【幼馴染SS】幼馴染「世界一強い魔法使いなったら考えてあげる」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/17(月) 03:25:38 ID:Y0Ux5FBw
魔法学校

幼男「幼馴染ちゃん結婚してください!」

幼幼「駄目だよ、男」

「男は物を浮かせる魔法もまともに使えないよね?」

「そんな情けない人と結婚できないよ」

「それに、私は強い魔法使いが好きなの」

「男が世界一強いになったら考えてあげるよ」

幼男「分かった!僕、世界一強くなってみせるよ」

2 :超短編です 即興:2012/09/17(月) 03:31:24 ID:Y0Ux5FBw
幼男「よし、今日の授業が終わったら、山に魔術書を持って特訓に行こう」


幼幼「と、友君!」

幼幼「今日、授業が終わったら、遊びに行こうよ!」

幼友「うん、いいよ!」

幼幼「やったぁ」


幼男「ぎゃあ!」

幼男「持ち上げて岩が自分に落ちてきたぁ!」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/17(月) 03:37:20 ID:Y0Ux5FBw
童男「今日は火炎魔法の勉強をしよう」



童幼「友くん、今日は公園で一緒に遊ばない?」

童友「そうだね、今日は何をして遊ぶの?」

童幼「う~んと、ドッチボールとかどうかな?」

童友「いいね!」

「他に友達を何人か呼んでおくね」



童男「うわ~~!」

「大爆発した!!」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/17(月) 03:42:11 ID:Y0Ux5FBw
少男「今日は空間魔法の練習をしようかな」



少幼「友、今日は街に服でも買いに行かない?」

少友「そうだね、俺も何か服を買いたいと思ってたところだから」



少男「あれ?」

「ここどこだよ!?」



少幼「これ、似合うかな?」

少友「よく似合ってるね、それいいと思うよ」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/17(月) 03:45:29 ID:Y0Ux5FBw
魔法の先生「男君、ちょっといいかね?」

少男「は、はい?なんですか?」

魔先「君はこの学校で一番優秀だ」

「それで、学校対抗の魔法大会に出てほしいんだ」

少男「ホントですか?」

(よし、やった!世界一に近づいてる!)

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/17(月) 03:48:52 ID:Y0Ux5FBw
少友「ねぇ?少幼?」

少幼「ん?どうしたの?」

少友「いつも、いつも遊び誘ってもらってごめんネ」

「誘ってもらってばっかりじゃ悪いから、今度一緒に映画どうかな?」

少幼「ホ、ホント?」

(やったぁ、やっと少友君に誘ってもらえた!)

少友「いやぁ、チケットたまたま手にはいってね」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/17(月) 03:54:44 ID:Y0Ux5FBw
アナウンス「魔法大会優勝したのは○○魔法学校!」男の魔法学校

少男「やったー!」

(よしよしよしィ!)



少友「あのさ、今日ここに呼んだのは……」

少幼(ドキドキ)



少男「今度は何の魔法勉強しようかなぁ」

少男(学生世界一になっても、意味がないからなぁ)

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/17(月) 04:01:16 ID:Y0Ux5FBw
男「まだ、世界一には足りない」

男(よし、蘇生の魔法を勉強するか!)

男「えっと、蘇生の魔法は…………



幼「友ぉ……」ギュッ

友「抱きついたらだめじゃないか、街の中だよ?」

幼「えへへ……」ギュゥゥウ

友「まぁ、いいんだけどさ」ボソッ



男「おいおい、ゾンビになって俺に襲ってくるとか……」

「どうしよう」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/17(月) 04:05:13 ID:Y0Ux5FBw
男「世界一を決める大会まであと一か月か」

男「ほとんどの魔法は極めてしまったしな……」

男「完成度を高めるか」



11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/17(月) 04:10:23 ID:Y0Ux5FBw
「魔法使い世界一決定戦優勝は男選手です!」

男(やっと、世界一ななったんだな)ガッツポ



幼「と、友」

友「どうしたの幼?何かあったのかい?」

幼「実はね、友との子供ができたの!」

友「それは本当かい!?結婚しよう!」



男「これで、幼と結婚できるんだよな」

男「幼のところに行って報告しよう!」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/17(月) 04:16:43 ID:Y0Ux5FBw
男(あ、幼だ!)

男「幼!」

幼「あ、男じゃないの?どうかしたの?」

男「俺、ついに世界一の魔法使いになったんだ!」

幼「へぇー、すごいじゃない男?」

男「それで、なんだけど……」

幼「それで?って何かあったっけ?」

男「忘れちゃったの?昔約束しただろ、俺が世界一の魔法使いになったら結婚するって!」

幼「あぁ、そんな約束昔したわね」

「懐かしい話だね、それと私、友と結婚するんだ」

男「へ?」

幼「子供ができちゃっ て  さ   ぁ  ……   …………」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/17(月) 04:20:00 ID:Y0Ux5FBw
幼「あれ?友の家に来たけど、誰もいない……?」

幼「友ー!」

幼「おかしいなぁ、約束があったはずなのに」

ガチャ

幼「ドアが開いた?」

幼「と、と……も…………?」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/09/17(月) 04:21:15 ID:Y0Ux5FBw
男は友を殺し、その後家に入ってきた幼のおなかを引き裂きいた

終わり

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1347819938/l50

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする