【国王SS】国王「勇者よ、魔王を倒してくれ。武器はこちらで用意しておる」勇者「分かりました」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/02(火) 19:17:22.47 ID:cyRuBHSYo

玉座に腰かける国王の前で、ひざまずく勇者。

「勇者よ、よく来てくれた」

「はっ」

「おぬしも知っておろうが、先日の魔王軍の攻撃で我が国の街が多大なる被害を受けた。
このような蛮行は断じて許されることではない」

「おっしゃる通りです」

「勇者よ、魔王を倒してくれ。武器はこちらで用意しておる」

「分かりました」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/02(火) 19:24:54.22 ID:cyRuBHSYo

謁見を終えると、案内役の兵士がやってきた。

「勇者様、こちらへどうぞ」

「うむ」

兵士の後を勇者がついていく。

二人とも一言もしゃべらぬまま、広い城内を歩き回る。

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/02(火) 19:27:15.27 ID:cyRuBHSYo

やがて二人は大きな一本道の通路にたどり着いた。

通路には頑丈な扉が幾つも設けられており、その警戒は厳重を極めている。

兵士が合図する、扉が開く、通過する、を繰り返し、二人は通路を進んでいく。

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/02(火) 19:32:50.14 ID:cyRuBHSYo

二十近い数の扉をくぐり抜けると、ようやく終点。

≪勇者以外立入禁止≫という意味の文字が書かれた巨大な扉が、
そのサイズに恥じない存在感を放っている。

扉の周辺は選りすぐりの屈強の兵士で固められている。

この扉は絶対に死守せねばならないという心構えがうかがえる。

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/02(火) 19:36:08.57 ID:cyRuBHSYo

兵士が勇者に向き直る。

「ここから先は勇者様しか入れません。さ、どうぞ」

「案内ご苦労」

ふうっと息を吐いてから、勇者が扉の中に入る。

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/02(火) 19:40:22.90 ID:cyRuBHSYo

巨大な扉の中には、なんの内装もないシンプルな部屋があった。

あるのは部屋の中央にある、高さ一メートルほどのデスクのみ。

そして、そのデスクの上には赤いスイッチが設置されている。

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/02(火) 19:41:03.18 ID:cyRuBHSYo

デスクの前に立つ勇者。

勇者は迷うことなく、人差し指でスイッチを押した。

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/02(火) 19:42:15.33 ID:cyRuBHSYo

あとはもう全自動だ。

スイッチが押されたことによって王国から核ミサイルが発射され、魔王の領土を攻撃するであろう。

今の世では、勇者とは「核スイッチを押す勇気のある者」を意味するのである。

勇者はぽつりとつぶやいた。

「昔は勇者と魔王の戦いってのは、夢と冒険とロマンに満ち溢れたものだって聞いたけど、
ここまで武器が発達しちゃうと、もうロマンもへったくれもないな」

― 終 ―

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする