【幼馴染SS】男「朝か」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 14:35:42 ID:sFT1ORE6

男「あぁおはよう幼馴染」

幼馴染「」

男「なんだ、起こしに来てくれたのか」

男「毎朝毎朝ありがとうな」

幼馴染「」

男「全く可愛いやつだなお前は」

幼馴染「」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 14:38:13 ID:sFT1ORE6

男「おはよう妹、今日も幼馴染来てるぞ」

妹「」

男「お前らまるで姉妹みたいに仲いいもんな」

妹「」

幼馴染「」

男「ほら、二人とも朝ご飯食べようぜ」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 14:40:18 ID:sFT1ORE6

男「おはよう母さん、毎日朝ご飯ありがとう」

母「」

男「いただきます」

妹「」

幼馴染「」

男「ごちそうさま」

男「いってキマス」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 14:44:17 ID:A1j7kCfk

男「あ、男友だ」

男友「」

男「幼馴染、妹、俺先行くわ」

妹「」

男「お前数学の課題やったか?」

男友「」

男「そうだよな…まぁ女にでも見せてもらおうぜ」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 14:47:37 ID:.0YLm8B.

男「おはようみんな」

女「」

男「女もおはよう」

女「」

男友「」

男「女、悪いけど宿題見せてくれないか? そう、数学の」

女「」

男「なんだよ…減るもんじゃあるまいし」

男「友達甲斐のないやつだな」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 14:51:27 ID:0uioJK4M

男「先生おはようこざいます」

先生「」

男「あの、宿題を…忘れたんですけど…」

男友「」

先生「」

男「反省してます! もう忘れません!」

先生「」

男「ふぅ」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 14:54:52 ID:.0YLm8B.

男「それはそうと…先生風邪でも引いてるんですか? マスクしてますけど」

先生「」

男「…まぁいいや」

男「一限目はなんだっけな」

女「」

男「あぁ、そうだったな一限目は」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 17:22:24 ID:Gj2xyZeA

男「そういえば昨日のニュース見たか?」

男友「」

男「そうそう、一家惨殺の。グロいよな…犯人も俺らとあんまり歳変わらないらしいし」

男友「」

男「あぁ、授業中だったな。悪い悪い」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 17:25:18 ID:UU5ZaI7U

男「おう幼馴染来たか」

幼馴染「」

男「妹は部活…だっけ。先帰ろうか」

男「女も男友もまた明日な」

女「」

男友「」

男「またな」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 17:32:48 ID:j.MQeJQI

男「それでさ、今日は母さんが弁当作ってくれなくて食堂行ったんだけどさ」

幼馴染「」

男「食堂のメニュー全部品切れで、マズそうなパンしか売ってなかったんだよ」

幼馴染「」

男「で、食ったんだけど想像以上に不味くて食えなかったんだよ」

幼馴染「」

男「やっぱり弁当がないとな、弁当が」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 17:37:50 ID:.ScKnYfE

男「それじゃまた明日」

幼馴染「」

幼馴染「」

男「ただいまー…っと、ポストはと」

男「手紙か。差出人は――妹?」

男「何々…『あ』?」

男「なんだこれイタズラか」

男「妹が帰ったら聞いてみるか」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 17:43:09 ID:.QDutw5Y

男「あぁ、くそ。弁当箱学校に忘れてきた」

男「妹に頼むか」

男「――――繋がらない。さすがに明日困るし取りにいくか。ついでに妹とも合流して…」

男「あぁ母さん、ちょっと忘れ物取りに学校行ってくるよ。うん、妹と一緒に帰ってくる」

母「」

男「それじゃ」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 17:48:54 ID:mUOKcfMk

男「一人で歩くとなぜか遠く感じるな…やっと着いた」

男「お、妹」

妹「」

男「なんだ、俺の事待ってたのか? 仕方ないやつだな」

妹「」

男「暗くなってきたし帰ろうか。ほら、幼馴染もいっしょに」

幼馴染「」

妹「」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 18:03:58 ID:hluNlP/A

男「それじゃまた明日」

幼馴染「」

妹「」

男「ただいま母さん」

妹「」

男「あれ、いないのか?」

男「なんだ、外にいるのか」

母「」

妹「」

男「うん、お腹すいたよ。妹もだろ?」

母「」

男「いや、本当だって。早く…早く食べたいんだって」

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 18:07:03 ID:9ekHSM6g

男「いただきます」

男「ごちそうさま」

妹「」

母「」

男「今日もおいしかったよ、ありがとう」

母「」

男「それはそうと父さん今日も遅いんだな」

妹「」

男「そうだよな」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 19:19:00 ID:qPpHzEP.

男「なぁ妹」

妹「」

男「この手紙、お前がやったのか?」

妹「」

男「らしくないな、こんなイタズラするなんて」

妹「」

男「見つけたのが俺だからいいけど、ほら、母さんが見たら心配するだろ?」

男「黙っててやるからもうやめろよ
な」

妹「」

男「わかればいいよ」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 19:26:50 ID:PxsYzSl.

男「ふぅ、布団に横になると落ち着くな」

男「ん…あれは、ドアの下に何かあるな」

男「また白い紙に今度は『ん』か」

男「あいつ全然反省してないじゃないか」

男「あいつの為にも少しきつく怒らなきゃな」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 19:36:05 ID:q87GdSpM

男「おい妹、開けなさい」

男「閉じこもっても兄ちゃんは諦めないぞ」

男「おい…」

男「開けろよ」

男「開けやがれこの糞女ぁぁああぁ!!」

ガチャ

男「やっと開けたか」

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 19:46:24 ID:0uioJK4M

男「おいおい電気ぐらいつけろよ」

妹「」

男「ごめんな妹、こんな遅くに」

男「明日、休みだろ? 買い物でもどうだ」

妹「」

男「そうか! それなら昼頃出かけようか。明日は好きな物なんでも買ってやるからな」

妹「」

男「おやすみ妹。ちゃんと布団で寝ろよ」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 21:07:51 ID:P.YAKonA

男「おはよう妹、そろそろ出かけようか」

妹「」

男「どこまで行こうか」

妹「」

男「よし、駅前の百貨店で食事しながら考えよう」

妹「」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 21:22:35 ID:fi0P4kB6

男「なんだ、店ん中暗いな…日曜だってのに人通り少ないし」

男「まぁいいか。妹、食べたいものあるか?」

男「俺は妹の食べたいものに合わせるからさ」

妹「」

男「まぁとりあえず飲食フロアまで行くか」

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 21:27:20 ID:LSkgdXR6

男「ここにするか」

妹「」

男「窓際に座ろうか。最上階だから眺めいいぞ」

妹「」

男「あれ、雨降ってきた…なんでだよ」

男「せっかくのお出掛けなのに、なぁ妹?」

妹「」

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 21:44:47 ID:.ScKnYfE

男「とりあえずメニューでも」

ペラッ

男「なんだこれ」

『た』

男「ふ、ざけんなよっ…おい店員! メニュー間違ってるぞ!」

妹「」

男「くそっ来ねぇ! なんなんだこの店! あぁ雨も強くなってきた…」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 21:54:07 ID:URnqH7IQ

男「くそ…雷まで…ッ」

妹「ねぇ」

男「くそっなんなんだいったい店員どこだよっ!」

妹「覚えてる?」

男「あ゙ぁ、っ! …ッ、くそがぁぁああ!」

妹「ねぇ」

男「はぁ…っはァ゙…」

妹「覚えてる?」

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/27(木) 22:26:21 ID:43URpYJ.

男「ふぅ、お腹いっぱいになったな」

妹「」

男「そろそろ行こうか」

男「そうだ、買い物行こうって言ったけど、やっぱり外にでないか?」

妹「」

男「いい天気だしきっと風が気持ちいいぞ」

妹「」

男「そうしよう」

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/28(金) 15:19:15 ID:pr1H0dx2

男「たまには公園も悪くない」

男「妹、覚えてるか? 昔よくここに家族で来たよな」

妹「」

男「なんかこの場所だけ街と切り離されてるって感じしないか」

男「少しずつ発展してきてるのにここだけ昔と変わらない」

男「無駄に広いだけの芝生を生やした広場だけどさ」

男「横になって空を見上げるとすごく気持ちがいいんだ」

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/28(金) 15:24:34 ID:CfswLBDQ

男「雨、降ってきたな」

妹「ねぇ」

男「そういえば」

妹「思い出した?」

男「そうだったな」

妹「あんたは何も見えていなかったんだね」

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/28(金) 15:27:29 ID:5B82f6zE

………。

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/28(金) 15:28:58 ID:5B82f6zE

男「朝か」

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/28(金) 15:30:36 ID:5B82f6zE

男「あぁおはよう幼馴染」

幼馴染「おはよう…。ねぇ男君」

男「なんだ、起こしに来てくれたのか」

男「毎朝毎朝ありがとうな」

幼馴染「いや、じゃなくてさ、聞きたいんだけどさ」

男「全く可愛いやつだなお前は」

幼馴染「………」

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/28(金) 16:21:50 ID:.CJEzG6k

男「おはよう妹、今日も幼馴染来てるぞ」

妹「…!」ビクッ

男「お前らまるで姉妹みたいに仲いいもんな」

妹「いや…やめてっ」

幼馴染「ちょっと男君。ほら、妹ちゃん、大丈夫だから…」

男「ほら、二人とも朝ご飯食べようぜ」

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/28(金) 17:14:08 ID:v4f5UyO2
支援

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/28(金) 22:03:25 ID:eCjxWdUQ

男「おはよう母さん、毎日朝ご飯ありがとう」

母「あら皆おはよう」

男「いただきます」

妹「いただきます…」

幼馴染「すみませんいただきます」

男「ごちそうさま」

男「いってキマス」

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/28(金) 22:05:44 ID:KlNNBqyw

男「あ、男友だ」

男友「チッ、男か」

男「幼馴染、妹、俺先行くわ」

妹「……」コクリ

男「お前数学の課題やったか?」

男友「うるせぇな」

男「そうだよな…まぁ女にでも見せてもらおうぜ」

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/28(金) 22:08:35 ID:TU7.ZqqU

男「おはようみんな」

女「(うわ…来たし)」

男「女もおはよう」

女「はいはい」

男友「ほっとけ女」

男「女、悪いけど宿題見せてくれないか? そう、数学の」

女「ちょっと、うるさい…」

男「なんだよ…減るもんじゃあるまいし」

男「友達甲斐のないやつだな」

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/28(金) 22:11:56 ID:lc1zMpOc

男「先生おはようございます」

先生「なんだお前か」

男「あの、宿題を…忘れたんですけど…」

男友「先生、こいつまた」

先生「あぁ、課題なんざ出てねぇんだよ…」

男「反省してます! もう忘れません!」

先生「わかったからさっさと席につけ」

男「ふぅ」

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/28(金) 22:13:57 ID:lc1zMpOc

男「それはそうと…先生風邪でも引いてるんですか? マスクしてますけど」

先生「よし、出席とるぞー女ー」

男「…まぁいいや」

男「一限目はなんだっけな」

女「…あ、はい」

男「あぁ、そうだったな一限目は」

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/28(金) 22:16:04 ID:lc1zMpOc

男「そういえば昨日のニュース見たか?」

男友「(くそうるせー…)」

男「そうそう、一家惨殺の。グロいよな…犯人も俺らとあんまり歳変わらないらしいし」

男友「(何されるかわかったもんじゃないから誰も文句言わねぇし)」

男「あぁ、授業中だったな。悪い悪い」

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/28(金) 22:17:10 ID:lc1zMpOc

男「おう幼馴染来たか」

幼馴染「うん」

男「妹は部活…だっけ。先帰ろうか」

男「女も男友もまた明日な」

女「幼馴染ちゃん…」

男友「何かあったら連絡しろよ」

男「またな」

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/28(金) 22:18:46 ID:lc1zMpOc

男「それでさ、今日は母さんが弁当作ってくれなくて食堂行ったんだけどさ」

幼馴染「うちの学校食堂ないよ…」

男「食堂のメニュー全部品切れで、マズそうなパンしか売ってなかったんだよ」

幼馴染「昼休み、花壇で何してたの?」

男「で、食ったんだけど想像以上に不味くて食えなかったんだよ」

幼馴染「ねぇ…」

男「やっぱり弁当がないとな、弁当が」

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 15:03:45 ID:jNwcEXhQ

男「それじゃまた明日」

幼馴染「明日って…」

幼馴染「(妹ちゃん、迎えにいこう)」

男「ただいまー…っと、ポストはと」

男「手紙か。差出人は――妹?」

男「何々…『あ』?」

男「なんだこれイタズラか」

男「妹が帰ったら聞いてみるか」

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 15:23:51 ID:R5gyJX1Q

男「あぁ、くそ。弁当箱学校に忘れてきた」

男「妹に頼むか」

男「――――繋がらない。さすがに明日困るし取りにいくか。ついでに妹とも合流して…」

男「あぁ母さん、ちょっと忘れ物取りに学校行ってくるよ。うん、妹と一緒に帰ってくる」

母「忘れ物? 気をつけてね、ふふふ」

男「それじゃ」

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 15:27:34 ID:mG8exmyg

男「一人で歩くとなぜか遠く感じるな…やっと着いた」

男「お、妹」

妹「え…っ…な、んで…」

男「なんだ、俺の事待ってたのか? 仕方ないやつだな」

妹「ま、待ってない!」

男「暗くなってきたし帰ろうか。ほら、幼馴染もいっしょに」

幼馴染「やっぱり…来てたんだ。妹ちゃん、私がついてるから」

妹「う、うん」

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 16:13:24 ID:rULPZISY

男「それじゃまた明日」

幼馴染「何かあったらとんでいくから連絡してね」

妹「うん…大丈夫だから」

男「ただいま母さん」

妹「ただいま」

男「あれ、いないのか?」

男「なんだ、外にいるのか」

母「あら二人ともおかえり」

妹「お母さん?」

男「うん、お腹すいたよ。妹もだろ?」

母「うふ、ふふふ」

男「いや、本当だって。早く…早く食べたいんだって」

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 16:15:31 ID:rULPZISY

男「いただきます」

男「ごちそうさま」

妹「あの、ご飯は…?」

母「ふふふ、男ったら行儀悪い、ふふ」

男「今日もおいしかったよ、ありがとう」

母「うふふ、お母さん嬉しいわ」

男「それはそうと父さん今日も遅いんだな」

妹「うちお父さんいないじゃん…」

男「そうだよな」

54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 16:17:33 ID:rULPZISY

男「なぁ妹」

妹「っ…はい」

男「この手紙、お前がやったのか?」

妹「え、知らないよそんなの…」

男「らしくないな、こんなイタズラするなんて」

妹「だ、だから知らないって」

男「見つけたのが俺だからいいけど、ほら、母さんが見たら心配するだろ?」

男「黙っててやるからもうやめろよ
な」

妹「もういい…」

男「わかればいいよ」

55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 16:36:27 ID:hgOev8Eo

男「ふぅ、布団に横になると落ち着くな」

男「ん…あれは、ドアの下に何かあるな」

男「また白い紙に今度は『ん』か」

男「あいつ全然反省してないじゃないか」

男「あいつの為にも少しきつく怒らなきゃな」

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 16:37:11 ID:hgOev8Eo

男「おい妹、開けなさい」

男「閉じこもっても兄ちゃんは諦めないぞ」

男「おい…」

男「開けろよ」

男「開けやがれこの糞女ぁぁああぁ!!」

ガチャ

男「やっと開けたか」

57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 16:40:36 ID:srdysXVc

男「おいおい電気ぐらいつけろよ」

妹「もうやめて…やだっ…!」

男「ごめんな妹、こんな遅くに」

男「明日、休みだろ? 買い物でもどうだ」

妹「ちょ、なにす…ぐっ…く、首絞ま…ッて」

男「そうか! それなら昼頃出かけようか。明日は好きな物なんでも買ってやるからな」

妹「っか…は」グッタリ

男「おやすみ妹。ちゃんと布団で寝ろよ」

58 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 16:47:00 ID:vX7LSZKU

幼馴染「妹ちゃん大丈夫かな…」

プルルルル

幼馴染「出ない…まさか、ね」

―男家前―

幼馴染「夜遅くにすみませんっ!」ドンドンドン

カチャ

幼馴染「空いて、る?」

59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 17:02:32 ID:jNwcEXhQ

幼馴染「おじゃまします。暗い…まだ寝るような時間でもないのに」

ピチャ

幼馴染「ん、水たまり?」

母「」ポタ…ポタ

幼馴染「ひっ…! な、何よこれっ」

幼馴染「お、おばさんっ! 大丈夫ですかおばさんっ!」

幼馴染「包丁が首に…け、警察呼ばなきゃ!」

プルルル

60 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 17:06:50 ID:vX7LSZKU

幼馴染「妹ちゃん…妹ちゃん! どこ!?」

幼馴染「部屋は、二階…」

幼馴染「大丈夫、大丈夫…妹ちゃんを連れて逃げる、だけ…」スゥハァ

幼馴染「よし」

ギィ ギィ ギィ

61 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 17:14:56 ID:MCsSa0qc

コンコン

幼馴染「妹、ちゃん?」

ガチャ

妹「」

幼馴染「…ねぇ、妹ちゃん」

幼馴染「ねぇってば」

幼馴染「起き、てよ…っ」

幼馴染「う、ぐっ…うぇッ…ぇええ」

男「なんだ幼馴染、来てたのか

62 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 17:23:09 ID:wWjSLnr2

幼馴染「……」

男「来てたなら二人とも言ってくれればいいのに」

幼馴染「あんた『が』…」

男「それより明日妹と出かけるんだーいいだろ?」

幼馴染「あんた『は』」

男「妹寝てるしまたにしてくれないか?」

幼馴染「あんた『さえ』…っ」

ザクッ

63 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 17:35:38 ID:1HbREQj2

妹「……『死ねば』、って?」

幼馴染「あ…え、?」

バタッ

妹「もう、いいんだよ」

幼馴染「な、んで…? ぐっ、うぇ」

男「なんだ、妹起きてたのか…本当にお前ら仲いいよな」

妹「この頭のおかしい家族も、偽善者ぶる幼馴染も」

妹「全部」

64 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 17:40:23 ID:bv8xb70I

幼馴染「そん、な…私は…っ…ぁ」ガクッ

妹「……さ、お兄ちゃんも一緒に遊ぼう?」

男「よっしゃどんとこい!」

ザクッ

男「ぐ、っ…最近の女の子は、スキンシップが…激し、いんだな…」ガクッ

妹「最後に…やっと…」ポロ

妹「通じた…」ザクブシュウ

65 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 17:44:32 ID:c.Hiv6xE

―――――。

「如何でしたか? あ、ヘッドギアもらいます」

「うーん、なんとも…。一言で言えば雑」

「はは…皆様そう仰られます」

「色々拾いきれてないし…」

「その理由」

「ん?」

「もうお気づきでしょう?」

66 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 17:49:02 ID:OTH/0Xss

「あぁ、推測だけど」

「聞きましょう」

「きっと、このゲーム…話の流れは別に用意されていたんだ」

「ふむ」

「最初はスムーズに進んでいたんだろう、作者の思うとおりにな」

「だが中盤辺りで一つの欠陥が生まれた、ミスと言った方がわかりやすいかな」

67 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 17:56:27 ID:wWjSLnr2

「焦っただろう。だが作業は既に取り返しのつかない所まで進んでいた」

「…」

「悲劇は始まった。思い付くネタを次々と組み立てていった。どうにでもなれ、とね」

「そうして、負のスパイラルに陥った。さて、困った」

「でしょうね」

「そしてついに禁断の、且つ全てを丸くおさめる手段に手を伸ばしてしまった」

68 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/29(土) 18:00:41 ID:SzzZKsmg

「夢オチだ」

「…お見事です」

「誰でもわかるだろうよ」

「それもそうですね。では私からも全ての方へ一言」

「あぁ」

「カッとなってやった、後悔はしている」

おわれ

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1348724142/l50

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする