」

魔女「……炎とか、氷とか、雷とか、出せる」

勇者「そ、そうかー」

勇者(ずーっと真顔なの怖いんだが……)

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 21:38:06.26 ID:nRV/Zr/40
勇者(ガイドブック、ガイドブック)

『好きな話をして好感度を上げよう』

勇者「お、俺も魔法とかつかえるようになりたいんだけど、どうすればいいかな?」

魔女「……知りたい?」

勇者「う、うん」

魔女「……じゃあ、連れてって」

勇者「そ、そのつもりだったんだけど」

魔女「……そっか」

勇者(笑うと可愛いんだな……)

138: 保守ありがとうございました。 2013/01/06(日) 21:41:05.28 ID:nRV/Zr/40
ギルマス「どうだい?」

勇者「はい、この子で良いです」

ギルマス「静かな娘だけど、実力は大したもんだから」

勇者「はあ」

ギルマス「よし、じゃああと一人だね。僧侶だっけ?」

勇者「はい」

女武「……」

勇者(視線を感じるがスルーだ、スルー)

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 21:44:47.64 ID:nRV/Zr/40
勇者「そういえば、どうしてパーティって四人なんですか?」

ギルマス「ん、よくぞ聞いてくれたね」

勇者(ガイドブックも四人前提で書いてたしな)

ギルマス「わかりやすく言うと、偶数にしないとさ」

ギルマス「わからないかな?」

勇者「……ああ、一人余ると」

ギルマス「そういうこと。特にあんたは男だろ? 女四人が二人ずつ喋ってたら」

勇者「一人と変わらないですね……」

ギルマス「まあ、別に構わないなら五人でもいいんだよ?」

勇者「前例あるんですか?」

ギルマス「んー、あまり見ないかな」

勇者「そうですか……」

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 21:48:09.53 ID:nRV/Zr/40
勇者「僧侶ってやっぱり大人しそうな娘なんですかね?」

ギルマス「ああ、君も幻想持ちかい?」

勇者「え?」

ギルマス「そういう娘はみーんな雇われちゃってね。今残ってるのは」

ギルマス「元バーサーカーの娘と、元戦士の娘だけだよ」

勇者「……へ」

ギルマス「杖を持ってるけど、おそらく補助よりも戦闘の方が得意だと思うよ」

勇者「……へ、へー……」

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 21:53:03.55 ID:nRV/Zr/40
・ ・ ・

女騎士「ゆ、勇者さん! 許可がおりました! 私も行けます!」

勇者「おお、そうか」

女騎士「? そちらの二人は?」

勇者「ああ、こいつらは」

魔女「……」

女武「ふふん」

勇者「魔法少女と高慢チキ子ちゃん」

女武「誰が高慢チキ子ちゃんよ!?」

女騎士「ギルドの方達ですね。よろしくお願いします!」

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 21:55:50.71 ID:nRV/Zr/40
女武「ふーん、あんたが女騎士? なんか未熟そうねぇ」

女騎士「?」

勇者「お前のほうが身長低いだろうが」

女武「あ、今侮辱したわね! 正拳突きかますわよ!」

魔女「……女、騎士」

女騎士「は、はい?」

魔女「……ナイスチューミーチュー」

女騎士「ええっ?」

勇者「よろしくってことだ……と思う」

勇者(わりと不安なメンバーかもしれないな……女騎士以外)

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:01:17.93 ID:nRV/Zr/40
勇者「ん、女騎士軽装にしたのか?」

女騎士「はい。実は、あれ、男性用だったので」

勇者「そうだったのか。てっきりガタイ良いのかと思ってた」

女騎士「そんなことないですよっ」

勇者「それは女性用なのか?」

女騎士「はい。これなら動きやすくて良いと思って」

勇者「うん、なんかスッキリしてていいな」

女騎士「そうですか?」

勇者「ああ、とっても」

女騎士「ふふ、ありがとうございます」

女武「……話に入れないわ」

魔女「……」

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:05:37.73 ID:nRV/Zr/40
勇者「ついにこの町にさよならする日が来ようとは」

女武「ま、私たちは結構出てるからねぇ?」

魔女「……そうだっけ?」

女武「ちょ、あんたもギルドのメンバーでしょ! それに、一度一緒に行動したことあったじゃない!」

魔女「……覚えてない」

女武「なんなのよー!」

女騎士「私も、何度か集団で外に出たことはありますが……」

女武「これからは四人だけ」

魔女「……気合、入れる」

勇者「よし……行こう!」

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:08:38.25 ID:nRV/Zr/40
女武「って、いきなりスライム!」

魔女「……」

女騎士「せ、せせ、戦闘です!」

勇者「よし、みんなガンガンいこうぜ!」

女武「あんた命令しなさいよ!」

勇者「なんで!?」

魔女「……あなた、リーダー」

勇者「よ、よーし……みんな、『命令させろ!』」

勇者「女騎士、斬れ!」

女騎士「は、はい! てやっ!」

すかっ

女騎士「よ、避けられました!」

164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:11:14.85 ID:nRV/Zr/40
勇者「どんまいっ! 魔女、炎魔法!」

MPが足りない!

勇者「えええ!?」

魔女「……回復するの忘れてた」

勇者「仕方ない、女武なんでもいいから特技!」

女武「なんでもいいって何よ! てやっ!」

がすっ

勇者「おお、よっしょ止めは俺が!」

女武「できんの、あんたに?」

勇者「おうよ、伊達に家で黙々と鍛えてないぜ! でりゃ」

がす ぼか どす

勇者「ぐはー!」

女武「え?」

女騎士「……あれ?」

魔女「……ダメージ大」

165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:13:23.67 ID:nRV/Zr/40
どすっ べきっ ぷよっ

勇者「ちょ、うわ! いてぇ! スライムつええ!」

すかっ

ばしばしっ どしゅっ

女武「ちょ、ちょっと待ちなさいよ……」

女騎士「……ゆ、勇者さん?」

魔女「……」

女武「もしかして……あんた……」

「「「弱い?」」」

167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:16:01.51 ID:nRV/Zr/40
勇者「……」

女騎士「……」

女武「……」

魔女「……」

勇者「い、いやあ……手強かったなぁ」

女武「どこがよ!」

魔女「……ただのスライム」

女武「あんた町出てソッコーで教会の世話になるつもり!? バカじゃないの!?」

女騎士「ま、まあまあ女武さん……」

女武「スカリガールは黙ってて」

女騎士「す、スカリ……」

170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:19:46.72 ID:nRV/Zr/40
女武「大体ねえ、あんた考えてみれば町出るの初めてなんでしょ?」

勇者「は、はい……」

女武「何でしゃばってんのよ、バカ丸出し!」

勇者「……」

女武「スライムに攻撃当てられないで、死にかけるなんて前代未聞よ!」

女騎士(攻撃当てられない……くぅっ)

魔女「……レベル、いくつ?」

勇者「レベル?」

女武「レベル知らないの? 教会にいかないとわからないかもしれないわね」

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:22:15.95 ID:nRV/Zr/40
勇者「……た、多分だが、1だと思う」

女武「はぁ?」

魔女「……ワン」

女騎士「い、いち……」

女武「……え、なんでそんなにザコなの?」

魔女「……驚き」

女騎士「……」

勇者(ああ、女騎士が助け舟も出せず俯いた!)

177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:28:09.89 ID:nRV/Zr/40
勇者「仕方ないんだ。勇者は旅に出るまでレベルが上がらないようになってるらしい」

魔女「……呪い?」

勇者「いや、よくわかんないんだけど」

勇者(そういえば、外に出ようと思ってもどうしてもいけなかったのは……)

『旅に出るまで外に出ることは許されない』

勇者(やっぱり、書いてある)

女騎士「な、なら……鍛えるしかないですね」

女武「そうなるわね……勇者なんだから、見込みがないわけじゃないだろうし」

魔女「……化ける」

女騎士「と、とりあえず今日は寝ましょう。ね?」

女武「そうね。なんか色々ビックリして眠くなってきたかも」

魔女「……見張り、する」

女騎士「ありがとうございます」

女武「まかせたわーおやすみー」

183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:30:57.31 ID:nRV/Zr/40
女騎士「おやすみなさい」

魔女「……おやすみ」

勇者「あ、俺が見張り」

魔女「……意味ない」

勇者「そ、そうだよな。……お、おやすみ」

勇者(くそ、なんつー体に生まれたんだ……!)

勇者(ガイドブックの通りなのか……)

勇者(……もっと読んで、色々知ったほうがいいかも)

勇者「……ん?」

☆夜になったら……

勇者「なんだこれ?」

186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:33:15.36 ID:nRV/Zr/40
勇者「……」

『夜になったら、仲間とより仲良くなるチャンスです』

『秘密の時間を過ごした二人は、少しだけ親しくなれるかも?』

勇者「……なんか、ガイドブックっぽくないなこれ」

勇者(でも、これは良いかも)

勇者「……よし」

魔女「……?」

勇者「よう、魔女」

魔女「……見張りは二人もいらない」

勇者「いや、ちょっと話でもしようかなと思って」

191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:38:19.62 ID:nRV/Zr/40
魔女「……いいよ」

勇者「さっきは恥ずかしいところを見せちまったな、ごめん」

魔女「……謝ることない」

魔女「……みんな、最初は弱いから」

勇者「魔女もそうだったのか?」

魔女「……うん」

魔女「……私こそ、ごめんなさい」

勇者「気にしない気にしない。今日で回復するだろ?」

魔女「……でも、見張り」

勇者「ああ、そうか……ごめんな、弱くて」

魔女「……これから、頑張って」

193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:40:35.36 ID:nRV/Zr/40
勇者「え?」

魔女「……あなたは勇者」

魔女「……きっと、強くなる」

勇者「魔女……」

勇者(そういや、女騎士にもそんなこと言ったな、俺)

勇者(結果は情けねーことになったけど……)

勇者「うん、絶対に強くなるよ」

魔女「……そしたら、魔法教えるから」

勇者「本当か?」

魔女「……」

こくり

勇者「へへっ、よっしゃ。じゃあ今日は寝るよ。見張りさせてごめんな。おやすみ」

魔女「……おやすみなさい」

199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:44:33.81 ID:nRV/Zr/40
勇者(うっし、こんな感じでいいのかな?)

勇者(正直、魔女めちゃくちゃイイヤツだなぁ)

勇者(何考えてるのかわかんない感じだと思ってたけど)

勇者(実は結構良いメンバーかも?)

勇者(よーっし、明日から気合入れて頑張ろう!)

勇者「おー!」

女武「うっさい!」

勇者「は、はい……」

201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:48:58.25 ID:nRV/Zr/40
・ ・ ・

勇者「えーっと、確認すると」

勇者 Lv.1
女騎士 Lv.3
魔女 Lv.6
女武 Lv.5

女騎士「そ、そんなに差は無いですよ! ね?」

女武「私、魔女より低かったのね……」

魔女「……にやり」

女武「声に出して『にやり』って言うんじゃないわよ!」

勇者「と、とりあえずこれからどうしようか」

勇者(ガイドブックには、『とにかくスライム狩りまくれ』って書いてあったから、そうするか?)

女武「そこはあんたが決めなさいよ」

女騎士「そうですね。勇者さんが決めるべきだと思います」

魔女「……リーダー」

勇者「よし、じゃあスライム狩りをするぞー!」

205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:53:26.03 ID:nRV/Zr/40
女武「とにかく、スライムを一撃で仕留められるようにするわよ!」

魔女「……一撃で倒せてなかった」

女武「うっ……悪かったわね! あの後誰かさんが当ててれば倒せてたわよ!」

女騎士「ごめんなさい……」

女武「いや、女騎士じゃないから」

勇者「と、とりあえず狩るぞー!」

スライムがあらわれた!

勇者「てりゃ!」

すかっ

ぼごっ どすっ

勇者「ぎゃああ!!」

女武「ちょ、弱!」

209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:56:13.31 ID:nRV/Zr/40
女騎士「勇者さん! ていっ!」

ずしゃっ

女騎士「あ! 当たった!」

ぴぎーっ! どすっ

女騎士「きゃあ!」

魔女「……危険!」

勇者「うおりゃぁ!」

ズバァ!

勇者「はぁはぁ……や、やったか?」

女騎士「……た、倒した?」

213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:59:14.49 ID:nRV/Zr/40
女武「はぁ……なんとかやったわね」

魔女「……なにもしてない」

女武「うっ……ち、違うわよ。私はこいつらにやらせようとしただけで……」

勇者「や、やった! 初めて倒したぁー!」

女騎士「やりましたね、勇者さん!」

勇者「女騎士もナイス攻撃ー!」

ぎゅっ

女騎士「へ?」

女武「!」

魔女「……ハグ」

勇者「よーし、この調子で行くぞー!」

女騎士(は、はわわ……)

218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:03:03.53 ID:nRV/Zr/40
女武(それにしても、さっきの動き……すごかったわね)

女武(女騎士がやられた瞬間に、身体能力が上がったような)

勇者「おらぁ!」

シュバッ

勇者「うおりゃあ!」

バシュッ

勇者「お、おおおお……すっげー! 当たるとこんなに簡単に!」

女騎士「まだ生きてます!」

どすっ!

勇者「ほぐっ!!」

223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:06:04.76 ID:nRV/Zr/40
女武「ったく、全然ダメね、あんた」

勇者「め、面目ない……」

女武「まあ、レベル1じゃこの程度よね」

勇者「回復ありがとうな」

女武「ふんっ、元僧侶なんだから当たり前のことしてるだけよ」

勇者「よっしゃ、もうひと踏ん張りだ!」

女騎士「出ましたスラ……?」

勇者「ん? なんかメタリック?」

魔女「……メタルスライム」

女武「メタルスライム!? チャンスよ、勇者!」

勇者「え?」

女武「あいつを倒せば一気にレベル急上昇間違いなし!」

226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:09:14.73 ID:nRV/Zr/40
勇者「よっしゃ、いくぜ!」

すかっ!

勇者「なっ、早い!」

女武「てやっ!」

ぶんっ

女騎士「はぁ!」

すかりんっ

女騎士「へ、変な音!?」

魔女「……がんばって」

女武「攻撃しなさいよ!」

魔女「……メタルスライム、魔法きかない」

229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:13:32.19 ID:nRV/Zr/40
女騎士「このままじゃ……」

勇者「くそ……全然当たらない!」

女武「まずいわね……そろそろ逃げちゃうかも!」

勇者「逃げるのか!?」

女武「メタルスライムは戦いを好まないわ。すぐに逃げ出してしまうかも!」

勇者「その前にやらないと! うおりゃっ!」

かすっ!

女騎士「か、かすった!」

勇者「うおおおお!」

かすっ かすっ

女武「その調子よ! いけそう!」

ぴぎーっ! タタタタタっ……

勇者「あ」

女騎士「ああ……」

魔女「……メタルスライムは、逃げ出した……」

236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:19:29.41 ID:nRV/Zr/40
勇者「うわあああああすまん!」

女武「何やってんのよ! バカ!」

勇者「くそ、もう少しだったのに……」

女騎士「き、気にしないでください。かすらせることができたのは、勇者さんだけですから」

勇者「……でも、倒さなきゃ意味がないぜ」

女騎士「そんなことないですっ、きっと大丈夫ですよ」

魔女「……また、スライム」

女騎士「! 勇者さん、気を取り直して行きましょう!」

勇者「くそ……わかったぜ!」

238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:21:43.84 ID:nRV/Zr/40
勇者「でりゃああ!」

ズバッ!

勇者「よっしゃ、倒したー!」

~♪

勇者「! なんだ今のは!?」

女武「レベル、上がったみたいね」

勇者「え?」

女騎士「私も聞こえました!」

魔女「……二人とも、おめでとう」

勇者「よっしゃー!」

ぎゅっ

女騎士「はにゃ!」

女武「よ、喜ぶのはいいけどその抱きあうのやめてよね!」

241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:24:46.63 ID:nRV/Zr/40
・ ・ ・

~♪

勇者「またレベルアップだー!」

女騎士「おめでとうございます、勇者さん!」

女武「うん、これで少しはマシになったかもね」

魔女「……剣の振り、上手くなってる」

勇者「この棒、案外壊れない」

女武「え、あんた棒で戦ってんの!?」

勇者「え、そうだけど?」

女武「そりゃ弱いわけだわ……」

女武(ただの棒でズバって言ってたのは幻聴かしら)

246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:29:01.89 ID:nRV/Zr/40
・ ・ ・

勇者「いやー今日はレベルも上がったし、すげえ充実したなぁ」

女騎士「そうですね」

女武「でもまったく進んでないのよ? 誰かさんが弱いせいで」

勇者「う、悪かったな……」

魔女「……そろそろ、私たちも参加する」

女武「そうね、パーティとして連携プレイができるようにしないと」

勇者「おお、パーティっぽい!」

女騎士「明日はそれも重視しながら頑張りましょう」

勇者「おーし、みんな、おやすみー!」

249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:31:24.73 ID:nRV/Zr/40
女武「あんた見張りなさいよ」

勇者「え……マジすか」

女武「レディーにさせるつもり?!」

勇者「わ、わーったよ……」

勇者「……さて、と」

勇者(今日もすこし話をするか)

勇者「あれ?」

女騎士「……」

勇者「なんだ、女騎士まだ寝てなかったのか?」

252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:34:39.92 ID:nRV/Zr/40
女騎士「あ、勇者さん」

勇者「見張りなら俺がするから、寝ても良いんだぞ?」

女騎士「いえ……ちょっと、星を見たくて」

勇者「ん? ……おー綺麗だなぁ」

女騎士「昔、お父さんと見たんです。あの頃もとても綺麗で……」

勇者「女騎士は、星とか見るの好きなのか?」

女騎士「はい、大好きですっ」

勇者「そっか……月も良い感じで、幻想的だな」

女騎士「そうですね……うっとりしちゃいます」

勇者(……か、可愛いな女騎士)

259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:44:48.77 ID:nRV/Zr/40
女騎士「……あの、勇者さん」

勇者「ん?」

女騎士「手、握ってもいいですか?」

勇者「ええ!?」

女騎士「あの……なんだか子供の頃を思い出して」

女騎士「お父さんの手、握って見てたなって思いだしたんです」

女騎士「だから……」

勇者「ああ、なるほどな。俺の手で良ければどうぞ」

ぎゅっ

女騎士「……ふふっ、勇者の手、お父さんみたいに暖かいです」

勇者「そ、そうか?」(これは喜んでいいのかな……?)

261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:48:15.81 ID:nRV/Zr/40
女騎士「勇者さんと一緒なら、私、頑張れそうです」

勇者「いいのか、俺なんかで?」

女騎士「はい。私を求めてくれたから、精一杯頑張ります」

女騎士「期待にこたえられるよう、尽力します!」

勇者「おう、じゃあ頼んだぜ!」

女騎士「はいっ。それじゃあそろそろ寝ます。見張り、させちゃってごめんなさい。おやすみなさいっ」

勇者「うん、おやすみー」

264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:51:52.53 ID:nRV/Zr/40
勇者(女騎士と、大分親交を深められた気がするな)

勇者(今日もガイドブックを読んでみるか……)

勇者「……ん?」

『勇者は先祖代々鈍感である』

勇者「なんだよそれ、鈍感だったら戦いに不利じゃん!」

勇者「まあいいか、そろそろ寝よう……」

勇者「あ、俺見張りじゃん」

勇者「うおー……魔女こんなことしてたのか……辛い」

勇者「交代とかできるようにして欲しいぜ……」

266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:55:47.02 ID:nRV/Zr/40
・ ・ ・

勇者「ん、あれは……」

女騎士「村です!」

女武「やっと村ね……」

魔女「……三日かかった」

勇者「ふー、とりあえず腹ごしらえでもするか」

女武「やっとスライム料理から解放されるのね」

魔女「……結構好物」

女武「正気じゃないわよ、それ」

女騎士「……あれ、なんだか騒がしいですよ?」

勇者「ほんとだ、どうしたんだろ」

272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:02:25.49 ID:oCg8b9NL0
「おや、あんた達旅の人かい?」

勇者「はい、そうですが?」

「気をつけたほうがいいよ、近くの洞窟の魔物が暴れてるらしいんだ」

勇者「ええっ!」

女武「? そんなことあったっけ? この村は結構平和だったと思うけど」

魔女「……勇者の影響?」

勇者「そ、そんなまさかぁ~」

『勇者は旅に出ると、たくさんの出来事に遭遇する』

勇者(ほ、ほほー……)

277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:07:15.55 ID:oCg8b9NL0
「ええ、勇者なのかい!?」

勇者「は、はい。一応」

「だったら、洞窟の魔物、どうにかしてくれないかね?」

勇者「え、えーっと……」

女騎士「おまかせください!」

勇者「!」

「おお、本当かい嬢ちゃん!」

女騎士「ええ、絶対に倒してみせます!」

女武「と、とりあえず宿を紹介して、私達旅で疲れてるのよ」

女騎士「ごめんなさい勇者さん、困っている人を見たら放っておけなくて……」

勇者「はは、俺もそうだよ。断る気なんか、さらさら無かったから」

282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:13:09.20 ID:oCg8b9NL0
女武「いいから、さっさと宿いくわよー。ここ、まさかまさかのお風呂付きらしいし♪」

勇者「なんだ、女武も風呂とか好きなのか」

女武「どういうことよ?」

勇者「別にー」

女武「なんなのよそれ!」

魔女「……ここ」

勇者「へー確かに大きいな」

女騎士「久し振りに、まともに眠れそうですね」

勇者「ああ、そうだな」

勇者(飯もまともだ……)

285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:17:26.82 ID:oCg8b9NL0
「今のところ、二人部屋が二つ空いてますね」

勇者「二つ部屋かぁ……」

女武「えっ、こいつと一緒の部屋!?」

勇者「こいつとはなんだ」

女武「こんなケダモノと一緒に寝たら何されるかわかんないわよ……!」

勇者「誰がケダモノだ! 何もしてないだろ!」

女武「してなくても、こんなパーティ組むくらいなんだから、何かするに決まってるでしょ!」

勇者「それは……」(ガイドブック通りにしただけであって……)

魔女「……じゃあ、一緒になる」

勇者「魔女?」

魔女「それなら、文句ない?」

289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:22:06.01 ID:oCg8b9NL0
女武「え、えっと……」

女騎士「そ、それなら、私も大丈夫です」

勇者「女騎士!」

女騎士「大丈夫って言うか……私は、勇者さんと一緒でも、全然かまいません」

勇者「……女騎士」

女武「な、なんか私がわがまま女みたいじゃない! 納得いかないわ!」

魔女「……公平にする?」

女騎士「勇者さんに選んでいただきますか?」

勇者「ええ!? 大袈裟過ぎないか!?」

魔女「……これしかない」

292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:28:12.77 ID:oCg8b9NL0
勇者「い、いやいや……じゃんけんとかでいいんじゃないの?」

女騎士「じゃんけん、ですか?」

女武「じゃ、じゃんけん!?」

魔女「……なるほど」

勇者「これなら運だし、いいかなーって」

女騎士「それなら良いですね。勝った人が勇者さんと、ということで」

女武「ほ、本当にやるの?」

魔女「……」こくり

女武「うう……わかったわよぉ」

女騎士「じゃあ、行きますよ……じゃんけんぽんっ!」

298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:32:04.44 ID:oCg8b9NL0
・ ・ ・

勇者「ひゃー、すっげーいい湯だった! 久し振りに清潔な体だぜー!」

女武「あーあー、それは良かったわね!」

勇者「なんだよ、お前も入ってくればわかるって」

女武「うっさいわね! 黙っててくれない!?」

勇者「そんなに嫌なら、あいつらのどっちかと変わればいいのに」

女武「う……引っ込みがつかなくなったのよ」

勇者「やれやれ、高慢チキ子ちゃんだなぁ」

女武「だから何よ、その高慢チキ子ちゃんってのは!」

300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:36:46.97 ID:oCg8b9NL0
勇者「まあまあ、とりあえず入ってこいよ。風呂一番楽しみにしてたのお前だろ?」

女武「そうだけど……うぅ」

勇者「明日はまた、すぐに出発だ。洞窟だから、当分またまともに寝れないぞ?」

女武「……わかったわよ」

勇者「ああ、飯も後でみんなで食いに行くから、気持ち早めにな」

女武「はいはい!」

勇者「……やれやれ」

勇者(……ふぅ)

勇者「やっと冒険が始まったわけだけど」

勇者(思ったより、楽じゃないな)

勇者「まさか、小説で出てくるスライムが、本気で生きてるなんて……」

307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:43:05.31 ID:oCg8b9NL0
勇者「それに、小説の勇者はスライムを見向きもせずに、戯れてた」

勇者「……くそ、俺にはまだそんな力はないってことだ」

勇者「……そうだ」

勇者(暇だし、魔女と女騎士のところに行くか)

勇者「でも、女の子の部屋に行くのは緊張するなぁ」

勇者(まあ、こっちも女の子と共有だけども)

311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:52:47.08 ID:oCg8b9NL0
コンコン

勇者「おーっす大丈夫か?」

しーん

勇者「あれれ?」

コンコン

勇者「ふむ……」

勇者(まさか、誰かに……!?)

『仲間の安全はしっかり確認するように!』

ガチャ

勇者「大丈夫か、二人とも!」

女騎士「え!?」

魔女「……」

勇者「え……女騎士、ど、どうしてタオル一枚……」

女騎士「きゃあああああ!!」

勇者「うわあああすまん!!」

315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:56:21.36 ID:oCg8b9NL0
・ ・ ・

女武「……ふう」

ちゃぷん

女武「お、いいお湯ね」

女武「気持ちいいっ、やっぱりお風呂は最高ね!」

女武「……んー」

女武(まさか、あいつ本物の勇者だったとはね)

女武(勇者ってのはもっと、様付しちゃうくらい素敵な人だと思ってたけど)

女武「あいつには絶対につけたくない! むかつくから!」

317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 01:00:52.19 ID:oCg8b9NL0
女武「でも、やっぱり勇者なのよね」

女武「攻撃スカることもなくなったし」

女武「……まあ、少しは認めてやってもいいかも」

きゃあああああ!!

女武「! この声、女騎士!?」

女武(で、でも今お風呂だし……)

女武(ま、勇者が行ってるでしょ)

女武「ふう、極楽ぅー」

319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 01:05:09.11 ID:oCg8b9NL0
・ ・ ・

勇者「最悪だ……最悪だ……」

勇者「これで女騎士の信頼はガタ落ち……」

勇者「変態勇者まっしぐらじゃねえか……」

勇者「し、死にてえ……」

女武「ど、どうしたのよ、あんた……」

勇者「……女武か」

女武「そういえば、さっき女騎士の悲鳴が聞こえたけど?」

勇者「……」

女武「な、なんで答えないのよ?」

324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 01:19:59.77 ID:oCg8b9NL0
勇者「……実はさ」

がちゃ

魔女「……ご飯、行こう」

女武「あ、はーい」

勇者「……了解」

魔女「……勇者、どんまい」

勇者「き、傷つくぞぉ……」

330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 01:26:56.01 ID:oCg8b9NL0
・ ・ ・

女武「うひゃー大きい場所ね!」

勇者「……」

女騎士「……」

女武「?」

魔女「……ごちそう」ジュルリ

女武「ねえ、魔女。あいつらどうしちゃったの?」

魔女「……」

女武「……?」

魔女「……おこちゃまには教えない」

女武「はあ!?」

333: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 01:30:28.99 ID:oCg8b9NL0
女武「ほほう、バイキングかーいいじゃないいいじゃない!」

魔女「……女武、一緒に取りに行こう」

女武「え? う、うん」

勇者「ちょ、魔女!」

魔女「……謝るチャンス。ファイト」ぼそっ

勇者「……」

女騎士「……」

勇者「え、えーっと……女騎士」

女騎士「ごめんなさい!」

勇者「え!?」

女騎士「わ、私、あんな素っ頓狂声を出して……その……」

343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 01:36:29.94 ID:oCg8b9NL0
女騎士「私の体なんて……貧相だし……」

女騎士「勇者さんにのお目汚しになっちゃったかと思って……」

勇者「な、なんでそんな悲観的なんだ?」

勇者「あれは、俺が悪いんだよ」

勇者「ノックして、返事無かったのにいきなり入ったりしたから」

勇者「それに……女騎士の体は……」

勇者「……って、なんか変なこと言いそうだからやめとくよ」

『あまり素直になりすぎると、裏目に出るので注意』

女騎士「……わ、私は怒ってませんから……」

勇者「俺は、怒る理由が無いから……」

345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 01:40:20.89 ID:oCg8b9NL0
女武「おまたせー。あんたたちも取って来なさい。めちゃくちゃ美味しそうだから!」

勇者「お、おう」

女騎士「勇者さん、行きましょう」

勇者「うん」

女武「あら、なんか良さげになってる?」

魔女「……成功」

女武「なにが?」

魔女「……」

女武「ねえなにが!?」

348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 01:45:11.40 ID:oCg8b9NL0
・ ・ ・

女武「はー、食べた食べた」

勇者「おいおい、食い過ぎだろ……食費を考えろよ」

女武「バイキングだからいいでしょー」

勇者「いいや、食い過ぎると明日に支障が出るだろ」

『食い過ぎには注意』

女武「うっさいわねー、私は消化良いほうだから大丈夫よ!」

勇者「あのなぁ……」

女武「なによ、文句あるわけ?」

勇者「……文句しかねえよ!」

350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 01:49:14.16 ID:oCg8b9NL0
女武「ふんっ、何よそれ!」

勇者「ったく、女騎士も魔女もあんなイイヤツなのになぁ」

女武「……どういうことよ?」

勇者「お前はイイヤツじゃないってことだ!」

女武「むきー! なによそれめっちゃむかつく!」

女武「大体ねえ、あんたのそのイイヤツって基準は都合が良いってことでしょ!」

勇者「な……んだと」

女武「ほら、否定出来ない!」

352: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 01:52:16.20 ID:oCg8b9NL0
勇者「そ、そういうわけじゃねえ!」

女武「じゃあ何よ、言ってみなさいよ!」

勇者「……いや、なんでもない」

女武「へ?」

勇者「……」

女武「ちょ……」

勇者(ここは耐えろ、耐えるんだ)

『不満や文句は全て言わずに。関係の悪化は一番問題である』

355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 01:57:18.59 ID:oCg8b9NL0
女武「な、なによいきなり……」

勇者「……」

女武「……ね、寝るから」

勇者「はいよ」

女武「……おやすみ」

勇者「おやすみ」

勇者(……)

勇者(夜になった、しかし、こういう時はどうすればいいんだ?)

☆宿屋での一晩に……

勇者「おお、ピンポイントにあるな! このガイドブックは!」

356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 02:02:21.29 ID:oCg8b9NL0
『あなたは少ししたことで仲違いをしてしまいました』

勇者「ここまでピンポイントに……」

『でも安心してください』

勇者「うむ」

『あなたの隣には、彼女がいるのだから!』

勇者「うん……だからそれを聞きたいんだけど!?」

勇者「どうすりゃいいんだよ……」

勇者「もういいか。今日は寝よう……」

361: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 02:07:24.19 ID:oCg8b9NL0
女武「……」

こそこそ

勇者「……ん?」

女武「……」

勇者(女武……何してんだ?)

女武「……」

勇者「おい」

女武「!」

ささっ

勇者「ど、どうした慌てて?」

364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 02:11:31.86 ID:oCg8b9NL0
女武「いや、あんた……ね、寝てなかったの?」

勇者「物音で起きた。何か隠しただろ?」

女武「……しかたないわね」

勇者「……日記?」

女武「そう。……毎日つけてんのよ」

勇者「でも、昨日は」

女武「村に着いたら、まとめて書くのよ……悪かったわね、似合わない趣味してて」

勇者「……いや、なんか」

勇者「可愛いところあるんだなって思った」

女武「は、はあ!? い、意味分かんないんだけど!」

367: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 02:14:54.90 ID:oCg8b9NL0
勇者「いや、だってさ」

勇者「いつも高慢チキ子ちゃんなお前がなーって」

女武「うう、高慢チキ子ちゃん言うな!」

勇者「でも、良いんじゃねえの? 日記とかって」

勇者「俺は飽きるからかけそうにないし」

勇者「そういう継続性、素直に憧れるぜ」

女武「……おかしいと思わないの?」

勇者「ああ」

女武「……ふーん、そっか」

369: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 02:16:44.46 ID:oCg8b9NL0
女武「まあ、でも……これを書き始めた理由があるのよね」

勇者「へえ、教えてくれよ」

女武「……また今度ね」

勇者「ええ、いいじゃないか、教えてよ」

女武「またいつか、ね」

勇者「ま、いいさ。女武が話したくなったら話せば」

女武「……あ、このことはあの二人には内緒だからね?」

勇者「もちろん」

女武「……絶対に、絶対だから!」

勇者「うん」

370: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 02:18:08.19 ID:oCg8b9NL0
勇者「そういえば、女武」

女武「なによ?」

勇者「その髪型、結構似合ってるぞ」

女武「! 今更言うな!」

勇者「はは、あの時は言えるようなテンションじゃなかったからな」

女武「だから、あれはなんだったのよ!?」

勇者「さあ、なんだったんだろうな、おやすみー」

女武「ううっ、教えなさいよぉ……もうっ!」

374: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 02:21:30.25 ID:oCg8b9NL0
・ ・ ・

勇者「ん……」

女騎士「あ……」

勇者「あれ……女騎士……?」

女騎士「お、おはようございます勇者さん」

勇者「どうして女騎士が?」

女騎士「えっと、魔女さんと女武さんは先に朝食に行きました」

女騎士「私も、勇者さんを起こして一緒に行くつもりだったんですが」

女騎士「勇者さんがとっても気持ちよさそうに寝ていたら……起こせなくて……」

378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 02:28:45.89 ID:oCg8b9NL0
勇者「そうか、起こしてくれても良かったのに」

女騎士「いえ! だって、これから洞窟に行くんだし」

女騎士「できるだけ、体力を回復して欲しかったんです」

女騎士「洞窟は、狭くて暗くて、危険です」

女騎士「スライムだけじゃなくて、たくさんの魔物が出るはず」

女騎士「そう考えたら……」

勇者「大丈夫だって女騎士」

勇者「俺を誰だと思ってるんだ?」

勇者「俺、こう見えても勇者なんだぜ?」

勇者「ちょっとくらい、期待してくれよ。な?」

379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 02:35:31.01 ID:oCg8b9NL0
『こう見えても勇者なんだぜ? は本気で期待するので使い所を誤らないように』

女騎士「勇者さん……」

勇者「おし、とりあえず朝食行くか」

勇者「そういや女武、あいつあんなに晩食ったのに朝食食えるのかな?」

女騎士「そうですね、勇者さんの二倍は食べてましたからね」

勇者「胃袋どうなってんだ……」

女騎士「ふふっ、そうですね」

381: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 02:40:02.03 ID:oCg8b9NL0
・ ・ ・

勇者「おーっす」

女武「寝過ぎ」

勇者「食い過ぎ」

女武「腹が減っては戦はできぬ!」

勇者「お前の場合無尽蔵じゃねえか」

魔女「……スライム、恋しい」

勇者「スライム、あんま味しないじゃん……」

魔女「……あのぷちぷち食感……」

勇者「ああ、あんまり思いださせるなー」

383: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 02:44:20.82 ID:oCg8b9NL0
勇者「そうだ魔女」

魔女「……何?」

勇者「できるだけ、バランス良く食べろよ?」

魔女「……野菜、苦手」

勇者「でもな、俺たちは旅に出てるから、どうしても栄養が偏るんだよ」

勇者「そうなると万全のバトルはできなくなる。わかってくれ」

女騎士「ほ、ほら、野菜炒めとっても美味しいですよ!」

魔女「……美味しい」

勇者(うわ、目がキラキラした!)

388: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 02:50:06.85 ID:oCg8b9NL0
魔女「……これなら、食べる」

女武「ったく、あんたは……」

魔女「……美味しければ、どうということはない」

勇者「女騎士、朝食とりにいこう」

女騎士「あ、はい」

魔女「……」

女武「どうしたのよ?」

魔女「……ずるい」

女武「なにが?」

魔女「……別に」

398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 03:04:07.65 ID:oCg8b9NL0
女騎士「あ、勇者さん、あれとってください」

勇者「ん」

女騎士「ごめんなさい、取ってもらっちゃって」

勇者「いいよいいよ」

女騎士「……勇者さんが優しくって、本当に良かったです」

勇者「ん?」

女騎士「旅したら実は怖い人なんじゃないかって、結構思ってたから……」

勇者「俺はずーっとこんな感じだよ。それを良いとは思わないけど」

女騎士「そんなことないです。勇者さん、とっても素敵だと思います」

勇者「そうかな?」

女騎士「……き、きっと、女武さんも、魔女さんも思ってますよ」

勇者「んー、女武は思ってないと思うけどな」

401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 03:06:08.78 ID:oCg8b9NL0
女騎士「そうですかね?」

勇者「うん」

女騎士「……ああ!」

勇者「ど、どうした!?」

女騎士「あ、あんなところに……ケーキ!」

勇者「ケーキ」

女騎士「うう……た、食べたいけど……」

勇者「食べないのか?」

女騎士「甘いもの食べちゃうと、お腹がもたれるかもって……」

女騎士「これから洞窟に入るから、我慢しないと……」

勇者「はぁ……女騎士は本当にいい子だなぁ」

407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 03:16:16.00 ID:oCg8b9NL0
勇者「よし、許す! ケーキ食べちゃいなさい!」

女騎士「い、いいんですか!?」

勇者「ああ、特別にな!」

女騎士「うわぁ……ありがとうございます!」

女騎士「どれにしようかな……た、たくさんある!」

勇者「お、チーズケーキあるのか。美味しそう」

女騎士「チーズケーキ好きなんですか?」

勇者「うん。俺も食べよう」

女騎士「えへへ、じゃあ私もチーズケーキにします」

勇者「いいのか?」

女騎士「勇者さんと一緒がいいですから」

勇者「そ、そっか」

勇者(ちょっとドキっとした)

417: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 03:24:17.18 ID:oCg8b9NL0
勇者「おまたせー」

女武「あーデザート! なによ、ケーキ食べていいの?」

勇者「言うと思った。女武も食べていいぞ」

魔女「……」

勇者「ああ、魔女もいいぞ?」

魔女 ぷいっ

勇者「?」

女騎士「えへへ、いただきまーす」

勇者「いただきます」

418: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 03:26:08.50 ID:oCg8b9NL0
魔女「……」

勇者「えっと、魔女も食べたいなら持ってきていいんだぞ?」

魔女「……一つ分食べられない」

勇者「ああ、残すのはもったいないもんな」

魔女「……だから、すこしちょうだい」

勇者「ん、ケーキか? ほい」

魔女「……あーん」

勇者「しろと?」

魔女「……うん」

勇者「ん、あーん」

女騎士「!!」

魔女「……美味しい」

勇者(ああ、キラキラな目Part2!)

424: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 03:36:43.17 ID:oCg8b9NL0
勇者「美味しかったか?」

女騎士「うう、美味しそうです……」

勇者「え? 女騎士もチーズケーキ食べてるじゃないか」

女騎士「あ、そうでしたね。あはは……」

魔女「……」

勇者「……女武遅いな」

女武「おまたせ!」

勇者「ってうおおおい! なんだそのとてつもない量は!?」

女武「ケーキ全種類×二個!」

勇者「どんだけ食うんだよ!」

426: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 03:38:06.78 ID:oCg8b9NL0
・ ・ ・

女武「ふう、お腹いっぱい」

勇者「おいおい、今から洞窟に行くんだぞ?」

魔女「……休憩が必要」

女騎士「そうですね。食休みをした方が良いかも」

勇者「うう、仕方ない。じゃあ少しだけ休もう」

女武「ふふんっ、あんたも融通がきくじゃない!」

勇者「誰のための休憩だと思ってんだ」

427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 03:40:08.69 ID:oCg8b9NL0
女武「あんたねぇ、スライム狩りは誰のためだと思ってんのよ?」

勇者「う……」

女武「だったら、文句言わないわよね?」

勇者「いーや。洞窟の魔物がいつあらわれるかわかんないんだ。さっさと退治しないと、また被害が及ぶかもしれない」

女騎士「勇者さん、かっこいいです」

魔女「……だから、早く?」

勇者「そうだ」

女武「……わかったわよ、行けばいいんでしょ、行けば!」

431: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 03:42:05.95 ID:oCg8b9NL0
・ ・ ・

勇者 Lv.3
女騎士 Lv.4
魔女 Lv.6
女武 Lv.5

勇者「よーし、行くぞー」

魔女「……頑張る」

女騎士「ドキドキしますね……」

女武「さっさと魔物倒しちゃいましょう」

勇者「簡単に見つかればいいけどな……」

516: 保守ありがとうございます 2013/01/07(月) 10:12:17.03 ID:oCg8b9NL0
・ ・ ・

勇者「って、入って早々モンスターだ!」

女騎士「と、飛んでます!」

魔女「……吸血コウモリ」

女武「気をつけなさい、すばしっこいから当てるの難しいかも!」

勇者「オッケー! 狙い定めてー! でりゃ!」

すかっ

勇者「わお!」

がつっ ちゅーちゅー

勇者「あれ……気分が高揚してきましたが……」

女騎士「きゃー勇者さんー!!」

女武「言ったそばからバカじゃないの!」

519: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 10:14:30.45 ID:oCg8b9NL0
魔女「……!」

ボワッ

女武「あれは、炎の魔法!」

勇者「あつ、あつあつうううう!!!」

ドテッ

女騎士「勇者さん、大丈夫ですか!?」

勇者「ああ……なんか熱いんだけどどういうこと?」

魔女「……ふう」

522: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 10:16:58.40 ID:oCg8b9NL0
女武「あんたね、いきなりコウモリに吸血されるとか、バカ?」

勇者「いや、至って真面目です……」

女武「とりあえず、あんた一番レベル低いんだからでしゃばらないこと」

勇者「それじゃあこの前と同じじゃん」

女武「当てる自信がある時だけ攻撃しなさいよ!」

勇者「が、頑張ります……それにしても熱いんだが」

魔女「……私の魔法」

勇者「ああ、なるほど……」

魔女「……熱かった?」

勇者「わりと」

523: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 10:19:28.29 ID:oCg8b9NL0
魔女「……気をつける」

勇者「まあ、さっきのは俺も危なかったし、しかたないよ」

勇者「助けてくれてありがとう」

魔女「……どういたしまして」

勇者(えーっと、『魔法の避け方』は……)

女武「また来たわよ!」

女騎士「つ、次は私が! ……はぁ!」

すかりんっ

女騎士「ああっ!」

かぷっ ちゅぅ……

女騎士「あぁ……んんぁ……」

勇者「うおおお、女騎士に何しやがる!」

女武「鼻血止めなさいよあんた……」

524: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 10:22:04.12 ID:oCg8b9NL0
女騎士「ゆ、勇者さん……チャンスですぅ……」

勇者「女騎士!?」

女騎士「今……あっ……コウモリは動けませんからぁ……」

勇者(そうか、今なら!)

女武「はあ!」

どごっ バタリ

女騎士「はぁ……はぁ……ありがとうございます、女武さん」

女武「止まってる小さいコウモリ斬るより、殴るほうが当てやすいでしょ?」

勇者(い、良い所取られた……)

525: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 10:24:14.01 ID:oCg8b9NL0
女騎士「すいません、良い所見せられなくて……」

勇者「はは、気にするなって」

女騎士「きゃあああ! 勇者さん、鼻血!」

勇者「あはは、気にすることはないさ」

女騎士「気にします!」

魔女「……熱さと興奮の相乗効果」

女武「ほんと、バカみたい」

526: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 10:26:43.36 ID:oCg8b9NL0
女騎士「とりあえず、私のハンカチ使ってください!」

勇者「ええ、悪いよそんなの!」

勇者(しかもめちゃくちゃキレイなんだけど!)

女騎士「勇者さんの鼻血が心配です。さっきも吸血されていましたし……」

勇者「そ、そうだけど……」

女騎士「大丈夫です、ほら……」

勇者「……ごめん、使わせてもらうよ」

ふきふき

魔女「……血に染まる」

女武「ゾクッとするからそういう表現やめなさい」

529: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 10:28:05.67 ID:oCg8b9NL0
女騎士「あ、止まりました?」

勇者「あ、ああ……」

女騎士「女武さん、治癒お願いできますか?」

女武「わかってるわよ」

シュウウウ……

勇者「おおお、鼻の奥がなんかスッキリしていく」

女武「気持ち悪いからやめて!」

537: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 10:49:53.95 ID:oCg8b9NL0
勇者「正直、こういう洞窟って、本当にあったんだなぁ」

女騎士「そうですね。よく洞窟先遣隊という者たちもいましたが、実際に入ってみると……怖いです」

勇者「女騎士は暗いところとか大丈夫?」

女騎士「はい。よく怒られた時に入れられていたので」

勇者「……え?」

女武(いきなりヘヴィーな空気が……)

魔女「……」

女騎士「! 勇者さん、あれ」

勇者「ん?」

女武「げっ、分かれ道ね」

538: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 10:54:24.25 ID:oCg8b9NL0
魔女「……どうする?」

勇者「え、えーっと」

『分かれ道は自信があれば複数にわかれてもよい』

勇者「……ふ、二手に分かれるか?」

女武「本気で言ってる?」

魔女「……危険」

女騎士「で、でも勇者さんの提案だから……」

女武「そっか……でも、どうすんのよ」

女武「スカリンガールと鼻血男を分けるのは当たり前だとして」

女騎士「うう」ぐさっ

勇者「うぐ」ぐさっ

539: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 10:56:10.49 ID:oCg8b9NL0
女武「……私は嫌よ、こいつとは」ぼそぼそ

勇者「指さしながらいうなー」

540: ミスったけど先に進めます 2013/01/07(月) 10:59:26.43 ID:oCg8b9NL0
女武「と、とりあえず! 私と女騎士、魔女と勇者で分かれましょう」

女騎士「は、はい!」

魔女「……了解」

女武「敵の気配がしたり、行き止まりだったらすぐにさっきの分かれ道まで行くこと」

女武「特に魔女、あんたはMP消費に気をつけなさい!」

魔女「……わかった」

勇者「おお、女武頼りになるなぁ」

女武「あんたが頼りにならないからでしょ!」

女騎士「あ、足を引っ張らないように頑張ります!」

女武「よし、じゃあ私たちはこっちに行くから。あとでねー」

女騎士「それでは、また後ほど!」ぺこり

勇者「お、おう」

魔女「……行こ」

勇者「あ、ああ……どうして腕を組むんだ?」

魔女「……離れると危険」

544: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 11:04:21.61 ID:oCg8b9NL0
勇者「まあ、そうだけど……敵が来たら離れろよ」

魔女「…………うん」

勇者(なんか間が長かったような……)

勇者「と、とりあえず進むか」

魔女 こくり

勇者「なんか、分かれてもよかったのかなぁ」

魔女「……あなたの選択」

勇者「そうだけども……これで全滅したら元も子もないしなぁ」

魔女「……大丈夫。あなたは勇者」

勇者「まあ、そうなんだけど……レベル低いしなぁ」

魔女「きっと、大丈夫」

545: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 11:09:20.80 ID:oCg8b9NL0
魔女「……手をかざして」

勇者「ん、なんだ?」

魔女「……今の貴方なら可能」

勇者「え?」

魔女「……強く念じる」

勇者「何を?」

魔女「……熱い気持ち、情熱……」

勇者(いきなりだが、やってみるしかないな……)

勇者(情熱……情熱……)

キー!

勇者「!」

魔女「……気にしないで、続けて」

勇者「……!」

ポワッ

勇者「! 火の玉!?」

547: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 11:12:16.25 ID:oCg8b9NL0
キキー!

勇者「逃げ出した?」

魔女「……これが、炎の魔法」

魔女「……まだ、弱いけれど」

勇者「す、すげえ……!」

魔女「……おめでとう」

勇者「ありがとう魔女!」

がしっ

魔女「……!」

魔女(……手、握ってくれた)

548: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 11:17:38.03 ID:oCg8b9NL0
勇者「でも、あんなんじゃ使い物にならないな」

勇者「とりあえず、練習しないと」

魔女「……その時は、付き合う」

勇者「おう、よろしく!」

魔女「……」

勇者「それにしても、先が見えないな……」

魔女「……たいまつ買わなかったの?」

勇者「あっ、そういえば……」

勇者「……つっても、金はほとんど女武の食費に変わっちまったからなぁ」

勇者(おかげでまだ俺は棒のままだ)

551: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 11:20:44.38 ID:oCg8b9NL0
・ ・ ・

女武「はっくしゅ!」

女騎士「だ、大丈夫ですか?」

女武「うん、いきなりくしゃみってことは、誰かが噂してるのかも」

女武「まあ、私は可愛いから、噂されてもしかたないわねー」

女騎士「女武さんは、とても自信満々で羨ましいです」

女武「まあね。そうでもしないと冒険なんてしてられないし」

女騎士「そうなんですか?」

女武「そんなもんよ。自信のないやつは、すぐに野垂れ死ぬ」

女武「そういう世界だもん」

556: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 11:35:18.31 ID:oCg8b9NL0
女騎士「……」

女武「って、しらけちゃう話しちゃったわね、どんどん前にすすもー」

女騎士「は、はい」

女騎士「……女武さん!」

女武「ん?」

女騎士「私、自信持ちます。……絶対に、死にません!」

女武「……その意気よ! ささ、行こう行こう~」

女騎士「はい! きゃっ」どてっ

女武「あはは、決意新たにして早々転けちゃダメで……しょ?」

グルル……

女武「うわぁ……当たり引いちゃったみたいね」

559: バイさる喰らいました 2013/01/07(月) 11:41:20.96 ID:oCg8b9NL0
・ ・ ・

勇者「でりゃぁ!」

ザシュッ

~♪ ~♪

勇者「ん、レベルアップ!」

魔女「……私も」

勇者「おお、これで更にたくましくなったなぁ!」

魔女「……うん。コウモリにも攻撃、外れなくなってる」

勇者「へへっ。そういや魔女、MP大丈夫か?」

魔女「……温存できてる。勇者のおかげ」

勇者「そ、そうか? へへへ」

563: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 11:49:23.22 ID:oCg8b9NL0
勇者「あっちは大丈夫かな?」

魔女「……わからない」

勇者「だよな、さっさと進んで早く合流しよう」

魔女「……うん」

勇者「……あれ? 行き止まり」

魔女「……宝箱」

勇者「おお、これが宝箱……」

勇者(考えてたのより、相当ボロっちいな)

『洞窟の宝箱はあまり期待できないことが多い。特に下級の魔物がいる洞窟はあまりよくない』

勇者「ふむ……」

魔女「……開ける?」

勇者「うん」

566: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 11:54:30.18 ID:oCg8b9NL0
勇者「……よっと」

ぎぃー……

魔女「……?」

勇者「毒消し草……かな?」

魔女「……うん」

勇者「ほ、本当に大したことなかったな……」

魔女「……毒持ってる魔物、出て来なかった」

勇者「そうだよなぁ……」

きゃあああああっ!!!

勇者「!!」

魔女「……女騎士の声」

568: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 12:01:13.19 ID:oCg8b9NL0
勇者「くそ、なんかデジャヴだ!」

魔女「……えっち」

勇者「うわああ、思いださせるな!」

魔女「あのあと、ちゃんと和解したの?」

勇者「したよ。……って、そんなこと言ってる場合じゃない! 行くぞ!」

魔女 こくり

女武「女騎士!」

ドシャァ

女騎士「うぅ……」

女武「はぁ……はぁ……」

女武(なんなのよこいつ……めちゃくちゃ強い)

グガアアアアアァァ!!!

女武「……くっ」

570: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 12:10:46.85 ID:oCg8b9NL0
女武「あんまり叫ばないでよね……!」

女騎士「女武さん、逃げてください」

女武「何言ってんのよ! あんた残して逃げられるわけないでしょ!」

女騎士「でも、このままじゃ……!」

女武「まあ、見てなさい……私の実力をね!」

女武「はぁ!」

ドゴッ ……シーン

女武「!」(効いてない?!)

グギャアアア! バギッ

女武「がはっ!?」

女騎士「女武さん!」

574: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 12:17:46.53 ID:oCg8b9NL0
女武「あぐっ……ううっ……」

女騎士「お、女武さん……!」

グルルルゥ……

女騎士(このままじゃ……死ぬ!)

女武「女騎士! 諦めてないでしょうね!?」

女騎士「!」

女武「まだ、私たちは生きてる! ……負けてないんだから! はぁ!」

ガッ

グウゥゥ!!

女武「やっぱり眼とかは弱いみたいね」

ガァァ!

ゴッ

女武「か……はっ……」

ビチャアァ

女騎士「!!」

577: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 12:25:41.42 ID:oCg8b9NL0
女騎士「いやああああ!」

女武「……女騎士……に、逃げなさい……」

女騎士「ああ……ああ……」

女騎士(体が、動かない……!)

グルルルッ……

女騎士「……こ、こんなことになるなんて……」

女騎士(こんなことになるなら……ついてくるんじゃなかった)

勇者「どぅおりゃああああああああああああああ!!!」

ドゴッ!

女騎士「!」

勇者「うわ、ノーダメージか!」

女騎士「ゆ、勇者さん!」

584: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 12:43:35.52 ID:oCg8b9NL0
勇者「わりぃ、悲鳴が聞こえたこっちに来ちまった!」

魔女「……物凄い力、気をつけて」

勇者「おう!」

女武「ダメ! こいつ体かたすぎる!」

勇者「でりゃあ!」

ドゴッ

勇者「くっそ、全然ダメじゃん!」

魔女「……むっ!」

ボワァ

グギャアアア!

勇者「おお、魔女、ナイス!」

魔女「……足止め程度、まだ倒れてない」

586: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 12:46:49.60 ID:oCg8b9NL0
勇者「わかってる!」

女武「! 危ない!」

勇者「え?」

女騎士「ゆ、勇者さん!」

ドゴッ……

勇者「……」

女騎士「……え?」

女武「……あ、あれは?」

魔女「……鉄化?」

589: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 12:50:06.65 ID:oCg8b9NL0
グギャアアアア!

魔女「……鉄を殴ったから、痛がってる」

勇者「……あ、あれ?」

魔女「……勇者、チャンス」

勇者「え? あ、ああ! ……でりゃああっ!」

バキッ! ギャアアアアア!!!

魔女「……は!」

ゴオオオオオオオオオオ

ギャオオオッッッ!!!

勇者「!? 熱ゥゥゥゥゥ!!! また巻き添えぇぇぇぇ!!」

591: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 12:57:05.11 ID:oCg8b9NL0
魔女「はぁ……はぁ……」

女騎士「や、やった……?」

女武「ど、どうやら……勝ったみたいね」

勇者「熱ぅ……」

魔女「……ごめんなさい」

勇者「いや、大丈夫大丈夫……」

~♪ ~♪ ~♪ ~♪

勇者「ん?」

女騎士「レベル……上がった?」

女武「……みたいね。ううぅ」

勇者「女武、大丈夫か!?」

女武「はは……ちょっと無理かも」

女武「傷はそんなでもないんだけど、毒、もらっちゃったみたい」

勇者「毒……?」

魔女「……毒」

594: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 13:01:37.56 ID:oCg8b9NL0
勇者「ど、毒ならこれがあるぞ!」

女武「……毒消し草?」

勇者「これを、どうすればいいんだ?」

『毒消し草について』

『毒消し草は毒にかかっている者に食べさせないと意味がない』

『食べさせようにも、独特の苦味があり、毒に侵された体ではどうしても飲み込むことができない』

勇者「じゃあ、どうすれば……」

『誰かの口に含み、口移しをするのが効果的である』

勇者「……へ?」

599: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 13:04:41.03 ID:oCg8b9NL0
勇者「え、えーっと……」

勇者(いや、これはいくらなんでも俺がするのは……なぁ)

女騎士「この毒消し草を……どうすればいいんですか?」

勇者「えーっと、口に含んで口移しするらしい」

女騎士「へ!?」

勇者(わかりやすいほど顔が真っ赤に)

魔女「……する?」

女武「ちょ、ちょっと……本気で言ってんの!?」

600: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 13:06:51.21 ID:oCg8b9NL0
女武「嫌だからね! 一番あんたが嫌!」

勇者「言うと思ったよ! 俺はやらねえ……よ?」

『勇者は不思議な力を持っているため、口移しなどをおこなうと解毒が早まる』

勇者「……」

魔女「……じゃあ、私がやる」

勇者「ちょっと待った」

魔女「……?」

女武「な、なによ?」

勇者「俺がやる」

603: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 13:09:25.79 ID:oCg8b9NL0
女騎士「!」

女武「は、はああ!?」

勇者「勇者には、やらなきゃいけないことがあるんだ」

女武「いやよ、だって……だって……」

勇者「ええい、俺がやるったらやるんだ!」

女武「わ、私の……ファーストキスなんだもん!」

勇者「そんなもん知るか!」

女武「知るかって何よ! 結構一大事だから! うっ……」

女騎士「ど、毒が回ってきてます!」

勇者「もう時間はない、急いでやるぞ!」

女武「う……ううぅ……」

魔女(……口移しはキスに入る?)

607: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 13:12:11.64 ID:oCg8b9NL0
勇者「行くぞ……」

女武「……も、もう……するなら早くしなさい!」

勇者「わかった」

もぐもぐ

はむっ

女騎士「……」

魔女「……」

女武「……!!」

勇者「……ど、どうだ?」

女武「に、に……にがああああああああ!!!」

女武「おえっ、おええええ! 気持ち悪い! 口の中が気持ち悪い!」

勇者「わ、悪かったな!」

611: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 13:15:19.60 ID:oCg8b9NL0
勇者「それにこれは毒消し草の味であって……にがあああああああ!!!!」

勇者「うおおお、俺もちょっと焦ってたから、改めて苦い! うげげえええええ!」

女騎士「だ、大丈夫ですか!?」

勇者「あ、ああ……うう……口が……」

女武「さ、最悪……」

魔女「……でも、気色が良くなった」

女武「どうやら、効いたみたいね……」

魔女「……おかしい」

女武「ええ。毒消し草は、こんなに即効性では無かったはず」

勇者「……そ、そうなのか?」

女騎士「はい。まさかこんなにすぐに良くなるなんて」

女騎士「もしかしたら、勇者さんのおかげかもしれませんね」

勇者「そ、そうか? あはははは!」

女武「……」

女武「……ありがと」ぼそっ

615: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 13:21:04.02 ID:oCg8b9NL0
勇者「なんか言ったか?」

女武「苦いって言ったのよ、バカ!」

勇者「酷すぎる……」

女騎士「あはは……あれ?」

勇者「どうした?」

女騎士「あれ……なんですかね?」

勇者「ん……宝箱か?」

女武「ふーん、こんなとこにあるのね」

魔女「……これは、期待?」

『大型の魔物が守っている場所にある宝箱は、すこし期待できる』

勇者「かもしれないな……よし、開けてみるか」

616: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 13:24:00.45 ID:oCg8b9NL0
勇者「どっせーい!」

女武「開け方変!」

パカー

勇者「……ん、これは」

女騎士「斧?」

女武「いいじゃない、その棒よりはマシかも」

勇者「でもこれ、血がべっとりついてんだけど……」

魔女「……恐怖」

女騎士「その武器使っていたら、誤解されてしまうかも」

勇者「だよなぁ……」

『血はできるだけ拭くこと。こびりついて取れない場合は諦めて新しい物にする』

勇者「うん……これはだめだな。せめて」

スポンッ

勇者「この棒だけもらっていこう」

女武「また棒!?」

621: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 13:29:46.57 ID:oCg8b9NL0
・ ・ ・

勇者「こう、二刀流な感じで!」

女武「それじゃあ二棒流でしょ」

勇者「ああ! そうだな!」

女武「なにスッキリした顔してんのよ!」

女騎士「それにしても、一時はどうなるかと思いました」

魔女「……安心」

勇者「結構、良いパーティかもな?」

女武「どこがよ、二手に分かれたのはどう考えても誤算でしょ」

勇者「うう……すまん」

女武「でもま、知らぬ間に鉄化魔法を覚えるなんてね」

勇者「それだけじゃないぜ! でりゃああああ!」

ポワッ

勇者「火の玉出せるようにな……あれ?」

女武「ちょ、熱! あっつぅ!」

624: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 13:31:56.67 ID:oCg8b9NL0
勇者「うわああ!」

魔女「……調子に乗ってはダメ」

ジョバッ

女武「冷たっ……ありがと魔女」

魔女「……あ」

女武「え? ……きゃああああ!!」

勇者「す、すまん服が燃えちまった!」

ドゴッ

勇者「ぐへ!」

女武「みんなバカー!」

女騎士「ゆ、勇者さん……」

勇者(なんでこうなるんだよぉ!?)

625: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 13:33:11.21 ID:oCg8b9NL0
>>624 わかりづらいので訂正。
△女武「みんなバカー!」
○女武「見るなバカー!」

628: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 13:39:00.73 ID:oCg8b9NL0
・ ・ ・

防具屋「らっしゃっせー! おお!」

女武「武闘家用の服、ソッコーで持ってきて!」

防具屋「あいよー!」

女武「お気に入りだったのにぃ……」

勇者「す、すまん……」

女武「あんたね、自慢するのはいいけど場所考えなさいよ!」

勇者「は、はい……」

女騎士「ま、まあまあ……これから新調するんですし……」

女武「それでもよ!」

魔女「……ワガママ」

女武「うっさい!」

女武(一番恥ずかしいのは、体を見られたところよ……まったく!)

631: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 13:48:08.13 ID:oCg8b9NL0
女武「……」

防具屋「わりぃ! 武闘家の服がねえ」

女武「はあ!? あんたの店どんだけ品揃えゴミなのよ!?」

防具屋「ひ!」

女武「どうすんのよぉ!」

勇者(ずっと手ブラでも隠せちまう胸とは)

女武「なんか今変なこと思わなかった?」

勇者「め、滅相もない」

633: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 13:51:54.78 ID:oCg8b9NL0
勇者「と、とりあえずみっともないから、似合いそうなの持ってきてくれ!」

女武「なによそれ! 私は着ないからね!」

勇者「このままだと出発できないだろ。我慢しろ」

防具屋「えーっと、ただのぬのきれ……」

勇者「防・具・屋・さ・ん?」

防具屋「う、嘘だよ! ほら、布の服だ」

勇者「うん、それが妥当だな」

女武「こ、こんなダサいの着ろっての!?」

勇者「仕方ないだろ」

637: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 13:57:30.04 ID:oCg8b9NL0
女武「だ、だったらあっちがいい!」

勇者「高すぎるだろ!」

女武「で、でもぉ……」

勇者「既に食費でやばいんだから、我慢しろよ!」

女武「わかったわよ……くぅ」

勇者「次の町にあったら買えばいいだろ。な?」

女武「……約束しなさい!」

勇者「もちろん、するよ!」

『約束を守ると信頼される』

638: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 14:01:26.68 ID:oCg8b9NL0
・ ・ ・

勇者「おまたせー」

魔女「……様変わり」

女武「一気に村人美少女に格下げよ……」

勇者「美少女には変わりないんだな……」

女騎士「次の町にあればいいですね」

女武「まったくね……この服で死んだりしたら最悪最低の恥よ!」

勇者「よし、それじゃあそろそろ出発しるかー」

「お待ちください!」

勇者「ん?」

639: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 14:06:03.29 ID:oCg8b9NL0
「洞窟の魔物を倒していただいたそうで……」

女騎士「はい。これで魔物は大人しくなると思います」

女騎士(私は、傷を負っていただけだったけれど)

「言葉にできぬほどの感謝に満ち溢れています。どうかこれを持って行ってください!」

勇者「ん? なんですかこの袋」

「中には薬草が入っています。旅に是非活用してください」

女騎士「ありがとうございます!」

魔女「……ありがたくいただく」

女武「これでちょっとは私の負担も減るわね」

勇者「ありがとうございます……!」

「それでは、道中、お気をつけて……」

勇者「はい!」

642: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 14:09:34.46 ID:oCg8b9NL0
・ ・ ・

勇者 Lv.5 鉄化魔法 炎魔法(極小)
女騎士 Lv.5
魔女 Lv.8 炎魔法(中) 水魔法(小)
女武 Lv.6

勇者「とりあえず、レベル追いついたな」

女騎士「はい。私ももっと頑張りたいです」

魔女「……頑張って」

女武「上から目線ね、あんた……」

魔女「……追い抜かれないように頑張って」

女武「わ、わかってるわよ!」

791: 保守ありがとうございます 2013/01/07(月) 21:51:08.67 ID:oCg8b9NL0
女騎士「えーっと、この森を抜ければ次の村に行けるそうです」

女武「! ここは……」

勇者「なんだ?」

女武「気をつけなさい、ここは結構悪い噂が流れてるわ……」

魔女 こくり

勇者「……」

『仲間の噂は基本的に当たる』

勇者「女武……はぁ」

女武「な、なんでため息!?」

804: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 21:56:10.44 ID:oCg8b9NL0
勇者「具体的にはどんな感じなんだ?」

女武「なんでも、盗賊に出会うとかなんとか」

女騎士「と、盗賊……!」

魔女「……あまり確率は高くない」

女騎士「な、なら安心ですね」

勇者「なあ、俺って勇者だよ?」

女武「知ってるわよそんなこと」

魔女「……今更?」

勇者「そういう話聞いちゃうとさ……」

女武「?」

女騎士「勇者さん?」

がささ!

盗賊A「ヒャッハー! 金出せひゅ~!」

盗賊B「うひょおぃ!」

勇者「ほらなぁー!」

809: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 22:00:23.59 ID:oCg8b9NL0
盗賊A「おいおい、なんだそりゃあ!」

盗賊B「お前ら、旅人かいぃぃぃ?」

女騎士「こ、この人達が、盗賊!?」

女武「みたいね」

魔女「……戦う?」

勇者「あのー、すいません。できればここを通してもらえませんか?」

女武「はあ!?」

盗賊A「そうはいかねえな! なにせ女が……女?」

盗賊B「んだよ……貧乳×3かよ……」

ブチッ

盗賊A・B「え?」

817: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 22:05:17.11 ID:oCg8b9NL0
女武「貧乳……?」ゴゴゴゴゴ

魔女「……撤回を要求」ゴゴゴゴゴ

女騎士「ひ、酷いです……」

勇者「お、おいお前ら!」

女武「ぶっつぶす!」

魔女「……は!」

ゴウゥ

盗賊A「ひえええ!」

盗賊B「ご、ごみんなさいぃいぃ!」

勇者「やめろって! 女騎士も止めてくれ!」

女騎士「逃がしません!」

勇者「ちょーっと女騎士さん!?」

822: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 22:08:28.57 ID:oCg8b9NL0
『NGワードは絶対に言わないように!』

盗賊A「うぐぐ、このままじゃ!」

盗賊B「くそ、こうなったら、呼ぶしかねえ!」

盗賊A・B「おやびーーーーん!」

女騎士「!」

女武「一番上が出てくるようね!」

魔女「……倒す」

勇者(ひゃああ、皆さん顔がギラギラしてるぅ)

824: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 22:12:30.61 ID:oCg8b9NL0
?「……」

女武「ん、あんたがボス?」

魔女「……?」

女騎士「え?」

女盗賊「あ、あの……ごめんなさい……え、えっとお怪我はないですか?」

勇者「……お、女の子?」

勇者(ついに盗賊までニーズに合わせてくる時代か)

女盗賊「え、えっと……AくんとBくんが、悪いことしましたか?」

勇者「悪いことっつーか……なんつーか」

勇者(こっちの方がボコボコにしちゃったから悪い気がするぜ……)

827: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 22:17:04.80 ID:oCg8b9NL0
女盗賊「ご、ごめんなさい。何も盗んでませんか?」

勇者「うん、多分」

女盗賊「そうですか……良かった」

勇者「君、本当に盗賊なの? 見た目は盗賊チックだけど」

女盗賊「え、えっと……と、盗賊なのかな?」

盗賊A「盗賊っす!」

盗賊B「盗賊は盗賊でも、優しい盗賊っす!」

女盗賊「あ、ありがとう……」

女武「優しい盗賊なんているわけなでしょ? 人の物盗む時点で」

女騎士「お、女武さん!」

830: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 22:21:48.65 ID:oCg8b9NL0
勇者「とにかく、俺達はこの森を抜けて、向かい側の村に行きたいのだけれど」

女盗賊「そ、そうでしたか。わかりました。案内します」

勇者「……」

女盗賊「ど、どうしました?」

勇者「いや、本当に優しいんだなっと」

女盗賊「あ……う……そ、そんなことないですよ……」

女騎士「……むむ」

魔女「……嫉妬?」

女騎士「え! な、何がですか?」

女武「わっかりやすいわねー……」

女騎士「な、何がですかー!?」

835: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 22:28:11.96 ID:oCg8b9NL0
勇者(……)

『甘い罠にはご注意』

勇者(とは書いてあるけど……どうなんだろうか)

勇者(こういう人は基本的に、悪いやつだって書いてあるけど)

女騎士「ち、違いますって、さっきのはその……警戒していたというか」

女武「ほんとにー?」

女騎士「ほ、ほんとです!」

魔女「……そっか」

勇者「結構広いんだな」

女盗賊「そ、そうですね。通るのに一日ちょっとかかるので」

女武「ええ、じゃあまた野宿ってこと!?」

843: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 22:31:13.83 ID:oCg8b9NL0
魔女「……じゃあ、スライム」

女騎士「しょ、食料は調達してますから!」

魔女「……スライム」

勇者「魔女、お前本気でスライム好きだな……」

魔女「……美味しい」

女武「あんなの美味しくないわよ!」

女盗賊「……ふふっ」

勇者「?」

女盗賊「あっ、ご、ごめんなさい……とっても賑やかだったので」

847: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 22:36:02.07 ID:oCg8b9NL0
勇者「そうだなぁ。そういえば、名前は?」

女盗賊「は、はい。女盗賊って言います」

勇者「そういえば、さっきの二人は?」

女盗賊「あの二人は、どっかに行ってしまいました」

女盗賊「いつも、ピンチになったら私を呼んで、こうやって案内役をさせるんです」

勇者「あ、そうなのか。嫌ならしなくてもいいんだぞ? 無理矢理行くから」

女盗賊「そ、そんな。ここは入り組んでいるので、迷ってしまったら数日間さまようことになります」

女騎士「い、いやです!」

女武「野宿いやぁぁ……」

魔女「……スライム!」

勇者(女武は本当にギルドのメンバーなのか? 野宿嫌いすぎだろ……)

851: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 22:41:31.95 ID:oCg8b9NL0
女盗賊「だから、とりあえずみなさんを向かいの村まで案内できれば!」

勇者「……恩に着る!」

女武「ちょっと、勇者」

勇者「なんだよ?」

女武「絶対に裏があるわ」

勇者「……そうかぁ?」

女武「あんたは鈍感だからわかんないでしょ、怪しいところてんこ盛りじゃない」

女武「まずは盗賊という職業! 人を騙すのに長けてるわ」

女武「それにさっきまでいた二人! いつ奇襲が来るかわかんないわ」

女武「そして極めつけは……あそこよ!」

ぽよんっ

勇者「……女武」

女武「ほ、本気で言ってるんだからね!?」

856: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 22:46:22.38 ID:oCg8b9NL0
女騎士「あ、あの……女盗賊さん」

女盗賊「は、はい?」

女騎士「ど、どうすれば……あなたのようになれますか?」

女盗賊「ええ!? ど、どういうことですか?」

女騎士「そ、その……」

魔女「……胸」

女盗賊「えっ! や、やめてください……恥ずかしいですから……」

女騎士「恥ずかしくないです! ……自身持ってください」

魔女「……」

860: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 22:51:59.91 ID:oCg8b9NL0
>>856
×自身持ってください
○自信持ってください

女盗賊「えっと、この辺りでおやすみしましょう」

勇者「ん、焚き火の跡?」

女盗賊「ここをポイントにしてるんです」

女武「ふーん、わかりやすいわね」

女騎士「魔物も比較的に出ない、穏やかな森なんですね」

女盗賊「え……ああ」

魔女「……?」

女盗賊「は、はい、そうですね」

女武「……?」

862: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 22:58:09.45 ID:oCg8b9NL0
・ ・ ・

女武「絶対に怪しいってば」

勇者「いやいや、考えすぎだろ」

女武「いくらなんでも優しすぎるのよ」

勇者「わかってるけどさ」

勇者「あの子に、そんなことができると思うか?」

女武「……わかんないわよ?」

勇者「でもなぁ……」

女騎士「勇者さん、女武さん、そろそろ寝ますよ?」

勇者「ああ、俺見張りやるよ」

女盗賊「私がしますから、お気になさらず」

魔女「……」

勇者「んー、案内してもらったんだしいいよ。俺がやるよ」

864: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 23:03:45.00 ID:oCg8b9NL0
・ ・ ・

勇者「……さて、今日は思わぬことが起きたわけだが」

勇者「話、できるかな?」

魔女「……」

勇者「ん、魔女、起きてたのか」

魔女「……見張り」

勇者「え、俺が見張るって言ってただろ?」

魔女「……彼女、怪しい」

勇者「え?」

魔女「……」

女盗賊「すぅ……すぅ……」

勇者「ヨダレ垂らして寝てるぞ?」

865: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 23:04:17.29 ID:oCg8b9NL0
すいません、風呂に入ってきます。

マッハで入ってくるので、お願いできますか?

878: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 23:29:17.43 ID:oCg8b9NL0
魔女「……何かある」

勇者「いや……あるのか?」

魔女「……きっと」

勇者「魔女……お前なあ」

女盗賊「バレてたかー」

勇者「!?」

魔女「……ほら」

女盗賊「ふいー、もう少し騙せれば良かったんだけどなー」

ぷるんっ

魔女「……倒す」

勇者「ちょ、みんな起きろ!」

880: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 23:33:23.10 ID:oCg8b9NL0
女武「……なによぉ……もう朝食?」

勇者「寝ぼけてんじゃねえ!」

女騎士「ふえ!? な、何がなんだか」

勇者「女盗賊が……」

女盗賊「ふふん」

女騎士「!」

盗賊A「けひひ、引っかかったな!」

盗賊B「こうなりゃこっちのもんだぜ!」

女武「あ、あんた達!」

勇者「くそ、やっぱり……」

女盗賊「全部仕込んでたのよ。まんまと騙されてくれてありがとね」

881: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 23:39:03.25 ID:oCg8b9NL0
女武「……この人誰?」

勇者「え?」

女騎士「あの……本当に女盗賊さん?」

勇者「いや、女盗賊だろ!」

女武「雰囲気変わりすぎでしょ!?」

勇者「騙してたんだよ!」

女騎士「そ、そんなレベルじゃ、無い気がします……」

女盗賊「……あー、そろそろいいかな?」

魔女「……待たなくても、来てもいい」

女盗賊「じゃあ、遠慮なく!」

883: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 23:47:34.00 ID:oCg8b9NL0
勇者(! 早い)

『盗賊は攻撃力は低いが素早い』

勇者(とりあえず一発目は避けるのがセオリー!)

女盗賊「甘いよ!」

ズバッ

勇者「ぬが!?」

女武「勇者!」

女騎士「勇者さん! このっ!」

すかりん☆

女盗賊「そんなへなちょこな剣、当たらないわよ!」

女騎士「う、うう……!」

魔女「……ふ!」

ボッ

女盗賊「魔法なんてもう見飽きてるのよ!」

886: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 23:53:09.48 ID:oCg8b9NL0
魔女「……!」

勇者「魔女、あんまり炎魔法は使うな! 危ない!」

魔女「……わかった」

女武「はあ!」

女盗賊「あら、一番筋が良いんじゃない?」

女武「誉めてくれてありがとう……てりゃ!」

女盗賊「でも、残念ね~」

ぺたぺた

女武「!?」

女盗賊「女としてはダメダメねぇ?」

890: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 23:56:38.83 ID:oCg8b9NL0
女武「な、なんですってー!」

勇者「女武落ち着け! 挑発だ!」

女武「立派な侮蔑よ! あったまきた! せいけんづきお見舞いしちゃる!」

勇者「落ち着けって!」

女武「はぁ!」

どごっ

勇者「ほぐぅ!」

女騎士「ゆ、勇者さん!」

魔女「……急所に当たった?」

勇者「……」

ぴくぴく……こてん

女騎士「勇者さんーーーー!」

891: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 00:01:05.90 ID:4Amaf83l0
女盗賊「仲間割れ?」

盗賊A「へへ、こりゃ勝ったな」

盗賊B「ああ、おやびんに勝てるわけねえからな!」

女武「……なによ?」ギロリ

盗賊A「ひっ!」

盗賊B「な、なんだ……!?」

女盗賊(さっきとはまるで気迫が違う!)

女武「私の可愛い可愛い胸をさすっといて」

女武「女としてはダメダメぇ?」

女武「残念! 私は最高であって」

女武「あんたがダメダメよ!」

女騎士「そ、そんなことより勇者さんを!」

女武「はいはい! わかってるわよ!」

894: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 00:06:20.94 ID:4Amaf83l0
勇者「ハッ!」

女武「はい、これでいい?」

勇者「お、俺は一体……?」

魔女「……気を失ってた」

勇者「な、なんで?」

女武「さて、やっとあんたと戦え……る?」

女盗賊「……え?」

もじもじ

女武「……あれ、何よいきなり?」

女盗賊「あ、あの……ど、どうしたんですか? さっきまで一緒に寝ていたはずですが……」

勇者「?」

女騎士「えっと……女盗賊さん?」

女盗賊「は、はい?」

勇者「まさか……」

魔女「……二重人格」

895: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 00:10:48.44 ID:4Amaf83l0
・ ・ ・

女盗賊「うう……ごめんなさい、もう一人の私が……」

勇者「いやいや、気にしなくていいよ」

女武「まさか、本当に二重人格なんてのがいるのね」

女盗賊「できるだけ出ないようにしてるんですけど……ごめんなさい!」

女騎士「気にしないでください。……でも、あなたともう一つの人格が違う人で良かった」

魔女「……変わり様に驚愕」

女盗賊「お、お恥ずかしいです……」

898: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 00:16:35.61 ID:4Amaf83l0
勇者(……とりあえず、一件落着か)

勇者「ふわぁ……女盗賊はそのもう一つの人格が色々と悪いことしてるのか?」

女盗賊「は、はい……私と彼女は記憶を共有していないので、よくわからないのですが……」

女武「じゃあ私にした酷い行動も?」

女盗賊「え、な、何かしたんですか!? ごめんなさい!」

女武「あー……いや、あんたはしてないけどね」

女騎士「でも、もう一人の女盗賊さんは記憶が残っていたような気がしますが」

女盗賊「どうやら、彼女だけは記憶を共有しているようです」

勇者「……」ぺらり

『二重人格などは話が長くなるので注意』

勇者(……マジか)

『長い時は王様の話より長い』

勇者(長すぎ……)

901: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 00:18:44.73 ID:4Amaf83l0
女武「それよりも、なんであいつらは姿を消すわけ?」

女盗賊「あの子達は、私じゃなくてもう一人の私を慕っていますから」

女武「ああ、なるほどね」

魔女「……」

勇者「魔女?」

こてん

勇者「ありゃりゃ、魔女のやつ寝ちまった」

女騎士「もう大分夜も更けてきましたからね」

女盗賊「みなさんの眠りを妨げてしまって、本当に申し訳ないです……」

勇者「いいよ、気にするなって」

勇者「でもまあ、できれば抑え込めるなら抑えこんどいて欲しいけどな」

女盗賊「ど、努力します……」

905: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 00:22:41.61 ID:4Amaf83l0
・ ・ ・

勇者「……ふわぁ」

勇者(見張り、やっぱりキツイなぁ)

勇者(つうか、なんで女武はやらねえんだよ、ずりぃだろ)

女騎士「お疲れ様です、勇者さん」

勇者「女騎士」

女騎士「ふふ、今日は大変でしたね」

勇者「そうだなー、洞窟の魔物倒して、森を通ったら二重人格の人に出くわすなんてな」

女騎士「これも、勇者さんの運命なのかもしれませんね」

勇者「そうなのかな……結構辛いな」

907: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 00:25:59.99 ID:4Amaf83l0
女騎士「大丈夫ですよ、勇者さん」

女騎士「あなたがどんなことに直面しても」

女騎士「私は隣にいますから」

勇者「……女騎士」

女騎士「ほ、ほら、魔女さんも、女武さんも一緒にいますから」

女騎士「一人で抱え込んだりしちゃ、ダメですよ?」

勇者「……ありがとう、女騎士」

女騎士「まずは、スカリンガールを卒業しないと、勇者さんの役に立てませんね……」

勇者「ははっ、そうだな」

女騎士「わ、笑わないでくださいよ」

911: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 00:32:19.72 ID:4Amaf83l0
勇者「そういえばさ」

女騎士「はい?」

勇者「女騎士、ずいぶんと変わったよな」

勇者「最初はすっげーかたい感じだったけど」

女騎士「あ、あれは……お城にいた頃は色々と口調に関して怒られていたので」

女騎士「それに、勇者さんの家に行って、連れてくるなんて大役を任されたので」

女騎士「失礼のないようにしていたんです」

勇者「あー、じゃああれは素ではないと?」

女騎士「は、はい」

勇者「そっかー。あの時の女騎士も可愛かったけどなぁ」

女騎士「……い、今の私はダメですか?」

勇者「そ、そういうことじゃないぞ? 本当に」

920: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 00:36:28.79 ID:4Amaf83l0
女騎士「よ、良かった……」ほっ

勇者「今の女騎士は、なんか美人というより、可愛い系かな」

女騎士「美人……可愛い……?」

勇者「あ、いや、なんでもない気にしないでくれ」

勇者(普通に口に出しちまったよ、恥ずかしっ)

女騎士「ふむ、そう言われると恥ずかしいものだな」

勇者「うお!」

女騎士「……なんて、えへへ」

勇者(……このギャップはなかなかだなぁ……)

929: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 00:39:17.97 ID:4Amaf83l0
女騎士「勇者さんのこと、もっと知りたいですけど……ふわぁ」

勇者「そろそろ寝るか?」

女騎士「はいー、ちょっと疲れちゃいました」

勇者「そうだな、もう寝な。おやすみ」

女騎士「はい、おやすみなさい……あ」

勇者「ん?」

女騎士「つ、次は私が見張りやりますね! おやすみなさい!」

勇者「あ、ああ……ありがとう」

勇者(……くう、女騎士はイイヤツだなあ!)

952: SS速報に立てます 2013/01/08(火) 00:43:44.47 ID:4Amaf83l0
勇者「それにしても……」

勇者「このガイドブック、本当に役に立つなぁ」

勇者「それにしても、やっぱり俺の思ってる冒険とは違うんだよなぁ……」

勇者「ありったけの夢かき集めたり探しものを探しにいったり」

勇者「光る雲を突き抜けてフライアウェイしたりハチャメチャが押し寄せてきたり」

勇者「そういうの期待してたんだけど」

勇者「……結局女の子だけになってしまった」

勇者「しかし、ニーズに合わせるのも大変だなぁ」

勇者「なんで残ってる僧侶が元バーサーカーと元戦士しか残ってねーんだよ!」

勇者「人気ありすぎだろ!」

969: 自分で立てたら報告しますね 2013/01/08(火) 00:49:34.41 ID:4Amaf83l0
勇者「……戦士とかと一緒にガハハと笑いながら飯とか食いたかったなぁ」

勇者「と思ったら女武はなんだ。一人で黙々と大量の飯を食いやがって!」

勇者「美味しそうに食えばいいんだが……」

勇者「いや、美味しそうには食ってるか」

勇者「ただ量が多いんだ」

勇者「……けど、よく考えてみると」

勇者「魔法使いとか、僧侶って女の子のイメージがあるなぁ」

『魔法使いや僧侶は女性に人気の職業である』

勇者「こんなことまで書いてんのか……」

993: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 00:56:43.39 ID:4Amaf83l0
勇者「やっぱり女性で武闘家や戦士って少ないんだな」

勇者「ランキングめっちゃ低い」

勇者「うーん、どっちの職業にもやっぱり勇者は入ってないんだな……」

勇者「……そういやこんなガイドブック、俺以外誰が買うんだ? 物好きか?」

勇者「まあいいや。明日も頑張ろう」

勇者「……きっと、このパーティだったことが本当に最高だって思える日が来るといいなぁ」

勇者「……おやすみ」

http://viper.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1357460495/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする