【擬人化SS】鴨「恩返しに来ました」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/23(水) 02:38:40 ID:RPJ2Vz06
鴨「恩返しに来ました」

男「せっかくなら鶴がよかったです」

鴨「そんなひどい」

鴨「ちゃんと葱も背負ってきましたよ」

男「今夜は鴨鍋ですね」

鴨「やめてください」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/23(水) 02:42:43 ID:RPJ2Vz06
男「まあ立ち話も難ですし上がっていってください」

鴨「失礼します」

男「ところで早速ですがお風呂に入っていかれてはどうでしょう」

鴨「そんなにお鍋が食べたいんですか」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/23(水) 02:45:59 ID:RPJ2Vz06
鴨「そういえば私はどうしてここに来たんでしたっけ」

男「典型的な鳥頭ですね」

鴨「ちなみに鳥なので夜目もききません」

男「世話が焼けます」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/23(水) 02:49:07 ID:RPJ2Vz06
鴨「そろそろご飯にしましょう」

男「どうやら決心がついたようですね」

鴨「ちがいます」

男「……」

鴨「……」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/23(水) 02:53:08 ID:RPJ2Vz06
鴨「夕飯のおかずにはなれませんが今晩の◯◯◯にはなれます」

男「流石の僕も鳥で◯◯◯◯するほど変態じゃありません」

鴨子「鶴の恩返しよろしく娘の姿にもなれます」

男「なんと」

鴨子「目の色が変わりました」

男「すみません◯◯なもので」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/23(水) 02:57:19 ID:RPJ2Vz06
鴨子「では触ってみますか。私個人としてはもも肉がおすすめです」

鴨子「鳥だけに」

男「なんでしょう、寒いギャグに興奮も冷めていきます」

鴨子「ならば胸肉などどうでしょうか」

男・鴨子「鳥だけに」

鴨子「……」

男「……」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/23(水) 03:00:58 ID:RPJ2Vz06
男「気を取り直して夕飯にしましょう。食べたいものはありますか」

鴨子「私は雑食ですので何でも大丈夫です」

男「では鳥の唐揚げ定食にしましょう」

鴨子「とんだ畜生ですね」

男「褒めないでください。照れます」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/23(水) 03:04:00 ID:RPJ2Vz06
鴨子「御馳走様でした」

男「なんやかんや言いながらも完食しましたね」

鴨子「早くも世間の荒波に揉まれてしまいました」

男「僕はその胸肉を揉みたいです」

鴨子「他人に改めて言われるとドン引きです」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/23(水) 03:07:23 ID:RPJ2Vz06
男「夜も深まってきました」

鴨子「そろそろお風呂に入って寝ましょうか」

男「夜の水浴びに期待と愚息を膨らませていいですか」

鴨子「……」

男「そういう反応は本気で凹みます」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/23(水) 03:13:22 ID:RPJ2Vz06
鴨子「いいお湯でした」

男「入浴シーンオールカットに僕は静かに泣きます」

鴨子「濡れ場はありません」

男「水浴びとは果たしてなんだったのか」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/23(水) 03:16:29 ID:RPJ2Vz06
男「布団は一つしかないので僕はソファーで寝ます」

鴨子「なんと。◯◯の権化ではないのですか」

男「否定はしません」

男「しかし◯◯はヘタな女の子よりよほどウブな生き物です」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/23(水) 03:27:50 ID:RPJ2Vz06
男「僕がリビングにいる間決して覗かないでください」

鴨子「わかりました」

男「決して、決してですよ」

鴨子「いいから◯◯◯◯してください。私は寝ます」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/23(水) 03:31:59 ID:RPJ2Vz06
男「栗色の髪に白い肌……。むちっとした太もも……」

男「うっ……。くっ! ふぅ……」

鴨子「」

男「あれほど覗くなといったじゃないですか」

鴨子「鶴の恩返し的に覗くしかないです」

男「このまま山の方へ飛び去ってしまいたい気持ちです」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/23(水) 03:38:12 ID:RPJ2Vz06
鴨子「おはようございます」

男「やあおはよう」

鴨子「昨晩はぐっすり眠れました」

男「君が鳥頭で良かったと思う瞬間です」

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/23(水) 03:40:47 ID:RPJ2Vz06
男「朝食はベーコン on the 目玉焼きです」

鴨子「唐揚げといい◯◯◯◯といい酷い人ですね」

男「やっぱり覚えてるじゃないですか」

鴨子「えへ」

男「媚売らないでください。◯◯してしまいます」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/23(水) 03:43:42 ID:RPJ2Vz06
鴨子「いい天気ですし散歩に行きましょう」

男「残念、僕はインドア派です」

鴨子「太ももをなでまわす権利を上げましょう」

男「いきます」

鴨子「鴨よりもちょろいとはこれ如何に」

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/23(水) 03:48:41 ID:RPJ2Vz06
男「池のある公園へやってきました」

鴨子「ここで釣り糸に絡まる私を助けてくれたんですよね」

男「今思えば女の子が糸に絡まる姿は興奮を禁じ得ません」

鴨子「当初の好印象は最早見る影もありません」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/23(水) 03:54:33 ID:RPJ2Vz06
男「僕と君は世間から見るとどういう風に見えるのでしょう」

男「僕としてはカップルあたりが妥当だと思うのですが」

鴨子「飼い主と家畜だと思います」

男「その発言はやや高度すぎやしませんか」

男「いやらしい妄想が加速します」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/23(水) 03:58:33 ID:RPJ2Vz06
鴨子「水辺の空気と草のにおいを十分に堪能しました」

男「満足したようで何よりです」

鴨子「では約束通り太ももをなでまわしてもいいですよ」

男「その言葉だけで僕の◯◯かが◯◯◯◯◯そうです」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/23(水) 04:02:40 ID:RPJ2Vz06
男「では早速失礼します」

鴨子「んっ……」

男「その甘い声に背筋がゾクゾクします」

鴨子「演技です」

男「世知辛いです」

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/23(水) 04:10:58 ID:RPJ2Vz06
男「しかし演技だとしても僕は構いません」

鴨子「貴方はとても幸せな人です」

男「気楽で幸せそうに見える裏には絶えず苦労があるものです」

男「これが本当の鴨の水掻きってか、はは」

鴨子「……」

男「泣きますよ。今ここで泣きますからね」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/23(水) 04:14:43 ID:RPJ2Vz06
鴨子「貴方を見ているとその頼りなさに若干の不安を覚えます」

男「僕の持ち味に気付くとはやはり天才ですか」

鴨子「鴨の浮き寝を見ているくらいに不安です」

男「……」

鴨子「私も泣きそうです」

男「気持ちがわかってもらえたなら幸いです」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/23(水) 04:20:17 ID:RPJ2Vz06
鴨子「どうしようもない変態ですが貴方といると愉快な気分になります」

男「奇遇ですね、僕もです」

鴨子「今後も一緒にいてくれますか」

男「喜んで」

鴨子「余りの嬉しさに鳥肌が立ちます」

男「可愛い奴め」

鴨子「照れます」

男「これが本当の」

男・鴨子「おしどり夫婦」

おわり

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1337708320/l50

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする