【学校SS】兄「弟のクラスが立てこもった・・・」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/23(土) 22:13:31.03 ID:9aWuTW/f0
先生「はい~。保護者の方に連絡しようと思っていたのですが・・・」

先生「どうも連絡がつかなくって。それでお兄さんがここによく来ると担任が・・・」

兄「うっ、すいません。両親は二人共旅行に出てまして」

先生「そうですか・・・。なら来ていただけますか?」

兄「分かってます。今すぐにでもいきましょう!」

兄「あの、すいませーん!さっき頼んだオムライス、キャンセルで。」

メイド「かしこまりました。ご主人様」ニコッ

先生「(・・・いいな、こういう店。)」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/23(土) 22:27:39.28 ID:9aWuTW/f0
裏口

先生「すいません。正門はマスコミや報道関係の方で通れないので裏口から」

兄「はぁ。」

兄「・・・そんなに大きな事になってるんですね。」

先生「ええ。私共もよくはわからないんですが、気が付けばカメラマンの方も着ていましてねぇ。」

兄「何時からなんですか?」

先生「授業の終わりから、今は6時。2時間ぐらですかね・・・。」

兄「そんなにも・・・」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/23(土) 22:38:01.23 ID:9aWuTW/f0
職員室

校長「保護者の方々、今回の件は私達の指導不足でした。申し訳ありません。」ペコ

校長「現状整理ができましたので、担任の方から説明をさていただきます。」

志乃永「担任の志乃永です。」ペコ

兄「(ヤッパリ志乃永先生若いなぁ・・・)」

兄「メイド服・・・」ぶつぶつ

先生「何か言われました?」

兄「いえいえ。」(キリ

志乃永「以上で説明を終わります。」ペコ

兄「あ・・・」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/23(土) 22:46:35.62 ID:9aWuTW/f0
兄「(しまった・・・。妄想し過ぎて聞きそびれた。)」

志乃永「・・・」

校長「志乃永先生。」

志乃永「分かっています。校長先生。」

志乃永「弟君のお兄さん!ちょっといいですか?」ニコ

兄「はい?」

先生「今からここを使うので、保護者の方はとりあえず体育館へお願いします。」

教頭「後は自由にしていて下さい。何かあればご一報しますので慌てず・・・」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/23(土) 22:57:42.73 ID:9aWuTW/f0
志乃永「さっきの話聞いてた?欠伸してたけど。」

兄「すいません。志乃永先生のメイdべほっゴホッ!!ゴホ!」

志乃永「?」

兄「いえいえ何にもありません。」

志乃永「そっかならいいけど。」

兄「(やべー。もう少しで妄想を垂れ流す所だった。)」

兄「で、話ってなんですか?」

志乃永「あのね。他の人には言えないお願いをしたくって・・・」

兄「人には言えなイ!?」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/23(土) 23:20:55.95 ID:9aWuTW/f0
1ヶ月前。弟のクラスにいた女の子が教室から飛び降り自殺した。原因はイジメ。
平日の昼間に起こった為、騒ぎは大きかった。テレビや新聞にも一面にも取り上げられていたのを思いだす。
その事と今回の立て込もりとどう関係あるか。

弟のクラスの子達は「あれはイジメではない。」と1ヶ月前から言い張っていた。
先生達と大人、家族。果ては警察にまで訴えかけた。
しかし、根拠もないただの噂を信じてくれる人はいなかった。
だからそんなどうしようもない状態を突破全く、クラス全員が出した結論が”立て込もり”だったらしい。

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/23(土) 23:31:48.46 ID:9aWuTW/f0
志乃永「リーダーシップをとれるのって弟君くらいしか思いつかないのよね。」

志乃永「多分、弟君がみんなを押したんだと思う。」

兄「迷惑かけてすいません・・・」ペコペコ

志乃永「いやいや。・・・それで、お兄さんに説得しにいってもらおうかなと思って。」

兄「自分にできる事ならなんでも!!」

志乃永「良かった、アリガトウ!!」ニッコー ギュッ

兄「せ、先生の・・・おててがぁ」ぶつぶつ

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/23(土) 23:45:06.57 ID:9aWuTW/f0
渡り廊下

兄「今日の○○○○確定だな。ウブブブ」スリスリ

兄「・・・」

兄「(うちの弟になんかリーダーシップなるものがあったとはね。)」

兄「(昔から泣き虫毛虫の弱虫だった頃が懐かしい・・・)」

兄「(・・・本当にそうか?)」

コロコロコロ……ピト

兄「!!・・・(なんだ?このオレンジ色の丸いモノは)」

ぶしゅううううううう

兄「百均の煙り玉か!!そんな事したら火災報知k」ゴン

兄「・・・」ばたっ

???「・・・」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/23(土) 23:58:56.70 ID:9aWuTW/f0
???「目を覚ましたか・・・」

兄「うっ・・・ここは?」

???「保健室だ。」

兄「なん・・で・・・」

???「僕がさらったのさ。金属バットでゴンってね。」

???「そんな事はいいさ、お兄さんに少し伝えたい事があるんだ。」

兄「なにが・・・」

???「1ヶ月前のあの日、僕が死んだのはイジメじゃない他の理由。」

???「あの人達の欲が生み出した他の理由。」

兄「あの人…?」

???「そう。あなたが知ってる人。それは・・・」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/24(日) 00:24:43.82 ID:lelX+mOo0
教室 3-3

兄「ハッ!!」

弟「起きた?」

兄「ヒフヘホ?!」

弟「お茶あげて。」

A「ど、どうぞ。」

兄「お前、椅子にしばられてるのにどう飲めと?」

A「こうやってストローで・・・」くいっ

兄「あ、ありがとう・・・。」

兄「(ストローでお茶飲むのいやなんだよね・・・)」ちゅー

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/24(日) 00:41:42.57 ID:lelX+mOo0
弟「一服したろ?それじゃ質問。」

兄「黄色。」

弟「パンツの色聞いてんじゃねーよ。」

弟「なんでここに来た?」

兄「説得するため。」

弟「無理だ。以上。コイツを外に出せ。」

A B「分かりました。」ぐい

兄「うぉお!待て待て!」

兄「立て込もりなんてやめとけよ!なんの意味もない!!」

兄「お前らの両親が心配してここに着てるのにーー!!」

弟「・・・えっ」

B「嘘…だろ。」

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/24(日) 01:14:49.29 ID:lelX+mOo0
一時間後

兄「ごめんごめん。話が見えない。」

弟「だから、あれはイジメが原因じゃなくて理由は別にあるの。」

弟「校長の変態○○の餌食にされていたの。」

弟「クラスの嫌われ者ばかりを狙うし、校長の信頼もあって誰にも信じてくれなかった。」

A「それで遺書を残して自殺した。」

兄「で、その遺書を見つけたのでマスコミに通じて公表する。」

兄「それを止めようと校長が必死になって探している。と思ってる訳か。」

弟「そういう事。打倒校長」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/24(日) 16:00:43.85 ID:lelX+mOo0
兄「他に方法はなかったのかよ。」

弟「ないね。・・・それに、今はもうそんな事いってる場合じゃない。」

兄「でも!」

弟「おにいちゃん。もう引き返せないんだよ。」

兄「・・・」

兄「縄ほどけよ。」

A「・・・」チラッ

弟「いいよ、ほどいて。」

A「わかりました。」チョキチョキ

兄「よし。弟、俺の前に来いよ。」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/24(日) 16:10:49.16 ID:lelX+mOo0
校長室

校長「・・・」

志乃永「校長先生。火災報知器に不備が見つかったそうです。」

校長「またか・・・。今日で三回目だ。」

志乃永「何か・・・嫌な予感がします。」

校長「本当に。」

校長「何もないといいんですが。」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/24(日) 16:24:13.87 ID:lelX+mOo0
弟「うわ!!」パキッ

A「お、おおお兄さん、乱暴はよくないですよ!」

兄「うるせぇ!!コイツはなぁ、まだ腹の中に何か隠してる!!」

A「そんなまさか・・・」

C「弟に限って嘘なんて。」

兄「あるんだよ!」

兄「お前らはコイツが何で真実を知ってるのか知ってるのか!」

兄「どこでその事を知ったのか知ってんのか!」

弟「だ、だから遺書を見つけて・・・」

兄「どこで!?」

弟「そ、それは…」

兄「立てこの野郎!!」ぐい

弟「ぐぅ・・・」

A「あわわわ…」ブルブル

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/24(日) 17:38:19.88 ID:lelX+mOo0
兄「お前は誰かに”遺書”を渡されたんだ。」

兄「校長のやってきた事も告げ口のように聞かされた。」

兄「それから、お前自身も”被害者”だった!違うか!?」

弟「な、何でその事を・・・」

弟「俺は誰にも言っていない、隠してきた筈なのに。」ブルブル

教頭「私ですよ。」ヌッ

A「教頭!!いつの間に・・・」

弟「・・・俺が通してたんだ。」

兄「ヤッパリな。」

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/24(日) 17:54:42.00 ID:lelX+mOo0
兄「俺を呼びに来た先生から色々聞いていたんだ。」

教頭「ハァ・・・通りで。」

弟「教頭先生だったんですね、あの置き手紙。」

教頭「すいませんね。迷惑をかけてしまって。」ペコ

A「お兄さん。いい加減離してあげて下さいよ。」

兄「あ、ごめんなさい。」パッ

教頭「弟君のお兄さん、どうしてヤッパリなんて言葉を。」

兄「カメラマンやらが嗅ぎつけるまでの時間が早いと思ってさ。」

兄「職員室には4人。」

兄「校長と志乃永先生は保護者の説明と対応で暇がない。先生はメイド喫茶にきていた。」

弟「またかよ。」ボソボソ

A「え?また?」ボソボソ

兄「だったら教頭先生が一番手が空いてるかな、と思っただけです。」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/24(日) 18:06:04.47 ID:lelX+mOo0
教頭「色々と雑ですが、大方当たりです。」

おおおおお パチパチパチ…

兄「・・・」

教頭「私は今から校庭にカメラマンを誘導しにいきます。」

教頭「もう一息です。頑張って下さい。」

ABCその他「うおおおお!!」

弟「・・・お兄ちゃん。」ボソボソ

兄「わかってる。お前は遺書だけは持ってろよ。」ボソボソ

弟「うん。」コクコク

教頭「では皆さん。行ってきますね。」

兄「俺もいくー!」

教頭「いいですよ。」ニコ

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/24(日) 18:21:08.46 ID:lelX+mOo0
校庭

教頭「お兄さんには、本当に迷惑をかけましたね。」ニコニコ

兄「あーいえいえ。弟を守るのが兄ですから。」

教頭「いいですねー。兄弟愛。」ニコニコ

教頭「私も弟がいたんですがね。どうも嫌われてるみたいなんですよ。」ニコニコ

教頭「だから羨ましい。」

兄「そんな事ですよ。今も悪いお兄ちゃんだし。」

教頭「いいお兄さんですよ。実にね。」ニコニコ

兄「それじゃ、あんたは悪い先生だ。」

教頭「え?」ニコニコ

兄「・・・」ギロッ

教頭「な、何かと思えば・・・。」

教頭「あのねお兄さん、探偵ゴッコはもうやめて。」ニコ

兄「まあまあ・・・、俺の話を聞けよ。」

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/24(日) 18:44:37.53 ID:lelX+mOo0
兄「俺は思ったんだ。」

兄「もし。もし本当に校長先生が犯人だとして、教頭は何でこんなくどい事をしたのか。」

教頭「だから私は、校長から子供を救おうと。」

兄「!!」バッ

教頭「うお!首を・・・絞めるな」がし

兄「そんな大事な事、子供にやらせてんじゃねーよ!!!!!!」ぐぐぐぐ

教頭「うぅ…」

兄「それにな!俺は元ここの生徒なんだよ!!」ぐぐ

教頭「う、嘘をつくなぁ!!貴様の名前は卒業名簿に乗ってなど!!」

教頭「はっ!!」

兄「随分お詳しいな。」

兄「・・・俺は二年で中退したんだ…」

教頭「ぐぬぬ…」

兄「だけどよ、二年の時の担任とか校長の顔は覚えてんだよ!」

兄「校長先生は俺が二年生の時と違う!」

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/24(日) 20:18:17.91 ID:lelX+mOo0
兄「だけどあんたの顔は覚えてるぜ…」ぐぐっ

校長「く、くそ!アイツにさえ見られてなければ!!」

兄「大方、お前の遊びをしていた所を弟に見られていたんだろ?」ぐぐぐぐっ

兄「しくじったな!弟にさえ手だししなければ!!」ぐぐぐぐぐぐ

教頭「・・・ぐぅふっ」

兄「何で笑う!」

教頭「へっ!へっ!へへへはへへはひふははは!」ばし

兄「うぉ!!」  どか!ゴロゴロ…

教頭「まだだ!まだお前はわかってない!!何も!?」

兄「げほ、げほ!」

教頭「ああ、見られたさ。お前の弟に俺とアイツとの愛の営みを!」

教頭「推薦で受けるだったけか?アイツは。ちょっと成績で揺らすだけですぐに俺を崇めたんだ!」

兄「ゲスが…」

教頭「そしたらアイツは裏切りやがった!」

教頭「へへ・・・お前さえいなくなれば丸く収まるのさ。」ニヤリ

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/24(日) 20:30:49.41 ID:lelX+mOo0
教頭「どちらにしても、弟達は生かしておかない。」

兄「馬鹿か?これだけ人がみてる中で。」むく

教頭「俺は何もしないさ。」にやり

教頭「ただあいつらは火遊びが過ぎて、全員焼け死ぬのさ。遺書ごとな!!」

兄「そんな事ある訳…」

兄(・・・そう言えばあの煙り玉でスプリンクラーは作動しなかった。)

教頭「お前の弟は、気の触れたサイコ野郎で人生を終える!」

教頭「ここでその所をみているといい!!」

兄「こ、この!!」ブン

教頭「いいパンチだ。だが」ガッ

教頭「背負い投げ!!」ブン

兄「おお!!」びたーん

教頭「アンド肘にキーック。」

兄「!」ボキッ!!

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/24(日) 20:43:03.64 ID:lelX+mOo0
兄「う、腕を…」ズキズキ

教頭「ははははははは!!」

教頭「後20秒!俺を倒しても間に合わない!!」

教頭「あいつらが爆発したの後、お前をたっぷり可愛がってやる。」にやにや

兄「…」ブルブル

兄「うおおおおおおおお!!」ガバッ

教頭「あと十秒!!はへふひはほほはへへはははは」ひら

兄「がぼっ!!」ズザァア

教頭「ミロ!この時計の秒針を!!」がし

兄「うっ、やめ…」

3

2

1

0

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/24(日) 21:24:18.61 ID:lelX+mOo0

2週間後

メイド「おかえりなさい、お兄ちゃん♪」ニコ

兄「タダイマでちゅー!」くねくね

弟「た、ただいま///」ボソボソ

先生「いいですね。なかなかこういった店も悪くない。」

兄「先生、いいんですか?結構高いですよ。」

先生「ええ。今日はあなた達の好きな物を言って下さい。」

兄「すいません。ありがとうございます。」

弟「じゃ、コーヒー一つ。」

兄「なにがでるかな?わくわく!俺のもりライスくださぁい。」

先生「私はみるきぃはんばぁぐっ とろとろとろり一つ。」

弟「先生・・・」

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/24(日) 21:46:42.50 ID:lelX+mOo0
結局、教頭の仕掛けた爆弾は起爆しなかった。
理由はわからない。誰かが機能不良を起こさせたのか、元々壊れていたのか。
でもそのおかげで、弟達は救われた。

爆発しなかった事に発狂した教頭は俺をしばき倒した。
肋骨二本、右肩を脱臼、左肘を複雑骨折、頭蓋骨にひび。殴られ続け、死ぬ寸前まで行った所で警察に助けてもらったんだ。

教頭の殺人と元校長の売春問題で二人は逮捕された。確か実刑を受けていた筈だけど、忘れてしまった。

全て丸く終わったのはいいけど、不明確な事が多すぎるのも少し嫌だ。

兄「・・・」

先生「どうしました?」

兄「教頭は俺に何もわかっていないと言った。」

兄「これの意味って一体…。」

メイド「お兄ちゃん!オマタ○○○○♪」ニコ

兄「ありがとうきび○○○♪」ニコ

弟「・・・」

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/24(日) 21:56:48.92 ID:lelX+mOo0
先生「いいんですよ。わからない事は仕方がありません。」ニコ

先生「妥協と諦め、これがうまく生きていくコツです。」

兄「・・・」

弟「お兄ちゃん。もう終わったんだしいいだろ?」

弟「今は大好きなミニスカメイド眺めて休もう。」

兄「ミニスカツンデレ妹系メイドが好きなんだ。」

弟「知らねーよ。[ピーーー]。」

メイド「お父さん。お待たせんずり♪」

先生「ありがとぐろ弟♪」

弟「先生・・・」

32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/24(日) 22:09:04.81 ID:lelX+mOo0
弟(俺コーヒーだよな。なんで最後なんだろう)

先生「そうだそうだ!あなた達にこれを・・・」ごそごそ

先生「私と志乃永先生からですよ。」ひょい

弟「なんです?この小さい白い箱。」

先生「少し高かったんですが・・・。まあ、後でのお楽しみです。」

弟「ありがとうございます!ほらお兄ちゃんも!!」

兄「お、おう。」

兄(・・・教頭は本当に元校長とだけだったのか?)

兄(他に教頭は誰と接点があった。誰かいる筈だ。記憶をたどれ…たどれ…)

兄(・・・)

・・らここを使うの・、・・・の方は…

兄(いた!!)

33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/24(日) 22:18:36.16 ID:lelX+mOo0
兄「先生、正直に・・・」

兄「あれ?」キョロキョロ

弟「先生なら外にでて、電話してるよ。」

兄「あ、ああ。そっか。」

兄(くそ!逃げられたか?)

兄(いやいや、バッグとか置きっぱなしだ。)   ハコノナカミナンダロナー

兄(どこに証拠を置いて逃げる奴が・・・)    エ?ナニコレ

兄(・・・もし、証拠を持っていく必要がないとすれば。)

兄(それはどういう意味になる?)

弟「お兄ちゃん…」くいっくいっ

兄「なんだよもー!!!」くるっ

5

4

3

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府) 2011/04/24(日) 22:28:33.03 ID:lelX+mOo0
先生「・・・」プルルプルル

先生「もしもし。」

先生「・・・ええ。渡しました。感づかれてはいません。」

先生「はい。後数秒で盛大な勝ち鬨が上がります。」

先生「そちらならもう片付いている筈です。」

先生「もうこの世に真実を知る者は我ら以外にいません。真実は”嘘”になり、嘘が”真実”になりました。」

先生「・・・ほー。それはいいですね。」

先生「では、私は先にアフリカヘ・・・」

先生「了解しました。先に行ってまっていますよ。」

先生「志乃永先生。」パタン

ツー、ツー、ツー

END

http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1303/13035/1303564410.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする