【商人SS】商人「人生の攻略本……欲しくありませんか?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/20(木) 02:54:37.82 ID:DLJ5iN0io

どうしても突破できない難所を、攻略本を読んで突破する。

何度挑んでも倒せない強敵を、攻略サイトを参考にして打倒する。

ゲームをやったことがある人間なら、おそらく誰もが経験したことがあるだろう。

そして、中にはこう思ったことがある人もいるはずだ。

もしも、人生にも攻略本があったなら――

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/20(木) 02:56:57.33 ID:DLJ5iN0io

俺は人気のない路地裏を歩いていた。

なぜそんなところを歩いていたかというと、仕事で大きなミスをしてしまい、
傷心で帰宅している最中だったからだ。
なるべく人のいない場所を歩きたかった。

俺はなぜあんなミスを……。

おかげで職場での信用をすっかり失ってしまった。
これを取り返すのは、並大抵の努力では不可能だろう。

ああ、仕事にも、いや人生にも攻略法があればな、とかそんなことを考えていたかもしれない。

すると、突如声をかけられた。

「人生の攻略本……欲しくありませんか?」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/20(木) 02:59:20.72 ID:DLJ5iN0io

声がした方向に振り返ると、そこには全身に布をかぶった怪しい男がいた。

間違いなく男だとは思うが、どことなく女っぽい雰囲気もある。
若そうでもあり、年寄りそうでもある。
不気味だが、どこか神秘的でもある。

不思議な気配をまとった男であった。

「今、なんていったんだ?」

「人生の攻略本、欲しくはありませんか?」

男は微笑みを浮かべた。

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/20(木) 03:00:44.94 ID:DLJ5iN0io

俺は興味を持ちつつも、男のいうことを一笑に付すことに決めた。

「バカバカしい。人生はゲームじゃないんだぞ」

「いいえ、人生はゲームですよ」

「え」

「正確にいえば、ゲームのようなものです」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/20(木) 03:02:54.40 ID:DLJ5iN0io

「生まれ持った能力、手札、環境を武器に、経験値を集め、無数のイベントに挑んでいく。
山あり谷あり、時には喜び、時には泣き、運が悪ければ死亡という名のゲームオーバー。
その結果、ある者は大成功を収め、ある者は落ちぶれていく。
まるでゲームのようではありませんか」

「まあ、たしかに……」

仕事の失敗で心が弱っていたこともあり、男の言葉には妙な説得力を感じられた。
俺はだんだんと男に飲まれつつあった。

「ゲームである以上、攻略本があるのは当然だと思いませんか」

「うん……そうかもしれない」

「そして、その攻略本が……これなのです」

男は古びた書物を取り出した。

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/20(木) 03:04:46.70 ID:DLJ5iN0io

もし、この状況がゲームならば「買う」「買わない」の選択肢が出ただろう。
しかし、俺の中では選択肢はすでに一択になっていた。

もちろん、「買う」だ。

「いくらだ」

男が口にした金額は決して安いものではなかったが、無理をすれば出せない額でもなかった。

「いいだろう、買おう」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/20(木) 03:06:46.51 ID:DLJ5iN0io

自宅に戻った俺はさっそく本を開く。

すると、
早寝早起きを心がけよう、とか。
ストレスは万病のもとになるから発散しよう、とか。
野菜はしっかり食べよう、とか。
食べすぎ飲みすぎに注意、とか。
ヘルシーな料理の作り方、とか。

こんなことばかり書いてある。具体的な方策まで記してあった。

為になるといえばなるのだが、思ってたのと違う……そう思わずにはいられなかった。

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/20(木) 03:10:07.96 ID:DLJ5iN0io

真ん中らへんまで読み進めていくと、俺はようやくお目当てといえるページにたどり着いた。

≪あなたの人生の攻略法≫

今までのページとは明らかにオーラが違う。

ここから先のページには、きっと「俺の人生」の攻略法が書かれているに違いない。
これこれ、こういうのを求めてたんだよ。

俺は期待に胸をふくらませて、ページを開いた。

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/20(木) 03:12:46.77 ID:DLJ5iN0io

≪ここから先は君の目で確かめてくれ!≫

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/20(木) 03:13:30.29 ID:DLJ5iN0io

やられた、と思った。

笑いが止まらなかった。

そういや昔の攻略本ってこういうの多かったよな、なんて思った。

ちなみにこの攻略本、前半部分はわりと本当に為になるので、
俺は今でも愛読していて、そこそこ豊かな人生を歩めてます。

― 終 ―

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする