【オリジナルSS】ホームレス「・・・ッ」ガスッ

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/27(月) 11:58:32 ID:NY3XoLJ2
少年A「よし!当たった!!」

少年B「マジでマジで!?うわっ!マジじゃん!!」ギャハハ

少年C「糞ッ!負けた!!Aコントロール良すぎだろ~!」

少年A「お前ら負けたからジュース一本ずつ奢れよ?」

少年B/C「次は負けねえからな!!」ギャハハハ

ホームレス「・・・」ドロッ

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/27(月) 11:59:28 ID:NY3XoLJ2
少年C「俺もう一発練習してから行くわ!!」グッ

ギャハハ…オマエジャアタンネエヨ…ハハ…

少女「・・・(何だろ?楽しそうな声)」トコトコ

少年B「うわ!!当たったぞC!!!マジかよ!!!」

ホームレス「・・・」ダラダラ

少年C「マジであたったし」ギャハハ

少女「!!」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/27(月) 12:00:20 ID:NY3XoLJ2
少年A「惜しかったなC!ちゃんと奢れよ~」ハハハ

少年B「俺も投げてみよっ・・・」グッ

少女「おい!!!!」

少年共「!!!」バッ

少年A「・・・何だ。少女か」

少女「何してんだお前ら!!!」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/27(月) 12:00:43 ID:NY3XoLJ2
少年B「遊んでるだけだろうがッ・・・よ!」ビュンッ

少女「あ!」

ホームレス「・・・」

少年B「くっそー外した」

少年C「へったくそだなーお前!!」ギャハハ

少女「お前ら!!次投げたらお兄ちゃん呼ぶからな!!!!」

少年A「うっせーなーブス!!!黙ってろや!!」

少年共「ギャハハハハ」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/27(月) 12:01:11 ID:NY3XoLJ2
少女「・・・ッ」グッ

少女「死ね!!!!」ビュンッ

少年C「ッ・・!」ガンッ

少年C「い・・・いてぇ・・・・」ドロッ

少年C「うっ・・・うっ・・・」グスッグスッ

少年A「お、おい・・C・・・」

少年B「・・・」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/27(月) 12:01:43 ID:NY3XoLJ2
少年A「い、行こうぜ・・・。アイツいきなり石投げてくるとか頭おかしいわ・・・」

小年共「・・・」スタコラサッサ

少女「頭おかしいんはてめえらよ」

少女「・・・あ!」

ホームレス「・・・」ドロッ

少女「おじさん!大丈夫?」タタッ

ホームレス「・・・大丈夫だよ。心配してくれてありがとうね」ニコ

少女「ぜ、全然大丈夫じゃないよ!!血出てるよ!(後パンツ一丁だよ!)」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/27(月) 12:02:16 ID:NY3XoLJ2
少女「ほ、ホラ!ハンカチ!使って?」スッ

ホームレス「ありがとう。でも放っておいたら血は止まるんだ。」ダラダラ

ホームレス「だから大丈夫だよお嬢さん」

少女「な、、」

少女「じゃ、じゃあ私勝手に拭くから!良い?」

ホームレス「・・・そうか。なら」

ホームレス「お願いするよ。優しいねお嬢さんは」

少女「そ、そんなことないです・・・///」フキフキ

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/27(月) 12:03:18 ID:NY3XoLJ2
ホームレス「・・・その格好・・・中学校に行ってるの?」

少女「う、うん。○○学校の2年生だよ(よし、取り合えず拭けた)」

ホームレス「あ、ごめんね。ハンカチ・・・汚くなってしまって。」

ホームレス「洗って返したいんだけど・・・」

少女「だ、大丈夫だよ!勝手に私がした事だし!!」

ホームレス「・・・ごめんね。」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/27(月) 12:04:09 ID:NY3XoLJ2
少女「・・・おじさんはいつもここに居るの?(痩せてる・・・ご飯食べてないのかな・・)」

ホームレス「そうだよ」

少女「・・・ご飯。食べてる・・?」

少女「あ、あの!別に見た目がどうこうってわけとかそういうのじゃないんだけど。。。。」

ホームレス「フフ」

ホームレス「ちゃんと食べてるよ」ニコ

少女「(ほんとかな・・・)」

少女「痛まない?さっきあいつらにやられたところ」

ホームレス「・・・大丈夫だよ」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/27(月) 12:04:37 ID:NY3XoLJ2
少女「そ、そう。。」

少女「こ、困っちゃうよねあいつら!!あんな事して笑ってさ!!信じらんないよ!」

ホームレス「・・・」

少女「おじさんはどうしてやりかえさないの?」

少女「私がおじさんだったら顔の形が変わるまでどついてやるんだ!!!」

ホームレス「ハハ」

少女「わ、笑い事じゃないよ!」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/28(火) 05:56:13 ID:FGqvgLvw
ホームレス「面白いねお嬢さんは」

少女「あんな事されて笑ってるおじさんの方が変だよ!」

少女「・・・ほんとはやり返したいけど我慢してるの?」

ホームレス「・・・僕はやりたいと思った事は出来るだけやるようにしてる」

ホームレス「だから報復は僕のやりたい事じゃなかったんだ」

少女「・・・どうして?石投げられたら痛いし嫌でしょ?」

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/28(火) 05:56:43 ID:FGqvgLvw
ホームレス「・・・お嬢さんの言う通りだよ。痛いし好きじゃない」

少女「じゃあ何でやり返したくないの?」

ホームレス「・・・お嬢さんは一期一会って言葉聞いた事あるかい?」

少女「・・・聞いた事はあるけど、、意味は忘れちゃった」

ホームレス「フフ。一期一会って言うのはね。人と人、、人じゃなくても良いんだけどね。出会いって言うのは一生に一回しかない、」

ホームレス「だからその出会いを大切にしましょうって意味なんだ」

少女「・・・」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/28(火) 05:57:11 ID:FGqvgLvw
ホームレス「それで、僕はこの言葉が好きだからさ。」

少女「で、でもおじさん。あんな奴らと出会ったって良い事なんて一つも無いよ・・・」

ホームレス「そんなことはきっとないさ。人間には皆同じだけの価値がある」

ホームレス「その上で違う考えや見た目を持っているだけの話だと僕は思ってるよ」

少女「・・・お、おじさんは間違ってるよ!人に嫌な事するあいつらがおじさんと一緒のわけないじゃん!!」

ホームレス「フフ」

少女「わ、笑うな!!//」

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/28(火) 05:58:04 ID:FGqvgLvw
ホームレス「本当に面白いねお嬢さんは」

ホームレス「・・・んーじゃあもう少しややこしい話になるけど」

ホームレス「お嬢さんはさっきの少年達の事をどう思ってる?」

少女「どうって。。人に嫌がらせばっかりしてる屑だよ」

ホームレス「フフ。」

ホームレス「なら、僕は彼らをどう思ってるだろう?」

少女「・・・」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/28(火) 05:58:44 ID:FGqvgLvw
ホームレス「・・・お嬢さんとは少し違う彼らを見ているようだ」

少女「で、でも!それはおじさんが優しいだけであいつらが屑な事は事実だよ!!」

ホームレス「うん。そうかもしれない」

少女「そうだよ!!」

ホームレス「でもそうじゃないかもしれない」

少女「屑だってば!!」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/28(火) 05:59:10 ID:FGqvgLvw
ホームレス「フフ。ではお嬢さん。僕の見てる少年達とお嬢さんの見てる少年達が違うのは何故かな?」

少女「だ、だからおじさんがお人よし過ぎるんだってば!!」

ホームレス「ハハハ」

少女「わ、笑わないで!///」

ホームレス「お嬢さんの答えは正しいよ。こういう事に纏まった答えは無いんだ」

少女「そ、そうだよ・・・」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/28(火) 05:59:46 ID:FGqvgLvw
ホームレス「・・・僕はね、あの少年達が実際どういう人間なのか知っている人は本人達を含めて一人も居ないと思うんだ」

ホームレス「だからお嬢さんとは違う考え方になってしまうけど、彼らに関しての事実、真実というのは無いと信じてる」

少女「・・・」

ホームレス「僕はあんまりこういう事実か妄想かとかって考えないんだけどね」

ホームレス「今彼らに関する事実があるとすれば」

ホームレス「それはお嬢さんが見ている゛彼ら゛と、僕が見ている゛彼ら゛だよ」

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/28(火) 06:00:15 ID:FGqvgLvw
ホームレス「彼らを好まないお嬢さんが見た彼らと、彼らを愛して止まない僕が見た彼らさ」

少女「・・・じゃああいつらは悪い奴じゃないって事?」

ホームレス「それを決めるのはお嬢さんって事さ。悪い彼らを見てるのは他でもない、お嬢さんだ」

ホームレス「仮にお嬢さんが心と目を失ってしまう」

少女「嫌だなあ・・」

ホームレス「フフ。嫌だね」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/28(火) 06:00:42 ID:FGqvgLvw
ホームレス「そうしたらあの少年達もお嬢さんには見えなくなる。心も無いから何も感じなくなる」

ホームレス「そしてその世界でもあの少年達は存在し続けているんだ」

ホームレス「でもお嬢さんの中で少年達の存在が認識される事は無い」

ホームレス「つまり事実少年達は生きてそこに居るのに、お嬢さんはそこには誰も居ないと信じているんだ」

少女「・・・」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/28(火) 06:01:06 ID:FGqvgLvw
ホームレス「・・・良い悪い綺麗醜い色々あるけど、それを感じているのは全部お嬢さんの心なんだよ」

ホームレス「だから僕の場合はさっきやり返したくなんて無かったんだ」

ホームレス「一度だけの大切な少年との出会い、ただそこからたまたま石が飛んできただけだったからね」

少女「・・・おじさん変だよ」

ホームレス「フフ。お嬢さんから見た僕は変人になっちゃった訳だね」

少女「そうだよ。おじさんは変人だよ!(このおじさん変だけど・・・)」

ホームレス「僕から見たお嬢さんはかわいくて優しくて面白い女の子だよ」

少女「/// う、うるさいな!変人の癖に!!(話してると何か安心する・・・)」

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:43:27 ID:TyUS8Oz.
帰路

少女「(なーんか久々にちょっと楽しかった)」トコトコ

少女「・・・そこにあるんじゃなくて私が゛見てる゛・・」トコトコ

少女「・・・」ピタ

少女「・・・変なの」トコトコ

少女「ただいまー」ガチャ

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:43:55 ID:TyUS8Oz.
・・・・

・・・

・・

「俺は誰だ」

「俺は何だ」

「何のために生きてんだ」

「何のために奪うんだ」

「違う」

「こんなんじゃない」

「こんなんじゃない」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:44:30 ID:TyUS8Oz.
「おじさん!」

「(ん)」

「おじさん!!」

「(・・・おじさんなんて年じゃない)」

「おーじーさーんー!!!」

「(・・・おじさんだった)」

ホームレス「・・・お嬢さん。」

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:44:56 ID:TyUS8Oz.
少女「おはよう!」

少女「3時40分だけどね!」

ホームレス「・・・おはよう」

少女「夜中のじゃなくてお昼の3時40だよ!」

ホームレス「・・・(おはようにおはようが通用しない世界もあるのか)」

少女「おじさんお腹空いてるでしょ!」ゴソゴソ

ホームレス「・・・(中学二年生・・・だったか。・・・昨日ベラベラと話しすぎたせいでまた来てしまったのかな)」

ホームレス「・・・(何故この娘にだけあれほど饒舌になってしまったのか・・・僕にも分らない)」

ホームレス「お嬢さん。(・・・が、僕の周りに居るのは衛生上宜しく無い気がする(臭いとか病気とかそういう意味合いで))」

少女「? 何?」

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:45:20 ID:TyUS8Oz.
ホームレス「・・・いや、何でもないよ(やめておこう。この娘の人生だ。彼女には0から∞まで自身で決断する権利がある)」ニコ

少女「・・・やっぱりおじさん変だね。」

ホームレス「フフ。ごめんね」

少女「また馬鹿にしてんでしょ!//」ゴソ

少女「・・・ほら!これ。お母さんが作ったお弁当!」

ホームレス「おおお・・・」

ホームレス「・・・(愛を感じる良いお弁当だあ)」

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:45:42 ID:TyUS8Oz.
少女「私は今日パン買って食べちゃったからさ!おじさん食べてよ!」

ホームレス「・・・良いのかい?」

少女「もちろん!」

ホームレス「・・・しつこいようだけど、、このお弁当はお母さんがお嬢さんのために作った物だ」

少女「その私が食べてってお願いしてるんだから良いの!」

ホームレス「・・・成程」

ホームレス「では。」

ホームレス「頂きます」ゲザァ

少女「ちょっと!何お弁当に土下座してるの!?」キャハハ

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:46:04 ID:TyUS8Oz.
ホームレス「僕のために犠牲になった命とお嬢さんのお母様とお嬢さんへ」

少女「・・・成程(低音)」

ホームレス「・・・真似かい?」

少女「・・・何でも無いよ(低音)」

ホームレス「・・・頂きます」スッ

少女「無視しないでよ!」

ホームレス「・・・(卵焼き)」パクッ

ホームレス「!!!」

少女「どう?」

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:46:28 ID:TyUS8Oz.
ホームレス「うまい!!!」

ホームレス「凄くおいしいよ!(弁当のパルテノン神殿やぁ!!!やあ!!やあ!やあ・・・やぁ・・・ゃぁ・・・)」

少女「ほんと!良かった!」

ホームレス「お嬢さんのお母様は料理が上手なんだね」

少女「うん!」

ホームレス「素晴らしい」モグモグ

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:46:50 ID:TyUS8Oz.
少女「・・・(食べ方超きれい・・・)」

少女「(昨日・・・聞いたんだ・・・おじさんがホームレスだって)」

少女「(危ないから近寄らない方が良いっても言われた)」

少女「(・・・私はまだ少ししか生きてない)」

ホームレス「おいしいなあ」モグモグ

少女「(自分でお金も稼いだ事無いし、勉強以外で頑張った事一つも無い)」

少女「(でも知ってるんだ)」

ホームレス「米の炊き具合も心得ておられる」モグモグ

少女「(本当に大事な物って目に見えない)」

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:47:12 ID:TyUS8Oz.
少女「(容姿成績生業・・・こういうのに固執してる内はもっと見えない)」

ホームレス「あーおいしかった!ご馳走様です。」ゲザァ

少女「(言葉じゃない・・・でも、言葉にするならそれは・・・)」

ホームレス「゛心゛だね」

少女「・・・・!?」

ホームレス「違う?」

少女「いや、じゃなくて・・・なんで・・・?」

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:47:43 ID:TyUS8Oz.
ホームレス「何と無く」ニコ

ホームレス「(・・・学んだのか)」

少女「・・・・」

少女「やっぱりおじさん変だよ!!!」

ホームレス「フフ」

少女「(だって私はこの人が好きだ)」

少女「(身分なんて関係ない。この人は・・・何か違う)」

少女「それよりおじさん!勉強って出来る?」

ホームレス「うん。多少はね(・・・余計な物を)。」

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:48:12 ID:TyUS8Oz.
少女「先生がめっちゃ沢山宿題出したのさ!でも英語とか分んないし!!」

ホームレス「ハハ。英語は僕結構得意だよ(しかしこの感じ・・・)」

少女「これとかさ!何?えーとわっとどぅーゆーわんとみーとぅーどぅー?」

ホームレス「・・・What do you want me to do?(何度も何度も何度もしてきたが・・・一人格の中でのこういう変化は初めてだ)」

少女「な、何その発音!!!外人さんみたい!!!」

少女「お、おじさん何者!?」

ホームレス「ただのおじさんだよ(妄想の中の妄想。妄想は好きじゃない。でも感じずには居られない)」

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:48:34 ID:TyUS8Oz.
ホームレス「で、この文の訳し方なんだけど・・・

「無視しないで!!!・・・

・・・・

・・・

・・

(・・終わるのか?)

・・・・

・・・

・・

「・・・何回目だ」

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:49:38 ID:TyUS8Oz.
「・・・」

「ひいふうみい・・・17回目」

「俺は何だ」

「返してやりたい」

「・・・と出会いたい」

「・・・違う」

「こんなんじゃない」

「こんなんじゃない」

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:50:18 ID:TyUS8Oz.
・・・・

・・・

・・

「おじさん!」

「(・・・)」

「おじさん!!」

「(・・・まだみたいだな)」

「おじさーん!!!」

「・・・おふよう(最近寝るというよりは気絶に近い)」

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:50:39 ID:TyUS8Oz.
少女「おはよ!おふようって何」キャハハ

ホームレス「舌が・・・舌が回らなかった」モゾモゾ

少女「アハハ。はい!お弁当!今日は何と私が作ったよ!!(何かおじさん最近元気無いな)」ジャン

ホームレス「おおお・・・(・・・お嬢さんに心配をかけてしまうとは・・・)」

少女「開けて開けて!(おじさんと初めて会ってからもう半年近く経った)」

ホームレス「ああ・・・」パカ

ホームレス「!!!」

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:51:11 ID:TyUS8Oz.
ホームレス「なんておいしそうなんだ!!」

少女「へへーん(色んな話したり遊んだり勉強教えてもらったり(超成績上がった!))」

ホームレス「では、頂いても宜しいですかお嬢様」

少女「構わぬぞ」

ホームレス「ハハー」ゲザァ

ホームレス「ムムッ!(野菜炒め)」パク

少女「どう?(相変わらず食べ方綺麗)」

ホームレス「素晴らしいですぞ!!素晴らしいですぞ!!」パクパク

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:51:52 ID:TyUS8Oz.
少女「良かった!(妄想はあんまり好きじゃないんだけどね。もう長くは続かない気がするんだ。)」

ホームレス「・・・」パクパク

少女「・・・(何の根拠も無いけどね。ただ最近そういうふうに感じちゃう。)」

ホームレス「・・・」ピタ

少女「・・・」

少女「・・・おじさんも、そう思ってるんじゃない?」

ホームレス「・・・!」

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:52:16 ID:TyUS8Oz.
ホームレス「・・・僕も・・・妄想は好きじゃないんだ。だから・・・分らない」

少女「・・・嘘」

少女「おじさんは私よりずーーーとよく分かってるでしょ」

ホームレス「・・・いいや。お嬢さんと同じさ。妄想は好きじゃない。妄想でしかないんだ。僕の感じてる事も(鍵・・・死・・・)」ズキッ

ホームレス「っ・・・!?」ズキンズキン

少女「ッ!?おじさん!?」

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:52:41 ID:TyUS8Oz.
ホームレス「ッ・・・大丈夫・・・多分意識が20分程飛ぶから・・・そうしたら起こして・・・(二回目・・・)」

少女「だ、駄目だよ!きゅ、救急車呼ぶよ!?」

ホームレス「・・・少女ちゃん。お願い」ジッ

少女「・・・ッ・・・20分経って寝てたら呼ぶからね・・・」

ホームレス「ありg・・・・」

・・・・

・・・

・・

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:53:21 ID:TyUS8Oz.
「地球はいくつあるか」

「一つだろう」

「違う。約二百兆」

「・・・分らない」

「分らなくても大丈夫だ。生きれる」

「・・・俺は」

「いや・・・僕は・・・」

「死を見たい」

「他に何も求めない」

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:53:43 ID:TyUS8Oz.
「・・・」

「逃げたか・・・」

・・・・

・・・

・・

「・・・」

「また人の心を・・・」

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:55:47 ID:TyUS8Oz.
「・・・奪った」

「23回目」

「後何回だ」

「僕は何だ」

「命」

「だってこの生に終わりは無いから」

「死ねないから」

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:56:40 ID:TyUS8Oz.
「なら誰が死」

「ああ」

「また」

「魂が移動する」

「食らって、」

「僕は生きる」

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:57:01 ID:TyUS8Oz.
・・・・

・・・

・・

「20分経った・・・起きないよ・・・」

「救急車呼ぶからね!」

「(あ、ちょっと待って・・・)」

ホームレス「あちょま」

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:57:43 ID:TyUS8Oz.
少女「お、起きたぁ!」ビクゥ

少女「ギリギリだったね」キャハハ

ホームレス「うん。ギリギリだった」

ホームレス「・・・ありがとうね。少女ちゃん」

54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 10:58:05 ID:TyUS8Oz.
少女「あ、さっきの聞き間違いじゃなかったんだ。名前で呼ぶの」

ホームレス「お嬢さんと呼び続けるには仲良く成り過ぎた気がしてさ」

少女「お弁当食べる前はお嬢さんだったのに」キャハハ

ホームレス「・・・フフ。まあ良いじゃないか(やっと・・・見つけた)」

55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 11:50:54 ID:TyUS8Oz.
少女「・・・そうだね」

・・・・

・・・

・・

?「おじいちゃん死んじゃうの?」

?「魂の移植・・・本当になされないのですか・・・?」

?「本人の希望ですので・・・」

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 11:51:15 ID:TyUS8Oz.
?「生ある限り死は同居すると。父は私が若い頃からそのように申しておりました」

?「・・・そうですか。」

?「・・・私共に出来る事は全てさせて頂いたつもりです。。」

?「ありがとうございます。先生。父も先生に看て貰えてとても幸せだったと思います」

?「・・・・とんでもない。。お救い出来ず・・・本当に申し訳ありません」

?「(感謝してるよ・・・せん・・・せい・・・)」

?「おじいちゃん死なないで!」

57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 11:51:36 ID:TyUS8Oz.
?「(ああ・・・これで・・・終わりだ・・・)」

?「(“命”よォ・・・随分長い間世話になったな・・・)」

?「(“鍵”とは”出会えた”ろう・・・?後は・・・頼む・・・)」

?「(今度こそ・・・ゆっくり休もうや・・・)」

58 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 11:53:12 ID:TyUS8Oz.
・・・・

・・・

・・

「殺すか、融合・・・つまり○○○するか」

「うん。でも」

「殺して欲しい」

「2000年近く生きてさ」

「勿論そういう趣味の人も沢山見てきたけど、僕自身はそういうの、無いや」

59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 11:53:34 ID:TyUS8Oz.
「今はロリコン、って言うんだよねそれ。」

「・・・」

「私もう中学生じゃないよ」

「僕から見れば誰でも若いさ」

「・・・私は融合が良いなあ」

「その見た目も本物じゃないんでしょ?」

60 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 11:53:55 ID:TyUS8Oz.
「・・・そういう言い方も出来るね」

「・・・なにより」

「・・・好きだし」

「・・・嬉しいね。でも、この体じゃもうそんなに動けないや」

「・・・変なの」

「どっちにしたって死んじゃうのにさ」

「そうだね。」

「僕も・・・」

「愛してるよ」

61 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 11:54:21 ID:TyUS8Oz.
「・・・そんなんずるいよ」

「ずるくないさ」

女「ずるいって・・・」ポロポロ

ホームレス「フフ」

女「笑うな・・・!」グスッ

女「・・・」ギュッ

ホームレス「・・・!」

ホームレス「・・・」

62 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 11:54:42 ID:TyUS8Oz.
ホームレス「臭いだろう。僕は」

女「・・・臭い。」ポロポロ

女「でも好き」

ホームレス「・・・変人と変態が世界の鍵か」

女「う、うっさいな!///」

女「・・・」グスッ

ホームレス「・・・」

63 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 11:55:34 ID:TyUS8Oz.
ホームレス「・・・君と出会えて本当に良かったよ。」

女「私も」グスッ

—————

?「(・・・ありがとうよ・・・)」

?「(・・・”生”、”死”)」

64 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/08/31(金) 11:56:56 ID:TyUS8Oz.
ピーーーーーーーーーーーーーーーーーー

?「ご臨終です・・・」

?「・・・」グッ

?「おじいちゃん!おじいちゃん!!!」

?「おじいちゃあん!!!!!」ウワアアアン

「・・・空が閉じてく」

「おじさん・・・私も・・・今行くね・・・」

終わり

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1346036312/l50

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする