【オリジナルSS】孫「じいちゃん、今日も昔話を聞かせてよ!」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 21:52:41 ID:TW4Rgm.Y

爺「ほっほ、それじゃあ今日は伝説の剣の話しでもしてやるかのう」

孫「伝説の剣?」

爺「そうじゃ」

孫「それって、昔の英雄が使ってたっていう?」

爺「おぉ、よく知っておるの」

孫「切れ味が鋭すぎて、鞘に納められていながら何もかもを両断したっていう?」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 21:55:17 ID:TW4Rgm.Y

爺「ほっほ、その通りじゃ」

孫「それってだいぶ前にしてくれた話じゃんか!」

爺「おやおや……」

孫「おやおや、じゃないよ。しっかりしてよね」

爺「これは手厳しいのう……」

孫「ボケるには早いよ!」

爺「とは言え年なんじゃ、許しておくれ」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 21:59:09 ID:TW4Rgm.Y

孫「そうだねぇ。じゃあ、その英雄の話をしてよ」

爺「……ふむ、英雄の話とな」

孫「そうそう」

爺「そんなの、絵本にいくらでも載ってるじゃろ?」

孫「絵本の話は簡潔すぎるもん」

爺「ふぅむ……。儂も全て知っておるというわけでは無いんじゃがのう」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 22:02:51 ID:TW4Rgm.Y

孫「知ってる限りでいいよ」

爺「ほっほ。いつの時代も英雄は子どもの憧れ、か」

孫「だって、すごいよ」

爺「うむ」

孫「魔族から世界を救ってくれたんだもん!」

爺「……では、その後のことでも話そうかのう」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 22:05:35 ID:TW4Rgm.Y

――――

剣士「英雄だってさ、俺」

少女「それはそうでしょ」

剣士「いいのかなぁ」

少女「だって、魔族の長を倒したのはあなただよ?」

剣士「ううん、そういうことじゃなくてさ」

少女「なぁに?」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 22:09:44 ID:TW4Rgm.Y

剣士「その英雄が、魔族である君と一緒にいていいのかな、って」

少女「……」

剣士「南の大陸全土を支配していた魔族は今や混乱のさなか」

少女「うん」

剣士「人間は力で劣るも、多勢で押すだろうね」

少女「そうだね。戦術って言うの? すごいと思うわ」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 22:11:36 ID:TW4Rgm.Y

剣士「何より、長を失った魔族なんて烏合の衆だ」

少女「もともと個の力を重視する種族だからね」

剣士「俺は約束通り、魔族の長を倒した」

少女「うん、感謝してる」

剣士「それで、俺たちはこれからどうするんだ?」

少女「以前話した通りに動くだけだよ」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 22:13:37 ID:TW4Rgm.Y

剣士「あの話、か……」

少女「あ、その顔は信用してない顔だね」

剣士「信用はしてるけど、想像ができないんだよ」

少女「人間と魔族が、手を取り合って生きる世界?」

剣士「うん」

少女「だいじょうぶ、必ず実現する」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 22:15:57 ID:TW4Rgm.Y

剣士「言い切ったね」

少女「……長の持っていた力は大きすぎた」

剣士「そうだね、あれは強かった」

少女「どの魔族もかなわなかった。だからみんな言うことを聞いていたの」

剣士「恐怖政治っていうやつなのかな」

少女「でも、実は多くの魔族が人間との共存を望んでいたんだよ」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 22:19:01 ID:TW4Rgm.Y

剣士「少し前までは、民間での交流があったらしいしね」

少女「全てはあの突然変異体、長が生まれたせいだから」

剣士「つまり今こそ、人と魔族が共に立つ時だと?」

少女「そこまでいかなくてもいいの。ただ、以前みたいな関係に戻ることができたら」

剣士「とすると、現状は良くないね」

少女「勢いづいた人間が、南の大陸全土を支配しようとしてる……」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 22:22:04 ID:TW4Rgm.Y

剣士「魔族も徹底抗戦するだろうね」

少女「そうなる前に止めたい」

剣士「……人間は俺が」

少女「……魔族は私が、説得する」

剣士「気をつけてね」

少女「あなたもね。私がいないからって無茶したらダメだよ」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 22:25:13 ID:TW4Rgm.Y

剣士「君に言われたくはないけど、肝に銘じておくよ」

少女「……もし、私たちの望む世界をつかむことができたら」

剣士「……その時はゆっくり暮らしたいね」

少女「……」ジーッ

剣士「……二人で、ね」

少女「うんっ」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 22:30:09 ID:TW4Rgm.Y

―――

孫「ふぇーっ」

爺「びっくりしたようじゃの?」

孫「だってだって、絵本だと世界を救って終わりなんだもん」

爺「そうじゃのう……」

孫「英雄は魔族の少女と共に、見事魔王を討ち果たしました。それで終わり」

爺「なんとも幸せな結末じゃなあ……」

孫「悲しいお話なの?」

爺「どうだろうかのう。お前のとらえ方次第じゃ」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 22:31:26 ID:TW4Rgm.Y

孫「僕、英雄と魔族の少女には幸せになってもらいたいなぁ」

爺「ふむふむ、それは何故じゃ?」

孫「だって、いっぱい苦労したんでしょ? 報われなきゃおかしいよ」

爺「ほっほ。そうかそうか」

孫「むーっ、なんで笑うのさ!」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 22:33:19 ID:TW4Rgm.Y

爺「いやいや、お前が良い子に育って嬉しいんじゃよ」

孫「ほんとかなぁ……」

爺「それより、話の続きをしようかの」

孫「うん、もっと聞かせて!」
爺「はて、どこまで話したか……?」

孫「もうっ」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 22:37:32 ID:TW4Rgm.Y

――――

剣士「王様」

王「剣士か。もう怪我はよいのか?」

剣士「はい、おかげさまで」

王「それはよかった。では早速戦線に入ってくれ」

剣士「……いえ。俺は、その」

王「どうした?」

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 22:39:19 ID:TW4Rgm.Y

剣士「……俺はもう、戦いをする気はありません」

王「……」

剣士「……」

王「……構わん。魔族の長亡き今、軍のみで事足りるからな」

剣士「……そのことなのですが、王様」

王「お前には感謝してもし足りんよ。ゆっくり休んでくれ」

剣士「あ、あの、王様」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 22:42:28 ID:TW4Rgm.Y

王「褒美は戦が終わってからとらそう。今後のお前の生活も、国の方で面倒を見る」

剣士「……王様、聞いてください!」

王「なんだ?」

剣士「大事な話があります」

王「ふむ。というと、魔族の少女のことか?」

剣士「――!」

王「私を舐めるな。私は王。支配者だ」

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 22:45:36 ID:TW4Rgm.Y

剣士「……魔族まで、支配するつもりか?」

王「王の使命だ。才能あるものは、それを発揮せねばなるまい」

剣士「魔族の支配ができないということは、歴史が証明しているだろう!」

王「ならば私が為そう」

剣士「……本気で言っているのか? どれだけの血が流れると思っている!」

王「血など洗い流せばいい」

剣士「……貴様っ」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 22:48:39 ID:TW4Rgm.Y

王「哀れなことだな、剣士よ」

剣士「哀れだと?」

王「サキュバスという魔族を知っているか?」

剣士「……何が言いたい」

王「知っているようだな。やつらは妖術をもって男を操るらしいぞ」

剣士「何が言いたいっ!」

王「直に解放される。……安心して、待っているがいい」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 22:50:29 ID:TW4Rgm.Y

剣士「……ま、まさか」

王「すでに軍は動かしている。今頃衝突しているだろう」

剣士「……殺す! 貴様はここで殺す!」

王「……好きにしろ。愛しいおなごの亡骸はこちらで葬っておいてやる」

剣士「……くっ」ダッ

王「……許せ、剣士よ」

王「これは悪い夢なのだ。すぐに目覚めさせてやる」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 22:52:26 ID:TW4Rgm.Y

…………

………

……

剣士「ねぇ、少女」

少女「……なぁ、に」

剣士「俺は、人間を許すことはできないみたいだ」

少女「……あなたも、魔族だったら良かったのにね」

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 22:53:51 ID:TW4Rgm.Y

剣士「そうだな。でも俺は、やっぱり人間なんだよ」

少女「……私も、人間を、許せそうにない」

剣士「ははっ。わがままだな、俺たち」

少女「でも、あなたという人間は、好きだよ。……愛してる」

剣士「俺も、お前という魔族を愛しているよ」

少女「ふふ。……なぁんだ」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 22:55:07 ID:TW4Rgm.Y

剣士「簡単なことだったんだね」

少女「……私、少し眠くなってきちゃった」

剣士「うん、ゆっくりお休み」

少女「次に目が覚めたら、朝日は、昇っているかな」

剣士「あぁ。きっと、新しい世界を照らしてくれるはずだ」

少女「私に、おはようって、言ってくれる?」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 22:56:43 ID:TW4Rgm.Y

剣士「誓うよ」

少女「……じゃあ、安心だね」

剣士「うん。……さぁ、もう目を閉じて」

少女「……おやすみ、剣士」

剣士「……おやすみ、少女」

剣士「……俺たちが望んだ世界で、いつかまた、必ず会おう」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 23:00:35 ID:TW4Rgm.Y

――――

孫「……」

爺「……」

孫「……それで、結局どうなっちゃったの?」

爺「お前は、魔族という種を見たことがあるか?」

孫「……ううん、ないよ」

爺「だったらそれが答えじゃ」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 23:02:03 ID:TW4Rgm.Y

孫「……悲しいね」

爺「そうじゃなあ」

孫「結局、二人が望んだ世界はつくれずに、離れ離れになっちゃったんだね」

爺「……そうかも、しれんな」

孫「なんだか僕、人間であることが嫌になっちゃいそうだよ」

爺「孫よ、それだけは言ってはいかん」

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 23:03:07 ID:TW4Rgm.Y

孫「どうして……?」

爺「英雄は人間であり、魔族の少女が愛した男もまた人間だった」

孫「……うん」

爺「彼は人間を憎んだが、人間をやめようとはせなんだ」

孫「……そうだね」

爺「それが彼の強さじゃと、この老いぼれは思うんじゃよ」

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 23:05:01 ID:TW4Rgm.Y

孫「……」

爺「ほっほ。お前にはちと難しかったかのう」

孫「……英雄は」

爺「うむ」

孫「人間を憎んだ英雄は、それでも人間として、人間と共に生きたんだね」

爺「……彼にしかできん方法でな」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 23:06:44 ID:TW4Rgm.Y

孫「そっかぁ」

爺「……どれ、気分が沈んだなら外で遊んでくるといいぞ」

孫「うん、そうだね。あっ、でも最後に」

爺「なんじゃ?」

孫「それって、どれくらい昔の話なの?」

爺「そうじゃのう。……ざっと、350年くらい前かの」

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/30(土) 23:08:31 ID:TW4Rgm.Y

孫「じゃあ、爺ちゃんが生まれるちょっと前くらいかぁ」

爺「そんなことを聞いてどうする?」

孫「ううん。だから詳しいんだなって思ってさ!」ダッ

――額から歪な角を生やした赤い眼の少年はそう言うと、丁寧に折り畳んでいた二対の翼を力強くはためかせ、大空へと飛び立っていった――

おわり

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1341060761/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする