【オリジナル・兄妹SS】妹「お兄ちゃん、台風が来てるよ!」俺「>>4しよう」

1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 20:58:13.509 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
妹「今回の台風はすごく大きいみたいだし、家から出られないね」

俺「そうなのか…じゃあ>>4するか」

妹「えっ!?」

4: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 20:59:07.365 ID:LwvEqRrSdNIKU.net
兄の子供を堕胎

8: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 21:03:27.134 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
俺「兄の子供を堕胎するか」

妹「えっ!?」

俺「俺にはさらに上の兄がいてな。結婚しているんだが、婚約相手が子供を孕んでいるそうなんだ」

妹「へぇ…知らなかった…」

俺「俺は前から兄のことが好きじゃなかったんだ。この機会に堕胎させてやろうと思ってな」

妹「そ、そんなのダメだよ!だいたい、なんでお兄ちゃんはその人のこと嫌いなの?」

俺「ああ、それは>>12だからだ」

12: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 21:05:42.899 ID:YlwS6d210NIKU.net
お前を襲おうとした

16: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 21:10:03.962 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
俺「それはお前を襲おうとしたからだ」

妹「えっ…!?私を…!?」

俺「ああ。お前は世間的に見てもかなり顔がいいだろ?俺の兄は妹であるお前さえ襲おうとしたんだよ」

妹「そう、だったんだ…私もその人、あんまり好きじゃないかも…」

俺「だったら、一緒にアイツの子供を堕胎させようぜ。お前も協力してくれるよな?」

妹「う、うん…。ところで、その婚約相手って誰なの?」

俺「それはな…お前も何度か顔を見たことはあるだろう。>>20だ」

妹「えっ…そんなっ!」

20: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 21:11:46.657 ID:qq3qmUdyaNIKU.net
俺の母

24: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 21:16:29.719 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
俺「それは、母さんだよ」

妹「えっ…!?」

俺「兄貴は、実の母親と婚約して、子供まで孕ませてんだ。お前だって許せないだろ?」

妹「あ、うん…」

俺(妹があまりの驚きに硬直してしまったな……ここは緊張をほぐすため、>>27してあげようか)

27: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 21:17:56.301 ID:DWf8dfn60NIKU.net
卒論の代筆

30: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 21:21:13.656 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
俺(あっそうか!妹は卒論が書き終わらなくて、それどころじゃなかったのか。だったら、俺が代筆してやるとするか)

俺「妹よ、今お前が書いてるその卒論、俺が代筆してやる」ピラッ

妹「…へっ?…あ、ありがと」

俺「だからお前はその代わりに、>>35してくれ」

29: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 21:18:00.846 ID:AL+zC/VUaNIKU.net
ハーブティーを用意

38: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 21:25:37.138 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
俺「お前はハーブティーを用意してくれ。執筆に集中するためには必要不可欠だ」

妹「ハーブティーだね?わかった、用意してくる!」ダッ

俺「…ふぅ。妹は行ったか。さて、俺はその間に>>42だ」

42: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 21:26:24.085 ID:ic7ZmBWXaNIKU.net
兄貴の位置情報を確認

43: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 21:32:46.745 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
俺「パソコンで兄貴の位置情報を確認だな」

俺「えっと、兄貴の現在地は……何!?こんなところに…!」

妹「お兄ちゃーん、ハーブティーできたよー!」ダッダッ

妹「うわっ!!」ガシャン

俺「うおっ!?」

妹「ご、ごめん…ハーブティーこぼしちゃった……しかも、パソコンに掛かっちゃって…」オロオロ

俺(しまった!パソコンが壊れて、隠していた>>48のデータが表示されてしまった!)

妹「…お兄ちゃん、パソコンの画面のそれ、…何?」

俺「ええっと…これはだな……」

48: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 21:34:22.154 ID:+S2ns7420NIKU.net
世界征服の計画書

50: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 21:37:28.072 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
俺(隠していた世界征服の計画書が…!)

妹「…お兄ちゃん、この、世界征服計画って…何?」

俺「うっ…、バレてしまったのなら仕方ないな!! 俺は、>>53という目的のため、世界征服をいる!」

妹「えっ…53のために…?」

53: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 21:38:57.827 ID:ic7ZmBWXaNIKU.net
世界を後ろから操る兄貴をその座から引きずり下ろす

57: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 21:45:20.725 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
俺「世界を後ろから操る兄貴をその座から引きずり下ろすためだ!!」

妹「あの人が…世界を…?」

俺「クックック…。驚くのは無理もない。まさか兄貴が例の組織の幹部だと気づく者はごく僅かだ」

妹「…でも、お兄ちゃんはどうやってその人をやっつけるつもりなの?」

俺「フフフ…。俺たちが秘密裏に開発していた、この>>62を使うのだ!」

妹「62!? お兄ちゃんは私が知らない間にそんなものを…」

62: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 21:48:40.148 ID:YlwS6d210NIKU.net
神の杖

64: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 21:54:49.141 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
俺「俺たちが開発した、神の杖を使うのだ!」

妹「神の杖…?」

俺「神の杖。それは、俺たちが数十年かけて開発した、宇宙兵器だ」

俺「宇宙からの核エネルギー弾の直撃を喰らえば、たとえ例の組織の本部であろうとも、木端微塵にすることができるはずだ」

妹「お兄ちゃん…そんな危ないものを…」

俺「妹、お前は何も心配しなくていい。この問題が俺たちが片付ける」

妹「そんなことできないよ!お兄ちゃんが世界の為に頑張ってるのに、私だけ何もしないなんて…」

妹「私、>>70する!」

70: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 21:56:05.972 ID:Zzc01LJ4dNIKU.net
ライフル射撃

75: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 22:03:21.650 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
妹「私、ライフル射撃する!」スチャ

俺「…妹、お前の気持ちはうれしいが、ライフル程度でどうこうできる相手ではない」

俺「例の組織を潰すには、神の杖を…」

俺の携帯電話「俺!大変なことが起こった!台風の影響で、俺たちがつくった神の杖が破壊されてしまった!」ピー

俺「な、なんだと!?」

俺の携帯電話「これでは、今夜開始予定の作戦が開始できない! どうする、俺!」ピー

俺「そ、そんな…嘘だろ…」

妹「お兄ちゃん…やっぱり私が…」スチャ

俺(このままでは妹を死なせてしまう…!なんとしてでもそれは避けなければ…!)

俺「…そうだ!>>78するぞ!」

78: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 22:04:51.658 ID:J+4v1sFx0NIKU.net
パワードスーツ

82: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 22:10:55.174 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
俺「そうだ…!このパワードスーツで…」ガチャン

俺の携帯電話「おい俺!パワードスーツを使う気か!まだあれは試作段階で…」ピー

妹「そのパワードスーツ、私に使わせて!」

俺「い、妹!?」

妹「私がパワードスーツを着て、その組織の人、全員倒してくる!」

妹「そうすれば、世界もお兄ちゃんも、みんな救われるでしょ…?」

俺「ぐ…妹…」

パワードスーツ妹「私、行ってくる!!」ガチャン

俺「妹!! 待ってくれー!」

俺「くそっ、妹は行ってしまった…」

俺「このままでは確実に妹は死んでしまう…」

俺「ここは俺が>>86するしか…」

86: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 22:12:19.602 ID:pUlyGN+laNIKU.net
台風が来る前にタイムリープ

90: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 22:15:09.284 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
俺「くっ、これは使いたくなかったんだが…」

俺「このタイムリープマシンで、台風が来る前まで飛ぶ」ガチャリ

俺「次は絶対救って見せるぞ…妹…」

俺「うおおおおおおお!!!」キュイーン

俺「ここは…」

妹「お兄ちゃん、>>95」

95: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 22:18:31.177 ID:mebUPwXr0NIKU.net
どいて、そいつ殺せない

98: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 22:21:19.400 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
妹「お兄ちゃん、どいて、そいつ殺せないから」

俺「…へ?」ピチャリ

俺「う、うおっ!? なんで俺の後ろに血まみれの人間が…」

妹「…お兄ちゃん、急にどうしたの?私たちは、>>102するために今こうやってコイツを殺してるんでしょ?」

俺「い、妹…?」

102: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 22:23:12.017 ID:nFkV6+jo0NIKU.net
外なる神を召喚

104: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 22:27:18.621 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
妹「私たちは外なる神を召喚するために、悪い人たちを殺してるんでしょ?」

俺「い、妹…?」

妹「はやくそこどいて。このライフルで止めさしちゃうから」スチャ

血まみれの人「や、やめっ、命だけはっ!」ガクガク

俺「おい妹!>>108!」

108: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 22:28:16.960 ID:pUlyGN+laNIKU.net
やれ

110: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 22:31:43.158 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
俺(状況はわからないが、コイツは例の組織の人間で間違いない…殺してしまってもよさそうだ)

俺「…妹、やれ!」

妹「うん!お兄ちゃん!」パァン

血まみれの人「…」ガクリ

俺(俺は確かに過去に戻ったはず… だが、俺はこんな過去体験した覚えがないぞ…)

俺(考えていても答えはでない。妹に聞いてみるのが一番手っ取り早いだろう)

俺「おい妹、>>115」

115: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 22:36:01.829 ID:/L1AsL3J0NIKU.net
あの建物はなんだ?

120: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 22:42:29.046 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
俺(ところで、なんだあの塔みたいな建物…タイムリープ前にはあんなのなかったぞ…?)

俺「おい妹、あの建物はなんだ?」

妹「…?なんでそんなこと聞くの?あれの事はお兄ちゃんが一番よく知ってるでしょ」

俺「…頼む、妹。教えてくれ」

妹「…なんかお兄ちゃんさっきからおかしいよ?……あの建物は私たちの組織の本部でしょ」

俺「俺たちの…?ちょっと待て、それはつまり、お前も…」

妹「…はあ、当たり前でしょ。本当どうしちゃったの?お兄ちゃん」

俺(なんだよそれ…妹を戦いから避ける為にタイムリープしてきたっていうのに、これは何だよ!?)

妹「…お兄ちゃんどうしたの?」イライラ

俺「い、いや…ちょっと>>125してただけだ」

125: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 22:46:00.054 ID:nFkV6+jo0NIKU.net
あまりのダサさに落胆

129: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 22:49:48.847 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
俺「…あまりのダサさに落胆していただけだ。」ハァ

妹「ちょっとお兄ちゃん?あれをデザインしたのはお兄ちゃんでしょ!?」

妹「というか、さっきからまるで人が変わったようになって…お兄ちゃん一体どうし……まさか!」

俺「フッ…ようやく気がついたようだな。そう、俺は…」

妹「まさか>>135したの!?」

135: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 22:55:43.403 ID:eGbbuDveaNIKU.net
洗脳が解けた

137: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 23:02:45.218 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
妹「まさか洗脳が解けたの!?」

俺「…へ?洗脳?」

妹「そっか…洗脳にかけられたことすら覚えていないんだね」

妹「お兄ちゃんは、例の組織によって洗脳を受けていたの。だから、私とお兄ちゃんは大きな行動を起こす事はできなかった。でも、洗脳が解けたというなら話は別!すぐに作戦を考えようよ!」

俺「え…?」

俺(どうやら、タイムリープマシンの誤作動で、前いた世界とは少し別の世界へ跳んでしまったようだな。この世界の俺は洗脳されていたようだが、記憶の上書きによって洗脳は解けたということか)

俺「よしわかった!作戦会議を始める!」

妹「じゃあまずは本部に移動だね!」

俺「皆集まったようだな。今回俺が組織を倒すため考えた作戦はこうだ!」

俺「>>140する!!」

組織のみんな「なんだって!?」

140: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 23:04:55.451 ID:8r3sc6ODdNIKU.net
人類は滅亡

144: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 23:11:46.473 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
俺「このままだと、人類は滅亡する!」

組織の皆「なんだって!?」

妹「それってどういうこと?お兄ちゃん?」

俺「気象予測機を見てみろ。数日後に、巨大な台風が日本に着陸する。その際に、我々の秘密兵器神の杖は破壊され、例の組織によって人類は滅亡する!」

妹「…ほんとだ!お兄ちゃんの言う通り、台風がきてるみたい!」カチャカチャ

妹「まずいよお兄ちゃん!私たちはどうやって組織を倒せば…」

俺「案ずるな。策はある。まずは妹、>>146するがよい!!」

妹「146って…そんな…」

146: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 23:12:30.377 ID:nFkV6+jo0NIKU.net
アメリカ大統領に立候補

150: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 23:16:38.007 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
俺「妹、アメリカ大統領に立候補するがいい!!」

妹「アメリカの大統領に!?なんでそんなこと…」

俺「理由は聞かないでくれ。お前は俺の言われた通りに動けばいい。その後は俺がなんとかする」

妹「ぐっ、お兄ちゃん…わかったよ。私、アメリカ行ってくる!!」ダッ

俺「ふぅ。妹は行ったか。今回の作戦は危険すぎる。妹はできるだけ遠ざけなければな」

俺「さて、俺は>>155するか」

155: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 23:19:40.398 ID:8r3sc6ODdNIKU.net
今の内に組織潰す

158: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 23:22:19.623 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
俺「さて、俺は例の組織を潰すため、動くとするか」

俺「…どうやら、敵組織の本部は前回の世界の場所と変わらないようだ」

俺「ただ、俺一人で行っても無駄死にとなる可能性が高い」

俺「だれか頼れる仲間を…そうだ!>>162に力を貸してもらおう!」

162: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 23:23:08.650 ID:nFkV6+jo0NIKU.net
安倍晋三

164: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 23:28:21.798 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
俺「奴に頼むのは不本意だが、仕方ないな…」スタスタ

俺「首相官邸に着いたぞ。ここで、安倍晋三に助力を願うしかないな…」

安倍「むっ、お前は俺か。よく俺の前に顔を出せたな」

俺「ぐっ、あのときのことはすまないと思っている。今回は、どうしてもお前に力を貸して欲しいと思っているんだ」

安倍「うーん、>>168したらいいよ?」

俺「え……168?」

168: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 23:30:32.841 ID:pUlyGN+laNIKU.net
台風を消滅

171: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 23:38:27.367 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
安倍「台風を消滅させることができたらいいよ?」

俺「え…」

俺(あの巨大台風を消滅させるなんて無茶振りだ…!コイツ、最初から俺に協力する気はなかったのか…!)

安倍「それができないというなら、帰ってもらおうか」

俺「ちくしょう…」

俺組織本部

俺「結局、ここに帰ってきてしまったな…」

兄貴「ククク…なにやら色々と苦労しているようだな?俺よ」

俺「お、お前はっ!兄貴!!何しにここに来た!?」

兄貴「久しぶりだな? お前が何をするつもりか知らないが、我々の計画の邪魔をされては困る。お前を消しに来たのだ」

俺「俺を…殺しに…!」

俺(いや待て俺…これはチャンスだ!返り討ちにしてやる!)

俺「……まさかお前自らこちらに来てくれるとはな!俺はお前に一騎打ちを申し込む!>>175で勝負だ!」

175: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 23:39:45.445 ID:5kZd3aUc0NIKU.net
デュエル

177: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 23:46:05.099 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
俺「デュエルで勝負だ…!」

兄貴「ほう?今まで一度も勝った事のないお前が? いいぜ!いつも通りにやってやる!」

兄貴「クハハハ!!やはりお前は俺に敵わないようだな!」

俺「ぐっ…このままじゃ負けてしまう!!」ボロボロ

俺「>>180!」

180: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 23:47:05.388 ID:YlwS6d210NIKU.net
G-BACKだ

182: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/29(土) 23:59:35.283 ID:lmQXKlfk0NIKU.net
兄貴「やはり俺には敵わないようだな!」

俺「フフフッ!甘いな兄貴。まだ俺には秘策が残されているッ!」

俺「作戦名は…G-BACKだ!!」

兄貴「G-BACKだと…?なんだか知らんが、このまま潰してやるぜ!!」

俺「フハハハハッ!かかってくるがよい!!」

俺「もう俺のライフは0…!」

兄貴「お前の作戦は失敗に終わったようだな?むしろ、自分から自滅していくように見えたが」

俺「クックック… 俺の作戦はここからだッ! 俺は自爆する!!!」バッ

兄貴「なんだと!? まさか建物ごと!?」

俺「そうだ!デュエル中に組織のメンバーには逃げてもらった!俺もお前もここで死ぬ!!」

兄貴「く、くそっ!!」

俺(妹、あとは任せたぞ…!)

ドゴォォーーン

俺の犠牲によって敵組織は滅びた。
妹や残りのメンバーの活躍により、台風の被害も最小限に抑えられた。

こうして、世界には平和が取り戻されたのであった。

ハッピーエンド

http://viper.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1538222293/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする