【オリジナルSS】女「私達って相思相愛よね」男「は?」

2 : ◆vwhYgrtriM:2012/10/24(水) 19:04:21 ID:V9v9sc8I
きっかけなんて些細なもの。

あの時あの場所で、

君が話しかけてくれたから。

君が私を救ってくれたから。

君の笑った顔が眩しくて、

私もこうなりたくて、

だから私は、

君が好きになったんだ。

3 : ◆vwhYgrtriM:2012/10/24(水) 19:08:16 ID:V9v9sc8I
女「ねえ、私と付き合って」

男「なんで?」

女「だって…私は君が好きだから」

男「君みたいな可愛い子に告白されるなんて光栄だね。でもお断りするよ」

女「どうして?」

男「僕は、君と同じだからさ」

女「??ならいいじゃない」

男「とにかく駄目だよ」

女「私、諦めないわよ」

4 : ◆vwhYgrtriM:2012/10/24(水) 19:11:07 ID:V9v9sc8I
女「私と付き合って」

男「昨日に続いて今日もかい?」

女「諦めないって言ったわよ」

男「そんな君がどうして」

女「色々あるのよ。色々ね」

男「もし失礼でなければ、聞いても?」

女「秘密は女を綺麗にするというから内緒よ」

男「残念」

女「ならそういう顔をして言ってくれるかしら?」

5 : ◆vwhYgrtriM:2012/10/24(水) 19:16:49 ID:V9v9sc8I
女「私と付き合ってくれるかしら?」

男「今日もか。君も飽きないね」

女「諦めは悪いほうなの」

男「初耳だよ」

女「よかったわね、私の新しい一面を知れて」

男「別に知りたくもなかったけどね。というか君、毎日毎日昼休みに屋上に来て…暇なのかい?」

女「屋上。好きなのよ。それにここはあなたとの思い出の場所でしょう?」

男「まあ、そうだね」

女「それに、暇じゃなかったらあんなことしないわ」

男「それもそうだね。ごめん」

女「あなたが謝ることじゃないでしょ。お付き合いしてくれる?」

男「お断り」

6 : ◆vwhYgrtriM:2012/10/24(水) 19:19:56 ID:V9v9sc8I
女「お付き合い」

男「それしか言わないの?っていうか、カーディガン着てるんだね」

女「寒いでしょ今日は。あなたは着ないのね」

男「寒がりじゃないしね。っていうか、タイツもか」

女「あら、タイツ好きなのかしら」

男「」

女「図星なのね。ふふっ。嬉しいわ、あなたの新しい一面が知れて」

男「忘れてね」

7 : ◆vwhYgrtriM:2012/10/24(水) 19:24:04 ID:V9v9sc8I
女「お付き合いして」

男「はあ。君も本当に飽きないね」

女「それはそうよ」

男「どうしてだい?」

女「あなたが好きだからに決まってるじゃない」

男「嬉しい言葉を恥ずかしげの欠片もなくありがとう」

女「好きよ」

男「僕は普通だよ」

女「残念ね」

男「本当に残念そうな顔しないで、罪悪感がするから」

女「ふふっ。ならよかったわ」

男「君の涙は信じない」

8 : ◆vwhYgrtriM:2012/10/24(水) 19:29:31 ID:V9v9sc8I
女「お付き合いして」

男「まず聞きたいんだけど。どうやって僕の家を知ったんだい?」

女「愛の力よ」

男「…。聞かない事にしたよ」

女「あら、賢明な判断ね」

男「何をしにきたの?」

女「最初に言ったでしょ?お付き合いして」

男「お断りする」

女「どうしてよ」

男「僕は、君と会う資格なんかない。本当は、あの時君を止める資格すらーー」

女「やめて。私の感謝を、私のこの気持ちを否定するのはあなたも許さないわ」

男「ごめん」

女「今日は帰るわ。また明日学校で」

9 : ◆vwhYgrtriM:2012/10/24(水) 19:32:53 ID:V9v9sc8I
女「あれからもう一週間ね」

男「そうだね。君もずいぶんと変わったよ」

女「そうかしら?」

男「うん」

女「それは、あなたのおかげよ」

男「ここは素直に受け取っておくよ」

女「私はね、嬉しかったの。誰も気にすら止めてくれない私の名前を覚えていてくれて、私を救ってくれて」

男「誰も気にすら止めないって。そんなことはないと思うよ」

女「あるのよ。私はこの学校にも、家にも居場所はない」

10 : ◆vwhYgrtriM:2012/10/24(水) 19:35:44 ID:V9v9sc8I
きっかけなんて些細なもの。

あの時あの場所で、

君の悲しそうな笑顔を見たから。

君の幸せそうな笑顔も見たから。

君の悲しそうな笑顔を見ていられなくて、

僕と同じ君を見捨ててなんていけなくて、

だから僕は、

君を笑顔にしたくて、

君を好きになったんだ。

11 : ◆vwhYgrtriM:2012/10/24(水) 19:41:28 ID:V9v9sc8I
男「僕はあの時。君がこの屋上から飛び降りようとした時、僕も自殺するつもりだったんだ」

女「そう。やっぱり」

男「え?」

女「あなたが悲しそうな笑顔で、頑張って笑うのが、すごい眩しかったもの」

男「そ、そっか」

女「どうしてなのかを聞いていいかしら?」

男「妹がね、自殺したんだ。しかも父さんの会社は潰れて、母さんと心中。だから自殺しようとした」

女「今住んでいるお家は?」

男「親戚の叔母さんに借りてるんだよ。だから僕も自殺しようとした。びっくりしたよ。まさか先客がいるとは思わなかったから」

女「でしょうね」

12 : ◆vwhYgrtriM:2012/10/24(水) 19:45:14 ID:V9v9sc8I
男「僕は、君が悲しそうな顔で笑ったあと、幸せそうな顔で笑ったのを見て…なんでだろうね、助けなきゃって思ったんだ」

女「嬉しいわ」

男「自分も自殺しようとしてるのに変な話しだよね」

女「いいのよ。私は救われたのだから」

男「僕はね。君と釣り合わないよ」

女「そんなことないわ。あなたは私にとって世界一よ」

男「悪い気はしないよ」

女「ねえ。あなたはあの時言った台詞覚えてるかしら?」

男「どんな台詞?」

女「もう、忘れたのね?」

男「何しろ必死だったからね」

女「仕方ないわね…」

13 : ◆vwhYgrtriM:2012/10/24(水) 19:48:25 ID:V9v9sc8I
ーーなにをしてるの?

ーー見てわからないかしら。飛び降りるのよ。

ーーどうして?

ーー疲れてしまったから、かしらね。

ーー悲しそうな顔で笑うんだね。

ーーなにか言ったかしら?

ーーどいてよ。そこは僕の特等席なんだ。

ーーふふっ、あなた、これから自殺する人に対してその言い方はないんじゃないかしら。

ーー…ねえ。君自殺なんてやめよう。

ーーどうして?

14 : ◆vwhYgrtriM:2012/10/24(水) 19:51:59 ID:V9v9sc8I
ーー意味なんてないよ。

ーーどういうことかしら。

ーー僕はね。もう手を伸ばすのを忘れたくないんだ。頑張ってと声をかけるだけなのは嫌なんだ。

ーーなにを言っているの?

ーー僕は君に手を伸ばすよ。女さん。

ーー……え?

ーー君が掴んでくれるまで、ずっと伸ばしてる。

ーーずっと私が掴まなかったら?

ーーそうしたら、僕が君の手を掴むよ。

ーー強引なのね。

ーー君は僕が助ける。

ーーなぜ?

16 : ◆vwhYgrtriM:2012/10/24(水) 19:52:26 ID:V9v9sc8I

ーー強いて言うなら、一目惚れ、かな?

17 : ◆vwhYgrtriM:2012/10/24(水) 19:54:09 ID:V9v9sc8I
男「僕は、そんなことを言ったんだね」

女「忘れてたのね」

男「すっかりね」

男「あー、なんか恥ずかしいや」

女「ねえ?」

18 : ◆vwhYgrtriM:2012/10/24(水) 19:56:01 ID:V9v9sc8I

ーーー私と付き合って?

ーーーお断り……しないよ。こちらこそよろしく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする