【安価SS】苦しい事からただ逃げる【オリジナル】

1: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/07(火) 10:23:39.49 ID:sNkWvj140

日々の生活において苦痛を感じる状況は人によって異なる。

どうやって気を紛らわすか、どのように受け止めるか。

自分の身を守る為にはどうすれば良いのだろうか。

2: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/07(火) 10:35:31.13 ID:sNkWvj140

僕は友人が不良に襲われていた所から逃げ出した。

逃げ出す前に見た、友人の縋るような視線が脳裏に焼き付いて消えない。

あの日の事を思い出す度、僕の胸は苦しくなる。

消えさってしまえば良いのに。

3: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/07(火) 10:42:43.10 ID:sNkWvj140

「〇〇区内で起きた暴行事件について専門家は――」プチッ

「学校行くんでしょ? 早く支度しなさいよー」

「……学校、行きたくない」

「どうしたの急に?」

「体調あんまり……」

「何言ってんの。朝ごはんしっかり食べといてよく言うわね」

「……行ってきます」

「ハイ、行ってらっしゃい」

4: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/07(火) 10:50:31.22 ID:sNkWvj140

「おはよう」

「……!」

通学路。

ぼんやりと歩いていた僕は、後ろから近づく気配に気づけなかった。

友人が”いつもと同じように”話しかけてきている。

いつも通り、どうして、なぜ?

君は動揺して対応を取る事が出来ない。

どのようにしてこの場面を乗り切る?

①挨拶を返そうとする
②学校まで疾走する
③何も聞こえなかった振りをする

↓1

6: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/07(火) 18:17:28.61 ID:sNkWvj140

「あ……っ」パクパク

「どうしたの?」

口を開けど音が出ない。

友人に挨拶を返そうとしたが、うまく発声出来なかったようだ。

7: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/07(火) 18:28:32.64 ID:sNkWvj140

「一緒に行こうよ」

「……」

「もしかしてイヤ?」

「……」ブンブン

以前と違う部分がある。

溌溂とした声、落ち着いた優しい声。

何がどうなればこんな変化が生まれるのだろう。

8: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/07(火) 18:43:08.88 ID:sNkWvj140

隣で喋っている友人は、おおよそ同年代とは思えない。

顔、声音、仕草。

構成する全てが、僕達とはまるで違うかの様だった。

それは悪意に晒される理由としては十分過ぎる。

学校までの道のりは、やけに長く感じた。

9: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/07(火) 18:55:07.23 ID:sNkWvj140

馴染みのある音階と共に授業が終った。

昼休みとして振り分けられた1時間が、これほど不安に感じる日は無い。

「よお」

「……あっ」

「何避けてんだよ」

彼は上級性の先輩だ。

少し前までは同じ部活に所属していた。

10: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/07(火) 19:06:25.90 ID:sNkWvj140

「なぁ」

「………」

「まだ正式に退部した訳でも無いだろ」

「あの……」

「戻って来いよ。また走ろうぜ」

純粋な気持ち、拒む事の罪悪感。

先輩を前にして、二つの気持ちがせめぎあっている。

君はどのようにしてこの場面を乗り切る?

①はぐらかす
②目を逸らす
③その場から走り去る

↓1

12: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/07(火) 19:25:32.83 ID:sNkWvj140

僕はゆっくりと目を逸らす。

出来るだけ困った表情でそれをした。

「ふぅ、しょうがないか」

「……すみません」

「気が向いたら部室に来てくれ。俺は歓迎するぞ」

それだけ言って先輩は離れて行った。

僕が言うのも何だけど、彼は理解のある人間だと思う。

主張の激しくない、どちらかと言えば無口な僕にも優しいから。

13: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/07(火) 19:29:33.55 ID:sNkWvj140

お昼はいつも1人になれる場所を選ぶ。

人の出す音が苦手だから僕はそうしている。

今日は何処で済まそうかな。

①4階東トイレ
②手摺の無い屋上
③体育館裏

↓1

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/07(火) 19:34:47.07 ID:FDQho2Wz0
2

15: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/07(火) 19:40:09.88 ID:sNkWvj140

コンクリートの感触が足から伝わる。

屋上へと続く扉を開けると、僕の目に青い空が浮かんだ。

そよ風が頬を撫でる。

まるで嫌な気分を流してくれているようだ。

16: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/07(火) 19:48:04.28 ID:sNkWvj140

「おっと……先客か」

「!」バッ

「そう警戒するな。静かな場所を求めて来ただけさ」

とても澄んだ瞳をしている。

彼の瞳は上空に広がる青い空の様だ。

17: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/07(火) 19:51:35.79 ID:sNkWvj140

「………」

「隣、良いか?」

屋上は広いのに、わざわざ隣を選ぶのはどうして?

僕はそう疑問を感じざるを得なかった。

①首を横に振る
②首を縦に振る
③首を右斜め後ろに倒す

↓1

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/07(火) 21:34:43.70 ID:9vL5eNxDO
2

19: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/08(水) 22:20:21.50 ID:Ndy4wz0F0

唇の端をきゅっと締めて頷く。

彼はにっと笑って僕の隣に座った。

「いつもここに来るのか?」

「……たまに」

「そうか」

「………」

一挙手一投足を観察している気がする。

僕は少しだけ居心地が悪く感じた。

20: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/08(水) 22:29:36.80 ID:Ndy4wz0F0

「こうやって生きてるとさ」

「……はい」

「見たくも無い嫌な事に触れたりしちまうよな」

「どうして?」

「バイクで事故った、教師が生徒に暴行を加えた」

「……」ビクッ

暴行。

その単語に反応してしまう僕の身体が恨めしい。

21: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/08(水) 22:41:20.16 ID:Ndy4wz0F0

「俺達は学生だ。閉鎖的な社会で暮らしてると思想が歪む時がある」

「気持ちの整理がつかない奴は、自分や他人を傷つける事だって――」

「止めて……」カタカタ

「どうした? 何か心当たりでもあるのか?」

「~~止めてよっ!」ダッ

こんな話題を振られたら、あの日を鮮明に思い出してしまう。

堪らず僕はその場から走り去った。

あの人ちょっと嫌だな……。

22: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/08(水) 22:52:03.69 ID:Ndy4wz0F0

ようやく放課後だ。

もう家に帰って休みたい。

「なぁなぁー」

「あの、困ります」

「行こうよ! この前だってOKしてくれたじゃん!」

「あれは無理やり――」

校門の辺りで何やら男女が揉めている。

流石にこの状況で真ん中を通り抜ける自信は無い。

……どうしよう。

①女子生徒の手を取る
②男子生徒の手を取る
③遠回りになるけど裏門から帰る

↓1

24: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/08(水) 22:59:57.61 ID:Ndy4wz0F0

真っ直ぐ帰るより15分位かかるけど仕方がない。

裏門から帰る事にしよう。

「……」

「大丈夫……だよね」

「嫌がってたけど、大事にはならない筈……」

「……もし何かあっても僕が悪いんじゃない」

「僕が……悪いんじゃない」

自分に言い聞かせるようにそう呟いた。

25: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/08(水) 23:13:10.41 ID:Ndy4wz0F0

挙動不審な僕に、友人は以前と変わり無く接してくれた。

どっちつかずな僕の気持ちを、先輩は汲み取ってくれた。

晴れ晴れとした空の下で食事をして、とても気持ちが良かった。

広い屋上で隣を譲り、澄んだ瞳の彼から逃げた。

校門で繰り広げられていた男女の諍いを、見て見ぬ振りをした。

そうして僕は、似たような毎日を過ごした。

26: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/08(水) 23:23:37.30 ID:Ndy4wz0F0

ある日、友人が転校するという噂が広まった。

学校生活はまだ半分もあるのにどうしてこの時期に。

「あの子転校するって」

「ホント?」

「私も聞いたよ」

「でも実は転校じゃないとか」

「えっ、どういうこと?」

「中退するんじゃないかって」

「コレ?」サスリ

「流石にそれは冗談でしょ」

「だったら良いよね……」

それ以上聞きたくなかったので、僕は耳を塞いで保健室へと向かった。

27: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/08(水) 23:35:01.46 ID:Ndy4wz0F0

保健室の扉に手をかけると、中から友人に似た声が聞こえてきた。

「んっ……」

「………はぁ」

「…あっ………」

僕は中を確認しようとせず、そのまま家へと帰った。

たぶん気のせいだろう。

友人とは別の誰かが、誰かと保健室を利用していただけだ。

そうに違いない。

28: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/08(水) 23:41:37.59 ID:Ndy4wz0F0

噂から数日後、友人は何処かへ行ってしまった。

これで僕の心はこれ以上荒れる事は無い。

……無い筈だ。

僕の物語 おしまい

29: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/08(水) 23:51:28.32 ID:Ndy4wz0F0

俺は母方の祖父母に厳しく育てられた。

両親は5歳の時に蒸発して、今は所在が解らない。

あの日の事を思い出す度、俺の目は涙で滲む。

両親さえ居てくれれば良いのに。

30: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/08(水) 23:56:23.40 ID:Ndy4wz0F0

「〇〇市内で起きた強盗殺人事件は未だ――」プチッ

「……行くか」

「母さん、父さん行ってきます」

「ふん! 居らんモンに言うてもしかたなかろうに」

「………」

「勉強はしっかりやれ。良いな?」

「……はい」

31: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/09(木) 00:09:08.33 ID:6zMvEBov0

「はぁ」

「風が無い日は、こう暑くて敵わないな」ポンッ

「……先輩。おはようございます」

「おはようさん!」

「暑苦しいんで離れて貰えますか?」

舗装された通学路。

暑さに辟易していた俺は、日差しを避ける様に木陰を歩いていた。

先輩が近くに来た事で周囲の気温が上がった気がする。

俺は先輩にどんな対応をしよう。

①両手をべったりと先輩の肩にのせる
②肩に置かれた手を払う
③無視してそのまま行く

↓1

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 00:10:00.97 ID:aV1YTEXP0
3

33: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/09(木) 00:16:21.85 ID:6zMvEBov0

「……」スススッ

「あっ、ちょっ」

「先輩ーおはようございまーす」

「あ、ああうん。おはようさん」

面倒だと思った俺は、それ以上会話をしない事にした。

先輩は通りがかった他の後輩と喋っている。

何と言うかあまり気にしない人だから助かった。

34: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/09(木) 00:25:00.90 ID:6zMvEBov0

学校に着いた俺は、教室よりも先に中庭へと直行する。

目的は水やりだ。

巻き取り式のホースを使って花壇に水を撒く。

「……」シャァァァ

「……ふぅ」バシャバシャ

この学校は朝顔の水やりが当番制になっている。

今月は俺のクラスだ。

とは言っても、誰も進んでやろうとはしない。

35: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/09(木) 00:36:46.55 ID:6zMvEBov0

俺はこういった作業が嫌いではない。

自分のやる事が何かの役に立っている気がするから。

「おーおー、つまんねぇ事をよくやるねぇ」

「……」キュッキュッキュッ

「どうせ点数稼ぎだろ?」

「………」カラカラカラ

ガラの悪い生徒に絡まれた。

これで上級生だと言うのだから笑わせる。

①深い溜息を吐いて去る
②背中に向かってを指を差す
③腕と肩の骨を鳴らす

↓1

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/09(木) 00:49:18.37 ID:Vtql4sfnO
2

37: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/10(金) 17:00:27.97 ID:bCfvoVYa0

「……」チラッ

「なんだよ」

「………」クイックイッ

「あ?」

俺は親指で自分の背中を指し示した。

上級生は怪訝そうな顔で、首を後ろに向けて背中を見ている。

38: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/10(金) 17:08:17.88 ID:bCfvoVYa0

「まったく、背中が何だってんだよ」グイグイ

「………」ススッ

「何もねぇじゃねぇか……」パッパッ

付いても無い汚れを、払っている今の内に退散するとしよう。

俺は気付かれない様にその場から立ち去った。

39: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/10(金) 17:15:20.69 ID:bCfvoVYa0

生徒に安らぎを与える時間が来た。

回りくどい言い方だが、要は昼休みが来ただけだ。

「ねね、お昼一緒に食べない?」

「断る」

「クラスメートに対してつれないー」

後ろの席から話しかけてきたコイツは同級生の女子だ。

事あるごとに話しかけて来るので正直めんどくさい。

40: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/10(金) 17:24:29.65 ID:bCfvoVYa0

「今日も購買行くの?」

「ああ」

「栄養偏ったりしない?」

「偏るな」

「もっとバランス良いの食べようよ」

「お前には関係ない事だろう」

「心配してあげてるのにー」

「………」

このままでは平行線だ。

どうやって話を切り上げようか。

①何故購買に行くか理由を説明する
②机に2つ置いてある弁当を指摘する
③溜息を吐いて去る

↓1

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 19:55:07.73 ID:9zep8de+O
2

42: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/11(土) 09:49:21.89 ID:2KCYJnbp0

「ところで」

「んーなあにー?」

「お前は大食いなのか?」

「えっ」

「弁当が2つもある」

「これはそのー、えへへ」モジモジ

同級生は顔を赤らめている。

心なしか周囲から視線を感じるし、迂闊な発言だったか。

43: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/11(土) 10:00:29.58 ID:2KCYJnbp0

「その、良かったら……食べない?」

「俺に片方くれるのか?」

「……うん」

「なら貰おう」

「ほんと?」

「ああ」

俺は同級生と食事を摂る事にした。

44: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/11(土) 10:03:47.19 ID:2KCYJnbp0

「私のはこっちー」

「これは……」

よく見ると弁当の中に肉団子が入っている。

俺は小さい頃に持たせてくれた、母手製の弁当を思い出していた。

45: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/11(土) 10:06:56.99 ID:2KCYJnbp0

「ミートボールのトマト煮だよ」

「……うん、美味いな」

「えへへっ、ありがと!」

懐かしい記憶と共に弁当を味わう。

食べ終えた後にお礼を言うと、また作るねと彼女は言った。

これは元々俺の為に作ってくれた物だったのかもしれない。

46: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/11(土) 10:11:34.19 ID:2KCYJnbp0

夕焼け空が広がる放課後。

俺は帰り道にあるコンビニへ寄った。

「ぃらっしゃいませー」ティロロンティロロン

「……」

ここは新しい物ばかりだ。

商品に設備、果ては店員さえも。

47: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/11(土) 10:14:41.75 ID:2KCYJnbp0

「あった」

「………」パラパラパラ

今日はいつも読んでいる週刊誌の発売日だ。

立ち読みは褒められた事では無いが、金が無いのでこうしている。

48: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/11(土) 10:25:50.31 ID:2KCYJnbp0

「ちょっ、放せよ!」

「コラ! 暴れるんじゃない!」

「……?」

半分まで読み終えたところで、店内が騒がしくなった事に気が付いた。

何やら小学生と思わしき小柄な男の子が店員と揉み合っている。

右手に握りしめた駄菓子を見るに、万引きか何かだろう。

①店員に向かってなけなしの小銭を出す
②一部始終を眺めている
③見なかった事にして立ち去る

↓1

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 12:22:31.74 ID:ewL4m3GYo
3

51: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/13(月) 16:44:07.75 ID:VoYjQ59F0

傍から見て子供の態度はあまり良いものではない。

俺は店内で起きた事件を見なかったことにした。

「あの子供、似てる気がしたな」

「……家に帰ろう」

家に帰るその足取りは重かった。

52: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/13(月) 16:49:17.74 ID:VoYjQ59F0

「帰って来たか」

「ただいま戻りました」

「飯が出来とる。それを食ったら部屋で勉強しておれ」

「……はい」

帰ってきて一番に祖父と出くわした。

台所から漂う匂いから察するに、今日は芋煮と野菜炒めか。

53: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/13(月) 16:53:42.78 ID:VoYjQ59F0

「……」ズズッ

「学校はどうなの?」

「勉学で躓く事は今の所無いです」

「そう」

「ふん」

「……」モグモグ

食卓における会話がまるで弾まない。

いつもと同じで重たい空気が漂っている。

54: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/13(月) 17:05:20.35 ID:VoYjQ59F0

夕食が終って1時間。

俺は将来を見据えた勉強をしていた。

「……」カリカリ

「………」ペラッ

「……」カリカリカリ

それはどんな勉強だろうか。

①教師
②警察官
③医師

↓1

55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/13(月) 17:10:46.78 ID:Ns0dOUIV0

56: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/14(火) 09:09:02.12 ID:7GOgYC8G0

俺は教師になりたかった。

自分に子供が出来れば、勉強を見てやりたいからだ。

「……」ティロリン

「メールか。同級生からだな」

『あんまり根を詰めたら駄目だよ?』

『身体に気を付けて頑張ってね』

「……了解っと」

自分から話した覚えは特に無い。

同級生は恐らくずっと前から俺を見ていたのだろう。

通りで些細な事にも気付く訳だ。

57: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/14(火) 09:21:34.48 ID:7GOgYC8G0

日差しの強い朝、暑苦しい先輩と会話をしなかった。

水やりをした後、上級生を煙に巻いて立ち去った。

昼休みは弁当を貰って、同級生と昼食を共にした。

コンビニで見た少年を、俺は見なかった事にして帰った。

家に戻ってからは、教師を目指して勉強を続けた。

そうして俺は、似たような毎日を過ごした。

58: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/14(火) 09:30:24.63 ID:7GOgYC8G0

あれから月日が経ち、俺は同級生と結婚した。

子供が生まれてもう2年は経つ。

今の俺は地元で小学校の教師として働いていた。

「待って待ってー!」ドタバタ

「……なんだ?」

「お弁当ー忘れ物だよ」

「すまない」

「そこはありがとうって言ってよね」

毎朝弁当を作ってくれる事に感謝している。

この幸せが子供が大きくなった後も続くと良いな。

59: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/14(火) 09:40:28.85 ID:7GOgYC8G0

仕事がようやく終わった。

早く家に帰って、妻と子供に癒して貰おう。

浮かれていた俺は、玄関の鍵が開いていた事に気付かなかった。

「……」グチャァ

「なんだ、これは……」

「そうだ!あいつは――」

「……」ブン

「ぁがっ」

ああ、押し入り強盗が居たのか。

そこまで考えて俺の意識は途切れた。

60: ◆yhsnRYweKL6n 2018/08/14(火) 09:43:24.50 ID:7GOgYC8G0

数時間後、家から立ち去った犯人は捕まえられた。

後に残されたのは幼い子供だけ。

……子もまた親と似た人生を送るのかもしれない。

俺の物語 おしまい

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1533605019/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする