【オリジナルSS】姉「らぶれたー、だと?くだらん」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/29(土) 23:59:03.62 ID:e73xooaZO
妹「やったじゃん!」

姉「まったくくだらんな」

妹「くだらないって言うわりに捨てないの?」

姉「一応、確認しておくだけだ。別に気になるとかじゃない」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 00:15:07.92 ID:zjaG3++HO
姉「そうだ、教室に忘れ物をしてしまったな。お前は先に帰っていいぞ」

妹「え、一緒に帰ろうって言ったの姉さんじゃ」

姉「友達と一緒に帰ってくれ、すまない」

妹「……もう」
9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 00:19:36.79 ID:zjaG3++HO
姉「………」

姉「ま、確認だからな確認」ガサガサ

姉「ふむふむ……」

姉「………またか」

姉「本当に妹と仲良くなりたいのなら私を介するんじゃない、どいつもこいつも…」
10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 00:31:48.71 ID:zjaG3++HO
妹「おかえりー。ずいぶん遅かったね。ご飯食べる?」

姉「いや…いい…」

妹「もう!後で食べたいって言っても……姉さん?」

妹「…何かあったの?」
11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 00:41:52.80 ID:zjaG3++HO
姉「べ、別に何も…」

妹「うそ!姉さん目が赤くなってる…泣いてたんでしょ!」

姉「む…、だからどうだと言うんだ。それでお前に迷惑がかかってるわけじゃあるまい」

妹「私は心配なの!」

姉「………」

妹「…もしかして、あのラブレターが関係あるの?」
12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 00:48:08.38 ID:zjaG3++HO
姉「…るさい」

妹「え?なに」

姉「うるさいぞ、私に構うな。心の底じゃ笑ってるんだろ」

姉「滅多にないラブレターをドキドキして読んだらお前を紹介してくれ、という内容ばかりだ。笑えるだろ?」

妹「そ、そんな私…」

姉「…もういい。寝る」

ガチャ

妹「……姉さん」
15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 00:57:48.71 ID:zjaG3++HO
姉「(…何を八つ当たりしてるんだ私は)」

姉「(あいつは私のことを心配してくれてたのに…私という奴は…)」

コンコン

妹「…姉さん?」

姉「………」

妹「ごめん、私の言い方が悪かったんだね」

妹「許してくれなくていいよ…けど」

妹「たった二人の家族なんだから。私は仲良く暮らしたいな」

姉「………」

妹「…っと。言い過ぎたかな」

妹「夕飯、ここに置いとくね」
16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 01:02:48.26 ID:zjaG3++HO
姉「…うまい」モギュモギュ

姉「後で…謝ろう」
ガチャ

姉「あ」

妹「姉さん…」

姉「……」

妹「……」
18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 01:14:24.80 ID:zjaG3++HO
姉「……すまん」

妹「!」

妹「い、いいよいいよ!私だって悪かったんだし…それより姉さんと仲直りできて私…嬉しい」

姉「ふふっ…大げさだな妹は」

妹「大げさじゃないよ…。そだ、仲直りのしるしに今晩一緒に寝よ?」

姉「む」

妹「…イヤ?」
29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 01:31:42.27 ID:zjaG3++HO
姉「ま、今日くらいいいか」

妹「やったぁ!」

姉「ちゃんと自分の部屋から布団持ってくるんだぞ」

妹「…へ?」

姉「いや、当然だろ」

妹「…同じ布団」

姉「……」

妹「一つの布団で寝たいの」

姉「(気持ち悪いなこいつ)」
30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 01:35:24.02 ID:zjaG3++HO
妹「わー、姉さんの部屋入るの久しぶりかも」

姉「(…結局同じ布団で寝ることを許してしまった。今日のことで負い目を感じたからか)」

姉「…私は風呂入ってくるから」

妹「お布団暖めておきます!」
32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 01:38:40.76 ID:zjaG3++HO
姉「ふう…さっぱりした」

姉「ん?」

んっ…んっ…あっ、あ…

姉「…何だか変な声が聞こえるな」
33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 01:43:59.06 ID:zjaG3++HO
ガチャ

姉「……」

妹「あ、おかえり」

姉「何やってたんだ」

妹「寝る前に少し筋トレするとぐっすり眠れるんだよ、姉さんもやってみたら?」

姉「私は遠慮しておく」

妹「簡単なストレッチでも良いんだよ、ほら」

姉「いだだだだだ」
37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 01:51:39.87 ID:zjaG3++HO
妹「…姉さん、ごめん」

姉「……別に怒ってない」

妹「なら、こっち向いてよ」

姉「別にどっち向いて寝ようが関係あるまい」

妹「………」ギュッ

姉「おい、離せ」

妹「…イヤ」

姉「…いい加減にしてくれ」

妹「私のこと、嫌いなの?」
45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 02:05:07.87 ID:zjaG3++HO
姉「○○な意味でも我慢の限界だ(な、なんだ…自分の意思では無いのに)」ガバッ

妹「わっ…」

姉「おかしいか?(私、やめてくれ)」

妹「……ううん、私も…」

姉「!!」

姉「(こいつに彼氏がいない理由が分かったぞ)」

妹「ん…」

姉「(目を閉じた…だと?)」
48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 02:10:08.09 ID:zjaG3++HO
姉「………」ベシッ

妹「へうっ!」

姉「冗談に決まってるだろ」

妹「ふ、ふーん…分かってたけどね!」

姉「くだらん、さっさと寝るぞ」

妹「………うん」
49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 02:14:25.23 ID:zjaG3++HO
―翌朝―

姉「む…朝か」

妹「むにゃ」

姉「起きろ、朝だぞ」バシバシ

妹「ねーむーい…」

姉「くだらん」
51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 02:22:54.85 ID:zjaG3++HO
―学校―

姉「(…友人がいない私にとって学校は退屈だな)」

姉「(妹ほどの人気者になれたなら少しは楽しいと感じるんだろうが)」

男「あの…」

姉「(はぁ…一度で良いから私も男の人から愛の告白を受けてみたいものだ)」

男「あの」

姉「む、私か(おっと、ついボーっとしてしまった)」
52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 02:28:31.13 ID:zjaG3++HO
姉「君は…男君だな確か」

男「すいません、呼び出してしまって」

姉「む、別に構わないぞ。それで…用は何だ(どうせ妹との仲を取り持って欲しいとかだろ)」

男「あ…その…」

姉「(早くしてくれ)」

男「姉さん、付き合って下さい」

姉「………」

姉「は?」
56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 02:33:35.76 ID:zjaG3++HO
姉「(妹のことではないのか…?しかし何だこの気持ちは、ムズムズするぞ)」

男「ずっと見てました」

姉「あ、あうあう…」

姉「…す、少し待ってくれないか?わわ私たち、まだお互いをよく知らないんだから…」
60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 02:37:08.29 ID:zjaG3++HO
男「なら、お友達からですか?」

姉「…そういうことになるな(私、顔赤くないか?)」

男「…良かった、まだ希望はありますね」ニコッ

姉「~~!」
62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 02:41:24.97 ID:zjaG3++HO
妹「…え、一緒に帰らないの?」

姉「あ、ああ…今日は友人と帰ることになってな」

妹「……ふーん」

妹「なんか姉さん、良いことあった?」

姉「なぜだ」

妹「いつもよりテンション高いもん。姉さん、何かあったでしょ」

姉「あ…あったとしてもお前に関係ない」

妹「……」
65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 02:50:42.50 ID:zjaG3++HO
姉「む」

男「あれ?姉さん」

姉「き、今日…一緒に帰らないか」

男「……」ポカーン

姉「が、ガラじゃないのは分かってる」

男「ははっ…喜んで」

姉「…くだらん」
68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 02:55:59.53 ID:zjaG3++HO
男「へー、二人暮らしなんですか。大変ですね」

姉「ま、まあ慣れるとそんな大変じゃない。…それより」

姉「なんか他人行儀じゃないか、その喋り方」

男「そうですか?」

姉「嫌なら良いんだが。もっと…フ、フレンドリーでもいいぞ」
71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 03:03:02.28 ID:zjaG3++HO
男「じゃあ、こんなフランクな感じでいいの?俺はこれだと楽だけど」

姉「あぁ、私もそっちの方が気が楽だ。それに…」

姉「もっと仲良くなれると思わないか」

男「……」ポケー

男「……姉さん、可愛い」

姉「なっ…くだらん」
73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 03:09:15.26 ID:zjaG3++HO
姉「ただいま」

妹「…おかえりなさい」

姉「む、なんか落ち込んでるな。どうした」

妹「…大丈夫だよ、それより今日は誰と帰ったの?」

姉「だ、だから友人だと」

妹「男の人?」

姉「…なぜそんなこと訊くんだ」

妹「べっつに~」
76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 03:16:49.21 ID:zjaG3++HO
妹「ね、また一緒に寝ない?」

姉「イヤだ(自分の○○は自分で守らなくては)」

妹「いじわる」

姉「昨日のはお詫びのつもりだったんだ。今日は理由がないしあったとしても嫌だ」
79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 03:25:28.79 ID:zjaG3++HO
―翌日―

妹「ふわ…ねむ…」

姉「お前は本当に朝弱いな」

男「姉さん、おはよっ」ポンッ

姉「む、おはよう」

妹「…お、おはようございます」

男「お、妹さん?」

姉「ああ、私に似ず可愛くて人気者だ」

男「そんな…姉さんも相当可愛いって」

姉「く、くだらん」

妹「ノロケもほどほどに、ね」
82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 03:54:06.50 ID:zjaG3++HO
妹「姉さん、昨日あの人と帰ったの?」

姉「む、まあな」

妹「そっか…おめでと!」

妹「ついに姉さんに彼氏が出来たんだ!」

姉「か、彼氏ではない」

妹「彼氏じゃないなら私、アタックしよっかな~」

姉「くだらん」
83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 03:58:00.06 ID:zjaG3++HO
姉「あの人はお前がアタックしても…た、多分振り向かないと思うぞ」

妹「何でそんなハッキリ言えるの?まさか…」

姉「つ、つつつ突き合ってるわけじゃないが…」

妹「姉さん大丈夫?」
84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 04:43:03.86 ID:zjaG3++HO
妹「私は姉さんが決めた人なら大丈夫だと思う…自信持って!」

姉「む、お前に励まされると何だかムズムズするな」

妹「また照れちゃって」
86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 04:54:12.63 ID:zjaG3++HO
姉「…すまないが今日も一緒には帰ることが出来ない」

妹「姉さんには何よりも大好きな人がいますもんね、別に構いませんよーだ」

姉「大好きなんて…」

妹「姉さんもすっかり毒気を抜かれたなぁ」
93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 06:15:38.86 ID:zjaG3++HO
男「…じゃあ俺はチーズケーキとアイスコーヒーで。姉さんはどうする?」

姉「…ちょ、ちょこれーとぱふぇが…食べたい…」

男「意外だなー、姉さん甘いもの好きなんだ」

姉「む…私のイメージって何なんだ」
94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 06:21:59.94 ID:zjaG3++HO
姉「一口食べたいならいつでも言うんだぞ」

男「…さっきからそればっかり。どうしたの?」

姉「いや、君が食べたいんじゃないかと…な?」

男「……ん、なら一口もらおうかな」

姉「!!そ、そうか。なら…」

姉「は、はい、あーん…」

男「ん」パクッ

男「姉さんひょっとしてこれがやりたかったりして?」

姉「バ、バカ!そういうのでなくて…」

男「なら俺からも」

男「はい、あーん」

姉「むぐ」

姉「…うまい」
95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 06:34:22.62 ID:zjaG3++HO
妹「最近姉さんとあまりお話出来ないなあ…」

妹「明るくなった姉さんもそれはそれで可愛いけど…何だか私のシックスセンスがビンビンしてるよ」
107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 09:57:39.48 ID:zjaG3++HO
姉「む、ネコ」

男「ホントだ…ってこのネコだけ一匹離れてら」

ネコ「みーみー」

姉「うりうり」ナデナデ

ネコ「むぅー」

男「はは、姉さんとそのネコ似てるなあ」

姉「似てる…か。そうだな、私も今まで一人だった」

男「そ、そんなわけじゃ」

姉「違うんだ、怒ってるつもりではない。…感謝しているんだ」
108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 09:58:44.37 ID:zjaG3++HO
姉「今まで人気者の妹をうらやむだけの暗い人生だったのが君のおかげで暖かい光が差した」

男「………」

姉「そ、その…あ、あい…あ…あい…」

姉「……ありがとう」

姉「(くっ、私というヤツは)」

男「………」

姉「だから、お前もみんなと仲良くなるんだぞ」

ネコ「むぅー」ゴロゴロ
109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 10:08:18.54 ID:zjaG3++HO
妹「…あれ?姉さん今日はあの人と帰らないんだ」

姉「友人と帰るらしい。ま、こんな日もあるさ」

妹「なんだか寂しそうだね」

姉「む、別にどうということはない」

妹「また強がって」

姉「くだらん」
111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 10:28:47.02 ID:zjaG3++HO
姉「む、あれは」

妹「絡まれたら嫌だな…向こうからいこ?」

DQN1「ギャハハ」

DQN2「それにしても男もよくやるぜ」

姉「…む?」

DQN1「だな、姉みたいな変人を落とそうとするんだからよ。出来っこねえよ」

DQN2「男が落としたら俺ら一万払うんだ、出来たら困るぜ。まあ無理だろうけどな、あんな堅物」

妹「……アイツら」

姉「………」

妹「姉さん…」
113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 10:36:46.14 ID:zjaG3++HO
妹「姉さん、さっきの…」

姉「………あ、ああ…別に気にしていないぞ」

妹「……」

姉「私みたいな変人を好きになってくれる人…いるはずないんだ。うん、私は人を好きになってはいけないんだ」

姉「…そうだな、むしろこんな女に夢を見せてくれたことを感謝…すべきなんだ…」

妹「…ウソ。本心じゃない」

姉「な、何を言ってるんだ…紛れも…ない本心だ」

姉「む、なぜ泣いているんだ私は」
126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 12:06:53.58 ID:zjaG3++HO
妹「もっと…素直になってよ姉さん」

姉「…分かるもんか」

姉「…私の気持ちがお前に分かるもんか」

妹「………」

姉「人気者の…お前には分かるもんか…」

バシッ

姉「…っ」

妹「…ふざけないで」
128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 12:13:02.58 ID:zjaG3++HO
妹「自分がダメになると何でもかんでも私のせいにして…」

姉「……」

妹「自分で何とかしようと考えないの?姉さん、いつも泣いて…自分の殻に閉じこもってるだけだよ」

姉「ちがう…」

妹「違う?…ウソ!姉さんは何も解決しようとしてない!」

妹「出来ない、じゃなくてやらないだけなのよ!」

姉「…だ、だって……」
129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 12:19:04.15 ID:zjaG3++HO
姉「私なんか…私みたいな人間は」

妹「…またそうやって自分を乏しめて。そうだよね、楽だよねそうしてると」

姉「っ!」

バシッ

妹「いたっ」

姉「わ…私だってなあ、人並みに恋愛がしたいんだ!友達だって欲しい!お前が羨ましいんだ…!」

妹「姉さん…」
131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 12:22:37.26 ID:zjaG3++HO
姉「私だって…私だって…」

妹「……姉さん」ギュッ

姉「!?」

妹「…ありがと、本音で話してくれて」

姉「……うっ…」

妹「前も言ったじゃない、たった二人の家族なんだから仲良くしよ…って」

姉「ご、ごめ゛んっ…私…」

妹「辛かったんだね、姉さん」

姉「…ごめん……」

妹「ううん…」
136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 12:43:53.08 ID:zjaG3++HO
―翌日―

男「姉さん、おはよ」

姉「ああ、おはよう」

姉「…話があるんだ、ちょっとついてきてくれ」

男「…分かったよ」

―――――――――――――――

姉「………」

男「……なに?」

姉「私は、君に告白された時本当に嬉しかった…毎日が幸せだった」

姉「なのに」

姉「どうして…どうして私で遊ぶんだ、興味無いならほっといてくれ」

男「………」

男「そうか、知っちゃったのか」
138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 12:51:32.59 ID:zjaG3++HO
男「………」

姉「…一言、謝ってくれたら私はもう君を責めない」

男「………ごめん…」

姉「……っ…少しの間だけだったが楽しかった、ありがとう」

男「…でも、最初は遊びだったかもしれない…けど…今は俺は本気で姉さんのことが」

姉「今更…何を言うんだ一体…くだらん」
139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 12:59:58.28 ID:zjaG3++HO
妹「そう…振ったの」

姉「まあな…。べ、別に未練なんか無いぞ」

妹「ふふっ、はいはい」

姉「…くだらん。それより夕飯が冷めるぞ」

姉「…ありがとな」

妹「え?」

姉「む、何もない」
144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 13:21:55.06 ID:zjaG3++HO
―翌日―

クラスメート女A「あははっ、これおもしろーい」

クラB「でしょ?これがさあ…」

スッ
姉「………」

クラB「あ、姉さんおは」

クラA「こら、姉さんはきっと一人でいるの好きなんだから…」ヒソヒソ

クラB「そ…そっか。綺麗なのに近寄りがたいもんね」ヒソヒソ

姉「お…おはよう」

A&B「!?」

A「あははっ…おはよー姉さん」

B「お、おっはよー!」

姉「……何かおかしかったか?」

A「ううん!ただ、姉さんって一人が好きだと思ってたから…」

姉「む、私だって人の子だ…一人は寂しいぞ」

B「ご、ごめんよー…」
145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 13:25:15.20 ID:zjaG3++HO
姉「勘違いしていた罪で…わ、私の名を呼び捨てで呼ぶこと!」

A「………」

B「………」

姉「ま…まずかったか?」

A&B「……ぷっ」

A「姉ってば可愛いー!」

B「よし、なら姉には私達の名前を呼び捨てで呼ぶ刑に処すー!」

姉「……ふふ」
149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 13:40:45.92 ID:zjaG3++HO
妹『えっ!?あの男を許すの?』

姉『あぁ…つい調子に乗ってしまっただけなんだと思う。そんなに悪い奴では無いしな』

妹『…いいの?』

姉『私の決めたことだ、後悔はしないさ』

妹『そっか。…やっぱり未練あったんだね、ふふっ』

姉『!!』

姉『……恥ずかしいな』
151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 13:53:11.32 ID:zjaG3++HO
男「はぁ…やっぱりDQNなんかに相談しなきゃ良かった…。賭けに使うなんて…乗った俺もクズだな」

スッ

姉「む」

男「……あ」

姉「い、一緒に帰らないか」

男「………」ポカーン

男「だって…俺…」

姉「どうやら私も本気になっていたらしい。…君がいないと張りがない」

男「でも…」

姉「…む、やはり私では不満か」

男「い、いやそうじゃなくて」

姉「ならば問題は無いじゃないか、君の奢りでちょこれーとぱふぇ食べに行くぞ」
158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 14:03:48.05 ID:zjaG3++HO
―数日後―

姉「なあ」

男「?」

姉「この前言えなかったこと…言うぞ」

男「うん」

姉「あ…あい…あ…あいし…」

男「………」

姉「あ、あい………………くだらん」

男「あらら」
159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 14:04:28.37 ID:zjaG3++HO

おわり

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 20:17:23.55 ID:zjaG3++HO
妹「そういえばもうすぐクリスマスだけど姉さんどうするの?」

姉「む、多分…家で…寝てる…」

妹「………」

姉「……なんだ」

妹「彼氏さんは…」

姉「む、まだ彼氏とは決まってないが……彼はクリスマスの話題を出してこない…」
195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 20:20:13.38 ID:zjaG3++HO
妹「……それってどうなの?」

姉「ま、まあ彼は彼なりに忙しいんだろう。うん、そうだそうだ」

妹「またそんなこと言って…後悔しないでよ」

妹「(今年も姉さんと過ごせるぞ!やったあ!)」

姉「む」
197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 20:29:35.39 ID:zjaG3++HO
―三日後―

姉「(彼はなぜかはぐらかすし…私は嫌われたのか)」

姉「な、なあ」

A「?」

姉「その…わ、私の話ではないんだが」

A「…どしたの」

姉「好き合ってる男女が…く、クリスマスを共に過ごさないというのは…どう思う?」

B「あーそりゃ愛が無いね」

姉「なん…だと?」
198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 20:30:31.04 ID:zjaG3++HO
B「どっちかが愛想尽かしちゃったんだよそれ。クリスマスはカポーにとって色々勝負するイベントだから」

姉「……そうか…」

A「あれ…姉落ち込んでるよ?」ヒソヒソ

B「ん分かってないなぁAは」ヒソヒソ

A「分かってないって何が?」

B「きっとあの話は姉の友達の話さ!じゃなきゃあんなに落ち込まないよ」

A「な、なるほど」

クラスメート「(いや察しろよ…)」
199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 20:36:48.77 ID:zjaG3++HO
―クリスマスイヴ前日―

姉「む」

男「な、なに?」

姉「明日…」

男「あ゛ーーーーっ!教室に忘れ物した、早く取りに行かないと!」

姉「………」

―――
――

姉「…くだらん」

妹「もう、そんな拗ねないでご飯食べよ?」

妹「やっぱりあの程度の男だったんだよ!姉さんは悪くない!」

妹「(これで確実にクリスマスは姉さんと…むふふ)」
202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 21:08:29.54 ID:zjaG3++HO
―クリスマスイヴ―

妹「姉さん、はいプレゼント」

姉「む…ああ。お前のは確か…」ガサゴソ

姉「ん」

妹「ありがとう!開けて良い?」

姉「いいぞ」

妹「姉さんも開けてみてよ!」ガサガサ

姉「わかった」

妹「わぁ……ってまた目覚まし時計!?何年目覚まし時計なのー…?」

姉「うむ、朝の弱いお前には最適だと思ってな。特にそれは去年までのと一線を画してうんぬん…」

妹「も、良いから!あ、ありがとう姉さん」

姉「む」

妹「それより私のプレゼント…開けた?」

姉「今から開けるぞ」
204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 21:15:31.56 ID:zjaG3++HO
姉「口紅…」

妹「へっへー」

妹「姉さんそんな化粧しないでしょ?今のままで充分キレイだけど…」

妹「たまにはこういう色っぽさ出すのも良いと思うよ?」

姉「…私には似合わんさ」

妹「やってみなくちゃ分かんなーい!」

姉「むっ…!こ、こら…」

妹「……よしっ、できた」

姉「うう…」

妹「おお」

妹「想像以上に…これは…なかなか…」ゴクリ

姉「む…」
216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 22:28:26.62 ID:zjaG3++HO
ピンポーン

姉「お」

妹「頼んでたピザじゃないかな」

姉「む、頼むぞ」

妹「もう…コタツに潜らないでよ」

妹「はいはーい、今開けますよ」

ガチャ

妹「…って」

男「や、やあ…」
218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 22:34:16.20 ID:zjaG3++HO
妹「……何しに来たんですか?」

男「えと、さ…渡したいものがあって」

妹「姉さんは…」

妹「あなたの事が大好きで…だからこの前の事も許した」

妹「…私は納得してませんけど。それで今回も姉さんはあなたとクリスマスを過ごしたいと思ってたはずなのにはぐらかされてたみたいで」

男「それは…」

妹「これ以上姉さんを振り回さないで」

男「………」

妹「悪いけど…今日は帰って下さい」
220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 22:38:41.51 ID:zjaG3++HO
男「ごめん…けど、これだけ言わせてくれ」

男「俺は、姉さんが本気で好きだ。姉さんのいない生活は考えられないほど」

妹「口じゃいくらでも言えますよね」

男「…そうだよね。これ、お二人に。じゃ」

トテトテ

姉「…ピザまだか。」

男「あ…」

姉「…あ」

妹「ね、姉さん…」
222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 22:42:30.54 ID:zjaG3++HO
姉「い、一体こんな日にどうしたんだ」

男「…クリスマスだからね。プレゼントを、と思って」

姉「君は…忙しいのではなかったのか」

男「それに手間取っててさ」

姉「…プレゼント?」

姉「む、開けるぞ」
224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 22:49:28.20 ID:zjaG3++HO
妹「…わぁ」

姉「マフラー…手編みか」

男「俺さ、女の子は何が喜ぶんだろうと思って考えたんだけど…」

男「これくらいしか得意なものが無くって…女っぽいよな」

姉「…そんなに悩まなくても」

男「…え?」

姉「君のくれるものは何でも嬉しいに決まってる」

男「……良かった」
230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 22:57:19.21 ID:zjaG3++HO
男「じゃ、俺はこれで…」

妹「………」

姉「…ま、待ってくれ」

男「…」

姉「その…あの…」

姉「君が…もし、もし良かったなら、上がっていってくれないか?」

男「え…」

妹「……クスッ」

妹「あーあ、姉さんがそう言うんじゃしょーがないなー」

妹「今回も姉さんに免じて許してあげますっ」

男「妹さん…」

妹「…それと、私にもマフラーくれましたからね。ふふっ」

姉「何はともあれ、寒いだろう?中へどうぞ」
232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/11/30(日) 22:59:01.73 ID:zjaG3++HO
こうして、クリスマスのよるはしずかにふけていくのでした

おわり

250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 00:49:54.33 ID:9ZY/pFPCO
姉「…もしもし、今なんと言った」

男「だ、だから…明日プール行かない?友達からチケット格安で譲ってもらったんだ」

姉「君と…プールか…」

男「プール、嫌だった?」

姉「む、そうでは無くてだな…」

姉「行こう」

男「お!じゃあ明日迎えに行くね。んじゃ」

姉「ああ」ガチャン

姉「…楽しみだな」
253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 00:54:32.55 ID:9ZY/pFPCO
妹「ええっ?こんな寒いのにプールぅ!?」

姉「いや、結構人気のある大きな室内の温水プールで冬場も足が途絶えないそうだ」

妹「ふーん…」

姉「…問題はそこでは無いんだ」

妹「なにか問題があるの?」

姉「その…私は、か、可愛い水着を…持ってない…」

姉「学校指定の水着しか…無いんだ」
254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 00:56:30.55 ID:9ZY/pFPCO
妹「なら…」

姉「?」

妹「今から買いに行かない?今だったら○○でバーゲンセールがあったはずだし」

姉「む、よし行こう」
257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 00:59:56.71 ID:9ZY/pFPCO
姉「…む、結構色んな種類があるんだな」

妹「姉さんくらいだよ?スクール水着しか持ってない女のコなんて」

姉「そんな機会無かったからな」

妹「だからこそ!ここで可愛い水着選んじゃお?」

姉「む」
261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 01:07:45.19 ID:9ZY/pFPCO
妹「これなんかどう?」ピラッ

姉「ビキニだと?」

妹「色は黒や赤、白が姉さんに合うんじゃ無いかな」

姉「す、少し大胆すぎやしないか?と、特にヒップの辺りが…」

妹「何言ってんの!姉さんはスタイル悪くないんだしこれくらいの着ないと勿体無いよ!」

姉「…とりあえず試着してみる」

ガサゴソ

妹「……」ワクワク

姉「ど、どうだ…」

妹「……良いもん見せてもらいました」
264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 01:13:23.21 ID:9ZY/pFPCO
妹「良いの買えてよかったね、姉さん」

姉「む」

妹「…でも姉さんの水着姿が他の人に見られるのイヤだなあ」

姉「くだらん」
265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 01:17:03.61 ID:9ZY/pFPCO
―翌日―

男「迎えに来たよー」

姉「む、やっと来たな」

男「おはよ…って目、赤っ」

妹「おはようございます、男さん」

妹「ふふ、姉さんったら今日が楽しみだったみたいでなかなか寝付けなかったみたいですよ」

姉「こら、余計なことを」
271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 01:30:50.03 ID:9ZY/pFPCO
男「んじゃ着替えたらあそこに来てね」

姉「把握した」

―――――――――――

男「ど…どんな水着なんだろ…どうしても期待してしまう」

姉「ま、待たせたな」

男「姉さん…」クルッ

男「!!」

姉「へ、変じゃないか…?」

姉「……っ…そんなジッと見るな…」

男「………」ジーッ

姉「恥ずかしい…だろっ…」
272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 01:34:45.82 ID:9ZY/pFPCO
男「その儚げな白い柔肌に吸い付くような黒いビキニがとても映えるッッ」

男「その少し平均より大きなバストとキュッと引き締まったヒップでご飯三杯はいけるゥ!!」

姉「………バカ」
277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 01:50:41.72 ID:9ZY/pFPCO
男「あ、波のあるプールだって。これ面白そう」

姉「だ、駄目だこれは」

男「へ?何で?」

姉「よくあるだろう?波が過ぎたあとビキニが流されるということが」

男「いやいや、漫画だけだってそんなこと。それに」

姉「む?」

男「もし流されても俺が周りの男共から守るから」

姉「…なんだか納得出来ないな」
279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 01:56:32.03 ID:9ZY/pFPCO
ザッパーン

姉「…!」

男「うおっ、結構波が激しい」

姉「やっぱり…ビキニが」

男「大丈夫だいじょーぶ!」

姉「!でかいのが来るぞ」

男「ホントだ!うわぁっ!」

姉「ふぅ……激しいプールだなここは。君はだいじょ……」

男「あ、姉さんビキニ大丈夫だったみたいだね。やっぱり心配無かったじゃないか、はははっ」

姉「………そ、その…仁王立ちはやめてくれ」

男「…ん?」

男「ぬわぁぁぁぁぁ!!!無い!無いぞ海パンが無い!」

姉「……まったく」チラチラ
284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 02:12:26.82 ID:9ZY/pFPCO
―――
――

男「ふう」

姉「…少し泳ぎすぎて疲れたな」

男「色々回ったもんね、そりゃ疲れるよ」

?「あっ、男君じゃない?」

男「…ん?」

女「やっぱりそうだー!男君変わらないねっ」

男「女か、久しぶりだね」

姉「…む」
286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 02:17:59.02 ID:9ZY/pFPCO
男「一人で来てたのか?」

女「ううん…友達と来てたんだけどはぐれちゃって…」

男「そうか、大変だなあ。…あ、姉さん、この人は女って言って昔の友達なんだ」

姉「……どうも」コクリ

女「わ、綺麗な人っ。こんにちわー、私女って言います」

女「男の幼なじみ兼元カノでーす」

男「う、ウソつくなよ!姉さん、こいつ嘘つきでさ…」

姉「なん…だと?」
290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 02:26:05.66 ID:9ZY/pFPCO
男「女、姉さんは」

姉「“現”彼女だ」

女「……そーなんだ」

女「それより、みんなとはぐれて心細いの!…友達が見つかるまでで良いから一緒に居ていい?」

男「まあ…しょうがないな。ごめんね、姉さん」

姉「……べ、別に構わないぞ(余裕を持て、持つんだ)」
294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 03:05:26.81 ID:9ZY/pFPCO
女「わっ…とと」ポス

男「おい、大丈夫か」

女「うん…ちょっと目眩がして、ごめんね?」

男「歩けるのか?」

女「ん…支えが無いと無理かも…」ニヤリ

姉「(こいつ…!)」

男「うーん…どうしようか」

女「おんぶが良いなっ」

姉「(…何を言い出すんだ)」

男「え?おんぶはちょっと…。ねえ、姉さん?」

姉「む、そうだな(よしよし、さすがだ)」

女「えー!?人でなし!」

男「…しょうがないなあ…」

女「ありがと~」

姉「!!」
297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 03:29:40.49 ID:9ZY/pFPCO
姉「む…なんだか私も目眩がしてきたぞ」

男「二人とも気分悪いのか…ちょっと座ろうか」

女「ええ~?おんぶは?」

男「子供かお前は」

姉「む」
302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 04:09:21.40 ID:9ZY/pFPCO
姉「(しかしこいつ…さっきから彼を誘惑しようとしてるのか?か、かかか彼女が側にいるというのに)」

女「……」ニヤリ

姉「あ!また笑ったな」

男「…姉さん?どうしたの?」

姉「い、いや気にしないでくれ」
304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 04:21:34.44 ID:9ZY/pFPCO
男「ごめん、トイレ行ってくる」

姉「(最悪のタイミングでトイレに行くとは…。五分以上かかったら大きい方だと見なしてやる)」

姉「(しかし…ピンチをチャンスに変える!)」

姉「女さん、と言ったか…友人を探さなくていいのか?(さりげなく、さりげなく)」

女「うーん…」

女「こんな広いとこで一人で探すより知り合いと一緒にいた方が安全じゃない?」

姉「それもそうだが…。あぁ迷子センターにでも行ったらどうだ?その体型だとちゃん付けで呼ばれるかもしれないが」

女「くっ…」

姉「(とりあえず胸の大きさでは勝ちだな)」
306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 04:35:58.98 ID:9ZY/pFPCO
女「姉さんってイヤミな人なんだね…男君がかわいそう」

姉「彼はこういう性格も含めて私を好きだと言ってくれるんだ(多分)」

姉「だから何も心配が無い(おそらく)」

女「ムカッ!…そ、そういえば男君ってあんまり大きな胸は好きじゃ無かったような」

姉「む、何を言うんだ。男君はここに来たとき私の胸を誉めてくれたんだ、そんなはずはない」

女「中学の時は幼児体型万歳とか言ってたけどなあ…」

姉「な、なんだと」

女「あの頃はお互い若かった…場所なんか関係なくお互いの体を求めあっていたなぁ」

姉「やめてくれ、彼はそんなことはしない。だって私達はキスもしていない…」

姉「ハッ」

女「……」ニヤァ
308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 04:46:52.48 ID:9ZY/pFPCO
女「ほうほう、キスもしていないと」

姉「しまった…!」

女「高校生ならキスはもちろんキス以上のことも興味持ち始める年頃ですよね?」ニヤリ

姉「わ、私達は健全なお付き合いを前提として…」

女「…これって男君があなたに女としての魅力を感じてないのでは?」ニタニタ

姉「そ…違う…彼は、彼は」

姉「きっと私に○○しているはずなんだ!!」

シーン

女「うわぁ…」

姉「こ、この冷たい空気は…」

ヒソヒソ…

○○だなんて…
ホント、最近の高校生は…

姉「………」モジモジ
349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 14:46:56.25 ID:9ZY/pFPCO
姉「…しまった」

女「この…○○め~!」

姉「なんだと?お前も同じようなことを言ってたくせに」

女「うるさい…そうだ、その胸が憎たらしい!」

姉「無いものを僻むんじゃない…ふっふっふ」
352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 14:48:39.69 ID:9ZY/pFPCO
女「うりゃー!」

姉「む、やる気か」

男「…おい女」

女「あっ!男君」

男「姉さんに何しようとしてんだ」

姉「(しめた…これは甘えるチャンス)」

姉「うう…女さんが突然襲いかかってきて怖かったぞ」ピト

女「なぁに男君にくっついてるのよこの○○ー!」

男「む、むねが…当たって…」

姉「む?よく聞こえないな」
353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 14:49:54.31 ID:9ZY/pFPCO
女「はーなーれーなさいよー」ガルルル

姉「断る、彼は渡さん」ムギュ

男「マズイ、落ち着け俺…エレクトしてやがる…」

女友「あーっ!こんなとこにいたの!?」

女「うがー…って」

姉「む?」

女「友!」

女友「まったく…迷子放送流してもらおうと思ったわよ」
354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 14:52:47.81 ID:9ZY/pFPCO
女友「ごめんね、男。せっかく彼女さんとデートしてたのに…」

男「い、いや…気にしてないよ…」

女「まだコイツに話が終わってないわ!」

姉「胸が人並みに育ってきたら相手をしてやるぞ」

女「な、なんですっフガフガ」

女友「はいはい、帰ろうか」

女友「彼女さん…ホントごめんね?」

姉「む、○○は敵だ…が君は仲間のようだ」

女「~~!」

女友「あ、あはは…」

女友「それじゃあね、お二人共」
375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 18:39:38.71 ID:9ZY/pFPCO
―――
――

男「やっと解放された…」

姉「嵐のような女だったな」

男「姉さん…」

姉「む」

男「あいつもそんな悪いヤツじゃないんだ、ただ構ってほしいだけだと思うんだ」

男「都合良いかもだけど…許してやってくれないか?」

姉「…これからの君の態度によるな」

男「………なるほど、飯奢るよ」

姉「…違うな」
376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 18:47:40.18 ID:9ZY/pFPCO
姉「飯よりも何よりも大事なことだ」

姉「私は…君をど、独占したい」

男「……え?」

姉「君と他の女には関わってもらいたくない、わ、私だけを見てほしいんだ……」

男「……」

姉「……す、すまない。自己中心的な考えだったな」

男「……いいよ」

姉「…む?」

男「俺も…姉さんの全部を俺のものにしたい」
377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 18:51:37.65 ID:9ZY/pFPCO
姉「ど、どうしたんだ」

ギュッ

姉「こ、こら…周りの人が見てるぞ」

男「周りなんか関係ない…もう気持ちが抑えきれないんだ」

姉「…む」
384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 20:08:46.04 ID:9ZY/pFPCO
姉「君は結構大胆な男だったんだな」

男「…姉さんこそ」チラ

姉「今、胸を見たな」

男「えー?何のことかなあ」

姉「…君になら、見せても良いんだがな」

男「っ」

姉「半分冗談だ」
386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 20:19:45.78 ID:9ZY/pFPCO
男「な、姉さん」

姉「なんだ」

男「今更になるけど…君と付き合う男がこんな奴で良かったのかな」

姉「………」

姉「…君は、最初は本気では無かったと言っていたな」

男「……ああ」

姉「あのことを私は、実は責める権利なんて無かったんだ」

姉「…恋愛に関してはズブの素人の私は告白そのものが嬉しかった」

姉「私は、君自身ではなく恋に恋をしていたんだ」

姉「…だから、お互い様だったってわけだ」

男「………そうか」

姉「そうだ」

男「じゃ、今は?」

姉「訊くまでも無いだろう」
388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 20:30:47.76 ID:9ZY/pFPCO
姉「…君はどうなんだ」

男「……訊くまでも無いだろう、なーんて」

姉「む、くだらん」ギュ

男「!!(む、胸が腕に…)」

姉「何を驚いているんだ。さ、帰ろう」

男「…おうっ」

―自宅―

妹「…………遅いっ」

おわり
404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 22:29:57.63 ID:9ZY/pFPCO
姉「帰るか」

妹「うん」

ガタッ

姉「む」

姉「なんだこれ」

妹「ピンクの便箋…もしかしてラブレターじゃないこれ?」

姉「なんだと」
406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 22:33:46.85 ID:9ZY/pFPCO
妹「あ、でも姉さんには男さんがいるからもう必要ないね」

姉「一応中身をチェックしなくては、万が一の場合があるからな」

妹「万が一って…。素直に喜んだら良いのに」
407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 22:38:09.29 ID:9ZY/pFPCO
男「や、お二人さん」

姉「!」バッ

妹「ども、男さん」

男「…姉さん、今何か隠したでしょ」

姉「なにがだ」
409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 22:44:54.27 ID:9ZY/pFPCO
―自宅―

妹「…そこまでラブレター読みたかったの?」

姉「これを邪険に扱うということは出してきた相手に申し訳ないからな、こちらもそれに応えるんだ。なに、私は彼一筋だから安心しろ」

妹「じゃ、読んでみよーよ」

姉「む」ペリペリ
410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 22:52:33.97 ID:9ZY/pFPCO
妹「えーなになに…『父帰る 父より』…」

姉「そうか、父からか」

妹「あ、なーんだ。父さんからの手紙かー…」

妹「ってオイ!!」ベシッ

妹「突っ込んでよぉぉぉぉ!明らかにおかしい点が沢山あるってばぁぁぁ」

姉「…確かに突然帰ってこられてもな」

妹「そこ!?」
413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 23:00:00.42 ID:9ZY/pFPCO
父「ただいまー」

ガチャ

妹「もう帰ってきたよ!」

父「どうだ、たった二人の暮らしは」

姉「それなりに」

父「そうかそうかー。でな、いきなりだが父さん向こうで再婚することになった」

姉「む、そうか」

父「そこで、お前らも連れて行こうと思うんだがどうだ?」
417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 23:05:16.58 ID:9ZY/pFPCO
姉「…!」

妹「帰ってきて早々メチャクチャ言わないでよ!」

父「…やはり予想通りの答えか。しかしな父さん、向こうの国でしか結婚出来んのだ」

妹「勝手に結婚したら!?元々勝手に出ていったんだから!」

姉「た、確かに早急すぎるぞ」
418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 23:11:20.83 ID:9ZY/pFPCO
父「だがなあ…今の少ない仕送りじゃ生活が厳しいだろ。父さんの結婚相手は大富豪だったんだ、逆タマだぞ」

父「金で相手を選んだわけじゃないが、お前らにも贅沢させられる。何より相手は子供が欲しいらしい…生めないから余計に」

妹「はぁ…この人の自己中さには呆れてものが言えないわ」
419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 23:20:02.15 ID:9ZY/pFPCO
父「ま、まあ虫が良すぎるとは思うが…」

妹「私は、姉さんさえいれば貧乏でも構わないの…」ポッ

姉「(…やはりこいつらは親子だな)」ゾクッ

姉「…私は絶対にここを離れんぞ」

妹「そ、そうよ!姉さんには(不本意だけど)恋人がいるんだから、外国行きたがるわけないじゃない」

父「なん…だと…?お前恋人がいるのか、父さんの知らないとこで勝手に作りおって」

妹「どこかのおバカは勝手に結婚相手作ったけどね」
424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 23:37:58.93 ID:9ZY/pFPCO
父「どれ、どんな男か見てやる」

姉「だ…駄目だ!父に見せると何されるか分からん」

父「…つまらん奴だ」

父「…で、お前達本当についてこないんだな?」

妹「うん」

父「そうか…ならさらばだ!」

ガチャリ

妹「………」

妹「いきなりきてあっさり帰ったね…」

姉「未だにあの男の遺伝子を受け継いでいるとは思えん」

妹「私も…」

姉「(お前は一部受け継いでいるぞ)」
426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 23:44:39.54 ID:9ZY/pFPCO
―三日後―

姉「む、父から手紙が来たぞ」

妹「えーまたー?」

姉「なに…『こんにちは、父さんは新しい生活に嬉し恥ずかしの日々を送っています。この前はお前達の元気な姿を見て安心したよ。困ったことがあったらすぐに駆けつけるからね』……む、結婚相手とのツーショットが入ってるぞ」

妹「……」

姉「『ジョーと父』、か…。なかなか逞しいな」
428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/01(月) 23:50:47.66 ID:9ZY/pFPCO

おわり

438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 01:08:15.20 ID:FBEhDxnuO
妹「好きです…姉さん」

姉《私もだ》

妹「姉さんのこと、もっと知りたいです」

姉《私もだ》

妹「嬉しい…。さあ、二人で大人の階段を…」

姉《私もだ》

妹「………はぁ」ピッ

妹「よし、もっと姉さんの声を録音して色んなシチュエーションが(妄想)出来るようにしなきゃ」

妹「って気持ち悪いよね、こんなの姉さんに知られたら口聞いてもらえないよ…」
440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 01:14:06.62 ID:FBEhDxnuO
妹「姉さん姉さーん」

姉「む」

妹「服にお茶こぼしちゃったー」

姉「こんなに濡らしてみっともない…って何故そんなことを報告するんだ」

妹「っと…ありがとう!」

タタタタ…

姉「…変なヤツ」

ガチャ

妹「…狙い通りだわ」ピッ

姉《こんなに濡らしてみっともない…》

妹「姉さん…もっといじめて下さい」

姉《こんなに濡らしてみっともない…》
444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 02:03:31.88 ID:FBEhDxnuO
妹「……ふぅ。こんなことしても虚しいだけなのに」

コンコン

姉「入るぞ」

妹「な、なに?姉さん」

姉「いや…服を濡らしていただろう。タオルを持ってきたんだが」

妹「ありがと、入って」

ガチャ

姉「む」

妹「(…なんか姉さん男さんと付き合いはじめてから優しくなったよね。嬉しいけど複雑…)」
446 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 02:18:19.12 ID:FBEhDxnuO
妹「姉さん」

姉「どうした」

妹「男さんとは…もうしたの?」

姉「な、なななナニをしただと!?そそそんなか、関係じゃないぞぉ」

妹「…姉さんの○○○、キスはもうしたの?」

姉「あぁ…そっちの方か。ま、まだしてないぞ」

妹「(ちょっとホッとした…けど姉さんのことを思ったら)」

妹「だ、ダメだよ!もっと積極的にいかなきゃ(……はぁ)」
447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 02:33:53.99 ID:FBEhDxnuO
姉「き、嫌われたりしないか?」

妹「誰だって姉さんみたいなキレイな人に迫られたら何でもしちゃうよ(これは本音)」

姉「…む」

妹「(あぁもう!そうやって考えこんでる姿も可愛い!)」
448 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 02:46:43.01 ID:FBEhDxnuO
妹「とりあえずシャツ着替えるね」

ズルッ

妹「キャッ!?」

姉「!!」

ドッシーン

妹「つっ……わ!」

姉「…重いぞ妹」

妹「(こんな…押し倒してるみたいな格好で…り、理性が)」

姉「む」

妹「姉さんっ」
451 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 03:07:52.83 ID:FBEhDxnuO
姉「妹…」

妹「(姉さん、まだキスしてないんだよね…)」ゴクリ

姉「…甘えたいのか」

妹「えっ?」

姉「最近、お前の様子がおかしいからな。心配していたんだぞ」

妹「姉さん…」

姉「それに、私も随分励ましてもらった」

姉「存分に甘えてくれ」

妹「(私そんなに綺麗じゃないよ…。姉さんで妄想する悪い子だよ…)」

姉「…ん?どうした」
453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 03:23:08.88 ID:FBEhDxnuO
姉「…ほら」ボフ

妹「!!(ね、姉さんの胸が胸が胸が!!)」

姉「さ、何でも言え」

妹「…頭、なでなでして」

姉「こ、こうか」ナデナデ

妹「ふふっ」
455 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 03:29:09.03 ID:FBEhDxnuO
妹「へへー」モミモミ

姉「こ、こら」

妹「私ももう少し大きかったら、姉さんに勝ったのになあ」

姉「む、これは姉の威厳という奴だ」

妹「ふふっ、何だそりゃ」

姉「他には…してほしいことないか?」

妹「……一緒にお風呂入りたい、一緒のお布団で寝たい」

姉「やれやれ」
487 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 12:21:00.84 ID:FBEhDxnuO
姉「ちゃんと戸締まりしたか」

妹「うん」

姉「なら寝るか」

妹「うん!」

パサッ

妹「………」

姉「………」

妹「………」

姉「………」

妹「……寝た?」

姉「む、起きてるぞ」
488 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 12:22:34.16 ID:FBEhDxnuO
妹「………」

姉「……?」

妹「寝た?」

姉「もうすぐな」

妹「…私、姉さんが好き。姉さんは?」

姉「お前と同じだ」

妹「それはどんな意味の?」

姉「…家族愛的な意味で」

妹「ふーん…そっかぁ…」
489 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 12:25:05.66 ID:FBEhDxnuO
妹「………」

姉「………」

妹「…私もっ」

姉「そうか」

―翌日―

妹「えと、何かな?」

クラス男「……っ」スゥッ

クラス男「お前のことが…す、好きだ!付き合ってくれ」

妹「ごめんなさいっ」ペコッ

クラス男「そ、そんな…」トボトボ・・・

妹「…ふーっ」

姉「見てたぞ」

妹「わっ!姉さんっ!」
490 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 12:27:12.24 ID:FBEhDxnuO
姉「今の…」

姉「なかなか良い男だったな、勿体無い」

妹「おおっ、姉さんはあーゆーのが良いんだ?男さんに言いつけちゃおっと」

姉「ま、待つんだ!」

妹「へへ、なら今日のお昼はA定食で手を打とうじゃないかー」

姉「…む、姉さんを脅す気か」

妹「わははー」

妹「(いつか私も姉さんみたいに好きな人が出来るのかな…)」

妹「でも、今はこのままで…」

姉「む、何か言ったか」

妹「なーんでもっ」
491 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 12:27:38.72 ID:FBEhDxnuO

おわり

529 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 18:00:30.87 ID:FBEhDxnuO
姉「………」ズルズル

妹「……」ズルズル

妹「あー美味しかった、ごちそうさまっ」

妹「姉さん」

姉「ふぁんだ」ズルズル

妹「そろそろ出よっか。人が沢山集まるし、余裕持って行きたいじゃない?」

姉「ひょっほはへ」ズルズルズルズル
531 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 18:03:04.54 ID:FBEhDxnuO
ガチャリ

妹「…うくっ」ブルッ

妹「さむっ…」

ガチャ

姉「!?」

姉「……やっぱり家に居よう」

妹「ちょちょちょ姉さーん!?」

妹「男さんも一緒に行くのに良いのー?」

姉「……」ピタリ

姉「……そうだったな、さあ行こう」
533 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 18:06:50.71 ID:FBEhDxnuO
姉「…くっ…」

姉「寒いが彼のことを思いながら歩けば…」

――――――――――――――

男「ひゅ~…さむ゛っ」

妹「男さん、こんばんわー」

男「あけまして…はまだ気が早いね。こんばんわ、妹さん」

姉「寒い…」

男「姉さんもこんばんわ」

姉「温めてくれー」
535 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 18:13:02.78 ID:FBEhDxnuO
姉「神社まで…あとどれくらいだ」

妹「うーん…二時間かな」

姉「そ、そんなに…」

男「だいじょーぶ、みんなで喋りながら歩けばあっという間だって」

姉「うう…」

男「?」

男「そういえば、姉さんポニーテールにしたの?」

姉「ああ…ど、どうだ似合うか」

男「すっごく可愛いよ!似合ってる似合ってる」

姉「君に褒められるとう、嬉しいな…」

妹「…今日はノロケがくるの早いね」

?「待~ち~な~さいよ~」
536 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 18:17:39.78 ID:FBEhDxnuO
男「…女!?どうしてここに!?」

女「はぁ…はぁ…」

姉「む」

妹「えと…どなたさま?」

男「あ、幼なじみの」

女「男君の彼女の女だよ!よろしく!」

妹「え…男さん!」ジトー

男「こいつの言うことは九割方嘘だから…ってそんな目で見ないで…」

妹「姉さんを泣かせたら…」

姉「妹、私は分かってるから安心しろ。この○○は彼につきまとう害悪だ」
537 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 18:20:55.24 ID:FBEhDxnuO
女「○○ってオイ!害悪ってオイ!」

妹「…とりあえずパワフルな人ってことは分かった」

女「いやーそれほどでもー」

姉「褒めてないぞ、とツッコンで欲しいのか○○?だが私はツッコまないからな」

男「またややこしいことに…」
538 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 18:24:12.68 ID:FBEhDxnuO
男「お前も神社に行くのか?」

女「うん、そーだよ」

女「一緒に行きたい…ってとこだけど私は友達と行くからまったね~」

姉「…次会うときは容赦せん」

妹「何を!?」

男「まあまあ」
540 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 18:47:14.52 ID:FBEhDxnuO
姉「とにかく寒い…」

男「はい」

姉「何だ、なにかくれるのか」

男「…っじゃなくて手、繋がない?」

姉「む」ギュッ

姉「…温かい」

妹「………」

男「あ、妹さんも…どう?」

妹「…姉さん」

姉「む?」

妹「手を握るくらい許してね」ギュッ

男「妹さん…」

妹「べ、別に寒いからなんだから」

姉「……アウトのラインスレスレだがな、特別に許してやる」

男「(周りから見ると…結構羨ましい状況なんじゃないかこれ)」
552 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 20:48:41.77 ID:FBEhDxnuO
妹「ラムネ」

男「ネズミ」

姉「ミルク」

妹「クルミ」

男「み…ミイラ」

姉「ら…ら…」

姉「ら…らら…」

妹友「あ」

妹「おっ」
553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 20:49:58.15 ID:FBEhDxnuO
妹友「ぐ、偶然じゃーん…」

妹「そ、そーだね、なら偶然ついでに一緒に神社行かない?」

姉「…?」

妹友「そーしよー!…てなわけで妹さんもらってきますね」

妹「じゃーねー」

妹「あ、そうだ」

妹「男さん、『偶然にも』姉さんと二人っきりになったからと言って変なことしないでくださいね」ズイッ

男「り、了解っす」

姉「ら…ら…」
556 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 20:54:57.54 ID:FBEhDxnuO
男「(…もしかして、俺たちに気を遣ったのかな)」

姉「ら…ら」

姉「ラモス!」

男「古ッ」
559 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 21:00:34.06 ID:FBEhDxnuO
姉「む、妹がいないぞ…」

男「妹さんなら、さっき友達と神社行くって言って別れたよ」

姉「そうか」

姉「……と、いうことは二人っきりか…」ドキドキ

男「………」ドキドキ

男「(妙に気恥ずかしい…)」
561 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 21:08:35.97 ID:FBEhDxnuO
姉「寒いな…」

姉「よし、姉さんが特別に何か飲み物をご馳走しよう」

男「それじゃ、お言葉に甘えようかな」

姉「おーっと、何ということだ!所持金が丁度ジュース一本買えるくらいしか無いぞぉ」

男「あ、だったら俺が出すよ」

姉「いやいや、私が言い出したのだから私の金で買わなくては…しかし一本しか買えないとなると…」チラチラ

男「……?(何が言いたいんだ?)」
563 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 21:12:49.07 ID:FBEhDxnuO
姉「……」チラチラ

男「だから俺が」

姉「待て待て、君に悪いだろうそれは」

男「む…」

姉「まぁとりあえず買ってから考えよう」

姉「おしるこを、ポチっとな」

ガタン

姉「おしるこは一本しかない…私達は二人…」
566 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 21:16:14.11 ID:FBEhDxnuO
男「あ、じゃあ俺は我慢するから姉さん飲んでよ。人一倍寒そうだし」

姉「いや、もっと他に解決策がある気がするんだ」

男「解決策?」

姉「何だろうな…喉まで来てるんだが…」

男「あ、俺がもらっていいの?」

姉「違う」
568 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 21:20:19.24 ID:FBEhDxnuO
姉「………」

男「……?」

姉「…ま、開けようじゃないか」キャポッ

男「なら先に姉さんが一口飲んで、それから俺に一口ちょうだい?」

姉「その言葉を待っていた」

姉「だが先に飲むのは君だ」
570 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/12/02(火) 21:26:16.28 ID:FBEhDxnuO
男「お、これうまいなー。はい、姉さん」

姉「あ、ああ…」

姉「…っ」ゴクッ

姉「いいか…飲むぞ…缶に、唇をつけるぞ…」

男「…そーいうことか」

姉「んっ」クイッ

男「み、妙に艶っぽいな」
674 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中 2008/12/03(水) 18:50:41.21 ID:zFxBblJZO
姉「ん」コクンコクン

姉「…ついに間接とは言えキスをしてしまった」

男「また大げさな」

姉「…大げさじゃないぞ、私はこういう小さなことも大切にしたいんだ」

男「(無理矢理この状況を作ったくせに…)」

姉「む、もう飲んでしまった」

男「温まったけど、やっぱり二人で一本はちょっと物足りなかったね」

姉「仕方ない、もう一本買うか」

男「コラコラコラコラ」
676 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中 2008/12/03(水) 19:06:27.20 ID:zFxBblJZO
姉「寒いな…」

男「今年は特に寒いらしいよ」

男「台風が来ない年って来る年より寒くなるんだって、知ってた?」

姉「…知らなかったな。しかし今年は君という台風が来たのに暖かくないぞ」

男「……」

姉「あぁ、心が温かくなったな」

男「うまいこと言っちゃって」
677 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中 2008/12/03(水) 19:13:54.94 ID:zFxBblJZO
姉「あとどれくらいなんだ」

男「もうすぐみたいだよ。神社に行く人なのか歩いてる人が増えてるし」

姉「やっとか…うっ!」グキッ

男「姉さん!?」

姉「なんでこんなところにくぼみが…」

姉「いたた…あと少しだというのになんたる不覚」

男「ひねっちゃったのか……よし!」

男「姉さん、乗って」

姉「む?」

男「おんぶするよ、そんな足で歩いたらまたひどくなるって」

姉「む、すまん…」

姉「ただこれだけは言っておく。今回のはわざとじゃないぞ」

男「はいはい、分かってるって」
678 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中 2008/12/03(水) 19:18:08.97 ID:zFxBblJZO
男「…しょっと」グッ

姉「重くないか?」

男「大丈夫、それより女の子なんておぶったこと無いからドキドキしたりして」

姉「…私もおぶられるのは初めてだ」

男「乗り心地はどう?」

姉「このままどこかに連れ去られても文句が言えないほど良いぞ」

男「なんとも言えない感想をありがとう」
679 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中 2008/12/03(水) 19:22:54.73 ID:zFxBblJZO
男「(なんかふにゃふにゃして柔らかいな、姉さんって)」

姉「…すまん」

男「えっ、いきなり何を謝った?」

姉「コート着てるからな、胸の感触が無いだろう」

男「オッサンみたいなこと言いおって」
684 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中 2008/12/03(水) 20:27:18.96 ID:zFxBblJZO
姉「ひゃうっ!」

男「姉さん、どうした!?」

姉「い、今誰かにお尻を攻撃された」

男「なんだと!誰だ!?」

B「うぃーす」

姉「な、なんだBか」

男「?」

B「姉ったらおんぶしてもらってラブラブだね~。熱い!熱いぜ!」

姉「まあな」

B「ではお先!ブーン!」タタタタタ

男「こ、個性的な友達だね」

姉「…まあな」
686 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中 2008/12/03(水) 20:34:34.45 ID:zFxBblJZO
姉「む、あそこに歩いてるのは…?」

男「ん?また友達?」

A「!」

姉「そうみたいだ」

A「…!」トテトテ

A「こんばんは、姉さん。それと彼氏さん」

姉「ああ」

男「こんばんわー」

A「ここの神社って遠いんだねー。お母さんと来なかったらきっと迷ってたよ」

姉「確かにな。A一人では不安だ」

A「もぉー、姉ったら」

A「あ、お母さん待たせてるからまた後でね、バイバーイ」トテトテトテ

男「…ほんわかしてる子だね」

姉「あれがAのいつも通りだ」
692 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中 2008/12/03(水) 21:26:39.99 ID:zFxBblJZO
男「着いたよ…っと」

姉「む」

男「…おりないの?」

姉「くっ…足が…」

男「…みんなに見られて恥ずかしくないなら良いけど」

姉「おりる」ヒョイッ

姉「だが、手は…」

男「分かってる。繋いだまま、だろ?」

姉「む」
693 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中 2008/12/03(水) 21:44:34.37 ID:zFxBblJZO
あとごふーん!

男「お、もうすぐカウントダウンだ」

姉「なあ」

男「ん?」

姉「…今まで孤独だった私に友達が出来た…そして、き、君というかけがえのない人に出会えた。沢山の幸せをもらった」

男「………」

姉「だが、とても不安なんだ。最近よく夢を見る」

姉「目が覚めると昔の私に戻っている夢だ。君も、AもBも○○もいない…妹に嫉妬するだけの日々」

あとよんふーん!
695 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中 2008/12/03(水) 21:49:26.56 ID:zFxBblJZO
男「…これからさ」

姉「む?」

男「来年は受験でバラバラの大学に行くかもしれない」

男「いや、もしかしたら明日にも姉さんか俺のどちらかが外国に引っ越すかも」

姉「……」

男「…いつまでも一緒にいられる保証なんかどこにも無いんだ」

姉「でも…」

男「だから、今が大事なんだ。姉さん…俺はここにいるよ」

姉「………」

あとさんふーん!
698 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中 2008/12/03(水) 22:07:53.45 ID:zFxBblJZO
あとにふーん!

姉「…やられた」

男「え?」

姉「やっぱり、君を好きでいて良かった」

あといっぷーん!

姉「………」

姉「私は…」

じゅう!

きゅう!

はち!

なな!

姉「君を…」

ろく!

ご!

よん!
699 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中 2008/12/03(水) 22:10:54.92 ID:zFxBblJZO
さーん!

にーぃ!

いーち!

姉「…あいし」

ハッピーニューイヤー!!!!

ヒュー!

ワーワー!

姉「……む」
701 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中 2008/12/03(水) 22:16:38.36 ID:zFxBblJZO
男「…聞こえたよ」

姉「なっ…なんだと…」

男「でも、もー一回聞きたいなぁ」

姉「………」

姉「い、一回しか言わないぞ」

男「おう!」

姉「あ…」

姉「愛してるぞ、男君」

702 :愛のVIP戦士@ローカルルール議論中 2008/12/03(水) 22:17:10.24 ID:zFxBblJZO

おしまい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする