【兄妹SS】妹「ぐへへっ・・・お兄ちゃんの布団でゲス・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 00:34:05.08 ID:XYI9cZrQ0
妹「お兄ちゃん!お兄ちゃん!お兄ちゃん!あぁクンカクンカ!」

妹「クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん」

(ガチャッ)

俺「お、オイ」

妹「!!?」

俺「お前俺の部屋で何してんだ・・・?」

俺「しかも俺の布団抱きしめながら大声出したりなんかして・・・」

妹「・・・・・・」

俺「・・・・・・」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 00:37:00.49 ID:XYI9cZrQ0
妹「ただお兄ちゃんの布団干してあげようとしてただけよ」

俺「いや・・・そんな様子にはとても見えないんだが・・・」

妹「何よ。私に文句言うの?」

俺「別にそういうわけじゃ・・・」

妹「じゃあ黙ってろよ。このキモオタ野郎」

俺「・・・・・・」

妹「はぁ・・・もういいよ。せっかく人が親切に布団干してあげようとしてたのに」

妹「ホント気分悪い。しねばーかっ」(タッタッタッタッ)

(タッタッタッタッ・・・)

俺「・・・・・・」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 00:41:03.17 ID:XYI9cZrQ0
妹「わぁぁあぁぁぁぁぁどうしよう!!お兄ちゃんにひどいことを言ってしまったぁぁあぁあぁぁ!!」

妹「嫌われてないかな!?私お兄ちゃんに嫌われてないかな!!?」

妹「大丈夫だよ!!お兄ちゃんは妹ちゃんのこと嫌いになったりなんかしないよ!!」(裏声)

妹「で、でも・・・私お兄ちゃんに死ねとか言っちゃったし・・・」

妹「お兄ちゃんもきっと妹ちゃんが恥ずかしがってたってわかってくれてるよ!!」(裏声)

妹「そうかなぁ・・・」

妹「自信を持って妹ちゃん!!お兄ちゃんも妹ちゃんのことが大好きなんだよ!?」(裏声)

妹「そうだよね・・・うん!!私がお兄ちゃんのことを信じてあげなくちゃね!!」

妹「頑張れ妹ちゃん!!」(裏声)

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 00:44:31.29 ID:XYI9cZrQ0
―夕飯―

俺「・・・パクパク・・・モグモグ・・・」

妹「・・・パクパク・・・モグモグ・・・」

俺「・・・パクパク・・・モグモグ・・・」

妹「・・・パクパク・・・モグモグ・・・」(ジー・・・)

俺「・・・パク゚パク・・・モグモグ・・・」

妹(お兄ちゃんが私が作ったご飯食べてる・・・ふふっ・・・なんか可愛い)

俺「・・・パクパク・・・?」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 00:49:25.48 ID:XYI9cZrQ0
妹(ジー・・・)

俺「な、何だよっ?」

妹「何がよ?」

俺「さっきからこっちをジッと見たりなんかして・・・」

妹「はぁ?何で私がわざわざゴミを見ながらご飯食べなくちゃいけないのよ」

妹「それより今日も夕飯私が作ったんだけど」

俺「え、・・・あっ・・・うん・・・それで・・・?」

妹「お兄ちゃんは今日も一日寝てただけだよね?お礼とか言えないわけ?」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 00:52:32.43 ID:XYI9cZrQ0
俺「あ、・・・ありがとう・・・美味しいよ・・・」

妹「そんなことも人に言われなくちゃわからないんだねお兄ちゃんは」

妹(ぐへへへっ・・・お兄ちゃんに褒められたでゲス・・・ニヤニヤ)

俺「・・・?」

妹(ニヤニヤ ニヤニヤ)

俺「・・・・・・」

妹(ニヤニヤ ニヤニヤ)

俺(どうせ何か言うとまた文句言われるんだから・・・気にしないでおこう・・・)

妹(はぁ・・・お兄ちゃんかわいいよお兄ちゃん・・・)

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 00:56:27.75 ID:XYI9cZrQ0
俺「ごちそうさま」

妹「お皿は私が洗うからお兄ちゃんは何もしなくていいから」

俺「いや・・・夕飯作ってもらったんだし皿洗いくらいは俺が・・・」

妹「だからいいって」

俺「そういうわけにも・・・」

妹「はぁ・・・お兄ちゃんが使ったお皿なんか使いたくないって言ってるのよ」

俺「・・・・・・」

妹「お兄ちゃんは汚いんだからとっととお風呂にでも入ってくれば?」

俺「あ、ああ・・・そうするよ・・・」(トコトコトコ・・・)

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 01:01:48.01 ID:XYI9cZrQ0
妹「私の馬鹿ッ馬鹿ッ馬鹿ッ!!この愚妹ッ!!」

妹「ちゃんと床に頭擦り付けながら土下座するから許してぇぇぇええぇぇぇ!!」(すりすり)

妹「はぁぁあぁぁぁぁお兄ちゃん!お兄ちゃんッ!!お兄ちゃぁぁぁあぁぁあぁぁんッッッ!!!」(すりすり)

妹「・・・・・・はぁ」

妹「私最低だ・・・またお兄ちゃんにあんなことを・・・」

妹「しかしこれだけは・・・」

妹(お兄ちゃんが使った箸・・・)

妹(ジー・・・)

妹「・・・ペロッ」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 01:06:30.64 ID:XYI9cZrQ0
―40分後―

妹「(^ω^)」

(ガチャッ)

妹「!!?」

俺「お風呂次いいぞ・・・ってまだ皿洗ってたのか・・・っ?」

妹「当たり前じゃない」

妹「お兄ちゃんが使ったお皿なんだから汚くて汚くてしょうがないのよ」

俺「ああ・・・そう・・・」

妹「はぁ疲れた。私お風呂行くから」(トコトコトコ・・・)

俺「ごゆっくり・・・」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 01:10:07.54 ID:XYI9cZrQ0
(ぬぎぬぎ)

妹「・・・・・・」

妹(相変わらず小さな胸・・・)

妹(・・・お兄ちゃんのベッドの下にあった○○本は○○ものばかりだったし・・・)

妹(きっとお兄ちゃんも大きいほうが好きなんだろうなぁ・・・)

妹「はぁ・・・今後の私に期待ってことで・・・」

妹「さて・・・っと」

妹「これは・・・www」

妹(お兄ちゃんが入ったお風呂・・・)

妹(ゴクッ・・・)

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 01:14:50.38 ID:XYI9cZrQ0
妹「ふぅ、いいお湯だった・・・げぷっ」

俺「随分と長かったな・・・?」

妹「お兄ちゃんが使ったお湯に入れるわけないでしょ」

妹「全部お湯入れ替えてたらこんなにかかったのよ」

俺「ああ・・・そう・・・」

俺「それじゃあもう俺寝るから」

妹「もうそのまま亡くなってくれても構わないから」

俺「はいはい・・・おやすみ」

俺(はぁ・・・どうしてこんな妹になってしまったんだろう・・・)

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 01:18:35.74 ID:XYI9cZrQ0
―深夜―

妹「さて・・・っと」

妹「そろそろお兄ちゃんが寝た頃かな」

(トコトコトコ・・・)

(ガチャッ)

妹「おじゃましまぁーす」(ボソッ)

俺「・・・Zzz・・・Zzz・・・」

妹「――!!?」

妹「うっ、・・・美しい・・・」

妹「ハッ!!イカンイカン・・・私としたことが・・・つい見蕩れてしまった・・・」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 01:22:56.36 ID:XYI9cZrQ0
俺「・・・Zzz・・・Zzz・・・」

妹「・・・・・・」

(つんつん)

俺「っんー・・・Zzz・・・むにゃむにゃ・・・Zzz・・・」

妹「~~~」(ゴロゴロゴロ)

俺「・・・Zzz・・・Zzz・・・」

妹「お兄ちゃん・・・お兄ちゃん・・・はぁはぁ・・・」

俺「・・・Zzz・・・Zzz・・・」

妹「・・・・・・・・・じゅる」

妹(イカンイカン・・・よだれが・・・)

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 01:26:59.31 ID:XYI9cZrQ0
妹(はぁあぁぁぁあぁぁ一緒に寝たいッ一緒に寝たいッッ!!!)

妹(い、いや待て私・・・さすがにそれはマズいって・・・)

妹(ダメだ・・・我慢しろ・・・耐えるんだ・・・)

妹「――!!?」

妹(かっ、・・・体が勝手にッ!!?)

妹(くそっ!!だ、ダメだっ・・・やめろ!!)

妹(くっ・・・やめるんだ私ッ!!さすがにそれは――ッ!!)

(もぞもぞ)

妹「・・・・・・・・・」

俺「Zzz・・・Zzz・・・Zzz・・・」

妹(あったけぇ・・・あったけぇよぉ・・・)

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 01:33:30.43 ID:XYI9cZrQ0
妹(これがお兄ちゃんの温もりてぃ・・・)

俺「・・・Zzz・・・Zzz・・・」

妹(うとうと・・・うとうと・・・)

妹「っ!!」

妹(あぶねぇあぶねぇ・・・もう少しで寝るところだった・・・)

俺「・・・Zzz・・・Zzz・・・」

妹(うとうと・・・うとうと・・・)

妹(眠い・・・しかしさすがに・・・寝るわけには・・・)

妹(うとうと・・・うとうと・・・)

俺「・・・Zzz・・・Zzz・・・」

妹(うとうと・・・うとうと・・・)

妹「もう・・・だめぽ・・・Zzz・・・」

妹「・・・Zzz・・・Zzz・・・」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 01:38:01.13 ID:XYI9cZrQ0
俺「・・・Zzz・・・Zzz・・・、っ・・・?」

俺(なんか暑苦しい・・・)

俺「・・・・・・ッ!!?」

妹「・・・Zzz・・・Zzz・・・」

俺(なッ、なななな何でッ妹がここにッ!!?)

妹「・・・Zzz・・・Zzz・・・」

俺(寝る場所間違えたのか・・・ッ!?寝ぼけてここまで来たとか・・・ッ!?)

俺(そんなわけないか・・・)

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 01:43:40.80 ID:XYI9cZrQ0
俺(それにしても・・・)

妹「・・・Zzz・・・Zzz・・・」

俺(パジャマにパンツ姿・・・しかも縞パン・・・)

妹「・・・Zzz・・・Zzz・・・」

俺(なんちゅう○○○だ・・・)

妹「・・・Zzz・・・Zzz・・・」

俺(こうして寝顔だけ見てると妹もかわいいんだけどなぁ・・・)

俺「・・・・・・・・・はぁ」

俺「俺も相当疲れてるな・・・寝ぼけているとはいえこんなものが見えちまうなんて・・・」

妹「・・・Zzz・・・Zzz・・・」

俺「寝よ・・・」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 01:51:23.32 ID:XYI9cZrQ0
妹「――ハッ!!!」

妹(私は・・・寝てしまっていたのか・・・ッ!?)

妹(お、お兄ちゃんは・・・ッ!!?)

俺「・・・Zzz・・・Zzz・・・」

妹(よかったぁ・・・まだ寝てらぁ・・・)

俺「・・・Zzz・・・Zzz・・・」

妹(さて・・・っと)

妹(名残惜しいがそろそろ退散せねば・・・)

(もぞもぞ)

俺「・・・Zzz・・・Zzz・・・」

妹「おやすみ・・・お兄ちゃん」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 01:57:00.04 ID:XYI9cZrQ0
―朝―

俺「ふぁ~・・・」

俺(寝ぼけてへんなものを見た気がする・・・)

妹「・・・パクパク・・・モグモグ・・・」

俺「おはよ」

妹「話しかけんな」

俺「・・・・・・」

俺(はぁ・・・コイツは相変わらずだな・・・昨日のはやっぱり夢か・・・)

妹(ふ、ふぅ・・・兄いちゃんに変わった様子はない・・・どうやら昨日のことはバレてなさそうね・・・)

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 02:00:22.05 ID:XYI9cZrQ0
妹「ごちそうさま。それじゃあ私学校行くから」(タッタッタッ・・・)

俺「ああ、いってらっしゃい。あっ、そういえば・・・」

俺「また俺の体操服がなくなってるんだがお前どっかで見なかったか?」

妹「知らない」

俺「でもいつも洗濯してるのお前だし洗濯した後どこかに置いt」

妹「知らない」

俺「じゃあせめて最後にm」

妹「知らない」

俺「そうか・・・わかった・・いってらっしゃい」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 02:02:38.90 ID:XYI9cZrQ0
―学校―

妹「おはよー」

友達「おーっ、おはよー」

妹「ふわぁー・・・」

友達「寝不足?」

妹「うん・・・またお兄ちゃんのこと考えてたら眠れなくって・・・」

友達「そ、そう・・・」

妹「それより聞いてよっ!!昨日お兄ちゃんがね私が作ったご飯が美味しいってっ・・・」

友達(はぁ・・・また始まったよ・・・)

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 02:04:52.86 ID:XYI9cZrQ0
妹「それでねぇーお兄ちゃんの寝顔がかわいくてつんつんってやったらねっ・・・」

友達「ねっ、ねぇっ!!そういえば私昨日ね河童見たんだよっ!!」

妹「・・・」

友達「はじめはねっ!!なにかなぁー?と思ってジッと見てたんだけどねっ!!だんだん近づいてきてっ・・・」

妹「・・・・・・」

友達「それでねっ!!川に近づこうとした私に危ないからこっちに来ちゃだめだよってっ・・・」

妹「・・・・・・・・・つまんねぇ」(ボソッ)

友達「えっ・・・?」

妹「その話つまんねえよ」

友達「・・・・・・・・・」

妹「それよりねっ!!お兄ちゃんの布団に入ったとたん私眠くなっちゃってねっ!!・・・」

友達「・・・・・・・・・」

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 09:14:16.86 ID:XYI9cZrQ0
―昼休み―

俺「はぁ・・・今日もいつも通りお昼は一人か・・・」

俺(教室に俺の居場所はないし・・・家には妹がいるし・・・はぁ)

俺「・・・パクパク・・・モグモグ・・・」

(ゴソゴソ・・・ゴソゴソ・・・)

(そー・・・)

妹「見てください。あれが私のお兄ちゃんですっ」(ボソッ)

友達「一人で昼ごはん食べてるね・・・」(ボソッ)

妹「そうです。ああやっていつも一人でお昼を食べるんですねぇ・・・かわいいでしょ~?」(ボソッ)

友達「・・・・・・」

友達(これは・・・ツッコミ待ちなのか・・・?)

妹「はぁ~・・・今すぐお兄ちゃんに抱きついて頭撫で撫でしてもらいたいぃ・・・」

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 09:16:40.44 ID:XYI9cZrQ0
友達「あっ、・・・誰か来たよ・・・?」(ボソッ)

妹「えっ?」

(トコトコトコ・・・)

俺「・・・パクパク・・・モグモグ・・・」

不良「オイッ」

俺「・・・パクパク・・・モグモグ・・・」

不良「オイッ!!」

俺「ッ!!?」

俺「お、おお俺っ!?」

不良「そうだよッ!!そこで一人で弁当食ってるお前だよッ!!」

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 09:18:09.72 ID:XYI9cZrQ0
友達「あっ、絡まれた・・・」

妹「oh・・・」

不良「~~~ッ!!」

俺「~~~・・・」

友達「なんかもめてるね・・・」

友達「助けなくていいの・・・?」

妹「そ、それが・・・」

妹「今すぐにでも奴の○○の○にダイナマイトぶち込んでキスしてやりたい気持ちは山々なんだけど・・・」

友達「・・・?」

妹「お兄ちゃんには外では絶対に話しかけるなっていつもキツく言っていて・・・」

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 09:19:35.81 ID:XYI9cZrQ0
友達「つまり妹が助けに行くわけにもいかないと・・・?」

妹(・・・コクッ)

友達(まったく・・・この子は・・・)

妹「友達・・・どうしよう・・・どうしよう・・・」

友達「お・・・落ち着いてよ妹っ・・・」

妹「dそうs・・・そあふsy・・・そづfっぁ・・・」

友達「おっ、落ち着いてって・・・!!」

友達「・・・・・・」

友達「はぁ・・・」

友達「妹、ちょっとここで待っててね」(ダッ)

妹「えっ!」

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 09:20:59.86 ID:XYI9cZrQ0
(タッタッタッタッ・・・)

友達「あのーっ・・・どうかしたんですか・・・?」

俺「!?」

不良「あ”ぁ?」

友達「いや・・・あの・・・その・・・何かもめているようだったので・・・・」

不良「オメェには関係ねぇだろッッ!!」

友達(・・・ビクッ!!)

友達「でっ、・・・でも・・・その人困ってるじゃないですか・・・っ」

妹(おぉぉおぉぉぉおぉぉ!!友達ぃぃいいぃぃぃぃ!!!)

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 09:22:15.30 ID:XYI9cZrQ0
不良「お前さっきからなんなんだよッ!?こいつの知り合いかぁ!?」

友達「い、いえ・・・偶然通りかかっただけですけど・・・」

不良「だったら黙ってろよッ!!それとも俺に喧嘩売ってんのかッ!?あ”!?」

友達「いえ・・・別にそういうわけじゃ・・・」

不良「だったら関係ないよなッ!?俺何か間違ってるのかッ!!?ん”!?」

友達「いえ・・・あの・・・その・・・」

不良「あ”ぁ?聞こえねぇよッ!!?文句あんだったらはっきり言えッッ!!!」

友達「・・・・・・・・・」

不良「何か言えやッ!!コラッ!!」

友達「・・・・・・・・・グスッ」

友達「・・・グスッ・・・ヒック・・・グスッ・・・」

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 09:23:41.99 ID:XYI9cZrQ0
不良「おっ、・・・オイッ・・・何も泣くこと・・・ッ」

友達「グスッ・・・グスッ・・・ヒック・・・グスッ・・・」

不良「おっ、オメェ飴食うかッ?・・・ホラ、おいしいぞッ?なッ?」

友達「・・・グスッ・・・グスッ・・・っ・・・グスッ・・・」

不良(オイオイ・・・どうすりゃいいんだよッ・・・)

妹「あっ!!先生あそこです!!あそこであの人が私の友達を・・・!!」

不良「ッ!!?」

先生「おい、不良!!ちょっとこっち来い!!」

友達「・・・グスッ・・・ヒック・・・グスッ・・・」

128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 09:25:44.67 ID:XYI9cZrQ0
俺「き、君・・・大丈夫・・・?」

友達「グスッ・・・ヒック・・・ふぇ?えっ・・・あ、はい大丈夫です」

俺(まさかの嘘泣き!?)

友達「私は大丈夫ですが・・・おにいs・・・じゃなくて・・・」

友達「先輩のほうこそ大丈夫だったですか・・・?」

俺「あぁ・・まぁ・・・俺のほうは大丈夫だよ・・・」

友達「そういえば一体何でもめてたんですか・・・?」

俺「えっ・・・いや・・・その・・・あの人が・・・」

俺「一緒に・・・お弁当食べようって・・・」

友達「・・・えっ?」

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 09:27:07.65 ID:XYI9cZrQ0
俺「いきなりだったから・・・ちょっと驚いて・・・それで・・・」

友達(これはあの人に悪いことをしてしまったなぁー・・・)

友達「なんかすいません・・・」

俺「いや助かったよ・・・ありがとうね」

(ナデナデ)

友達「・・・えっ?」

(ナデナデ)

友達「・・・あっ・・・あの・・・」

(ナデナデ)

友達「・・・・・・・・・」

妹「・・・・・・・・・」

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 09:28:36.58 ID:XYI9cZrQ0
妹「・・・・・・・・・おい」

俺「!!?」

友達「!!?」

妹「私の友達にあんまり馴れ馴れしく触らないでよ」

俺「えっ、・・・ああ・・・友達だったのか・・・」

俺「ごめんねっ・・・なんか・・・」

友達「い、いえ・・・別にっ・・・」

妹「そんな奴のことなんて助けてやることなかったのに」

友達「・・・・・・・・・」

妹「いこっ、友達」

友達「う、うん」

(タッタッタッ・・・)

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 09:29:46.09 ID:XYI9cZrQ0
(タッタッタッ・・・)

妹「・・・・・・」

友達「・・・・・・」

妹「・・・・・・友達」

友達「は、・・・はいっ!!?」

妹「ちょっと話があるんだけどいいかな」

友達「・・・うっ、うん・・・」

友達(私オワタ・・・)

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 09:30:58.48 ID:XYI9cZrQ0
妹「んー・・・ここでいいかな」

友達「そっ、・・・それで話って・・・?」

妹「・・・・・・・・・」

友達(・・・・・・ゴクッ)

妹「・・・あのさ」

友達「うん・・・」

妹「・・・・・・・・・・・・・・・」

妹「・・・・・・・・・ください」

友達「・・・えっ?」

妹「どうか私からお兄ちゃんをとらないでくださいっ!!!」

(ガシッ)

友達「!!?」

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 09:32:26.86 ID:XYI9cZrQ0
妹「お願いしますお願いしますぅうぅぅお願いしますっっ!!!!」

友達「ちょ、ちょっとっ!?」

妹「なんでもしますからっっっ!!!お願いしますっっっ!!!」

友達「なっ・・・何でも・・・?」

妹「はいっっっ!!!なんでもぉぉぉぉぉぉ!!!」

友達「・・・・・・・・・・・・」

友達「・・・・・・そ・・・そうだなぁ・・・」

友達「・・・じゃあ・・・土下座しながら床に頭を擦り付けて私にお願いするとか・・・?」

妹「・・・・・・・・・」

友達「・・・なっ、なぁんてねっ!!ジョーダンだよっ!!別に妹のお兄さんをとるつもりなんか・・・!?」

妹「お願いしますどうかお兄ちゃんをとらないでください」(すりすり)

友達「!!?」

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 09:33:57.04 ID:XYI9cZrQ0
妹「お願いしますどうかお兄ちゃんをとらないでください」(すりすり)

友達「ちょ、ちょっとっ!!冗談だってっっ!!!」

妹「お願いしますどうかお兄ちゃんをとらないでください」(すりすり)

通行人A「ねぇ・・・あの人たち何やってるの・・・」

通行人B「さっ、さぁ・・・」

友達「!!?」

友達「ほっ、ほらっ!!みんなも見てるから!!ねっ!?」

妹「お願いしますどうかお兄ちゃんをとらないでください」(すりすり)

友達「わかったからっ!!妹ちゃんのお兄さんをとったりなんてしないからっ・・・!!」

妹(ピタッ)

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 09:35:34.87 ID:XYI9cZrQ0
妹「ほんとぉ・・・?」

友達「ホントホント!!」

妹「お兄ちゃんとったりしなぃ・・・?」

友達「しないしない!!」

妹「・・・・・・・・・グスッ」

妹「グスッ・・・グスッ・・・ヒック・・・グスッ・・・」

友達「あーはいはいっ・・・よしよし・・・ごめんねイジワルなこと言って・・・」

(ナデナデ)

妹「・・・グスッ・・・ヒック・・・グスッ・・・グスッ・・・」

友達(はぁ・・・何で私はこの子の友達っていう設定なんだろう・・・)

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 09:36:56.72 ID:XYI9cZrQ0
―放課後―

友達「妹ー帰ろーっ」

妹「ごめんっ・・・私ちょっと用事あるから・・・先帰っててっ」

友達「用事?」

妹「うんっ、お兄ちゃんもいないしちょっとあの時の不良をピーしてこようかと」

友達「そ、そう・・・」

妹「だから悪いけど今日は一人で帰って・・・」

友達「わかった」

妹「じゃあね、バイバーイ」

友達「うん、バイバイ」

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 09:38:47.22 ID:XYI9cZrQ0
友達「ふぅー・・・なんだか一人で帰るのも久しぶりだなぁー・・・」

友達(まぁいつもは妹にお兄さんの話ばかり聞かされてるもんなぁー・・・)

友達「うんっ、これはこれで新鮮というか・・・解放されたといってしまうべきか・・・」

友達(たまにはこういうのもいいなぁー)

友達「・・・・・・」(トコトコトコ・・・)

俺「あっ、あの・・・」

友達「はいっ?」

友達(妹のお兄さん・・・?)

俺「ちょっと話したいんだけど・・・いいかな?」

友達「はぁ・・・」

友達(私に何の用だろう・・・?)

216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 20:10:01.61 ID:XYI9cZrQ0
友達「あのっ・・・それでお話って・・・?」

俺「ああ、お昼のこと改めてお礼を言おうと思って」

友達「いえ・・・そんな・・・」

友達「結局助けてくれたのは妹みたいなものですし・・・それに・・・」

友達「どっちかっていうと・・・私邪魔しちゃったような・・・ははっ・・・」

俺「いやいや助かったよ。ありがとうね・・・えっと・・・」

友達「あっ、友達ですっ」

俺「それじゃあ改めて・・・ありがとうね、友達ちゃん」

友達「あははっ・・・ど、・・・どうも・・・」

俺(妹とは正反対のような子だな・・・)

俺(どうしてこの子が妹の友達なんだろう・・・)

219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 20:12:14.55 ID:XYI9cZrQ0
俺「あの・・・それともうひとつ・・・」

友達「???」

俺「妹のことなんだけど・・・」

友達「何でしょうか・・・?」

俺「あの・・・その・・・」

友達「・・・・・・?」

俺「あいつ・・・学校ではどんな感じなのかなって・・・」

俺「家じゃちょっと生意気だからさ・・・学校でもあんな感じなのかなと思って・・・」

友達(ああ、なるほど。そういうこと・・・)

俺「クラスで浮いたり・・・イジメられたりはしてないかな・・・?」

221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 20:14:49.90 ID:XYI9cZrQ0
友達「大丈夫ですよ先輩。心配いりません」

俺「ほっ、ホントに?みんなに迷惑かけたり反抗的な態度とったりしてないっ?」

友達「はいっ、クラスのみんなとも仲良くやっていますよ」

友達(まぁ・・・お兄さんと私以外の人にはちゃんとまともに接してるしね・・・)

俺「よかったぁ・・・それ聞いて安心したよ・・・」

友達「・・・・・・」

俺「あいつさ、根は優しいくせに妙に素直じゃないところあってさ・・・」

俺「兄妹の俺にだったらいいんだけど他の人にも迷惑かけてないか心配で・・・」

友達「妹のこと・・・ちゃんと考えてあげてるんですね・・・」

俺「ははっ・・・あんな奴でも一応兄妹だからね・・・」

俺「まぁ・・・なんか知らんが俺は嫌われちゃってるけど・・・」

223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 20:16:42.81 ID:XYI9cZrQ0
友達「・・・・・・」

友達「・・・別に・・・妹も先輩のこと嫌いじゃないと思いますよ・・・?」

俺「えっ?」

友達「先輩も言ったじゃないですか」

友達「妹は素直じゃないけど根は優しい子なんだって」

俺「いや・・・でも・・・」

友達「私もそう思います。妹いい子ですよ、私は好きです」

友達(まぁ・・・ちょっと頭湧いてるけど・・・)

俺「そうかなぁ・・・」

友達「そうですよ」

友達「だから先輩も・・・もっと妹のこと信じてあげてください」

224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 20:18:45.56 ID:XYI9cZrQ0
俺「まぁそうしてやりたいのは山々なんだが・・・俺はやっぱり嫌われて・・・」

友達「お願いしますっ・・・先輩・・・」

俺「う~ん・・・」

友達「・・・・・・」(ジー・・・)

俺「・・・・・・」

友達「・・・先輩・・・」(ジー・・・)

俺「・・・・・・」

俺「はぁ・・・うん、わかったよ」

俺「まぁなんだかんだいっても兄妹だしね・・・俺があいつを信じてやらないとな・・・」

友達「先輩・・・」

227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 20:20:01.08 ID:XYI9cZrQ0
俺「・・・・・・・・・はぁ」

俺「それにしても俺ホント頼りない兄だよなぁ・・・」

俺「妹の友達に相談した挙句諭されるなんて・・・」

友達「ははっ・・・先輩に非はないですよ・・・」

友達(どちらかというとお兄さんは被害者だしね・・・)

俺「なんか今日はいろいろと助けてもらってばっかりでごめんね・・・」

友達「いえいえ、先輩とお話できて私も楽しかったです」

俺(本当にいい子だなぁ・・・)

友達「それじゃあそろそろ私は失礼しますっ」(ペコッ)

232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 20:22:08.81 ID:XYI9cZrQ0
俺「あっ、うん。今日は本当にいろいろとありがとうね」

友達「いえいえそんな・・・また何かあったらいつでも相談してください」

友達「ではさようなら」(タッタッタッタッ・・・)

(タッタッタッタッ)

(ピタッ)

友達「あっ、そうだ・・・先輩っ」

俺「・・・?」

友達「妹のこと・・・よろしくお願いしますね」

俺「あっ・・・う、うん」

俺(それって普通俺のセリフだよな・・・)

俺(はぁ・・・本当に情けない・・・)

235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 20:25:08.11 ID:XYI9cZrQ0
―家―

妹「はぁ・・・はぁ・・・疲れた・・・っ」

妹(まさかピーすることがあんなにも疲れることだったなんて・・・)

妹「はぁ・・・充電しよ・・・」

(ガサゴソ ガサゴソ)

妹「・・・・・・」

妹(お兄ちゃんの洗ってない体操服・・・)

妹「・・・・・・・・・ふふっ」(ニヤッ)

妹「はぁ~・・・」

妹「お兄ちゃん!お兄ちゃん!お兄ちゃん!あぁクンカクンカ!」

妹「クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん」

(ガチャッ)

俺「ただいまー・・・」

妹(お兄ちゃんが帰ってきた・・・!?)

236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 20:26:34.59 ID:XYI9cZrQ0
(トコトコトコ・・・)

俺「おっ、妹。もう帰ってたのか・・・んっ?」

妹「・・・・・・」

俺「それ・・・俺の体操服じゃないか・・・?」

妹「落ちてた」

俺「えっ?」

妹「ここに落ちてた」

俺「いや・・・そうは言ってもここリビングだし・・・」

妹「落ちてた」

俺「今朝だってここで一緒に朝食を・・・」

妹「落 ち て た」

238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 20:27:46.31 ID:XYI9cZrQ0
妹「ったく、こんな汚いもん堂々とこんなところに置いておかないでよ」

(バサッ)

俺「お、おお・・・スマン」

妹「はぁ・・・」

妹「ばーかっ」(タッタッタッ)

妹(・・・体操服・・・グスッ)

(タッタッタッタッ・・・)

俺「・・・・・・・・・」

俺(おかしいな・・・確かに今朝はなかったはずなのに・・・)

俺(それにしても・・・)

俺「はぁ・・・」

俺(どう見たって俺のこと邪険にしてるよな・・・)

240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 20:29:16.77 ID:XYI9cZrQ0
俺「やっぱりあいつは俺のこと心底嫌っているんじゃ・・・」

俺「・・・・・・」

俺「・・・・・・ッ!!」

俺(いや・・・自分で言ったんじゃないか・・・!!)

俺(あいつは素直じゃないけど優しいやつだって・・・ッ!!)

俺「よし・・・ッ!!」

俺(とりあえず俺はあいつのことを何も知らない・・・)

俺(少しずつ・・・何か話をして・・・)

俺(徐々に距離を近づけることからはじめよう・・・!!)

287: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 23:51:40.45 ID:XYI9cZrQ0
―夕飯―

妹「・・・パクパク・・・モグモグ・・・」

俺「・・・パクパク・・・モグモグ・・・」

俺(今日も相変わらず食卓に会話なし・・・)

俺(ふっ・・・ここまでは予想通りだぜ・・・)

俺(さて・・・問題は一体ここから何を話すかだが・・・)

妹「パクパク・・・モグモグ・・・」

俺「・・・・・・・・・」

俺(こいつの考えてることがさっぱりわからん・・・)

妹「・・・パクパク・・・モグモグ・・・」

妹(わーい、やっぱりお兄ちゃんをおかずに食べるご飯は美味しいなぁ)

妹(お兄ちゃん・・・はぁ・・・はぁ・・・)

289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 23:56:36.59 ID:XYI9cZrQ0
俺「・・・・・・」

俺(よし・・・ッ!!)

俺「あ、あのさ・・・」

妹「・・・パクパク・・・モグモg・・・?」

俺「今日は学校どうだった・・・?何かあったか・・・?」

妹「・・・・・・」

妹(珍しい・・・何だろういきなり・・・)

妹(・・・・・・・・・ハッ!?)

妹(まさか私の今日一日の行いの中に何かミスがッ!!?)

291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/25(火) 23:59:07.76 ID:XYI9cZrQ0
妹「・・・・・・・・・」

妹(いやいやまてまてそんなはずはないッ・・・!!)

妹「・・・・・・・・・」

妹(使った後お兄ちゃんの靴は元に戻しておいたし・・・箸だってちゃんと周りを確認してから舐めた・・・)

妹(パソコンだってもちろんロックしてあるし・・・盗撮だってまだ実行に移していない・・・)

妹(大丈夫・・・私に落ち度はないはずだ・・・)

妹「・・・・・・」

妹「別に」

俺「そ、・・・そうか・・・」

俺(まぁ予想通りの反応だな・・・)

俺(こうなったら・・・数で責めるしかないッッ!!)

294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/26(水) 00:02:14.82 ID:FpSTo7/V0
俺「学校の勉強はどうだ?難しくないか?」

妹「特に」

俺「クラスのみんなとは仲良くやってるのか?」

妹「何でそれをお前に教えなくちゃいけないんだよ」

俺「ご飯美味しいか?」

妹「ばーかっ」

俺「何か困っていることとかないか?」

妹「なう」

俺「・・・猫派?犬派?」

妹「はぁ・・・」

俺「・・・・・・ご趣味は?」

妹「・・・」

俺「・・・・・・」

妹「・・・・・・」

298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/26(水) 00:10:34.25 ID:FpSTo7/V0
俺「・・・・・・・・・」

俺(ダメだ・・・心折れた・・・)

妹「・・・パクパク・・・モグモグ・・・」

俺(いや・・・待て・・・まだだ!!)

俺(そうだよ・・・!!まずはこの殺伐とした空気を何とかしないと・・・!!)

俺(そうだっ!!何かギャグを・・・!!)

俺(この空気を打破できるだけの一発ギャグを・・・ッ!!!)

妹「・・・パクパク・・・モグモグ・・・」

俺「・・・・・・ン・・・ゴホンッ」

妹「・・・パクパク・・・モグモグ・・・」

俺「・・・・・・・・・・・・・・・」

俺「・・・・・・・・・・・・・・・しゃれこうべ」(ボソッ)

301: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/26(水) 00:13:08.50 ID:FpSTo7/V0
俺「・・・・・・・・・」

妹「・・・パクパク・・・モグモグ・・・」

俺「・・・・・・・・・」

妹「・・・パクパク・・・モグモグ・・・」

俺「・・・・・・・・・」

妹「・・・パクパク・・・モグモグ・・・」

俺「・・・・・・・・・」

妹「・・・パクパク・・・モグモグ・・・ゴクンッ」

妹「・・・・・・・・・ごちそうさま」

俺「・・・・・・・・・」

妹(タッタッタッタッ)

(タッタッタッタッ・・・)

俺「・・・・・・・・・」

311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/26(水) 00:30:44.51 ID:FpSTo7/V0
俺「不発・・・か」

俺(流石俺の妹・・・一筋縄じゃいかねえぜ・・・)

俺「・・・・・・・・・」

俺「・・・・・・・・・はぁ」

俺(もう嫌だ・・・泣きたい・・・)

俺(なんだかもう自信がなくなってきた・・・)

俺(いつも通りそっけないし・・・)

俺(話しかけてもシカト・・・)

俺(まぁギャグは仕方ないとして・・・)

俺(結局・・・俺が一人で空回りしていただけだし・・・)

俺「・・・・・・・・・」

俺(やっぱりあいつ俺のことが嫌いなんじゃ・・・)

318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/26(水) 00:41:12.15 ID:FpSTo7/V0
(タッタッタッタッ・・・)

(バタンッ)

妹「・・・・・・・・・」

妹「・・・・・・・・・」(プルプル・・・プルプル・・・)

妹「・・・・・・・・・プッ」

妹「あはははははっwwwwwwwww」

妹「お兄ちゃんwwwwwwwww」

妹「www・・・ww・・・w・・・はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

妹「・・・・・・・・・・・・」

妹「・・・・・・・・・・・・」

妹「・・・・・・・・・・・・しゃれこうべ」(ボソッ)

妹「だってwwwwwwwww」

妹「お兄ちゃんwwwはぁはぁ・・・www・・・お腹痛い・・・ww」

妹(それにしても今日はお兄ちゃんがいっぱい話しかけてきてくれた・・・!!)

407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/26(水) 16:50:43.66 ID:FpSTo7/V0
妹(なんか知らんが今日はお兄ちゃんが積極的だ・・・ッ!!)

妹(私はいつの間にフラグを立ててしまったのだろうか・・・)

妹「こまけぇこたぁいいか」

妹(これはもしや日々の妄想の賜物では・・・?)

妹(きっと私とお兄ちゃんが結ばれる日もそう遠くないはず・・・)

妹「・・・・・・・・・」

妹「・・・・・・・・・ぐへっ」

妹「ぐへへへっ・・・じゅる」

妹(イカンイカン・・・よだれが・・・)

(プルルルルル プルルルルル)

妹「?」

妹(電話・・・?)

妹(友達から?)

妹(何だろう・・・?)

409: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/26(水) 16:52:55.69 ID:FpSTo7/V0
(ポチッ)

妹「もしもーし」

友達『もしもし~今暇?何かしてた?』

妹「いつも通りお兄ちゃんのことばかり考えていたよ」

妹「あっ!!そういえばねっ!!さっきお兄ちゃんがねっ・・・」

友達(やべっ、いきなり地雷踏んだッ!?)

妹「私にねっ!!いろいろ聞いてくるんだよっ!?それでねっそれでねっ・・・」

友達『ちょっ、ちょいストップッッ!!』

友達『お兄さんの話は後でちゃんと聞いてあげるから・・・ッ!!』

妹「・・・・・・」(ピキピキ ピキピキ)

友達『・・・・・・』

友達(受話器の向こうから聞こえてくる何かの擬音はとりあえず気にしないでおく・・・)

410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/26(水) 16:55:14.45 ID:FpSTo7/V0
妹「それで何よ?」

友達『いやぁ、今妹んち近くの神社でお祭りやってるらしいんだけどさぁ・・・』

友達『よかったら一緒にどうかなぁーって』

妹「オマツリ?」

友達『そっ、お祭り』

妹「う~ん・・・」

妹(私としてはお兄ちゃんと二人っきりの時間が何よりも大切なんだけど・・・)

妹(付き合いってものもあるし・・・それに友達の誘いだ・・・お昼の借りもある)

妹「うん、わかった」

友達『本当に!?それじゃあ今から妹んち向かうねっ』

妹「はいはーい、それじゃあ支度して待ってる」

友達『じゃあ、そういうことでまたあとでねぇ』

(プツン)

413: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/26(水) 16:58:20.24 ID:FpSTo7/V0
俺「今回は失敗・・・だな・・・」

俺「はぁ・・・」

俺「・・・・・・」

(~♪)

俺「ん・・・?」

俺(なんだろう・・・外から何か聞こえる・・・)

(~♪)

俺「この音は・・・」

俺「・・・祭囃子の音?」

俺「あー・・・そういえば・・・」

俺(今夜近くの神社でお祭りがあったんだっけ・・・すっかり忘れてた・・・)

俺(まぁ・・・覚えていたからといって別に一緒に行く人がいるわけでもないんだけどね・・・)

414: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/26(水) 17:00:54.62 ID:FpSTo7/V0
俺「そういえば昔はよく妹とも一緒にお祭りに行ったりしてたなぁ」

俺(まぁ今となっては昔の話だけど・・・)

俺(あの頃はあんなに素直でかわいらしいやつだったのに・・・)

俺(どうしてあんな生意気で反抗的になってしまったんだろうか・・・)

俺「・・・・・・」

俺(思い返してみればあいつにも俺に懐いていた時期があったんだよなぁ・・・)

俺(それが突然そっけなくなって・・・だんだんエスカレートして・・・今ではあんな感じに・・・)

俺「・・・・・・・・・」

俺「・・・・・・駄目でもともとだなっ」

俺(とりあえず誘うだけ誘ってみようっ・・・)

俺(あいつも何かの気まぐれで一緒に行きたいとか言い出すかもしれないし)

俺(まぁ言うまでもなく期待薄だけど・・・)

418: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/26(水) 17:03:02.46 ID:FpSTo7/V0
(コンコン)

妹「・・・?」

妹(誰だろう・・・ってお兄ちゃんしかいないけどねッッ!!)

妹(それにしてもやっぱり珍しい・・・)

妹(お兄ちゃんがわざわざ私の部屋まで訪ねてくるなんて・・・)

妹「――ハッ!!」

妹(ついに私の祈りが天に届いたのかッ!!?)

妹(ということは二人の仲はもはや公認・・・ッ!?)

妹(ならば今すぐにでもお兄ちゃんを押し倒して・・・ぐへへっ・・・じゅる)

妹「イカンイカン・・・よだれが・・・」

妹「下らん妄想に時間を割いてお兄ちゃんを待たせるわけにはいかない・・・」

(トコトコトコ・・・)

(ガチャッ)

419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/26(水) 17:06:26.26 ID:FpSTo7/V0
妹「何よ」

俺「よ、よう。寝てたのか」

妹「寝てないわよ」

俺「いや・・・でもよだれが・・・」

妹「寝ふぇないふぁよ」(ごしごし)

俺「そうか・・・」

妹「でっ、何の用よ」

俺「いや・・・その・・・久しぶりに一緒にお祭りにでも行きたいなぁと思って・・・っ」

妹「オマツリ?」

俺「そう、お祭り」

妹(ああ・・・さっき友達が言っていたやつか・・・)

妹「――ッ!!?」

妹(もしかして私・・・お兄ちゃんにお祭りに行こうって誘われてる・・・ッ!!?)

421: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/26(水) 17:09:08.40 ID:FpSTo7/V0
男「そこの神社でやってるんだけどさ・・・一緒に行かないか?」

妹「何で私がお兄ちゃんと一緒にお祭りに行かなくちゃいけないのよ」

妹(行きたい行きたい行きたい行きたい)

男「いいだろ・・・?どうせ暇なんだし・・・」

妹「お兄ちゃんと一緒にしないでよ。それに私友達と一緒に行くことになってるから」

(行きたい行きたい行きたい行きたいッッ!!)

男「ああ、なんだ・・・そうだったのか・・・なら仕方ないな」

妹「そういうことだから、じゃっ」

妹(イ”キダイ”イギタイ”イキタイ”)

(バタンッ)

俺「・・・・・・・・・」

俺(一人で行ってもしょうがないしなぁ・・・諦めるか・・・)

(トコトコトコ・・・)

423: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/26(水) 17:11:41.56 ID:FpSTo7/V0
妹「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

妹(もちつけ私・・・もちつけ私・・・ッ!!!)

妹「どうしよ・・・どうしよ・・・どうしよ・・・ッッ!!!」

妹(お兄ちゃんにお祭りに誘われてしまったッッッ!!!!)

妹「ッ!!!!」

妹(そ、・・・そうだっ!!友達に電話を・・・ッ)

(ピポパッ)

(トゥルルルルル トゥルルルルル・・・)

(トゥルルルルル トゥルルルルル・・・ガチャッ)

友達『はいっ?もしもしっ?妹ーっ?ちょうど今そっちに向かってる途ty』

妹「とッととと友達ィッ!!?」

友達『どっどうしたのよっ・・・!?そんなに大声出して・・・』

妹「わっ、ッわわッワタシッ!!おっ、ッお兄ちゃんにッ・・・!!!」

妹「お兄ちゃんにッおっ、お祭りッ行こうって誘われたッッッ!!!」

424: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/26(水) 17:15:48.84 ID:FpSTo7/V0
友達『・・・・・・へぇ』

友達『それで妹は何て返事したのよ・・・?』

妹「えっ、えっとぉ・・・丁重にお断りしてッ・・・そ、それで・・・ッッ」

友達『・・・・・・・・・はぁ』

友達『そんなに嬉しかったなら何で断ったりしたのよ・・・』

妹「だッ、だってっ!!友達との約束もあったしッ・・・!!」

妹「そッ、それに・・・突然だったから・・・その・・・驚いちゃって・・・ッ」

友達『はぁ・・・私のことなんて放っておいてお兄さんと一緒に行ってくればよかったのに・・・』

妹「そっ、そういうわけにも・・・いかないよ・・・!!」

友達(まぁ・・・お兄さんを激励したのは私だし・・・おそらくそれが原因なんだろうけど・・・)

友達(妹が混乱するのも当然か・・・)

妹「どっ・・・どうしよ・・・友達・・・」

妹「私・・・お兄ちゃんと一緒にお祭り行きたい・・・っ」

426: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/26(水) 17:18:16.76 ID:FpSTo7/V0
友達『いいんじゃない、行ってくれば?』

妹「でっ・・・でも・・・」

友達『私のことなら気にしなくていいから、妹とはいつでもお祭り行けるし』

妹「・・・・・・・・・」

妹「ご、・・・ごめんね・・・いつも迷惑ばかりかけて・・・」

友達『何を今更。そう思うならもう少し私を敬いなさい』

妹「う、うんっ」

妹「でも・・・どうしよう・・・もうお兄ちゃんには行けないって言っちゃったし・・・」

友達『・・・・・・・・・』

友達(まぁ普通なら何か理由をつけて自分から誘えばって話になるんだけど・・・)

友達(この子の場合そうもいかないか・・・)

友達『よしっ、わかった。お兄さんのほうは私が何とかするっ』

友達『だから妹は先にお祭りに行って待ってなさい』

545: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/27(木) 13:34:13.67 ID:NAPshWQC0
妹「いいの・・・?」

友達『ついでよついで』

友達『どうせもう妹んちに向かってる途中なんだし』

妹「友達・・・」

友達『その代わり約束』

友達『ちゃんと私の分までお兄さんとお祭りを楽しんでくること』

妹「うん・・・わかったっ」

友達『ホラホラ、早く支度して行かないと』

妹「うん!!私頑張るからっ!!」

妹「あっ、そうだ友達っ」

友達『・・・?』

妹「明日さっきのお兄ちゃんの話の続きもちゃんと聞かせてあげr」

友達『それはいい』

547: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/27(木) 13:35:45.75 ID:NAPshWQC0
(トコトコトコ)

俺「・・・・・・?」

妹「・・・・・・」(トコトコトコ・・・)

俺(あぁ・・・お祭り行くのか)

妹「・・・・・・」(トコトコトコ・・・)

俺「いってらっしゃい」

妹(ビクッ)

妹「っ・・・」(トコトコトコ・・・)

(ガチャッ)

俺「・・・・・・」

(バタンッ)

俺「・・・・・・」

俺(完全無視・・・)

妹(待ってるからね・・・お兄ちゃん・・・っ)

549: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/27(木) 13:37:08.61 ID:NAPshWQC0
(トコトコトコ)

友達「はぁ・・・・・・」

友達(何で私ばかりいつもこんな役回りに・・・)

(トコトコトコ・・・)

友達(要するにあの二人は似たもの同士なのだと思う・・・)

友達(ただちょっと妹が素直になれないだけというか・・・)

友達(お兄さんが萎縮しすぎているというか・・・)

(トコトコトコ・・・)

友達「まぁ結局どっちもどっちね・・・」

友達(私もつくづく妹に甘いなぁ・・・)

友達(明日からはもう少し厳しくしていこうかしら・・・)

(トコトコトコ・・・ピタッ)

友達(とまぁ・・・そんなことを考えているうちに・・・)

友達「・・・到着っと」

551: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/27(木) 13:38:12.63 ID:NAPshWQC0
(コンコン)

俺「・・・・・・?」

俺(誰だろう?こんな夜遅くに)

俺「はーいっ」

(タッタッタッタッ・・・)

(ガチャッ)

友達「こんばんは。先輩」

俺「ああ友達ちゃん」

俺「こんばんは。どうかしたの?」

友達「夜分遅くにすみません」

友達「あのー・・・妹はいますか・・・?」

552: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/27(木) 13:39:38.20 ID:NAPshWQC0
俺「妹?妹ならさっきお祭りに・・・」

友達「あちゃー・・・もう行っちゃいましたか・・・」(棒)

俺「・・・?」

友達「あのですねー・・・私妹と一緒にお祭りに行く約束をしていたのですが・・・」

友達「そのー・・・突然急な用事ができてしまいまして・・・」

友達(ちょっとベタすぎただろうか・・・まぁどうでもいいか)

俺「・・・」

友達「電話してもつながらなくてですねー・・・困ったなぁ・・・」(棒)

俺「あっ、でも大丈夫。神社ならすぐそk」

友達「あっ!!そうだっ!!」

友達「先輩っ!!ちょっと妹を迎えに行ってあげてくださいっ!!」

553: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/27(木) 13:41:33.78 ID:NAPshWQC0
俺「いや・・・でも・・・」

友達「いいじゃないですかっ!!そうしましょう!!」

俺「いや・・・俺は・・・」

友達「ちょうど妹ともいろいろ話せるチャンスですっ!!」

友達「やりましたね先輩っ!!これは一石二鳥ですっ!!」

俺「あの・・・友達ちゃん・・・」

友達「どうか私のことはお気になさらず!!」

友達「あっ、そのまま妹と一緒にお祭りを楽しんでくるのもありですねっ!!」

俺「友達ちゃん・・・俺は・・・その・・・」

俺「遠慮しておく・・・友達ちゃんが行ってあげてよ」

友達「・・・・・・」

554: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/27(木) 13:42:44.76 ID:NAPshWQC0
俺「俺が行くより友達ちゃんが行ったほうがいいだろうし・・・」

俺「それに・・・俺が行ったところであいつは俺の話なんか・・・」

友達「・・・・・・・・・」

友達(まったく・・・この人は・・・)

友達(こんなんだから妹が苦労するのだ・・・)

友達(この人はもう少し強引であるべきだと私は思う)

友達(まぁ・・・妹は妹でもっとつつましくするべきだと思うが・・・)

俺「だから友達ちゃんが・・・」

友達「・・・・・・・・・はぁ」

友達「・・・へたれ」

俺「・・・・・・えっ?」

友達「このへたれ」

557: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/27(木) 13:44:10.37 ID:NAPshWQC0
俺「友達・・・ちゃん・・・?」

友達「私・・・言いましたよね・・・?」

俺「・・・・・・」

友達「妹のこと・・・よろしくお願いしますって」

俺「・・・・・・」

友達「妹のこと・・・信じるんじゃなかったんですか?」

俺「・・・・・・」

友達「先輩・・・・・・行ってください」

俺「・・・・・・」

友達「先輩ッッ!!」

558: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/05/27(木) 13:45:27.54 ID:NAPshWQC0
俺「・・・・・・」

俺「・・・ッ!!」(ダッ)

(タッタッタッタッ)

(タッタッタッタッ・・・)

(・・・・・・・・・・・・)

友達「・・・・・・」

友達「・・・・・・はぁ」

友達(まったく・・・私はピエロか・・・)

友達「・・・・・・・・・」

友達(本当に・・・兄妹そろって・・・)

友達「・・・世話が焼ける」

564: ◆3HDkzV2Z22 2010/05/27(木) 13:56:33.52 ID:j7SPlxoV0
(タッタッタッタッ)

俺「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

俺(まったく・・・俺は一体何をやっているんだ・・・)

俺(妹に萎縮し・・・妹の友達に励まされ・・・妹を疑った挙句・・・また逃げようとするなんてッ!!)

(タッタッタッタッ・・・)

俺「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

俺(だけど・・・もう迷わない・・・)

俺(俺は・・・決めたんだ・・・)

俺(あいつから・・・妹から・・・)

(タッタッタッタッ・・・)

俺「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

俺(もう逃げないって・・・ッッ!!)

799: ◆3HDkzV2Z22 2010/05/29(土) 05:09:19.64 ID:Fq9SkEHu0
妹「・・・・・・」

妹「・・・・・・はぁ」

妹(お兄ちゃん遅いなぁー・・・)

妹「――ハッ!?」

妹(しかしお兄ちゃんが来たところで私は一体何をすれば・・・!?)

妹「何も考えていなかった・・・」

妹「・・・・・・・・・」

妹(まぁ・・・ここはオーソドックスにそこらへんの茂みにでも誘い込んで・・・ぐへへっ)

妹「・・・・・・・・・」

妹(・・・ってこれじゃあいつもの妄想と変わらないじゃないか・・・自重自重)

妹「・・・・・・・・・」

妹(それにしても本当に遅いなぁお兄ちゃん・・・)

805: ◆3HDkzV2Z22 2010/05/29(土) 05:17:53.72 ID:Fq9SkEHu0
(・・・・・・・・・)

妹「・・・・・・・・・」

(・・・・・・・・・)

妹「・・・・・・・・・遅い」

妹(遅すぎる・・・まさかお兄ちゃんの身に何かあったんじゃ・・・!?)

妹(それとも・・・やっぱりダメだったのかな・・・)

妹「・・・・・・・・・」

妹(まぁ無理もないか・・・私いつもお兄ちゃんにあんなにひどいこと言ってるんだもんね・・・)

妹「・・・・・・・・・」

妹「とりあえず・・・お兄ちゃんが心配・・・」

妹(一旦帰ってそれだけでも確認を・・・!!)

(ガサッ)

妹「!!?」

806: ◆3HDkzV2Z22 2010/05/29(土) 05:25:44.07 ID:Fq9SkEHu0
俺「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

俺「はぁ・・・はぁ・・・やっと・・・見つけた・・・」

妹「お兄ちゃん・・・」

俺「はぁ・・・はぁ・・・どこにいるかわからなくて・・・探したよ・・・」

妹「――ッ!!?」

妹(ああ・・・そうか・・・失念していた・・・待ち合わせ場所を決めていなかったっけ・・・)

妹(そんなことも忘れるなんて・・・私は相当浮かれていたようだ・・・)

妹「どっ、どうしてお兄ちゃんがここにいるのよっ!?」

俺「友達ちゃんが急な用事でこれなくなったって・・・電話もつながらないらしくて・・・」

俺「それで俺が代わりに・・・」

妹「そ、そう・・・」

妹(友達・・・ありがとう・・・)

808: ◆3HDkzV2Z22 2010/05/29(土) 05:35:35.96 ID:Fq9SkEHu0
俺「・・・・・・」

俺「そ、・・・それでさっ・・・あのっ・・・」

妹「・・・・・・?」

俺「その・・・せっかくこうしてお祭りに来たことだしさっ」

俺「一緒に・・・少し遊んでいかないか・・・?」

妹「っ!?」

妹「・・・・・・」

妹「えっと・・・あ・・・そのっ・・・」

妹「・・・・・・ッ」

妹「なっ・・・何で・・・」

妹「・・・・・・・・・」

妹「・・・何で私が・・・お兄ちゃんなんかと・・・」

妹「・・・・・・・・・っ」

810: ◆3HDkzV2Z22 2010/05/29(土) 05:41:28.34 ID:Fq9SkEHu0
俺「・・・・・・・・・」

妹「・・・・・・・・・」

妹(私は馬鹿だ・・・救いようのない大馬鹿者だ・・・)

妹(友達にあそこまでしてもらって・・・お兄ちゃんにもこうして誘ってもらっているのに・・・)

妹(結局・・・口から出た言葉が・・・これ・・・)

俺「・・・・・・・・・」

妹(これじゃあまるでいつもと同じ・・・)

妹(きっともう私は変わることなんか――ッ)

俺「・・・・・・・・・」

俺「・・・・・・ッ!!」

(ガシッ)

妹「!!?」

俺「うるさい、文句言うな。今日は何が何でも付き合ってもらうからな」

811: ◆3HDkzV2Z22 2010/05/29(土) 05:48:44.62 ID:Fq9SkEHu0
(トコトコトコ)

妹「えっ?ちょ、お兄ちゃんっ!?」

(トコトコトコ)

俺「それにこれからは外でも話しかける」

(トコトコトコ)

妹「お兄ちゃん・・・離してよ・・・」

(トコトコトコ)

俺「いやむしろ毎日話しかける」

(トコトコトコ)

妹「お兄ちゃん・・・・・・・」

(トコトコトコ)

俺「お前がなんと言おうと絶対に譲らないからなっ」

(トコトコトコ)

妹「・・・・・・・・・」

(トコトコトコ・・・)

814: ◆3HDkzV2Z22 2010/05/29(土) 06:05:41.73 ID:Fq9SkEHu0
妹「・・・・・・」

妹「わ、・・・わかったからっ」

妹「わかったから・・・離してよ・・・」

(トコトコトコ)

(ピタッ)

俺「・・・・・・・・・」

妹「・・・・・・・・・」

妹「なっ、・・・何で私がお兄ちゃんと手をつないでお祭りを回らなくちゃいけないのよっ・・・」

俺「・・・・・・・・・」

妹「・・・・・・・・・」

妹「でっ、でもまぁ・・・確かに・・・これだけ人も大勢いるわけだし・・・っ」

妹「迷子になるといけないから・・・もちろんお兄ちゃんがだけど」

妹「服の端っこくらいなら・・・掴んであげてても・・・いい」

819: ◆3HDkzV2Z22 2010/05/29(土) 06:32:09.65 ID:Fq9SkEHu0
妹「・・・・・・・・・」

俺「・・・・・・そ、・・・そっかっ」

俺「じゃあその代わり離さないようにしっかり掴んどけよ?」

妹「・・・・・・・・・」

妹(・・・・・・コクッ)

(ギュッ)

俺「よしっ、それじゃあ行くかっ」

妹「・・・・・・・・・」

(トコトコトコ・・・)

妹「・・・・・・・・・」

妹「言われなくても・・・ちゃんと掴んでるわよ・・・」(ボソッ)

820: ◆3HDkzV2Z22 2010/05/29(土) 06:38:51.24 ID:Fq9SkEHu0
(トコトコトコ・・・)

俺「・・・・・・」

妹「・・・・・・」

(トコトコトコ)

俺「・・・あっ、そうだ。なんか買ってやる」

俺「何でもいいぞ。欲しいものとかあるか?」

妹(欲しいもの・・・)

妹「・・・・・・」

妹(欲しいものは・・・ちょうど今掴んでいるわけだが・・・)

妹「・・・・・・」

妹「・・・・綿菓子」

妹「綿菓子が食べたい」

821: ◆3HDkzV2Z22 2010/05/29(土) 06:46:20.96 ID:Fq9SkEHu0
俺「綿菓子?そんなんでいいのか?」

妹「いいわけないでしょっ」

妹「まずは綿菓子って意味よっ」

俺「なるほどね・・・」

妹「とーぜん他にもいっぱい買ってもらうつもりだからっ」

俺「あぁ・・・はいはい・・・」

俺(まぁ・・・財布の許す限りなら・・・)

俺「じゃあそこの店で・・・ってあれ?」

妹「・・・・・・?」

俺「・・・・・・・・・」

俺「スマン・・・急いできたから財布忘れた・・・」

妹「・・・・・・・・・はぁ」

822: ◆3HDkzV2Z22 2010/05/29(土) 06:52:06.31 ID:Fq9SkEHu0
妹「何よそれ・・・」

妹(まったく本当にお兄ちゃんは・・・まぁそういうところも好きだけど)

俺「申し訳ない・・・」

妹「しょうがないわね、私が払うからいいわよ」

妹「ホラ、行くわよっ」

妹「ってあれ・・・?」

妹(財布が・・・ない・・・)

妹「・・・・・・・・・」

妹(まったく・・・私は本当に浮かれていたようだ・・・)

妹(まさか財布を持ってくる余裕すらないくらいにはしゃいでいたとは・・・)

妹(まるで子供ね・・・)

俺「どうした?」

妹「なっ、なんでもない!!やっぱいらないっ!!」

824: ◆3HDkzV2Z22 2010/05/29(土) 07:00:11.89 ID:Fq9SkEHu0
俺「それじゃあどうしようか・・・?」

妹「どうしようって・・・」

妹「お兄ちゃんが誘ったんでしょ・・・」

俺「それはそうなんだが・・・」

妹(まったく・・・お兄ちゃんってば・・・もう少ししっかりしてよ・・・)

妹「・・・・・・はぁ」

妹「いいわよ。とりあえず歩いて一周しましょう」

俺「そ、そうだなっ」

(トコトコトコ)

俺「・・・・・・」

妹「・・・・・・」

(トコトコトコ・・・)

830: ◆3HDkzV2Z22 2010/05/29(土) 07:26:18.59 ID:Fq9SkEHu0
(トコトコトコ)

俺「・・・・・・・・・」

俺「・・・なんかさ」

妹「・・・?」

俺「・・・なんか懐かしいな」

妹「懐かしい・・・?」

妹(はて・・・?何のことやら・・・?)

俺「いや・・・昔はよくこうやって一緒にお祭りとかきてただろ」

妹「・・・・・・」

妹(そういえばそうだったっけ・・・)

妹(私・・・昔よくお兄ちゃんとお祭りにきてた・・・)

831: ◆3HDkzV2Z22 2010/05/29(土) 07:36:47.16 ID:Fq9SkEHu0
妹「・・・・・・」

妹(いや・・・それだけじゃない・・・)

妹(昔は毎日のように話しもしていたし・・・一緒に遊んだりもしていた・・・)

妹「・・・・・・」

妹(そうだった・・・私・・・昔はお兄ちゃんと・・・)

妹(・・・普通に仲良かったっけ)

妹「・・・・・・」

妹(でも・・・成長するにつれ・・・お兄ちゃんはだんだんと私の相手をしてくれなくなって・・・)

妹(それで・・・)

妹(それが寂しくて・・・私は・・・)

妹「・・・・・・・・・はぁ」

妹(そうか・・・要するに私はただ・・・)

妹(お兄ちゃんが構ってくれなくて・・・拗ねていただけなのか・・・)

833: ◆3HDkzV2Z22 2010/05/29(土) 07:44:02.97 ID:Fq9SkEHu0
妹(大好きなお兄ちゃんに構って欲しくて・・・)

妹(だけどお兄ちゃんは私の相手をしてくれなくなって・・・)

妹(それで私はふてくされて・・・)

妹(だけどお兄ちゃんを嫌いになることもできず・・・)

妹(こうやって拒絶することによってお兄ちゃんの気を引こうと・・・)

妹「・・・・・・・・・」

妹(ホント・・・馬鹿みたい・・・)

妹(これじゃあまるで・・・本当に・・・)

妹「・・・・・・・・・」

妹「・・・・・・子供みたいじゃない」

837: ◆3HDkzV2Z22 2010/05/29(土) 07:53:04.33 ID:Fq9SkEHu0
妹「・・・・・・・・・」

妹(謝ろう・・・これまでのことを・・・)

妹(そしてできたら・・・また・・・)

妹(少しずつ・・・)

妹(昔みたいに・・・またお兄ちゃんと・・・)

妹「・・・・・・・・・」

妹「・・・・・・・・・っ」

妹「・・・・・・ねっ、・・・・ねぇ・・・お兄ちゃん・・・・」

妹「あのっ・・・その・・・」

妹「・・・えっと・・・今までのこと・・・・・・」

妹「・・・・・・・・・・・・・っ」

妹「その・・・今までのことっ!!本当にごめ ――ッ!!?」

842: ◆3HDkzV2Z22 2010/05/29(土) 07:58:23.47 ID:Fq9SkEHu0
『ドンッ!!』

妹「――ッ!!?」

妹(花火・・・?)

『ドンッ!!』

妹「・・・・・・」

男「・・・・・・」

男「・・・・・・綺麗だな」

妹「・・・・・・・・・」

妹「・・・・・・うん」

妹「・・・・・・・・・」

妹(私は本当に幸せ者だ・・・)

妹(素晴らしい友人に恵まれ・・・隣には大好きなお兄ちゃんがいる・・・)

844: ◆3HDkzV2Z22 2010/05/29(土) 08:04:49.01 ID:Fq9SkEHu0
妹「・・・・・・・・・」

妹(また来年もお兄ちゃんと一緒に来たいなぁ・・・)

妹(ううん・・・友達も連れて三人で来よう・・・)

妹(その時までにはもう少し素直になっているだろうか・・・)

俺「・・・・・・・・・」

俺「なぁ・・・妹・・・」

妹「・・・・・・・・・?」

俺「まぁ・・・お前さえよければなんだが・・・」

妹「・・・・・・・・・」

俺「また今度・・・一緒に来ような・・・」

妹(お兄ちゃん・・・)

845: ◆3HDkzV2Z22 2010/05/29(土) 08:10:43.77 ID:Fq9SkEHu0
俺「い、いやっ・・・別に俺と二人っきりが嫌なら・・・その・・・」

俺「友達ちゃんとかも誘ってさっ・・・三人で・・・」

妹「・・・・・・・・・」

妹「・・・・・・・・・クスッ」

妹「・・・ねぇ、お兄ちゃん」

俺「・・・・・・?」

妹「・・・・・・・・・」

妹「調子にのるな・・・ばーかっ」(ニコッ)

~ fin ~

http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1274715245/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする