【許嫁SS】許嫁「あなた、起きて」【オリジナル】

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 18:42:06 ID:z8NyzTaw
男「あり、寝ちまいましたか」

許嫁「おはよう、あなた」

男「おはようございます」

許嫁「朝食の支度ができているわ」

男「そうですか」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 18:42:50 ID:z8NyzTaw
男「おお、こりゃまた朝から豪勢な」

許嫁「いつもと同じよ、あなた」

男「そうですか?」

許嫁「ええ」

男「だけど、こう言うと豪勢な気がしてきませんか」

許嫁「そうかしら」

男「許嫁さん、醤油をとってくれますか」

許嫁「はい、あなた」

男「ありがとうございます」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 18:44:16 ID:z8NyzTaw
男「さて、学校に行きましょうか」

許嫁「はい、あなた。お弁当」

男「あ、こりゃどうも。いつもありがとうございます」

許嫁「あなた、いつもはコンビニに行ってるでしょう」

男「はて、そうでしたか」

許嫁「ええ」

男「こりゃ一本とられた」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 18:44:58 ID:z8NyzTaw
許嫁「ねえ、あなた」

男「へえ、どうしました」

許嫁「手くらい握ってもいいのよ」

男「あいにくと両手の野郎がね?ふさがっていまして。へえ、どうも」

許嫁「そう」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 18:46:22 ID:z8NyzTaw
許嫁「あなた」

男「♪~」

許嫁「お尻を触るのはやめてちょうだい」

男「♪~」

許嫁「あなた?」

男「許嫁さん、言いがかりはいけねぇや」

許嫁「私のお尻ならいいのよ」

許嫁「でも、他の女の子のお尻を触るのはいけないわ」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 18:47:17 ID:z8NyzTaw
男「いけませんか」

許嫁「ええ」

男「そりゃまたどうして」

許嫁「あなたの評判が悪くなるわ」

男「別に構いませんでしょう」

許嫁「私の評判も悪くなるの」

男「そいつは困りますね、やめましょう」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 18:48:46 ID:z8NyzTaw
許嫁「私のお尻ならいいのよ」

男「そうですか、じゃあ遠慮なく」

許嫁「あなた」

男「♪~」

許嫁「肩を抱けとは言っていないわ」

男「♪~」

許嫁「あなた?」

男「お尻を触るのは手が疲れるでしょう」

許嫁「撫でろと言ったわけじゃないのよ、あなた」

男「こりゃまた一本とられた」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 18:49:24 ID:z8NyzTaw
許嫁「あなた、ラブレターの返事はきちんとしなくてはだめよ」

男「♪~」

許嫁「あなた?」

男「だめですか?」

許嫁「ええ」

男「そりゃまたどうして」

許嫁「私の評判が悪くなるわ」

男「そいつはいけねぇや」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 18:51:19 ID:z8NyzTaw
男「許嫁さん、その、許嫁さんの評判が悪くなるってぇのはやめてもらえませんか」

許嫁「あら、いけないかしら」

男「だって、許嫁さんは」

男「あたしの評判なんてどうでもいいんでしょう?」

許嫁「……そうね。卑怯だったわ」

男「なにも卑怯だなんて」

許嫁「そういう言い方は卑怯よ、あなた」

男「いや許嫁さんには頭が上がりませんね、まったく」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 18:52:07 ID:z8NyzTaw
友「よっ、ご両人!」

男「おや、友さん」

許嫁「おはようございます。夫がいつもお世話になっております」

友「あ、こいつはまたご丁寧にどうも」

男「や、許嫁さん。友さんなんぞに頭下げてちゃいけません」

友「言ったな、この」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 18:54:23 ID:z8NyzTaw
許嫁「あなた、挨拶は大事よ」

男「そうですか?」

許嫁「そうよ」

友「そうよ」

男「友さん、そういうのはよくねぇよ」

友「そうかい?」

男「そうだよ」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 18:56:15 ID:z8NyzTaw
友「時に男さん、ちょいと顔貸してくれませんか」

男「へえ、まぁ構いませんが」

許嫁「あなた、今日はお鍋よ」

男「へえ、肝に銘じておきます」

許嫁「そう言っていつも朝方に帰ってくるのはだぁれ?」

男「これだもんな、やんなっちゃうよ」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 18:57:56 ID:z8NyzTaw
女「許嫁さん、おはよう!」

許嫁「おはよう、女さん」

女「男くん……またどっか行ったの?」

許嫁「ええ」

女「出席日数…足りるの?」

許嫁「足りないでしょうね」

女「卒業は…?」

許嫁「さあ。あの人、ああいう人だから」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 18:59:02 ID:z8NyzTaw
女「ねえ、許嫁さん」

許嫁「なにかしら」

女「イヤじゃないの?」

許嫁「何が?」

女「男くんと許嫁って」

許嫁「嫌だなんてとんでもないわ」

女「だって…おかしいよ」

女「知ってるよ?男くん、女の子に片っ端から声かけて浮気しまくってるって」

許嫁「ええ、そうみたいね」

女「許嫁さん、こんなにいい子なのに……男くんはひどいよ!」

許嫁「そうかしら」

女「そうだよ!おかしいよ!」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 19:01:48 ID:z8NyzTaw
許嫁「でも、あの人、必ず家に帰ってくるのよ」

女「へ?」

許嫁「それで十分じゃないかしら」

女「あのね、いくら許嫁って言ったって将来は夫婦になるんでしょ?」

許嫁「そうね」

女「だったら、浮気なんて絶対ヘンだよ!」
許嫁「でもね、あの人……浮気は誰とでもするけど」

許嫁「本気は私だけって言うのよ」

女「そんなの、誰にでも言ってるに決まってるよ」

許嫁「それでもいいわ」

女「へ?」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 19:03:43 ID:z8NyzTaw
許嫁「あの人が毎日家に帰ってきて…いいえ、毎日でなくていい」

許嫁「どんなに悪いことをしようが、どんなに汚れていようが」

許嫁「家に帰ってきて、私の隣で休んでくれたら……」

許嫁「それで十分だと思うの」

女「…………」

許嫁「私、そんなに変かしら」

女「変だよ!絶対変だよ!」

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 19:04:51 ID:z8NyzTaw
許嫁「そうかしら」

女「とにかく、もう少し厳しくした方が男くんの為にもなると思うよ」

許嫁「そうかしら?」

女「そうだよ!だって、就職とかできないよ?」

許嫁「…っ…うふふ……」

女「どうしたの?」

許嫁「あの人ね、月に一度……お金を持って帰るのよ、30万円くらい」

女「え!?」

許嫁「おもしろいのよ。先月は、動物園の象の耳の裏に挟まってたのをくすねてきたって、うふふ」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 19:05:33 ID:z8NyzTaw
女「それって…ウソだよね?」

許嫁「でしょうね。パトロンのような女性(ひと)がいるのだと思うわ」

女「…………」

許嫁「だけど、そのお金を私にくれるのよ。かわいらしいと思わない?」

許嫁「……きっとね、そういうところに惚れてるのよ、私」ポッ

女(ダメだコイツ)

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 19:07:32 ID:z8NyzTaw
女「許嫁さん、男くんを愛してるんだね」

許嫁「それは違うと思うわ」

女「え?」

許嫁「私はあの人が好きなだけ。ただそれだけよ」

女「ただ好きなのと愛してるのって違うの?」

許嫁「そうね、違うと思うわ」

許嫁「愛というのは、もっと大変なことだと思うの」

許嫁「人類愛と言うのかしら、誰にでも分け隔てなく優しくて、時に厳しくて……」

許嫁「そういうことができるのは、きっと本当にすばらしい人なのだと思うわ」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 19:08:12 ID:z8NyzTaw
許嫁「私はそんなにできた女じゃないの」

許嫁「どこの誰かも知らない人なんて、どうだっていいの」

許嫁「ただ……あの人さえいてくれれば、それでいいのよ」

女「そんなもんかなぁ」

許嫁「恋をすればきっとわかるわ、あなたにも」

女「ぐぬぬ」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 19:10:07 ID:z8NyzTaw
女「…じゃあさ、許嫁さんが浮気してみれば!?」

許嫁「どういうことかしら」

女「だから、許嫁さんが浮気をしたら、きっと男くんも必死になるんじゃないかな!」

許嫁「だめよ……第一、相手がいないわ」

女「相手なんて、許嫁さんが色目使えば誰でもイチコロだよ!」

許嫁「そうじゃないのよ」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 19:11:50 ID:z8NyzTaw
許嫁「この人の子どもが欲しい、って思える人がいないの。あの人以外」

許嫁「きっと、男の人は浮気をするのが当たり前なのだと思うわ」

許嫁「たくさん子孫を残すようになっているのよ、遺伝子かなにかで」

許嫁「でも、女は……身籠ったら、十月十日は動けない」

許嫁「だから女は結婚したがるのね、自分を守ってもらわないといけないから」

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 19:13:15 ID:z8NyzTaw
女「ちょ!ちょ!」

女「○○すればいいんじゃ…?」

許嫁「どうしたって、できる時はできるでしょう?」

許嫁「私、あの人にだけはうそをつきたくないの」

許嫁「○○していたから許して、だなんて……そんなの、うそよ。許されない」

許嫁「女はね、浮気に向かないのよ、きっと」

女「ぐぬぬ」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 19:14:48 ID:z8NyzTaw
許嫁「私には、あの人しかいないの」

許嫁「あの人が……私の作った夕食を食べて、おいしいって言ってくれるのが」

許嫁「とってもうれしいの。それだけでいいの」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 19:15:51 ID:z8NyzTaw
女「おやおや?さっきは隣にいてくれるだけでいいって言ってませんでしたー?」

許嫁「あら…そうだったかしら」

女「そうですよー?」

許嫁「……だめね、私ったら。すぐ欲張って」

許嫁「困っちゃうわ……あの人、私のこと……嫌いになったりしないかしら」ウル

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 19:16:27 ID:z8NyzTaw
女「え!?ちょ」

許嫁「ごめんなさい…みっともないわよね…」グス

女「あああ!おっ、男くんはきっと大丈夫だと思いますよ!」オロオロ

許嫁「そうかしら……」メソメソ

女「はい!きっと気にしないですよ!ズバリ間違いないです!」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 19:17:31 ID:z8NyzTaw
許嫁「なんてね、うふふ」パッ

女「は!?」

許嫁「うふふ、うそよ。うそ泣き」

女「あ、え、あーっ、うそ泣き!これはずるい!」

許嫁「うふふ、ごめんなさい」

許嫁「本当はね、知ってるの」

許嫁「このくらいで嫌いになったりしない人だって」

許嫁「あの人……男さんは、本当に大きな人なの」

許嫁「本当に……本当に大きな……」ポー

女(泣きたい)

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 19:19:55 ID:z8NyzTaw
その夜

許嫁「……………」ウトウト

男「……………」ソーッ

許嫁「……あなた」

男「あり、起きてましたか」

許嫁「あなた、お帰りなさい」

男「へえ、ただいま帰りました」

許嫁「お夕飯にしますか?」

男「そうしてくれますか」

許嫁「すぐ、用意するわ」

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 19:20:34 ID:z8NyzTaw
男「許嫁さん、女さんに何か吹き込みましたか」

許嫁「さあ…思いつかないけれど」

許嫁「どうかしたの?」

男「いやね、帰り際に待ち伏せされて」

男「ついさっきまでこっぴどく叱られてまして」

許嫁「そう」

男「ええ」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 19:21:11 ID:z8NyzTaw
許嫁「何て叱られたの?」

男「いやね、ふらふらするなだの、学校に来いだの、つまんねぇことなんですが」

許嫁「そう」

男「ええ」

許嫁「他には?」

男「他というと」

許嫁「他には何か言っていなかった?」

男「あ、そうそう。許嫁さんを大事にしなさいと言われましたね」

許嫁「そう」

男「ええ」

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 19:21:53 ID:z8NyzTaw
許嫁「…あなたは」

許嫁「あなたは、どう思ったの?」

男「何をで?」

許嫁「女さんにお説教していただいて」

男「へえ、これといって特には、何も」

許嫁「そう」

男「ええ」

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 19:22:29 ID:z8NyzTaw
許嫁「……あなた」

男「♪~」

許嫁「あなた?」

男「どうしました」

許嫁「食事中にそういうのはよくないわ」

男「そういうのとは?」

許嫁「●○を○○だり、お尻を○○たり」

男「いけませんか」

許嫁「いけないわ」

男「そうですか」

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/18(木) 19:23:14 ID:z8NyzTaw
許嫁「ん…もう、だめったら」

男「あたしはね、いけないことが好きなんです」

男「許嫁さんはどうですか」

許嫁「…………」

許嫁「もう…しょうのないひと……」

終わり

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1350553326/l50

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする