【男女SS】女「ねぇ、男ー」男「………?」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/02(金) 22:39:15 ID:9ZcK60IU

男「………どうしたの?」

女「いや、最近、男が元気ないなーって思ってね」

男「……そうかな、普通だけど……」

女「んー、悩みなら言ってよねー」

男「………恋の悩み…かな」

女「wwwwwww」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/02(金) 22:45:13 ID:9ZcK60IU
男「…まぁ、冗談だけど……そこまで笑わないでよ………」

女「ww…ごめんごめんw」

男「もー、笑いすぎだよ」

女「で、恋の悩みってなんなの?お姉さんに話してみなってー」

男「だから、冗談だってー…」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/02(金) 22:50:07 ID:9ZcK60IU
女「照れなくたっていいんだよ?あと一歩の勇気だよ?」

男「もー……ちがうって…」

女「んー、すると…男は“恋なんかで悩まないぜ!”って言いたいのか」

男「どういう思考回路してるの……」

女「違うー?じゃあ、何の悩みなの?」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/02(金) 22:53:37 ID:9ZcK60IU

男「だから、そこから違うって…」

キーンコーンカーンコーン

女「あー!チャイム鳴っちゃったー…」

男「……さぼっちゃう?」

女「サボタージュしちゃうー?>>7」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/02(金) 22:54:23 ID:9ZcK60IU
する

しない

>>9で

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/02(金) 22:55:25 ID:mSBMtRKo
する

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/02(金) 22:58:01 ID:9ZcK60IU
男「…もう、さぼる?」

女「そうだねー、男とどこかへ行きたいなー」

男「…どこいく?>>11とかでいいかな」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/02(金) 23:11:27 ID:K4MhoT7k
プール

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/02(金) 23:17:18 ID:9ZcK60IU

女「プールかー…プール!?冬だよ?死ぬよ?」

男「あ、そうだったねー…」

女「無難に屋上行こっ」

男「…そうだね」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/02(金) 23:20:55 ID:9ZcK60IU
男「…コーヒー買ってきたよ、甘いやつ」

女「あ、ありがと。にしても屋上寒いねー」

男「冬だからねー……」

女「……もうちょっと近づいていい?」

男「………うん、いいよ。ほら」

女「ありがと……あったかい」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/02(金) 23:44:45 ID:9ZcK60IU
男「…女さ、最近悩んでる?」

女「…どうしたのー?急に、さっきのやつまだ恨んでるの?」

男「…分かるよ、女のことだから」

女「ほんとに何もないってばー、大丈夫だよ?」

男「ん、そっか……」

キーンコーンアーンコーン

女「お、かねなった…戻ろ、男」

男「そうだね…何かあったら、言ってね」

女「さっきと立場逆だねー」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/02(金) 23:54:48 ID:9ZcK60IU
~クラスにて~

女「はぁ~…」

女友「どうしたのさ、溜め息ついちゃって」

女「あ、女友。あのね、男君にあのことがバレそうなの…」

女友「あのこと…って、まさか!」

女「だからね、男に聞かれても言わないでよ?」

女友「ああ、言わないよ…絶対」

女「ありがと…授業始まるよ」

女友「おお、また後でね」バイバ-イ

女友(あのことってなんだろ…)

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/03(土) 00:06:24 ID:imYa.A0A
男「男友ー相談のってくれよ…」

男友「ん?なんかあったのか?彼女のこと?」

男「ん、そうなんだけど……なんか悩みごとがあるっぽいんだよ……」

男友「っぽい?確信ないの?」

男「まあな、なんかいつもより気分が落ちてる感じがするんだよ………」

男友「勘違いかもな、聞いてみたら?」

男「いや、もう聞いたんだけど、“悩んでない”って言われて……あれは悩みだよ」

男友「そか、じゃあ女の友達とかに聞いてみたら?女友とかさ」

男「そうか、ありがとな、あとで聞いてみるは」

男友「おう、授業始まるぞ?」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/05(月) 00:36:43 ID:QW283H/c
男「おーい、女友ー」

女友「ん?おお、男くんじゃん。どうしたの?」

男「女のことで話があるんだけどさ…」

~屋上移動中~

女友「で、話って?」

男「女が最近、悩んでるっぽいんだけど……何か知らないかなー…ってさ」

女友「んー…あ!さっきね、“あの事が男にばれそうだから、聞かれても言わないで”って頼まれたよ?」

男「…なんて返事したの?」

女友「言わないよ……絶対!っていった」

男「……そうか。で、あのことってなに?」

女友「ん、いや、分かんない」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/05(月) 00:45:39 ID:QW283H/c
男「……はぁ?分かんないってなんだよ」

女友「えー、だって……でもなんかある、ってことは分かるよ」

男「まぁ、おれでも分かるけどな」

女友「ごめんね、力になれなくて…じゃあね、そうゆうことで」テクテク

男「あ、おい、ちょ、待てよ」

女友「?なに?」

男「“力になれない”なんて諦めるなよ」

女友「え、だって、知らないし…」

男「知らない、なら聞けばいい……頼めるか?」

女友「……うん!聞いておくよ」

男(なんで、あんな逃げようとしてたんだ?女友は知ってるのか……?女の悩みを…)

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/05(月) 22:50:41 ID:QW283H/c
男友「で、聞き出せたか?」

男「いや、あいつ意味分かんね」

男友「癖があるよな、女友ww……で、何があったんだよwww」

~少年説明中~>>22のやつね

男友「wwwwwww」

男「だろ?本当に意味わかんねぇよ、あいつ」

男友「女友ww意味分かってないのに“言わないよ……絶対”だってよwww」

男「まぁ、聞いてきてくれそうだし……」

男友「www…気長に待てばいいよww」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/05(月) 22:57:19 ID:QW283H/c
女友「それにしても、男君のセリフくさすぎ…www」

女友「んー…聞くべきかな……女に怒られそうだし、どうしよ」

女友「ん、あれってイケメン君かな?」

女友「男の娘君もいる~」

女友「やっぱりイケメン君が攻めよね……」ハァハァ

女友「いや、意外と男の娘君が……」ハァハァ

女友「…じゃないや、女に男君のこと聞こうかな…」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/05(月) 23:03:16 ID:QW283H/c
女友「女ー、いるー?」

女「お、女友じゃん!丁度いいね。こんどの……」

女友「いいよ!楽しみだねー!」

女「張り切りすぎちゃいそうだよww」

女友「あ、そういえば、女さー…」

女「ん?なにー」

女友「あ……いや、何でもないよ」ニコ

女「そう、なんかあったらいってよー?」

女友「うん、ありがとねー」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/05(月) 23:41:19 ID:QW283H/c
女友「そ、そういえばさー…女、男君とうまくやってるの?」

女「いや、あのことがうまく言い出せなくて……」

女友「………ん、あー、そうか……」

女友「これしか言えないけど…がんばってね」

女「ん、ありがと……」

男友「……………」

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/05(月) 23:56:34 ID:QW283H/c
男友「おーとーこ、くんっ」

男「何だよ、気持ち悪い」

男友「ここで問題です。デ-レン女友ちゃんは、無事、女ちゃんに聞けただろうか?」

男「なんだよ急に…聞けたってあのこと?」

男友「いや、さっき二人が話してるの見てさ……」

男「……あいつ聞かなかったのか?」

男友「結果としてはね…」

男「ほーん、どういうこと?」

男友「まぁ、あれは聞けなかったって感じだな」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/06(火) 00:01:39 ID:qz31i5Dw
男「はぁ…いや、普通に考えたら聞けないか……悪いことしたな」

男友「まぁ、そう落ち込むなって。」

男友「“二人が話してるとこを聞いた”って言っただろ?」

男「手掛かりを聞けたのか?」

男友「まぁまとめると…」

1.後で男にそのことを言う

2.なし

男「まとめるまでもないな…」

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/06(火) 00:07:55 ID:qz31i5Dw
男「収穫はほとんどなし、か…」

男友「おいおい、1があるだろ?」

男友「今日さ…一緒に帰るとき、気分を楽にさせてやれ」

男「まぁ、それしかできないな…」

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/06(火) 00:12:57 ID:qz31i5Dw
女「男君!帰ろー」

男「あ、っと……そ、そうだね!帰るか」

女「あのね、男くん…今日モス寄ってかない?」

男「あ、うん!いいよ」

女「えへへー、今日は私の奢りなのです」

男「ん、いや、いいよ俺が払うよ」

女「いいのいいの、たまには私が奢るの」

男「そ、そうか?ありがとな」

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/06(火) 00:22:19 ID:qz31i5Dw
女「美味しかったねー!」テクテク

男「やっぱ、モスだよなー」テクテク

女「……………」

女「んと、あのさ……男、話があるんだけど……さ……」////

男「!?……うん、何かな」

女「あのね、私…………………腐女子なの」///

男「え、知ってるよ?」

女「え!?……えぇ!?」

男「あの……それだけ?」

女「それだけって……うぅ」グスッ

男「え、えっと……」(ちょ、ベンチ!ベンチ!)

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/06(火) 00:25:30 ID:qz31i5Dw
女「……なんで、知ってたの?」グスッ

男「え……だって、よく女友とソッチ系の話してるし……そうなのかなー……って」

女「………はぁー……そか」ズゥ –

男「あの……なんか、ごめん」

女「ううん、そういうのじゃなくて………安心してさ」

男「安心?」

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/06(火) 00:29:41 ID:qz31i5Dw
女「男くんに嫌われるんじゃないかって……でも、いつかばれるから…」

男「wwwwww」

女「え………」

男「嫌いになるわけないだろ?」

女「……うっ、うぐ……ふえぇ……」グスッ

男「ほら、泣くなって」つハンケティーフ

女「………ありがと」

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/06(火) 00:41:22 ID:qz31i5Dw
男「でも、俺も安心したよ。女が何を言い出すのか……ってさ」

女「もー……」

男「最近、女が悩んでたからさ……でも、もう大丈夫だな」

女「うん……」

男「あ!そうそう、女友がなー……」

~少年説明中~知らないのに返事したあれ

女「えー、ひどいよ女友ちゃん……」

男「でも、女友らしいよなー」

女「あ!女友のことかばってるーww」

男「そんなことないよww」

女「でも、女友ちゃんらしいねー」

女「……でも、然るべき対応をしないと」

男「www」

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/06(火) 00:48:02 ID:qz31i5Dw
男「……ということでした」

男友「いや、お前、女が腐女子って知ってたのかよwww」

男「んー、普通に知ってたんだけどな…」

男友「wwwww」

男「でも、色々ありがとな男友。惚れるとかだったはwww」

男友「やめてくれ、気持ち悪いwww」

~影から~

女友「はぅー……」

女「みーつーけーたー!」

女友「ふぇ!?女ちゃん、どしたの?」

女「どしたの?じゃないよ!もうー!」

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/06(火) 00:51:47 ID:qz31i5Dw
女友「痛いよー……」

女「ああ、ごめん、そんなに痛かった?今度モス奢るよ」

女友「ほんとっ?」

女「う、そ!」

女友「あー、ひどい、嘘つかれた…」

女「女友だって嘘ついたでしょ?おあいこよ」

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/06(火) 00:57:18 ID:qz31i5Dw
女「男ー!帰ろ」

男「おー、そだねー」

女「もー、素っ気ないなー……」

男「ごめんごめん」

女「んー……でさ、男も最近悩んでたでしょ?男の悩みってなんだつたの?」

男「…!あ、あ、今日!も、モス奢るよ!」タッタッタ

女「あー!待って、悩みってなにー?」タッタッタ

男「モス奢ってあげるよー!」タッタッタ

終わり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする