【格闘家SS】格闘家「身長170cm未満、体重60kg未満の奴の挑戦を受け付けるぜ!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 01:41:47.81 ID:6C3hvMERo

とあるジムにて――

トレーナー「ふうむ、このところ入会者が増えんなぁ……」

トレーナー「うちのジムの知名度を上げる方法、何かないものか……」

格闘家「だったらこういうのはどうでしょう?」

格闘家「インターネット上で、俺が挑戦者を募集するんですよ」

格闘家「――で、バッタバッタと挑戦者を倒せば、入会希望者が増えるって寸法です」

トレーナー「効果はありそうだな。しかし……勝てるのか?」

格闘家「これでも俺はプロですよ?」

格闘家「募集条件をプロ格闘家じゃない素人、にすればいいんです」

格闘家「さすがに素人には負けませんからね」

トレーナー「なるほど……よし、やってみるか!」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 01:43:45.72 ID:6C3hvMERo

~ネット上PV~

格闘家「俺を倒せれば、賞金100万円くれてやらぁ!」

格闘家「プロ格闘家の実力ってやつを思い知らせてやるよ!」シュッシュシュッ

格闘家「みんなの挑戦、待ってるぜ!」ビシッ

ところが――

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 01:46:11.86 ID:6C3hvMERo

素人(195cm120kg)「やってやるぜ!」

素人(189cm95kg)「ぐへへへ……100万円はいただきだな……」

素人(205cm130kg)「あのチビスケに俺のパワーを思い知らせてやる!」

トレーナー「お、おい! 挑戦希望者が、やたら重量級ばかりだぞ!」

トレーナー「しかもプロじゃないとはいえ全員、何かしらの武道や格闘技経験がある……!」

格闘家「しまった……! 身長と体重に制限を設けるのを忘れてた……!」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 01:48:29.27 ID:6C3hvMERo

トレーナー「どうするんだ!? この体重差はいくらなんでも厳しいし、100万なんて払えないぞ!」

格闘家「……こうなったら仕方ない」

格闘家「今からでも、条件をつけることにしよう」

格闘家「や、やっぱ条件付けます!」

格闘家「身長170cm未満、体重60kg未満の奴の挑戦を受け付けるぜ!」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 01:51:13.91 ID:6C3hvMERo

素人(192cm105kg)「てめえ、ふざけんな!」

素人(200cm120kg)「いきなり条件付けてんじゃねーよ!」

素人(215cm145kg)「挑戦受けなきゃ、このジムブッ壊してやるからな!」

トレーナー「ひいいっ! 大勢の巨漢がジムに詰めかけてきてるよぉっ!」

格闘家「あわわわ……」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 01:54:20.12 ID:6C3hvMERo

「ツラ出せやぁっ!」 「逃げんなぁっ!」 「素人になら負けねえんだろうがぁっ!」

ガンガンガンガンガン! ガンガンガンガンガン!

トレーナー「ど、ど、ど、ど、どうしよう……」

格闘家「もうダメだぁ……」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 01:57:11.56 ID:6C3hvMERo

素人(188cm100kg)「いつまで引きこもってんだ!」

素人(202cm115kg)「挑戦受け付けるまで帰らないからなぁっ!」

「よさぬか……小さき者どもよ」

ゴゴゴゴゴ……!

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 01:59:42.92 ID:6C3hvMERo

巨人「……」ゴゴゴゴゴ…

「な、なんだ!?」 「きょ、巨人だ!」 「天から巨人が降りてきたぁっ!」

巨人「……」ズシン…

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 02:03:18.02 ID:6C3hvMERo

巨人「我は天界に住まう巨人なり……」

巨人「全ては天から眺めていた」

巨人「今すぐこの騒ぎを収めぬと、ただちに貴様ら全員を踏み潰すぞ……!」

素人(193cm110kg)「で、でかい……! でかすぎる……!」

素人(230cm150kg)「この人に比べれば、俺らなんてみんなアリンコだ!」

「す、すみませんでしたぁ~~~~~~~~~~!!!!!」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 02:06:25.29 ID:6C3hvMERo

巨人「……全員去ったようだな」

トレーナー「巨人様、ありがとうございました!」

格闘家「おかげで助かりました……!」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 02:10:30.06 ID:6C3hvMERo

格闘家「まさか、空に巨人が住んでるとは知りませんでした」

巨人「無理もない。我々は本来、君たちでは認識できない存在だからな」

格闘家「でもなぜ、俺みたいなちっぽけな人間を助けるために、わざわざ地上へ?」

巨人「無論、君の行為がいたって正当な行為だからだ」

巨人「闘いにおいて、体が大きい者の方が有利だというのは分かり切ったこと」

巨人「ならば、金を出し挑戦を受ける側がそこに条件をつけるのは、当然のことであろう」

格闘家「そういってもらえると……救われます……」

巨人「では、さらばだ。君のことは天界で見守っておるぞ……」ゴゴゴゴゴ…

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 02:13:10.61 ID:6C3hvMERo

格闘家「トレーナー」

トレーナー「ん?」

格闘家「巨人ってのは……体も大きければ、心も大きいんですねえ……」

トレーナー「うむ……これからは彼のようにもっと大きい心を持ち、ジム経営に励もうではないか」

トレーナー「無茶な売名行為をしなくたって、やっていけるさ!」

格闘家「はいっ!」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 02:14:50.33 ID:6C3hvMERo

巨人「……」

巨人(我が彼らを助けた理由……本当は別にある)

巨人(それは――)

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 02:17:23.56 ID:6C3hvMERo

一ヶ月前、天界にて――

巨人『あ、あのっ、すみません! やっぱ条件付けます!』

巨人『身長170m未満、体重60t未満の奴の挑戦を受け付けるぜ!』

大巨人A『この野郎、ふざけんじゃねえぞ!』

大巨人B『いきなり条件付けてんじゃねえ! 踏み潰されたくなきゃ金よこせ!』

…………

……

巨人(彼が他人のような気がしなかったからだ……)

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする