【兄妹SS】妹「お宝発掘するよ!」 兄「なにそれメンドイ」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 00:41:49 ID:UAP90h1.

3題話(即興)

お題:妹・学校・裏山

タイトルは今つけた

以下、即興短編SS書きます、よろしく

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 00:55:39 ID:UAP90h1.
妹「見てみて!じゃーん!」

兄「……は?なにこれ」

妹「お宝の地図!」

兄「ごめん、ちょっと用事あるから……」

妹「ちょっと、逃げない!」

兄「はぁ?ガキじゃあるまいし、俺はやらんぞ」

妹「けちー」

兄「ケチじゃない、良識だ」

妹「いいもんいいもん、すっごいお宝が手に入ってもお兄ちゃんにはあげないから!」

兄「かまわん、一人でやれ」

妹「分かったよ!ふーんだ!」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 00:59:53 ID:UAP90h1.

一時間後

妹「えぇと……えぇと……」

兄「ん?まだ行ってなかったのか。無理だって分かったのか?」

妹「ち、違うよ!」

兄「じゃあなんだ?地図が読めないとかか?」

妹「ぅ……」

兄「……図星かよ」

妹「仕方ないじゃん!見てよコレ!こんなの分かるわけないもん!」

兄「あ?……なんじゃこりゃ」

妹「でしょ?」

兄「たしかにこれは分からん……つかこれ、どこだよ」

妹「地域的には、この近くだと思うけど……」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 01:04:50 ID:UAP90h1.

兄「……あ、ほんとだ。この『学校っぽい建物の絵』って、○×小学校かな」

妹「うん、たぶんだけど」

兄「懐かしいな。もう10年以上行ってないのか」

妹「そうだねー。卒業してはや8年!こんなに大きくなりました!」

兄「俺は12年だけどな」

妹「もうハタチだもんね」

兄「早いもんだな……」

妹「そだね……」

兄「………」

妹「………」

兄「……おい」

妹「ん?」

兄「地図」

妹「あ、そうだった。すっかり忘れてたよ」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 01:08:56 ID:UAP90h1.

妹「……えぇと、じゃあ」

兄「学校に手がかりがあるって事でいいんだろうな」

妹「じゃ、行ってみようか!」

兄「はぁ!?今から?」

妹「ウン」

兄「いやいや、休日だとは言え、流石に勝手に入ったらイカンでしょ」

妹「だーいじょうぶだって!……たぶん」

兄「えーなにそれ信用出来ない」

妹「ま、いいじゃん!物は試しだよ!」

兄「……はぁ、俺も押しに弱いモンだな」

妹「いよっし!」

兄「ちょっと見て、何も無かったらすぐに帰ってくるからな!」

妹「りょーかい!」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 01:16:17 ID:UAP90h1.

学校

兄「今更だが、なんだかんだで流されて手伝ってる自分に気付いた」

妹「ホントに今更だね!」

兄「押しに弱いってレベルじゃねぇぞ……」

妹「そこがお兄ちゃんのイイトコロだよ!」

兄「そして困ったトコロでもあるがな」

妹「あははは」

兄「ったく、気楽なこって……さて、ドコから探す?」

妹「うーんと、地図に書いてあるとおりなら、グラウンドの木の下っぽいけど」

兄「そうなのか?」

妹「ほら、地図のこの部分」

兄「……あ、これか。そうっぽいな」

妹「ぽいでしょ」

兄「ぽいな」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 01:22:16 ID:UAP90h1.

兄「……で、実に来たはいいものの」

妹「何本生えてるんよ……」

兄「だっる……」

妹「どうしようか……」

兄「んー……ん?」

妹「どったの?」

兄「ちょっと地図、見せて」

妹「ほい」

兄「……これ」

妹「?」

兄「この木の幹、何か模様が書いてある。これって……」

妹「おぉ!ほんとだ!なにか書いてある!」

兄「……え?」

妹「え?」

兄「あ、いや……なんでもない」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 01:28:24 ID:UAP90h1.

妹「あ、あったー!この木だ!」

兄「さて……掘るのか?」

妹「アッー!」

兄「ちゃう」

妹「え……私の?///」

兄「もっとちゃう」

妹「そんなあなたに……じゃじゃーん!」

兄「……シャベル、どこから持ってきた」

妹「そこに立てかけてあった」

兄「………」

兄「いや、深くはツッコまないようにしよう」

妹「え……///」

兄「なんでキミはさっきから下モードなのだい?」

妹「なんとなく」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 01:39:21 ID:UAP90h1.

数十分後

兄「ふぃー、だる」

妹「お疲れ、缶ジュース買ってきた」

兄「サンクス」カシュ

妹「で、成果はどうだい?」

兄「なんだよその口調。……ビンゴ。なんか出てきたよ」

妹「え!ホント!?」

兄「まぁ、最近掘った跡があったからさ、結構楽だったよ」

妹「ほぅほぅ。で、何が出てきた?」

兄「それ」クイ

妹「どれ?……え、これ?」

兄「それ」

妹「……地図だ」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 01:44:37 ID:UAP90h1.

兄「どっちかっつーと、その地図が入ってた箱を開けるのに手間取った」

妹「あ、そうなんだ……でさ、何が書いてあったの?」

兄「それぐらい、自分で見ろって」

妹「ちぇー」

妹「……で、またワケわかんない地図な訳ですが」

兄「わけぇモンが何を言うのじゃ」

妹「ごめん、意味が分からないよ」

兄「何故に意味と言った」

妹「いやマジで」

兄「それはスマン」

妹「いや、怒っちゃいないけどさ。……で、この地図さ」

兄「山っぽいのが書かれてるよな……これ、ここだろ?」

妹「あ、学校の絵だね」

兄「うん、だから次の目的地は……」

妹「学校の裏山……か」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 01:49:10 ID:UAP90h1.

妹「学校の裏に山があるなんてさ、なんか『DRえもん』みたいだよねって、ずっと思ってたんだよね」

兄「まぁ、しゃーないわな。俺も例にゃ違わなかったから」

妹「だよねだよね」

兄「あぁ……っつか、いよいよダルいんだが」

妹「いっつも家に引きこもってるからでしょー」

兄「それはお前だ。俺はもっと別の運動が得意で。こういうのは苦手なの」

妹「へぇ、それはそれは……」

兄「ちょっとまて、お前今、何を考えてる」

妹「え?聞きたい?」

兄「……いや、いい」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 02:02:34 ID:UAP90h1.

妹「さて、着いた」

兄「ぜぇ……はぁ……」

妹「おーい、大丈夫ー?」

兄「なんで……物臭花子のお前がへっちゃらで……俺が死にそうなんだよ……」

妹「物臭花子って。いや、間違っちゃいないけどね」

兄「で……目的の、場所は……?」

妹「あ、うん。ここらへんのハズなんだけど……」

兄「ふぅ……あー、だる……地図にはなんて?」

妹「いや、さっきと同じ模様の木が書いてあるだけだよ」

兄「はぁ?こんだけ沢山の木があるのに、そっから見つけろって?」

妹「そういうことだろうね」

兄「面倒ってレベルじゃ……」

妹「それさっき言った」

兄「あらま」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 02:05:46 ID:UAP90h1.

………

兄「……で、30分近く彷徨い歩いた訳だが」

妹「迷ってはいないけどね」

兄「その注訳必要か?」

妹「ん、たぶん」

兄「そか」

妹「見付からないね」

兄「見付からないな」

妹「どうしよっか」

兄「ここまで来たんだ、探すだろ?」

妹「それはそうだけどね……そろそろ日も落ちてきたよ?」

兄「あー、マジだ。何か他にヒントは無いのか?」

妹「んー……」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 02:08:52 ID:UAP90h1.

妹「……あれ?」

兄「ん?」

妹「ちょっと地図見て」

兄「……あれ?」

妹「なんか、さっきと違う気がする」

兄「なんだこれ……ジャメヴっつーか、なんつーか」

兄「ちょっと貸して」

妹「あ、うん。はい」

兄「ありがと。……ん?」

妹「なに?」

兄「これ……」

妹「なにか見つけたの?」

兄「……いや、なんでもない」

妹「?」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 02:15:38 ID:UAP90h1.

兄「……妹、これ。この部分」

妹「え、なに?」

兄「かなりちっちゃいけど……何か文字が……」

妹「え?どこどこ?」ズイ

兄「………」

妹「んー……?」

兄「……あのさ」

妹「ん?」

兄「顔、近い」

妹「ん、ぇあ?……ぁ、ごめっ!」バッ

兄「あ、いや、いいけどさ……」

妹「え、いいの……?」

兄「……そういう事じゃねぇ」

16 :そろそろ眠い:2012/06/10(日) 02:20:09 ID:UAP90h1.

妹「これ……なんて書いてあるの?」

兄「えぇと……なんだこれ、日本語じゃないぞ」

妹「日本語じゃない?」

兄「なんつーか、象形文字みたいな……」

妹「……なにか、思い出さない?」

兄「………」

兄「まったく分からん。どうしたものか」

妹「え、ちょ、ちょっと」

兄「ん?どうした?」

妹「あ、いや……えぇと」

兄「お前も一緒に考えてくれよ」

妹「あ、う、うん……」

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 02:23:19 ID:UAP90h1.

兄「……だめだ、この文字について考えても無駄っぽいな」

妹「……そうだね」

兄「時間ももう無いし、適当に見て歩いて、今日はそれで引き上げようか」

妹「うん……」

兄「どうした?元気ないぞ?」

妹「そ、そんなことないよ……はは、疲れたのかな」

兄「ん、そか。なおさら早くしないとな」

妹「そだね……」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 02:27:32 ID:UAP90h1.

………

兄「あれ?あの木……」

妹「ん、世界樹とか、みんなで勝手に呼んでた木だね」

兄「あー、そだっけか」

妹「うん……」

兄「ちょっと見に行くか?」

妹「え……あ、ちょっと、置いてかないでよ!」

兄「おー、でっけぇなぁ」

妹「そうだね」

兄「……ん?」

妹「なに?」

兄「あれ……あの木」

妹「?」

19 :あれ?あの木…… あれ……あの木 おもっきし表現被ったorz:2012/06/10(日) 02:32:48 ID:UAP90h1.

妹「どの木?」

兄「ほら、俺が指差してる先の」

妹「え、あれ……」

兄「あのマーク、地図の奴だろ?」

妹「あ、うん……そうだね」

兄「やったじゃん。さて、何があるか、お楽しみだな」

妹「………」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 02:38:05 ID:UAP90h1.

印の付けられた木の下

兄「で、また掘るのかよ……」

妹「スコップ、持ってるよ……」

兄「おぉ!用意周到だな!……じゃ、さっそく」

妹「お……お兄ちゃん……!!」

兄「え……?」

妹「なんで……なんでよぉ……」ポロポロ

兄「ちょっ、なんでいきなり泣き出すんだよ!」

妹「だって……お兄ちゃんが……」

兄「……ったく、ごめんって」

兄「俺が悪ノリしすぎたよ、ごめん」

妹「な……なに、言って……」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 02:47:27 ID:UAP90h1.

兄「『世界樹の東の木、覚えてますか?』」

妹「……っ!」

兄「さっき、お前がすり替えた地図の言葉だ」

兄「いつから、覚えてないと錯覚していた?」

兄「まぁ、下らん演技してお前を泣かせたのは悪いと思ってるよ」

兄「ごめん」

妹「おにぃ、ちゃ……!」

兄「ほらほら、良い歳して泣くんじゃない」

妹「だってぇ……」

兄「マジで悪かったって」

妹「そうじゃないもん……ひっく……」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 02:59:17 ID:UAP90h1.

兄「いつまで泣いてるんだよ」ポン

妹「ひゃっ」ビク

兄「うぉ、なんで飛び上がる」

妹「な、だって、いきなり……」

兄「あ?わざわざ「頭なでるぞ」なんつってから撫でる奴あるかよ」

妹「それはそうだけどさぁ」

兄「……さて」ナデナデ

妹「ふわぁ……」

兄「………」

兄「………」ピタ

妹「ぁっ……」

兄「………」ナデナデ

妹「ほわぁ……」

兄「……おい」

妹「……ぇ?」

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 03:06:07 ID:UAP90h1.

兄「……いや、なんでもない」ピタ

妹「あっ……」

兄「……撫でて欲しいなら、素直に言えって」

妹「な、なにを……」

兄「ホントにメンドイ奴だな……」

妹「う、うるさい……ばか」

兄「ばか?じゃあ、撫でなくていいんだな?」

妹「なっ!?なんでそうなるの!」

兄「冗談だ」ポムポム

妹「むー……」

兄「………」

妹「む………」

兄「…………」

妹「………ぁぅ」ボン

兄「なんでそうなるの返し」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 03:09:43 ID:UAP90h1.

妹「うー……」カァァ

兄「なんなんだお前は」

妹「なんなんだって、お兄ちゃんがそうやって見つめるのが悪いんで……」

兄「じー……」

妹「………///」

兄「……なんだろう、可愛い」

妹「かっ、かわっ……!」

兄「ひどい噛み様だ」

妹「ばか!」

兄「また言われた」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 03:18:22 ID:UAP90h1.

兄「で、問題がひとつ」

妹「……?」

兄「すり替える前の地図の端っこに書いてあった文字」

妹「あっ……」

兄「消し忘れかな?」

妹「あ、あ……」

兄「おにいちゃんだいs」

妹「な、何も書いてなかった!書いてなかった!」

兄「ふっふっふ」

妹「あぁぁぁ……」

兄「じゃあ、あの言葉は無かった事にすればいいのな?」

妹「……!」コクコク

兄「そか、それはそれで、お兄ちゃん悲しいなぁ」

妹「え、あ……!」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 03:26:27 ID:UAP90h1.

兄「ニヤニヤ」

妹「あーもー!分かったよ!」

妹「言うよ!言います!言えば良いんでしょ!」

妹「大好き!お兄ちゃんが大好き!」

妹「私はお兄ちゃんの事が大好んむっ……!」

兄「………」

妹「んっ……はぁ……な、にを……」

兄「俺の返事だ……って事じゃ、ダメか?」

妹「………」

妹「あぅ……」

妹「ほんとに、お兄ちゃんはずるい……」

兄「まぁ、細かい事は良いんだよ」

妹「まったくもう……」

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 12:40:08 ID:UAP90h1.

兄「……さぁて、帰るか」

妹「え?」

兄「え? ってなんだよ。流石に俺だって、何も埋まってない所を汗水流して掘りたくはないぞ」

妹「ふふ……そこまで分かってるんだね」

兄「あぁ、だってどこにも掘った跡が無いからな」

妹「な、そんな理由?」

兄「実際、そうだったっぽいし、よかろ?」

妹「んー、まぁ……良いとしてあげましょう」

兄「へへーっ」

妹「……まったくさ、演技とかハッタリとか、お兄ちゃんはズルいよ」

兄「はぁ?演技してたのはおもっきしお前の方だろ?」

妹「へっへーん、私はいいの!」

兄「なんだよそれ、ずりぃなぁ」

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/06/10(日) 12:54:46 ID:UAP90h1.

………

兄「で、結局のとこ、宝探しなんてさせたのは何故だ」

妹「え、あー……それは……」

兄「まさかとは思うが、俺に「だいすきー」なんていう為じゃなかろうな」

妹「あ、あははー……」

兄「……はぁ」

妹「でもでも、嬉しかったでしょ?」

兄「まぁ、な……でもそれ、お前から聞く事じゃねーと思うが」

妹「男なら、細かいことは気にしないの!」

兄「わーったよ」

兄「……ありがとな」

妹「うん!」

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1339256509/l50

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする