【桃太郎SS・安価】桃太郎「ちょっと寄り道する」

1: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 15:45:10.92 ID:2VImqSH40
桃太郎「どうせ鬼ヶ島まで大した距離も無いし強いお供とかも居たらいいな」

桃太郎「日本一の桃太郎は色々日本一で無くては!」

桃太郎「とは言ったものの、何処を目指せば良いかな…」

2: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 15:45:51.61 ID:2VImqSH40
下2>>何処に行く?

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 15:47:59.50 ID:kJEkiQpb0

5: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 15:55:53.38 ID:2VImqSH40
桃太郎「やはりあの夜空で最も輝く月を目指すべきだな」

桃太郎「そうと決まればきび団子を食べて…」パクッ

桃太郎「はあああああっ…!」グイィ

桃太郎「ふんっ!」ビョイーン

桃太郎はきび団子の力で大ジャンプした

6: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 15:58:15.23 ID:2VImqSH40
~月~

桃太郎「よし!月に来たぞ!」

桃太郎「おや?彼処に何かあるぞ」

7: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 15:58:58.17 ID:2VImqSH40
下2>>何(誰)があった?

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 16:05:44.31 ID:zGDHvccT0
理性

11: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 16:12:56.24 ID:2VImqSH40
桃太郎「これは…!理性ッ!」

桃太郎「どういう事だ!?これは俺への当て付けか!?」

桃太郎「俺には理性が足りてないとでも言うのか神よッ!」

桃太郎「田舎で暮らし、正義に生き!正義の鉄槌で悪を正したこの俺に!?」

桃太郎「…あれ?理性足りて無くね?」

桃太郎「じゃあ理性を戴くぞ!」

12: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 16:18:01.87 ID:2VImqSH40
桃太郎「理性を手に入れたはいいが…どうしよう」

桃太郎「これで誰も思いっきり殴れないな…」

桃太郎「まあ俺が負けるなんてそう無いだろうし」

桃太郎「しかし、理性を失っていたように何か大切な物を忘れているかもな」

桃太郎「次は何処を目指そう?」

13: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 16:18:45.47 ID:2VImqSH40
下2>>次は何処に行く?

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 16:22:00.85 ID:zDx1WK99O
足柄山

17: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 16:30:08.01 ID:2VImqSH40
桃太郎「…」

桃太郎は地球をじっくりと見る

桃太郎「あの山…強者のオーラを感じるぞ!」

桃太郎は山に向かって落ちた

桃太郎「フリーダムダイブ!」ズドーン!!

桃太郎「ふぅー…」ムクッ

18: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 16:30:40.84 ID:2VImqSH40
下2>>何があったり居たりした?

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 16:31:46.56 ID:EFhaWbgF0
屈強そうなドワーフがいた

24: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 16:38:44.25 ID:2VImqSH40
桃太郎「…何だお前?」

ドワーフ「俺の名はドワーフ」

桃太郎「子熊では無くて?」

ドワーフ「熊畜生と同じにするな!」

桃太郎「それは失礼した」

ドワーフ「どうにも空から落ちてきたように見えるのだが」

桃太郎「実際そうだからな」

ドワーフ「なんなんだこいつ」

25: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 16:50:00.41 ID:2VImqSH40
ドワーフ「まあいい。この足柄山に何の用だ?」

桃太郎「足柄山というのか…。まあそうだな、俺に足りない物を探しに来た」

ドワーフ「具体的には?」

桃太郎「仲間とか…持っていない何かとか」

ドワーフ「前者は分かるにしろ後者が分からねぇ。なぜそこまで具体的でない?」

桃太郎「単純に言語にしづらいだけ。さっきは理性を手に入れた」

ドワーフ「まぁお前も色々欲しいだろう?その、理性が蒸発しない内に…」

桃太郎「お前もわけわかんねぇよ」

ドワーフ「すまん何でもない。折角だし、お前に必要な物を占ってやろう」

桃太郎「意外だな。そんな事が出来るのか」

ドワーフ「よく言われる…ムムッ!!来たっ!」

26: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 16:51:08.51 ID:2VImqSH40
下2>>桃太郎に必要な物

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 16:51:38.33 ID:zGDHvccT0
正義の哲学

29: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 16:58:30.92 ID:2VImqSH40
ドワーフ「お前には正義の哲学が必要だ」

桃太郎「ほう?」

ドワーフ「何もトレーニングだけが己を強くする訳ではない」

桃太郎「成る程ねぇ…俺の正義哲学…」

30: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 16:59:11.16 ID:2VImqSH40
下2>>桃太郎の正義哲学とは

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 17:01:06.18 ID:uQ2DASdsO
自分こそ正義

35: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 17:05:41.67 ID:2VImqSH40
桃太郎「ふ…ふふふ…」

ドワーフ「おーい?どうした?」

桃太郎「ハーッハッハッハ!!俺が正義だっ!!」

ドワーフ「理性が蒸発したのかな」

桃太郎「俺こそセイギ!あるいはマサヨシだっ!」

桃太郎「待っていろ鬼共め!」ビュン

36: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 17:12:40.34 ID:2VImqSH40
~鬼ヶ島~

桃太郎「遂にやって来たぞ鬼ヶ島!」

桃太郎「鬼の長の屋敷に突入したいが…」

桃太郎「見張りがいるな」

桃太郎「まぁ、こそこそと隠れる様な真似はしないから関係無いが!」バッ

見張り鬼「!」

桃太郎「俺の名は桃太郎!正義の名の元にいざ参る!」

37: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 17:14:35.66 ID:2VImqSH40
下2>>見張り鬼は何と言ったか

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 17:16:03.37 ID:9MFMnPx80
お、お前は生き別れの息子!!

40: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 17:23:46.38 ID:2VImqSH40
鬼「お、お前は生き別れの息子!!」

桃太郎「そ、そんな馬鹿な!…父さん、なのか?」

鬼「ああ、そうだ」

桃太郎「父さん。俺に協力してくれ。そうでないと正義を執行しなければならない」

鬼「良いだろう。抜け道を教えてやる。息子よ付いてこい!」

41: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 17:27:39.36 ID:2VImqSH40
~鬼長の部屋~

桃太郎「鬼の長よ!貴様等の奪った宝を返してもらうぞ!」

鬼長「何故ここが…?まさか!」

桃太郎「見張りの鬼さ。俺の父さんでもある」

鬼長「くっ…こうなったら!」

桃太郎「どうするというのだッ!」

42: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 17:28:51.07 ID:2VImqSH40
下2>>鬼の長はどうする?

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 17:29:52.20 ID:uQ2DASdsO
めっちゃ親しげになる

46: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 17:39:46.66 ID:2VImqSH40
鬼長「宝はお前にもやるッ!」

桃太郎「…?どういう事だ?」

鬼長「鬼は皆家族!その息子であるお前にも宝を自由に使う権利はある!」

桃太郎「良いのか?そんなの…」

鬼長「むしろ俺だってお前らと仲良くしたいさ!」

鬼長「だがガキ共が人を襲い略奪し、鬼一族としての面子の為シラ切って!」

鬼長「お前こそが希望だ!仲良くしようぜ!」

桃太郎「…」

47: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 17:41:38.10 ID:2VImqSH40
下2>>桃太郎の言動

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 17:44:59.03 ID:n2Q2+F3V0
だが断る

50: ◆7M0syXftfg 2017/09/18(月) 17:51:35.29 ID:2VImqSH40
桃太郎「だが断る」ズバッ

鬼長「ぐっ…まぁ、面子を優先した臆病者には当然の報いだな」ドサッ

桃太郎「フフフ…ハハハハッ!正義によって平和はもたらされる!」

GENOCIDE END…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする