【悪魔・安価SS】男「拒否したら捕まった」悪魔「yesと言え~!」

1: ◆7M0syXftfg 2017/10/20(金) 21:33:25.54 ID:dM/A2FC+0
~屋敷~

男「ここどこだよ…」

男はここが屋敷であると分かっていてもそう言わざるを得ない

この屋敷がが何処にあるのか、そして自分の家から離れている不安

悪魔「そんな事を気にかける必要は無いわ」

男「大アリだわ!」

悪魔「まだ自分の家に帰る気でいるの?」

男「当然。僕は普通の人間だからね」

2: ◆7M0syXftfg 2017/10/20(金) 21:36:58.96 ID:dM/A2FC+0
悪魔「本当に私と契約する気は無いの?」

男「悪魔と契約したいなんて思う奴はそう居ないだろうな」

悪魔「果たしてその余裕がいつまで持つかな?」

男「…何をする気だ?」

悪魔「特典の紹介をですね」

男「好きにするがいい」

悪魔「それでは一つ目!」

3: ◆7M0syXftfg 2017/10/20(金) 21:38:14.59 ID:dM/A2FC+0
下2>>悪魔との契約特典

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/20(金) 21:40:12.94 ID:QfkpnRIh0
三食昼寝付き

6: ◆7M0syXftfg 2017/10/20(金) 21:45:14.38 ID:dM/A2FC+0
悪魔「三食昼寝付きぃ!」

男「ほう」

悪魔「どうです?契約しますか?」

男「僕がそんな不健康そうに見えたのかい?」

悪魔「いえ、全く!」

男「という事は…」

悪魔「そうです。こんなのは前座ですよ」

男「そっかぁ」

悪魔「良く聞けぃ!なんと二つ目の特典は…」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/20(金) 21:47:12.89 ID:m/pFvfmQ0
私があなたの世話をしてあげる

11: ◆7M0syXftfg 2017/10/20(金) 21:53:39.90 ID:dM/A2FC+0
悪魔「私が貴方の世話をしてあげます」

男「世話、ねぇ…」

悪魔「そうです。まぁ、使い魔状態ですね」

男「ほほーん、そりゃあ良いかもな」

悪魔「さ、ら、に…」

悪魔「今ならもう一つ特典が付いてきます!」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/20(金) 21:55:41.86 ID:KZPZolj10
ラッキースケベ体質になれる

15: ◆7M0syXftfg 2017/10/20(金) 22:02:41.59 ID:dM/A2FC+0
悪魔「ラッキースケベ体質になれます」

男「別にそこまで…」ガチャガチャ

悪魔「押してもドアは開きませんよ」

男「ふざけてるんだろう?」クイクイ

悪魔「ふざけてません。あと引いた所で開きません」

男「曖昧な能力だなぁ…」グイイイッ

悪魔「リーザスの塔じゃ無いんですから上押したって開きません」

16: ◆7M0syXftfg 2017/10/20(金) 22:06:22.91 ID:dM/A2FC+0
男「というか一番気になる事をまだ聞いて無かった」

悪魔「質問とラブコールは受け付けてますよ」

男「契約の代償って何?」

悪魔「へ?」

男「代償だよ代償。寿命とか魂とか取られるんじゃないのか?」

悪魔「成る程、良い質問ですね」

悪魔「契約の代償は…」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/20(金) 22:09:58.93 ID:lI4hs6+Io
貴方の一生を貰う

21: ◆7M0syXftfg 2017/10/20(金) 22:16:55.00 ID:dM/A2FC+0
悪魔「貴方の一生を頂きます」

男「…ん?」

悪魔「整理して説明しますと、貴方の一生は私の物です。しかし…」

悪魔「快適な暮らしとラッキースケベは保証します」

男「うーん…そうだな…」

男「良し、答えが出たぞ!」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/20(金) 22:19:03.07 ID:m/pFvfmQ0
する

27: ◆7M0syXftfg 2017/10/21(土) 08:01:03.56 ID:3SIrprrB0
男「じゃあ契約する」

悪魔「やったー!」

悪魔「いぇーい!!」ガシッ

男「なっ」

悪魔は男に抱きつく

悪魔「これで貴方の人生は私の物です!」

男「そういう約束だからな」

28: ◆7M0syXftfg 2017/10/21(土) 08:04:11.90 ID:3SIrprrB0
悪魔「貴方と私は永遠に結ばれました!」

男「ん?」

悪魔「え?言いましたよね?」

男「ああ、そういう事だったのか」

悪魔「何か不服ですかー?」

男「いや、別に」

29: ◆7M0syXftfg 2017/10/21(土) 08:08:50.70 ID:3SIrprrB0
男「じゃあしばらくはこの屋敷で暮らすかな」

悪魔「ねぇ、男さん」

男「…何?」

悪魔「お願いがあるんです」

男「はぁ…僕は悪魔じゃないから出来る範囲でな」

悪魔「じゃあきっと平気ですね」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/21(土) 08:17:48.85 ID:9ANMlJPbO
今すぐ首吊って死ね

33: ◆7M0syXftfg 2017/10/21(土) 08:46:47.10 ID:3SIrprrB0
悪魔「今すぐ首吊って死ね」

男「…やっぱりな」

悪魔「ふーん?」

男「その程度読めてはいたさ」

悪魔「でも貴方はもう私と契約しちゃったんだよ?」

悪魔「この命令から逃れる事は出来ない筈」

男「…」ボウン

男の のろいは とけた▼

男「解呪アイテムなぞ幾らでも持ってるわい」

34: ◆7M0syXftfg 2017/10/21(土) 08:53:12.65 ID:3SIrprrB0
悪魔「あ、貴方…一体」

男「いや只の収集家ですよ?」

男「それにこんな物もある」カチャ

男は何も無い所から強い魔力を保有する剣を取り出した

悪魔「馬鹿な事をしたのは私のようね…私より高位の悪魔か何か?」

男「じゃあさっきのは撤回して、物好きな賢者って事で良いぞ」

悪魔(この窮地を脱するのは不可能に近いな…)

35: ◆7M0syXftfg 2017/10/21(土) 08:57:29.61 ID:3SIrprrB0
悪魔「あーあ、殺したければ殺せばいいさ」

男「いや、僕にそれは出来ない」

悪魔「おちょくるのは止めてよね。そんな事できて私程度に勝てない訳無いでしょう」

男「いや、そういうんじゃないかな」

悪魔「?」

男「僕が君を好きなのさ。解るか?」

悪魔「え」

37: ◆7M0syXftfg 2017/10/21(土) 09:30:09.37 ID:3SIrprrB0
男「昔から決めていたんだよ」

男「『嫁にするなら可愛い悪魔』ってね」

悪魔「…そーですか」

男「そうとも、だから僕は敢えて言うよ」

男「僕と結婚して下さい!!」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/21(土) 09:35:59.00 ID:IdGrZ3MMO
くたばれ

45: ◆7M0syXftfg 2017/10/21(土) 10:07:25.15 ID:3SIrprrB0
悪魔「くたばれ」

男「おいおい、自棄になんなよ」

悪魔「どうせコレクター感覚でしょ」

男「ふぅむ…僕の愛は嫌いか、そうか」

悪魔「ええ、早く殺しなさい!」

男「これじゃあまるでさっきと逆の立場だな」

悪魔「…」

男「例によって、僕と結婚する事の特典を教えてあげよう」

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/21(土) 10:23:24.48 ID:5xexVgKNO
幸せにする

50: ◆7M0syXftfg 2017/10/21(土) 14:35:10.67 ID:3SIrprrB0
男「まず第一に、幸せにすると約束しよう」

悪魔「ベター過ぎてつまらない。それに悪魔の幸福論なんて分かるの?」

男「ベターかどうかなんて問題じゃない。僕は君を物として見ている訳じゃない」

男「そう伝えたかったんだよ」

男「君の幸せは良く分からない。けれど…」

男「僕が幸せを教えてあげよう!」

悪魔「ふ、ふーん。それだけ?」

男「いやいや、まだありますよ」

52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/21(土) 14:38:14.06 ID:mrXVz24t0
悪魔の仕事から解放する

54: ◆7M0syXftfg 2017/10/21(土) 14:59:18.38 ID:3SIrprrB0
男「君を悪魔の仕事から解放しよう」

悪魔「不可能よ」

男「いいや、出来るとも」

悪魔「どうやって?」

男「僕の魔力を君に流せばいい」

男「リミッター型かノルマ型か自由型か知らないが、十分な筈だ」

悪魔「成る程ねー」

男「さて、僕ももう一つ特典を付けよう」

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/21(土) 15:02:17.31 ID:mrXVz24t0
人間にしてあげよう
安価↓

58: ◆7M0syXftfg 2017/10/21(土) 15:31:03.92 ID:3SIrprrB0
男「もし君が望むというなら、人間にしてあげよう」

男「君がそんな事な興味を持つかなんて分からないけどね」

悪魔「もう説明は要らないよ」

男「ちぇ」

男「あ、言っておくけど対価は無いよ」

悪魔「そう」

男「どうするか決めた?」

悪魔「…うん」

59: ◆7M0syXftfg 2017/10/21(土) 15:31:56.79 ID:3SIrprrB0
下2>>結婚する?

61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/21(土) 15:35:07.81 ID:rvpQp8Cwo
する

62: ◆7M0syXftfg 2017/10/21(土) 15:55:18.29 ID:3SIrprrB0
悪魔「結婚するよ、私」

男「そうか!」

悪魔「ええ、今度こそ永遠に結ばれました!」ギュッ

男「じゃあ、ここで一緒に暮らそう!」

END

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508502805/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする