【オタクSS】リア充「私と付き合って……くれないかな?」根暗オタ「……」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 18:23:42.92 ID:vQfMmNjZO
リア「オタくん…隣いいかな?」

オタ「えっ…べ、別に…」

リア「ありがとう!次の授業眠くなりそうだねえ」

オタ「う、うん…(いきなりこの子は何を考えてる?)」

リア「私同じ学部なんだけど知ってた?」

オタ「み、見たことくらいは…」

リア「そっかそっかあ」

オタ(これはもしや…?)

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 18:29:00.93 ID:vQfMmNjZO
リア「ねね、オタくんどっかサークル入ってる?」

オタ「ま、まあ」

リア「うそ!どこどこ?」

オタ「……………(漫研なんて言ったら引かれるよな、いやでも罰ゲームならはっきり言ったほうが)」

オタ「バスケサークル」
45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 18:33:10.26 ID:vQfMmNjZO
リア「え、うそ、すごいね~意外かも!」

オタ「まあ…(やべえwww見栄張っちまったwwww)」

リア「じゃあわたしも入ろうかなあ」

オタ「あ、いや、男子だけのだから…」

リア「なんだ、残念」

オタ(あぶねえwwww)
46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 18:36:05.68 ID:vQfMmNjZO
オタ(しかしなんなんだこの子は。リア充が俺に声をかけてくるなんて生まれてからからかわれたり罰ゲームだったりだけなのに…)

オタ(これも罰ゲームかな)

リア「授業おわった~!」

オタ「あの、じゃあぼくはこれで…」

リア「え、ちょっと待って!」

オタ「…?」
47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 18:39:20.89 ID:vQfMmNjZO
リア「お昼まだだよね…?よかったら一緒にどう?」

オタ「え、あの…(おいおい後ろでお友達が笑ってやがるぜ。やっぱり罰ゲームか)」

リア「オタくん?」

オタ「一人で食べたいんで…」
48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 18:43:36.81 ID:vQfMmNjZO

オタ(ふう…なんか疲れた。俺にはリア充と会話するスキルなんかねーよwwwなんも悪いことしてないんだからほっといてくれ…)

オタ(学食は飽きたから近くのラーメン屋でも行くかな)

ガラッ
店員「いらっしゃーい」

リア男「おい、あいつ」

リア男2「ほんとだ」

オタ「……?」
52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 18:49:12.76 ID:vQfMmNjZO
リア男「なあなあ」

オタ「えっ?」

リア男2「さっきリアと話してた奴だろ?」

オタ「…はあ」

リア男「なんかの罰ゲームだった訳?お気の毒だなwww」

リア男2「あいつらいつもキモい奴笑ってるもんなwww」

オタ(やっぱりな)
55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 18:52:47.47 ID:vQfMmNjZO

オタ(最初から期待はしてないさ。全然堪えてない)

オタ(…あの時素直に漫研って言えば良かったな。今頃あの子たちは俺をpgrしてるんだろう)

オタ(めんどいから今日の授業サボってもう帰ろう)
59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 18:56:38.67 ID:vQfMmNjZO

リア「あれっ…オタくん、帰っちゃうの?午後の授業あったよね?」

オタ(うわ、会ってしまった)

オタ「い、いや、今日はもう帰るから…」

リア「…じゃあわたしもさぼっちゃお!駅まで一緒に行こうっ」

オタ(な、なんだってー!)
61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 19:00:04.02 ID:vQfMmNjZO

オタ(周りにはお友達いねえ…単独罰ゲームか?)

リア「さっきラーメン屋行ってたんだって?リア男たちに聞いたよ」

オタ「ああ、まあ…(やっぱり友達なのか)」

リア「なんかあんまりいじめてやるなよとか言ってたけど、どういう意味なんだろ」

オタ「…」

リア「わたし、オタくんのこといじめてないよね?」

オタ(こ…こいつ…)
62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 19:02:47.70 ID:vQfMmNjZO
リア「あ…もしかしたら、こんな馴れ馴れしくして迷惑だったりする?」

オタ(白々しいんだよ、名演技だなほんとに。俺が否定しないと思ってるんだろ)

オタ(こりごりだよもう)

オタ「い…いや…」

オタ(俺の馬ww鹿wwww)
64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 19:07:55.83 ID:vQfMmNjZO
リア「よかったあ~、嫌われてないのかなわたし」

オタ(いつもの癖で言い返せなかった…)

リア「なんか嬉しいなあ一緒に帰れて…」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 19:23:00.96 ID:vQfMmNjZO
リア「なんてねっ!なんか恥ずかしいこと言っちゃったね」

オタ「…」

リア「あ、もう駅だ…」

オタ「じゃ、じゃあ」

リア「まって!」

オタ「?」

リア「メアド教えてもらえないかな…」
69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 19:25:38.64 ID:vQfMmNjZO
オタ(メアド…だと?)

オタ(そうか、俺のキモいメールをあとで皆と面白おかしくみるわけだ)

オタ(それならこっちは安価で返してやんよ)

リア「じゃあわたしから送るね~」
73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 19:32:14.90 ID:vQfMmNjZO
オタ自室

オタ「はあ、なんだか今日は疲れたな…当たり前か、あんなに女子と喋ったんだし」

オタ「メールこないな…」

オタ「こない…なんだよ、期待させやがって氏ね」
75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 19:35:53.28 ID:vQfMmNjZO

ちゃちゃーちゃちゃーちゃちゃーちゃちゃちゃー

オタ「キター!もう2時だよ…」

To.オタくん
夜遅くにごめんなさい(∩ω∩)
寝てたかな…?
なかなか決心がつかなくて送れなかったよ(´д`*)

オタ「か…かわいい…」
78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 19:38:10.74 ID:vQfMmNjZO
オタ「…なんか安価すんの可哀相に思えてきた」

オタ「…いや、これも戦法なのかもしれない。とりあえず様子見といこう」

オタ「えっと…『起きてました』っと。なんで丁寧語…まあいいか」
88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 19:49:36.41 ID:vQfMmNjZO
オタ「今度は返事早いな」

To.オタくん
起きてたんだ(‘ω’*)
良かったあ☆
何してたの?

オタ「エロゲ、なんて言えん」

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 20:18:36.67 ID:vQfMmNjZO
オタ「後で晒しものにされるのも嫌だから無難な返しにしとくか」

オタ「『読書してたけどもう寝ます』っと…女子とメールしたことないから続けられん」

オタ「男ともろくにしたことないなそういえば」

オタ「…寝るか」
123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 20:23:50.94 ID:vQfMmNjZO

オタ「う…朝……あんま寝れんかった……あ、メール」

To.オタくん
何読んでるの?
わたしも読みたいな(´`*)
明日教えてね☆
おやすみー(*・ω・)ノ

オタ「…今日も来たらどうしよう…この調子だと来るな…ナンテコッタイ」
125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 20:30:12.47 ID:vQfMmNjZO

リア「オタくんっ!おはよー!隣座るね」

オタ(ちょ…いきなりすぎるだろjk)

リア「そうそう、何の本読んでるか教えてもらってもいい?」

オタ「…」

すっ

リア「…こころ…?夏目漱石って聞いたことある!なんか難しそうだね」

オタ(こころが難しいなんて馬鹿だろこいつ)

リア「じゃあ読んでみるね!読んだらオタくんと話合うかもしれないし…」

オタ「……」
134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 20:37:54.33 ID:vQfMmNjZO
リア「そういえばオタくんはバスケサークルなんだよね?」

オタ「…!(しまった、そういえばそういうことになってるんだ)」

リア「なんかね、友達の彼氏もバスケサークルで、友達によると来週の土曜日他校のサークルとゲームをするって言ってたんだけど…オタくんもでるの?」

オタ(そんなのあるのかよ………!!しらねえ!!!!ここは素直に漫研だと言おうか)

オタ(…でも)

リア「オタくん?」

オタ(それで嫌われたら…いや、罰ゲームなんだから元々嫌われてんのか)

オタ(はは……俺、なんか引っ掛かっちゃってるわ)
136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 20:43:44.87 ID:vQfMmNjZO
オタ「……僕…漫研…だから」

リア「えっ?」

オタ(…さっさと罰ゲームだって種明かしされたほうがいい。こんな風に接されたら…)

リア「漫研って、漫画研究のこと…?」

オタ「…(ほら、早くpgrしろよ)」

リア「…なんで?」
139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 20:49:54.53 ID:vQfMmNjZO
リア「なんで嘘ついたの?」

オタ「…え、いや…」

リア「漫画研究っていうの恥ずかしかったとか?」

オタ「…」

リア「…」

オタ(気まずい…)
140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 20:53:29.14 ID:vQfMmNjZO
リア「わたし、別に人の趣味に口出すとかしないよ。わたしのこと全然知らないだろうけど…」

オタ(嘘つけ罰ゲームのくせに)

リア「ちょっと、オタくんがバスケする姿見たかったんだけどね」

オタ「…」

リア友「リアー、食堂行こー」

リア「あ、うん!じゃあオタくん…あとでメールするね」

オタ(なんなんだよ…)
141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 20:57:42.69 ID:vQfMmNjZO
リア男「ようオタくん、リアと仲よさ気だけど、まだ罰ゲーム続行中?」

オタ「!(またこいつらか)」

リア男2「長いなー今回は」

リア男「でもリアが罰ゲームすんの初めてだよな。いつも周りの女なのに」

リア男2「確かに。リアもやりたくなったんじゃねえ?」

オタ「………」
144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 21:01:41.75 ID:vQfMmNjZO
オタ(どっちが本当なんだろな)

オタ(罰ゲームじゃない確率の方が絶対低いんだろうけど)

オタ(リアはいい子なんだって、信じたくなってきてる俺はどうすればいいんだ)

オタ(…もうちょっとまともに話せるように頑張ってみたい)
146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 21:08:18.81 ID:vQfMmNjZO
オタ(午後の授業も終わり。早く帰って昨日のエロゲの続きやろうっと)

オタ(…オタくーん!とかっとリアちゃんきたり…しないよなあ)

リア「オタくーん!」

オタ(来ちゃったよ…!!)
148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 21:13:33.94 ID:vQfMmNjZO
リア「後ろ姿見えて…走ってきちゃった…!駅までついてっていい?」

オタ「…うん」

リア「ありがとう!」

オタ(普通に、普通に…)
152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 21:21:11.49 ID:vQfMmNjZO
リア「こころなんだけど、最初のほう読んでみたよ」

オタ「そ、そっか…」

リア「なんかほんと文学って感じ…わたしケータイ小説くらいしか普段読まないから…」

オタ(スイーツ(笑)wwwww)

リア「でもオタくんが読んだものはちゃんと読んでみたいなって思って」

オタ「う、うん」

リア「オタくんは頭良さそうだよね」

オタ「そんなことは…(所詮俺も同じ大学だがな)」

リア「今度勉強教えて?」

オタ「…!」
153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 21:25:19.92 ID:vQfMmNjZO
リア「じゃあ、また明日ね」

オタ「う、うん」

リア「メールするね!今回はちゃんと早めに送るからねw」

オタ「うん」

オタ(…普通に話せたかな)
156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 21:33:52.37 ID:vQfMmNjZO

ちゃちゃーちゃちゃーちゃちゃーちゃちゃちゃー

オタ「メール…」

To.オタくん
今日は本ありがと(‘ω’*)
明日良かったら授業終わったら勉強教えてもらえますか(∩ω∩)?

オタ「俺が…?話すのもやっとなのに勉強って…」

オタ(でも、一緒にいたい)

オタ「おk、じゃなくて『OKです』と…」
158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 21:39:02.81 ID:vQfMmNjZO

To.オタくん
ほんと(゜ω゜*)?
やったあ(ノ∀`*)!
楽しみにしてるね☆

オタ(もう罰ゲームでもいい気がする)

オタ(俺なんてリア充……?)
161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 21:44:13.52 ID:vQfMmNjZO

オタ(そんなこんなで次の日になり授業も終わり今に至る)

オタ(大学の近くのファミレス前で待ち合わせだけど…あ)

リア「ごめんねっ、待った?」

オタ「いや、全然…」

リア「良かった…じゃ、入ろっか」

オタ(緊張する…)
163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 21:52:44.09 ID:vQfMmNjZO
リア「あ、リア男くんたちだ」

オタ「…!!(な、なんだと…)」

リア男「ようリア…とオタ…?」

リア男2「まーだやってんのか…いい加減飽きねえの?」

リア「…?なんのこと?」

オタ「……」

リア男「だから罰ゲームだろ?オタにいい顔して上げて上げて落とすみたいなww」

リア男2「オタ可哀相すぎるからやめてやれwwww」

リア「…」

オタ(もう終わりか…短い夢だった)
166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 21:56:12.82 ID:vQfMmNjZO
リア「…そんなんじゃないよ、そんなんじゃない、わたしは…」

リア男「は?リア友らもキモいっていってんじゃん。リアも言ってたんだろ?」

リア「ちが、わたしは…!オタくん、違うよ、わたしそんなこと…」

オタ「あ、な、慣れてるし…別に、いい…」

リア男2「はいオタ失恋wwwww」

オタ「………」
170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 22:02:28.92 ID:vQfMmNjZO
オタ(帰ろう。ここにいてももう意味ないから)

リア男2「じゃーねオタくんww」

リア男「お疲れーww」

リア「オタくん!!!」

オタ(今の罰ゲームってあんなに巧妙なんだな。慣れてる俺でもあれには引っ掛かるわ。)

オタ(あ、こころ貸したままだった。まああれもブックオフに売られるんだろう)

オタ(今夜はエロゲする気分にもならんわ。するけど)

リア「お、オタくんっ……!!!!」

オタ「…!」
173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 22:07:52.65 ID:vQfMmNjZO
オタ「…なに?」

リア「……違うよ…わたしそんなこと言ってない……」

オタ「…」

リア「わたしはっ…オタくんのこと…」

オタ「…ご、ごめん…。君が、僕を好き、なんて考えられないし…世界が、違うと、思う」

リア「そんなことないよ…そんな、世界が違うなんて…」

オタ「もう、関わって欲しく、ない」

リア「……オタくん…………迷惑じゃないって……言ったよね………あれも、嘘?」

オタ「………うん」

リア「…………そっか」

オタ(これでいいんだよな。今までみたく目立たない生活に戻るためには)
175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 22:12:03.60 ID:vQfMmNjZO
オタ「…じゃあ」

リア「………うん、……バイバイ」

オタ(どうせなら「引っ掛かってざまあwwwwww」っていう終わりのが良かったな)

オタ(悲しくなってきた)
182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 22:20:16.15 ID:vQfMmNjZO
オタ(その日は勿論メールも来なかった。なんだか俺の方が悪い人みたいな感じで胸糞悪い。騙されたのは俺なのに)

オタ(…騙されてたんだよな、俺。リアちゃんは否定してたけど…。)

オタ(俺リア男の言う言葉しか真に受けてないな。リアちゃんのこと信用してなかったのか)

オタ(あの時リアちゃんを信じて受け止めてたら…………いや、でも結局あいつらに馬鹿にされるのか)

オタ(これが一番いい選択肢なのかな)
199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 22:33:17.22 ID:vQfMmNjZO
オタ(次の日の学校はリアと関わる前の生活そのものだった)

オタ(ただ授業をして、飯食って、午後の授業もして…)

オタ(同じ教室にリアはいたけど、丸っきり他人のよう…いや、もとから他人か。俺はまたぼっちに戻った)

リア友「で?どうだったの?オタの反応は」
205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 22:37:29.24 ID:vQfMmNjZO
リア「別に…分かってたみたいだったから」
リア友「やっぱ慣れてんだそういうのwww」
リア「って言ってた…」
リア友「ま、でもリアが率先して罰ゲームすんの初めてだよねwwなんで?」
リア「ん、なんでだろww興味あったからかもww」

リア男「あーあ、やっぱあんなこと言ってるよ」

リア男2「リアこえー…オタも不憫だな」

リア男「ま、しょうがねえよな、自分でオタやってんだから」
219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 22:41:54.61 ID:vQfMmNjZO

オタ「はー、やっぱエロゲっていいよな、二次元に行きてー」

ちゃちゃーちゃ(ry

オタ「メール……?誰だよ…思い付く奴なんて一人しか、まさかな…」

【モバゲー通信♪】

オタ「死ね」
226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 22:46:17.39 ID:vQfMmNjZO

ちゃちゃ(ry

オタ「はいはい今度はなんだEZホットインフォか?………!」

To.オタくん
突然メールごめんなさい。
バイバイって言ったけど、言いたいことがあって…。
オタくんに借りた本、返したいんだけど明日学校くるよね?
あと、頼みがあるんだけど、聞いてくれるかな。

オタ「ブックオフ行きは免れたか。でも頼みってなんだ…?」
238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 22:49:42.71 ID:vQfMmNjZO
To.オタくん
頼みっていうのは…
この前土曜日のバスケのゲームの話したの覚えてる?
実は友達の彼氏が出られなくて欠員らしいの。リア男もリア男2もバイトで無理って…。
あとはオタくんしかいなくて(>_<)
無理かな…

オタ「ちょwwwwwwバスケとか無理wwwwww」
247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 22:54:10.24 ID:vQfMmNjZO
オタ(小学生の時の体育の成績は2。坂上がりどころか前回りもできなかった)

オタ(中学生の時の体育の成績は3。授業後のレポートでなんとか補った)

オタ(高校生の時の体育の成績も3。球技大会では教室で一人ゲームをしていた)

オタ「そんな俺がバスケだと…?」
250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 22:57:06.89 ID:vQfMmNjZO
オタ「『明日は学校に行くけどバスケは戦力にらならないので無理です』っと。」

オタ「そうだ、俺には無理なんだ。」

オタ「それにリアちゃんにはもっと友達いるだろう。これも罰ゲームの一環だろうし」

オタ「…送信」
257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 22:59:43.61 ID:vQfMmNjZO
To.オタくん
そっか…だよね、ごめんね急に!
じゃあまた明日ね(>_<)

オタ「あっさり終わってしまった。これでフラグも完璧折れた」

オタ「そもそもバスケが上手かったらオタなんかやってない」
305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 23:21:53.13 ID:vQfMmNjZO
オタ(今日本を返してもらったらもう話すことはないんだろうな)

オタ(オタクが三次元に恋なんて身の程しらずもいいとこか)

リア「あ、オタくん…」

オタ(キタ…!)

リア「はい、これ。ありがとうございました」

オタ「いや…」

リア「面白かったよ、ちょっと悲しかったけど」

オタ「…よ、読んだの?」

リア「うん。ちょっと寝不足w」
315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 23:29:03.33 ID:vQfMmNjZO
リア「普段ケータイ小説だから大変だったw」

オタ「…なんで…」

リア「だってオタくんと話が出来るようになるかもしれないって言ったでしょ?わたし嘘つかないもんw」

オタ「……」

リア「もう、今更なんだけどね」

オタ(なんなんだよ…人の心掻き乱して面白いのか?)

リア「オタくんは、わたしがオタくんを好きになることない的なこと言ってたけど、おかしいよ」

リア「そんなだから馬鹿にされるんだよ。なんでそんな否定的なの?」

オタ「…」
325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 23:35:08.57 ID:vQfMmNjZO
オタ「リア男みたいに…振る舞えって?」

リア「そこまでは言ってないよ。でも、罰ゲーム罰ゲームって…。わたしの言うこと信じてくれないし。オタくんは、馬鹿だと思う」

オタ「罰ゲーム…だったんだろ…?」

リア「…わたしも十分馬鹿なのかな。今の環境変えたくないとかさ…」

オタ「…?(話が噛み合ってない)」
334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 23:42:11.58 ID:vQfMmNjZO
リア「…オタくんのこと責めてるわけじゃない…でも不快な思いさせたよね。わたしは人の趣味とか気にしない。これも嘘じゃない」

オタ「…」

リア「オタくんのこと…興味があったの」

リア「…でもそれを友達には言えなかった」

オタ(つまり…?)

リア「罰ゲームのつもりじゃなかった。けど罰ゲームとしてそばにいた」

リア「最低だよね。わたし」

オタ「…」
340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 23:46:25.49 ID:vQfMmNjZO
オタ「最低だと…思う…」

オタ「そんな風にしないと生きていけないなら…僕は、オタクのままでいい」

リア「うん、そだよね」

リア「いつも一人でいれるオタくんに憧れてたの、これは本当」

オタ(好きで一人ではないけどな…)

リア「伝えられてよかった。本も返せたし。じゃあ…ね」

オタ(終わった…今度こそ)
347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 23:52:25.99 ID:vQfMmNjZO

オタ(土曜日。もし俺がバスケ出来ていたらゲームに参加していた日だ。)

オタ(勿論今日も用事はない。だから、試合を見に行こうと思えば見に行ける。)

オタ(あれからメールもない。会話もない。行く理由は全くない。でも気にならないと言ったら嘘になる。)

オタ母「オタ、あんた暇なら買い物一緒に付き合って」

オタ「やだよなんで母さんと一緒に買い物なんか」

オタ母「近くのスーパーなんだから誰にも会わないわよ、ほら早く」

オタ「ったく…」
356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/22(水) 23:58:09.40 ID:vQfMmNjZO
リア男「いらっしゃいま……あれ。オタじゃん」

オタ「リア男…くん」

リア男「なんだやっぱお前もバスケ出ないんだなwま、当たり前かww」

オタ「…」

リア男「なんだよ。まだ罰ゲーム気にしてんの?あんなのいつもだろ?忘れろってwwwま、普段は大人しいリアだったから余計ってのもあるけどな」

オタ母「なに話してんのオタ、こっち、早く」

オタ「わかってるよ…」

リア男「親孝行?ま、いいや。じゃな」

オタ(なんだかリア男が優しくみえたな)
367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 00:02:10.50 ID:OIBA0FT0O
オタ(そういえばなんでリア男が俺もバスケ誘われたの知ってんのかな)

オタ(リアが話したとか…まあ馬鹿にしながらっていう場合もあるけどさ)

オタ(…一人分補えたんかな…)

オタ母「なによあんたさっきからぽーっとして」

オタ「うるさいな。俺は考え事してんだよ」

オタ母「どうせ二次元のことでしょ」
379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 00:07:31.76 ID:OIBA0FT0O
オタ(ま、俺には関係ないし、公式戦とかじゃないから一人くらいいなくたってなんとかなるか)

オタ(俺もお人よしだな)

オタ「母さん、俺帰りゲオ寄ってくから先帰ってて」

オタ母「またゲーム?あんまり無駄遣いしないでね」

オタ「わーってるよ」
380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 00:07:55.35 ID:nAXSqWvqO
オタ「おれはそのまま店を飛び出した」

オタ「あぁもう学校いこ」

学校にて

オタ「リアおれバスケでるわ」

リア「バスケ?」

オタ「うん」

リア「いや…バスケはバスケでもバスゲなんだよね…」

オタ「バスケットじゃないの?」

リア「バスゲットだよwオタ君ならオタクだから釣りとか得意かと思ったのw」
385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 00:11:43.85 ID:OIBA0FT0O
オタ「なんか面白そうなRPGないかなっと」

どんっ

オタ「す、すいませ」

リア友「…ゲッ」

オタ(ゲッ…はこっちだよなんでこんな近所に…)
391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 00:15:40.98 ID:OIBA0FT0O
リア友「なんでここにオタがいんだよ」

オタ「近況だから…」

リア友「まじ!?うわ、有り得ないわ」

オタ(だからこっちの台詞だって)

リア友「あ、そだ、残念だったねーリアとのことwww罰ゲームだって知ってたの?wwそれとも見栄?」

オタ「…」

リア友「無反応とかwww受けるwwww」
397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 00:19:59.90 ID:OIBA0FT0O
オタ(そうか、リア友は知らないのか、リアが言ってたこと)

オタ(なら俺が騙された馬鹿な男になれば話は早い)

オタ「僕を好きには…誰も、ならないし…」

リア友「いや当たり前だろ」
400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 00:23:49.75 ID:OIBA0FT0O
オタ(うぜえwwwwww)

リア友「あ、電話」

リア友「もしもしリア?今さー…えっ?誰か一人?まだ見つかんないのかよ」

オタ(リアちゃんか…)

リア友「あー今いるわそこに。あいつあいつ、オタだよ。こいつ使えないよ絶対。いいの?」

オタ「ちょ、ちょっと待っ…」

リア友「…わかった連れてく。うん、じゃ」

オタ(ちょwwwwwwwwwww)
402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 00:26:48.87 ID:OIBA0FT0O
オタ「…」

リア「…あの、いきなりごめんなさい」

リア友「さっさとコート入れよオタ!」

オタ「あの、僕…」

リア「ごめん時間ないの、話はあとで聞くからとりあえず行って?」

バスケ部「おう助っ人、よろしくな」

オタ「………」
404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 00:29:28.14 ID:OIBA0FT0O

オタ(結果は60対53でこっちのチームが勝った。けど俺はなんの力にもなってない。あとの四人が上手かったからだ。俺はボールにすら触れなかった)

リア「オタくん、お疲れ様」

オタ「…疲れてるように、見える…?」

リア「………」
411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 00:32:32.49 ID:OIBA0FT0O
リア「でも、来てくれるって思わなかったから嬉しかった。ありがとね」

オタ「それは…リア友さんが…」

リア「うん、でも嬉しかったから」

リア友「リアー、打ち上げやるらしいけど行くよねー!」

リア「あ、うん。オタくんは…」

オタ「僕は…いい」

リア「そか…じゃあ、今日はほんとにお疲れ様でした」

オタ「……」
416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 00:38:19.10 ID:OIBA0FT0O
オタ「…うっ…足が痛い…ただいま」

オタ母「あんたゲオに何時間かかってんのよ」

オタ「先に風呂入るから…いて」

オタ母「…?」

オタ(リアは俺よりもずっと大変そうだな。今の現状を維持しようと頑張ってたり。リア充もリア充で大変なのかね。それともリアちゃんがあそこにあってないだけなんかな…)

オタ(もしリアちゃんの周りが寛容なら、罰ゲームとかじゃなくてちゃんと友達になれたんだろうか)
420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 00:41:51.30 ID:OIBA0FT0O
オタ「リア友は顔がかわいいからって調子乗ってんじゃねえよ…」

オタ「…」

オタ「リアちゃんにメールしてみようかな。今日のこととか。メールくらいなら…」
425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 00:45:05.72 ID:OIBA0FT0O
オタ「『今日は戦力になれなくてごめん』これだけでいいかな、返事に困る内容だよな、でも、まあいいか」

オタ「うお、返事はええ」

To.オタくん
お疲れ(*゚ー゚)
そんなことないよ!ディフェンスっぽいことは出来てたし、オタくんがあんなに走ってるの初めて見たから新鮮だった(´`*)
あとメールありがとう、すごく嬉しい!

オタ(きゅん…)
432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 00:49:25.14 ID:OIBA0FT0O
オタ(結局この日は久しぶりの運動のせいで物凄い睡魔に襲われながらもメールを止めることができなくて、リアちゃんが眠る3時頃までメールをしていた)

オタ(朝起きると、筋肉痛で動けなかった)

オタ「今日が月曜日なら学校サボれたんだけどな」
437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 00:53:05.05 ID:OIBA0FT0O
オタ「お、メールだ」

To.オタくん
おはよう(^ω^)!
筋肉痛になってない??大丈夫??

オタ「『思い切り筋肉痛だよ』っと…」

To.オタくん
ほんとに(´`)!?
月曜日も痛かったら塗り湿布もってくから言ってね(´・ω・`)

オタ「やっぱりリアちゃん優しいな…」
439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 00:55:28.51 ID:OIBA0FT0O
オタ(少しだけメールをして、リアちゃんは用事があるからとメールを終わらせた)

オタ(俺は筋肉痛がひどいので二度寝することにした)

オタ(夜目が覚めると大分良くなっていた。携帯を見るとリアちゃんからの着信履歴が…)

オタ「…!?」
444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 00:58:09.13 ID:OIBA0FT0O
オタ「お…俺に電話…なんで…かけ直した方が…わっ」

ちゃちゃちゃちゃーちゃちゃちゃちゃー

ぴっ

リア「…もしもし?」

オタ「…も、もしもし…」

リア「夜遅くにごめんね、今大丈夫?」
447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 01:01:08.35 ID:OIBA0FT0O
オタ「う、うん…平気だけど」

リア「よかった、お話したいなあと思って」

オタ「話?」

リア「うん、雑談。聞きたいことたくさんあるんだー」

オタ「そっか…な、なに?」

リア「あのねー…」」

オタ(それから三時間ほど二人で他愛ない話をした)
450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 01:04:43.97 ID:OIBA0FT0O
リア「あはははwwそれ面白いねww」

オタ「そうだねw」

リア「やった!」

オタ「…なにが?」

リア「オタくんが吃らないで普通に喋ってくれるようになったから」

オタ「…」

リア「やっぱりオタくん面白いし物知りだし、憧れちゃうな」

オタ「…そんなことない」

リア「?」
453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 01:09:46.41 ID:OIBA0FT0O
オタ「ぼ…俺は、リアちゃんみたいに誰とでも話せるのは、魅力だと思う」

リア「…でもわたしは一人になるのが怖くてオタくんのこともずるい手で…」

オタ「それは確かにずるいかもしれないけど…そうする気持ちも分かるから…」

リア「…でもやっぱ、わたしはずるいよ」

オタ「……」

リア「オタくん、今日はありがとう、楽しかった。また明日、学校でね」

オタ「あっ…」

がちゃ

オタ(リアちゃん………)
524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 08:06:07.83 ID:OIBA0FT0O

オタ(昨日はいきなり電話を切られた。なにがいけないことでも言ってしまったんだろうか)

オタ(学校では話しかけちゃまずいしな。そもそも話し掛けられないか…)

オタ(……?あれ、もうすぐ授業なのにリアとリア友がいない…)
525 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 08:09:02.58 ID:OIBA0FT0O

オタ(結局この時間二人は現れなかった…サボりかな)

リア男「…それってマジ…?」

リア男2「マジっぽい。さっきリア友がなんかキレてたし」

リア男「マジかよ…ありえなくね?」

オタ「……?」
526 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 08:11:53.23 ID:OIBA0FT0O

リア友「おい」

オタ「わっ……な、なに…」

リア友「ちょっと聞きたいことあんだけど…こっち、来て」

オタ「………(集団リンチだろうか)」
527 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 08:15:19.76 ID:OIBA0FT0O

リア友「リアに聞いたんだけど」

オタ「…何を…」

リア友「あんたがリアに言えとか言ったんだろ?マジふざけんなし!つかリアにもう近づくんじゃねえよキモオタ!!」

オタ(話が見えない。まさかリアちゃん、俺のこと正直にリア友に話したのか?…なんで…)
529 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 08:19:21.53 ID:OIBA0FT0O

リア友「おいなんとか言えよ!」

オタ「…り、リアちゃんはなんて…」

リア友「…罰ゲームは建前でほんとはお前に近付きたかったからだって。うちらに馬鹿にされんのが怖くてほんとのこと言えなかったって」

オタ(やっぱり…リアちゃん言ったんだ…)

リア友「普通に考えてありえねーよ」

オタ「…」
532 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 08:22:10.34 ID:OIBA0FT0O
オタ(ここは何も言わない方が良さそうだ)

オタ(こっちに言わせてもらえば罰ゲームを思い付く奴らの友情なんて薄っぺらそうだけどな)

オタ(こんなこと言えないけど)

リア友「否定しないんだな?じゃあもう金輪際リアと関わんなよ」
533 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 08:24:19.67 ID:OIBA0FT0O
オタ「…ふぅ…言ったか」

オタ(リアちゃんはどうしてるんだろう、大丈夫なんかな)

オタ「…あ…」

リア「…オタくん…」

オタ「聞いてた…?」
536 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 08:28:17.59 ID:OIBA0FT0O
リア「どうして否定しなかったの…?」

オタ「…だって…」

リア「わたし、リア友を説得しようと思って話したの。友達だからもしかしたら分かってくれるかもって。でも有り得ないの一点張りで…」

オタ「…俺は慣れてるから…でも、リアちゃんは、俺みたいな生活送ったことないだろ…」

リア「…わたしのこと気にしてくれたんだ」

リア「オタくん嘘つきだけど、わたしより全然素直なのかもね」

オタ「……」
547 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 08:42:37.70 ID:OIBA0FT0O
リア「わたし、嘘はつきたくなかったの。でもリア友に嘘ついて、すごい後悔してる。最初から素直にオタくんと向き合ってたらこんな風に悩むことなんてなかった」

オタ「…うん」

リア「わたしリア友も大好きなの。あんなだけど優しかったりするんだよ」

オタ(女同士にしかわからない友情…かな)
566 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 10:38:11.53 ID:OIBA0FT0O
リア「だからもう一度話してみる…!」

オタ「あ…」

オタ(行っちゃった)

オタ(明日からリアちゃんがいじめられたりシカトされたらどうしようか。あの子は今までリア充だったから堪えられるはずがないよな)

オタ(…俺はどうしたらいいんだろう)
569 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 10:43:51.51 ID:OIBA0FT0O

リア男「なんかマジっぽいすね」

オタ「…リア男くん…(こいつも聞いてたのか)」

リア男「なんか軽くショックだわ、マジ罰ゲームだと思ってたし」

オタ「…僕も…」

リア男「だよなあ!普通思うよな。お前マジ羨ましいよ…」

オタ(リアちゃんのこと好きなんかな…)

リア男「俺らはいじめとかはしねーけどまあ…リア友がどうすっかだよな」

オタ「……」
597 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 12:19:07.35 ID:OIBA0FT0O
リア「リア友…っ!!」

リア友「…リア」

リア「…あの、さっきの話だけど」

リア友「しつこいよ、もう終わったでしょ?」

リア「終わってなんか…」

リア友「そんなにオタのこと気になんの?趣味悪くない?てかオタに脅されてんでしょ?」

リア「…なんで信じてくれないの…?わたしたち友達じゃん…」

リア友「……」
600 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 12:27:45.18 ID:OIBA0FT0O
リア友「つーか同じグループにオタと付き合ってるのがいるなんてやじゃね?」

リア「……え?」

リア友「てかさ、今度合コンするからリアも来なよ、オタのことは錯覚だって気づくよ多分www」

リア「………」

リア友「リア?」

リア「…もういい」

リア友「は?」

リア「私たち、友達じゃなかったんだ」
606 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 12:33:27.45 ID:OIBA0FT0O
リア友「…意味わかんねえ、なに言ってんの?」

リア「リア友がオタくんを分かってはくれないならもういい」

リア友「…あっそ、勝手にすれば?リアにはついていけないわ」

リア(これで良かったんだよね…)
608 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 12:37:45.56 ID:OIBA0FT0O

オタ(今日はもう授業がないからリアちゃんには会えないな)

オタ(…大丈夫かな、俺にリアちゃんを守れるのかな)

オタ(……明日がこんな怖いなんて初めてだ…………)

オタ(あ、今日DVD返す日だ)
610 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 12:39:27.78 ID:OIBA0FT0O
リア友「………」

オタ「………」

オタ(嘘だろ、なんでまた会うんだよ)

リア友「…キモ」

オタ「………」
613 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 12:44:01.54 ID:OIBA0FT0O
オタ(さっさと返してさっさと帰ろう)

リア友「…ねえ、オタ」

オタ「な、なに…」

リア友「財布忘れた。金貸して」

オタ(………こいつ返さないつもりだろ)

リア友「…ないの?あんの?どっちよ」

オタ「あります」
614 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 12:46:33.15 ID:OIBA0FT0O
オタ(貸しちまった。さよなら俺の500円)

リア友「明日返すから」

オタ「…え」

リア友「なに?明日じゃ不満?」

オタ「…い、いや」

リア友「借りパクなんてしねーよハゲ」

オタ(ハゲてねーし)
615 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 12:50:27.01 ID:OIBA0FT0O
リア友「……それと」

オタ「?」

リア友「リアに脅したりしてねーよな、あんたあんとき否定しなかったけど」

オタ「あ…うん」

リア友「…マジわかんねえ、リアの考えてること。今までそんなふうに思われてたのかよあたし」

オタ「…(帰りたい…)」
796 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 22:18:40.72 ID:OIBA0FT0O
オタ(そうだ、リアちゃんのこと…)

オタ「あの………リアちゃんには………」

リア友「リアが何?」

オタ「その…俺みたいな態度では…しないで…」

リア友「何?リアを庇おうって?あんたリアの彼氏にでもなったの?wwww」

オタ「……」

リア友「他人のくせにしゃしゃりすぎだろwww」
798 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 22:22:19.17 ID:OIBA0FT0O
オタ「…別に…他人だから庇わないとかは、違う」

リア友「は?」

オタ(俺はただリアちゃんを守りたいんだ…)

リア友「じゃああんた困ってる他人全員助けんのかよww矛盾してんだろ?偽善者ぶってんなよ」

オタ(……)
802 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 22:31:16.57 ID:OIBA0FT0O
オタ(俺は誰かを守るどころか守ろうと思ったことさえなかった)

オタ(だから何が一番正しい選択肢なのかは分からない。もしかしたら俺の行動はリア充からしたらダサいだけなのかもしれない)

オタ(でも俺は…やっぱりこうやって伝えることしか思い付かない)

オタ「…リアちゃんには、本当に何もしないでくれ」

リア友「……」
805 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 22:38:33.91 ID:OIBA0FT0O
リア友「…言われなくてもしねーよ」

オタ(…)

リア友「あんたってそんな喋れんだ。知らなかった」

オタ「いや…」

リア友「お金は明日返す、じゃあ」

オタ(…大丈夫そうだな…)
807 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 22:42:06.43 ID:OIBA0FT0O
オタ(その日リアちゃんからメールはこなかった。俺も送る内容が思い付かずにいたから連絡はなし)

オタ(明日、会ったらリアちゃんに話をしようと思う)

オタ(今日リア友と話をして思ったことがあるから)
817 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 22:50:17.85 ID:OIBA0FT0O

リア男「あ、オタだ。よ!」

オタ「あ…どうも」

リア男「案外リア友大人しいぜwwwリアとは話さねえけどシカトとかじゃないっぽいし。まあ、喧嘩みたいなもんなんかな」

オタ(そうなのか、やっぱりリア友は…)

リア男「このままリアのことゲットしちゃうのかよお前www」

オタ「…」
828 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 22:55:00.03 ID:OIBA0FT0O
リア「あ、オタくん!おはよ~」

オタ「あ…おはよう」

リア「次の授業一緒だよね?教室一緒にいこっ!」

オタ「…待って…」

リア「?」

オタ「…話が…ある」
829 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 22:58:37.47 ID:OIBA0FT0O

リア「話ってなーに?」

オタ「…リア友さんとは…」

リア「あ…うん。話してないよ。でも、思ったよりひどくないから良かったかな」

オタ「…そっか」

リア「心配してくれたの?ありがとうw」
832 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 23:05:20.96 ID:OIBA0FT0O
オタ「……」

リア「どうしたのオタくん…なんか変だよ?」

オタ「…変なのはリアちゃんだろ…」

リア「えっ?」

オタ「…こんな不細工で気持ち悪い男と一緒にいてさ」

リア「……」
835 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 23:12:54.69 ID:OIBA0FT0O
オタ「…メリットなんて、ないよ」

リア「………また、嘘?」

オタ「嘘じゃない、俺のこと想われるのは迷惑だから…」

リア「嘘でしょ?嘘だよ、だって、わたしオタくんのこと認めてるんだよ?なのに突き放すの?わたしを…」

オタ「俺は元々一人だったから…別に…」
837 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 23:18:49.05 ID:OIBA0FT0O
リア「…わたしのこと…嫌いなの?」

オタ「…もう巻き込まれたくないんだよ、こんな面倒な…ことに」

リア「…わたし…わたし、リア友を説得するから。だからそんなこと言わないで」

オタ「…ごめん……無理だ、一人がいい…俺は」

リア「………」
841 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 23:23:53.87 ID:OIBA0FT0O

リア「おかしいよ、こんなの」

オタ「……」

リア「…おかしいよ…ばか…」

オタ(泣かせてしまった。でも、こうすればリアちゃんはリア友の元へ戻れる)

オタ(リア友もリアのことは好きなんだと思う。俺みたいなのを好きなのが気に入らなくて二人の仲を拗らせるのなら、俺がすることは…)
844 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 23:27:00.12 ID:OIBA0FT0O

オタ(こうやって、リアちゃんを突き放すしかないんだ)

オタ(俺なんかを好きになったのはきっと何かネジが緩んでたとかだよ)

オタ(リア友とリア男とかと今までどおり充実した日々を送ればいい)

オタ(オタクはオタクらしく生きていけばいいんだ)

オタ「じゃあ、俺は先に行くから…」
847 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 23:30:47.50 ID:OIBA0FT0O

リア「……」

オタ(リアちゃんの返事はなかった。だけど俺も返事を待たずにその場を後にした)

オタ(そこまで後味も悪くはなかった。リアちゃんを守れたんだと、なぜだかやり切った感で一杯だった)

オタ(ちょっとでもリア充を体験できて嬉しかったし)

オタ(…でも、泣かせてしまったな)
852 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 23:35:42.57 ID:OIBA0FT0O

リア友「つーかさ、なんでリアはオタと一緒にいないわけ、あんなタンカまで切って」

リア男「さあ、しらねえ。お前のこと気にしてんじゃねえのwww」

リア友「…は?」

リア男「嘘じゃねーだろ」

リア友「…そーだけど」

リア男「もっと寛容になったらどうなのよリア友ちゃんwww」

リア友「うっさいちゃん付けすんなキモい」
856 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 23:40:27.90 ID:OIBA0FT0O

リア友「……ねえ」

リア「…あ…」

リア友「……ちょっと、いい?」

リア「…」

リア友(…目が赤い?)

リア「…何?」

リア友「なんでオタと一緒にいないんだよ」

リア「……」
857 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 23:43:49.16 ID:OIBA0FT0O
リア「もう、オタくんのことはいいの」

リア友「…は?なに言って…」

リア「わたし振られたの!だから安心していいよ……。あ、もう友達じゃないってわたし言っちゃったっけ」

リア友(オタ、もしかしてわざと…)

リア友(オタクのくせにやること臭いんだよ)

リア「話はおしまい?」
863 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 23:48:58.72 ID:OIBA0FT0O
リア友「あんたもオタもキモいわ。庇いあって…なんなんだよ、あたしが悪者みたいじゃん」

リア「オタくんもって…オタくんはわたしのことは」

リア友「知らないけどあたしはなんも。まあ…でも……」

リア「?」

リア友「あんたと友達やめるつもりはないから」

リア「………」

リア友「んだよその目は」

リア「嘘くさいなってw」
871 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/23(木) 23:53:55.71 ID:OIBA0FT0O
リア「わたしね、今までの環境に甘んじてたの。オタくんみたいに一人で生きてる姿を尊敬してた。オタクだから無理とか、そういうの違うなって」

リア友「で?つまりはオタクが嫌いなあたしとはもうやってけないって?」

リア「わたしもう振られたから、リア友と喧嘩してる理由なくなっちゃったけど。でも、これからはリア友のいうことが違うなって思ってたら遠慮せずにいうつもり」

リア友「それはオタのおかげなわけ?」

リア「うん。オタくんはわたしにそういう気持ち持たせてくれた。」
876 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/24(金) 00:00:12.23 ID:tN36oFtWO
リア「あと…ほんとはちょっとだけ思うことがあって」

リア友「?なに?」

リア「……」

リア「ねえ、もし、わたしがオタくんとまた何かあっても認めてくれる?……わたしは、リア友にも認めてもらいたい」

リア友「………あたし自身がオタクとは絶対無理。死んでも無理」

リア「…」

リア友「でもあんたと喧嘩していい気なんかしなかったし、周りもギャーギャーうるさいからもう気にしないww勝手にしたら?」

リア「リア友……」
891 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/24(金) 00:10:28.27 ID:tN36oFtWO

オタ(授業終わり。疲れたな)

オタ(この変な疲れも今日で終わりか)

オタ(帰り道、リアちゃんに会わずにしないとな…気まずいし)

オタ(…!リアちゃんとリア友…)
897 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/24(金) 00:22:52.30 ID:tN36oFtWO
オタ(あ、笑ってる。仲直りしたんかな……よかった、俺のしたことは無駄じゃなかった)

オタ(……メアド、消すか)

ピッ

オタ(消去完了っと…これで向こうからこない限り俺が送ることはない)

オタ(どうせ来ないよな、あんな酷いこと言ったんだし。リア男はいいやつみたいだからリア男とくっついたりすんのかね)

オタ(生まれ変わったら、リア充人生、送ってみたいな)
899 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/24(金) 00:28:46.70 ID:tN36oFtWO

オタ(あっ…次の電車もう来る)

オタ(走らないと……って)

オタ「うわっ………」

オタ「…………」

リア「お忙しいところ…ごめんね?」
903 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/24(金) 00:35:11.09 ID:tN36oFtWO
オタ「…」

リア「えっと……、最後の最後に聞きたいことがあります。だから改札前で待ってたんだけどちょうどよくオタくんがいたから」

リア「電車はあと二三本…待ってください」

オタ「……」

リア「…本題から入るね。わたしは、さっきオタくんが言ってたこと、やっぱり嘘だと思うんだ」

オタ「…」

リア「だってオタくんがわたしに正直になにか話してくれたことのほうが少ないし」
907 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/24(金) 00:41:54.40 ID:tN36oFtWO

リア「オタくんはわたしに見栄張ったり否定することできなくて嘘ついたりしてきたよね。わたし嘘は嫌いだからそういうのどうかなと思ってた。」

リア「でも思いやり故の嘘もついてくれた。自分のことはどうでもいいみたいな感じで」

オタ「…そんなわけじゃ…」

リア「電話楽しかったの、メールも楽しかった。オタくんも同じ気持ちなんだと思ってた」
910 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/24(金) 00:46:41.85 ID:tN36oFtWO

リア「興味で近付いたわたしに本を貸してくれたり、できなかったけど勉強教えてくれたり、わたしみたいなどっちつかずな性格認めてくれたり、バスケの助っ人になってくれたり」

オタ「…」

リア「オタくんがわたしを迷惑だと思ってるなら、こんなにわたしに接してくれないよね?」

リア「リア友はわたしを、オタくんを認めてくれたの。オタくんがリア友と何か話したのかな?」

リア「もう、うそつく必要ないよ、オタくん。わたしに本当のことを話して?」
912 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/24(金) 00:49:48.88 ID:tN36oFtWO
オタ「…………二本」

リア「えっ?」

オタ「二本目の電車が、今過ぎてった」

リア「……うん」

オタ「……」

リア「…あと一本だね」

オタ「………まだ一回も言ったことなかった」

リア「何を?」
916 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/24(金) 00:54:53.33 ID:tN36oFtWO

リア「…」

オタ「……守りたかったよ」

オタ「…俺みたいな人間は俺だけで、いいから」

オタ「折角かわいいのに。勿体ない、って思った」

『間もなく、一番線に………』

オタ「俺が、本当のこと言って、何になるんだろう」

リア「…それは、だから、わたしたちの気持ちが同じなら…」

オタ「…………………好きだよ」

オタ「でも、リアちゃんとは、無理だ」
919 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/24(金) 00:58:45.90 ID:tN36oFtWO
リア「…オタくん…っ」

オタ「…電車来たから、乗るね」

リア「なんで、なんで…やっと好きって言葉聞けたのに…わたしの何が…」

オタ「……住む世界が、違うから」

オタ「…じゃあ、さよなら」

リア「…………オタくん!!」
926 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/24(金) 01:02:02.10 ID:tN36oFtWO

オタ(こんなに想ってくれてる子を振るなんて、俺って…ww)

オタ(同じオタクに叩かれるだろうな、こんな贅沢)

オタ(でも後悔はしてない。全然、全く)
938 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/24(金) 01:06:58.76 ID:tN36oFtWO

オタ(次の日、教室には声がデカイリア友とそいつの話に笑うリアちゃん、めんどくそうなリア男たち、その他大勢、いつも通りの風景があった)

オタ(俺はいつもと同じ席に座って教科書と電子辞書を取り出し携帯を開いて2ちゃんをする、これもいつものことだ)

オタ(ここ最近のせいで、少しだけ隣の空き具合に違和感はあるけれどそれ以外は全くかわらない……いや、リア友とリアちゃんの笑顔が前よりもっと明るくなったような)

オタ(それに俺が影響してるとは、なんとも誇らしいことだ)
952 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/24(金) 01:13:59.10 ID:tN36oFtWO
オタ(人生で何度目かの罰ゲーム。その中でも一番、今回の罰ゲームは得るものが多かったと思う。)

オタ(エゴとかエゴとかが交錯しあって物凄いめんどくさいことになったけど、だからこそ普段関わらない奴らの人間性も垣間見えたというか)

オタ(罰ゲームなんて名前は勿体ないな、こんなに色んなもん吸収したのにwww)
958 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/24(金) 01:18:14.94 ID:tN36oFtWO

「隣いいですか?」

オタ「え、あ…」

リア「ちなみに、罰ゲームではありません。」

リア「それに、違う世界の人間でもありません。同じ地球の人間です」
968 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/24(金) 01:28:03.68 ID:tN36oFtWO

リア「ついでに警戒心を解くために言うと、わたしはブス専ですwなんて、まあそれは置いといて」

オタ「………」

リア「お友達から始めませんか?わたしは、あなたとお話したいです」

オタ「…お、俺は…」

リア「うん、大丈夫。わたしはちゃんと分かってる上で申し込んでる」

リア「ダメですか?こころのお話とか、たくさんたくさん伝えたいことがあります」

オタ「…………」

969 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/24(金) 01:29:20.74 ID:tN36oFtWO

オタ(これは罰ゲームではない?…なさそうだ、リアちゃんが真っ直ぐ俺の目を見てる。)

オタ(てかブス専ってwwwもっとマシなことを言えよwwww傷つくだろwww)

オタ(そういえばこころの話、全然してなかったか。勉強もまだ教えてない)

オタ(リアちゃんは、俺を変えてくれた。もしかしたら、それは物凄く低い確率かもしれないけど、俺をそっちの、リアちゃんの世界へ連れてってくれるかもしれない)

リア「よかったら握手、してくれますか?」

オタ「…是非、よろしくお願いします」

終わりです、お粗末様でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする