【オリジナルSS】女「なにやってるの!」 男「・・・・フフ」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:05:58 ID:gKdt/sN6
彼が死んで今日で丁度1年
死因は事故工事現場の鉄筋が上から・・・
そして今日は彼のお墓にきた、だがそこにいたのは

女「?!」

彼の墓石の上にいたのは

男「ん?・・・やぁ女」

女「あんた!だれよ?!」

しらないやつだった

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:09:06 ID:gKdt/sN6
女「何で彼の上にいるのよ!」

男「?」

そいつはさも当然のように{何言ってんの?}て漢字に首をかたむけた

女「いいからどいてよ!」

男「あぁそうだった」

女「あんた一体どうゆう神経してんの?!墓の上にすわるなんて!」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:10:23 ID:7syxxJpU
ほう新しいね

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:11:00 ID:gKdt/sN6
男「墓参りかい?」

女「当たり前でしょ!彼のよ」

男「死んで1年・・・・いままでこなかったのに?」

女「え?何で知ってるの?」

男「さぁ~」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:12:40 ID:gKdt/sN6
女「てゆうか!貴方はだれなの?」

男「・・・・・男だ」

女「何でここにいるの?」

男「起きたらここに」

女「は?」

男「何か?」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:14:48 ID:gKdt/sN6
女「此処は彼の墓!だからきやすくちかずかないで!」

男「おぉーこわっ」

女「フンッ」

=======

男「ごくろうさま」

女「あんたに言われる筋合いはない」

男「あははー」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:16:47 ID:gKdt/sN6
女「・・・・」スタスタ

男「♪~」スタスタ

ピタ
女「何でういてくるのよ!」

男「いいからいいから☆」

女「ついてくんな!」シュダダー

男「♪~」シュダッダ

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:19:31 ID:gKdt/sN6
女「な、なんでついてくるのー!」シュダダ

男「そうしなきゃいけないから」シュダッダ

女「ハァ・・・・・ハァ・・・」トボトボ

男「あら?もう終わり?」テコテコ

女「く、くるまよ!」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:21:29 ID:gKdt/sN6
男「へぇー去年はもってなかったのに?」

女「・・・・なんでいってんのよ?」

男「ん?・・・・く、車があたらしいから?」

女「そう・・・」
ガチャ
女「じゃあね」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:23:22 ID:gKdt/sN6
男「いや、乗せてよ」
ガチャ

女「なんでのるのさ!」

男「か弱い男を墓において気?」

女「しるか、おりろ!」

男「おりん!」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:25:09 ID:gKdt/sN6
======結局=======

女「私の家此処だから」

男「ん~・・・・」スタスタ

女「ちょお!どこいくのよ」

男「お前のうち」

女「はあ?!」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:27:11 ID:gKdt/sN6
男「ん?・・・ん”~~~」ガチャガチャガチャ

女「かぎかかってるからあかないわよ」

男「なら」

ガサガサ  男「あった」

女「な?!」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:28:47 ID:gKdt/sN6
女「(なんで?何で彼と私たち彼氏しか知らないはず)」

男「♪~」カチャ

ガチャ!

男「おじゃっしまーーーす!」

女「ちょいまちーーーー!」

男「あ?」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:30:46 ID:gKdt/sN6
女「何は入ろうとしてるの?!」

男「だめ?」

女「だめにきっまってんじゃん!」

女「てゆうかさ、あんたさっきから何なの?!」

男「ぐたいてきにオネシャス」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:32:36 ID:gKdt/sN6
女「わかってないの!?」

男「オネシャス!」

========
女「とか、家に入ろうとしたりとか」

男「そうやった」

男「お母さんいる?」

女「はっ?・・・うん」

男「あわせて?」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:35:38 ID:gKdt/sN6
女「・・・・はぁ、もう良いわ」

男「と、ゆことわ?」

女「ちょっとまってて」

男「おう!」

=======

母「何か用なの」

女「こいつがあいたいって」

男「ども!」

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:37:12 ID:gKdt/sN6
母「・・・・だれ?」

男「男っていいます」

母「私に用かな?男君」

男「はい!・・・・此処に住まわせてください」

母「・・・・はい?」

女「on」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:39:08 ID:gKdt/sN6
男「住む場所が無いんです」

母「ホームレス?」

男「いえ・・・・・家の記憶が」

母「ん?」

女「・・・」

男「あぁー・・・・・気がついたらお墓に」

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:40:59 ID:gKdt/sN6
女「・・・・あぁ!だからさっき」

女「きずいたらって」

男「はい」

母「説明してくれないかしら」

男「は、はい」

========
母「なるほどね・・・・・いいわよ」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:43:39 ID:gKdt/sN6
男「あざっす!」

女「お母さん!!」

母「いいでしょ、部屋ならあるし」

男「♪~~~~フォオオオオオ」

女「はんたいよ!」

母「いいでしょ?」キッ

女「わ、わかったわよ」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:46:17 ID:gKdt/sN6
母「此処つかってね?」

男「本当にありがとうございます」

母「いいのよ、困ったときは、ってね」

男「ニホンジンイイヒトイッパーイ!」

母「フフ・・・・貴方といると彼君をおもいだすわ」

男「ははは・・・・」

母「あっ彼君っていうのは」

男「あぁしってます、娘さんから聞きました」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 18:48:28 ID:gKdt/sN6
母「そう」

女「な、なんで私のとなりなのよ!」

男「よろしく」

母「困ったことがあったら女にいってね?」

男「はい、ありが問うございます」

母「いえいえ、ご飯になったら呼ぶわ」

男「はい!」

女「・・・・」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 19:06:41 ID:gKdt/sN6
男「ふー・・・・」

男「寝よう」

コンコン

男「はい」

{いい?}

男「此処はお前のいえだろ?」

ガチャ

女「それもそうね」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 19:10:57 ID:gKdt/sN6
女「ねぇ?あんたはだれなの?」

男「男だ」

女「家は?」

男「記憶にない」

女「矛盾してない?」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 19:13:54 ID:gKdt/sN6
男「してる?」

女「何で自分の名前知ってるの?」

男「それは・・・」

女「あそこには人は私たち以外いなかった」

男「そう?」

女「えぇ、だから知り合いもいないだから記憶がないなら名前をしってるのは」

男「この世には部分的な記憶喪失もある」

女「・・・・・ほんとにだれなの?」

男「・・・・・そのうち」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 19:14:55 ID:gKdt/sN6
女「だめ!・・・・今言って」

男「・・・・言いたくない」

女「なんで?」

男「言ったら・・・・・」

女「何よ?

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 19:16:18 ID:gKdt/sN6
男「いえない」

女「は?!言いなさいよ」

男「まだ・・・・いいたくないんだ」

女「あぁあああ!もう!!すきにして!!!!!」

バタン!!

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 19:18:00 ID:gKdt/sN6
男「・・・・・」

===次の日===

男「おはようございます」

母「あら、早いのね」

男「はは、何か手伝いますか?」

母「ん~・・・じゃあ女を起こしてきてもらえる?」

男「はい」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 19:20:06 ID:gKdt/sN6
トントン

女「なに~」

{おこしてこいと}

女「分かったわ」

{ではしたn}

女「ねぇ?今日ひま?」

{えぇ}

女「じゃあ、でかけない?」

{と、ゆうと?}

女「記憶・・・・戻るかもでしょ?」

{そ、そうですね}

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 19:35:41 ID:gKdt/sN6
男「では行きますか」

女「そうね」

男「・・・・・・」

女「どうしたの?」

男「いえ・・・・何と無く嬉しくて」

女「?」

男「行きましょう」

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 19:37:29 ID:gKdt/sN6
===町===

女「・・・・あ、あれ!」

男「ん?」

アバレンジャー「トー!」

男「ふるっ!」

女「しってんの?」

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 19:39:22 ID:gKdt/sN6
男「え、・・・・まぁね」

女「なんかおもいだした?!」

男「あ、あはは・・・」

女「何よ?」

男「いえなんd」

女友(男)「あれー女じゃん」

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 19:40:59 ID:gKdt/sN6
男「?」

女「あれーどうしたの?」

友「いやー暇だからぶらついてたv」

男「・・・・友」ボソ

女「!・・・・・え?」

男「ん?」

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 19:43:16 ID:gKdt/sN6
友「ん?・・・・・だれ」

女「え?!あ、あぁこいつは」

男「男です」ダブルスリーピース

友「・・・・・え」

友「おま、なんで?!」

女「?」

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 19:45:41 ID:gKdt/sN6
男「ハハ・・・・わかった?」

友「・・・・まじ?」

男「おうよ!」

女「ちょ!何はなしてるのよ?」

友「お、女!一寸こいつかりるぞ!」

女「え?良いけど・・・なんで?」

友「ほら!来い!」

男「伸びる!袖伸びる!!」

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 19:47:41 ID:gKdt/sN6
===男子トイレ===

友「・・・・・聞かせろ!」

男「何を?」

友「その暗号だよ!」

男「覚えてたか!」

友「覚えてなかったら此処にはこない」

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 19:54:02 ID:gKdt/sN6
男「ん~、お前なら良いかな」

友「あ?」

男「誰にも言うなよ!}

友「保障は出来ん」

男「・・・・まあいいや」

=========

友「・・・・・・・それで?」

男「うん」

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 19:56:24 ID:gKdt/sN6
女「・・・!・・遅い!」

友「ごめん」

男「つい!」

女「何話してたの?」

男「今後の政治について」

女「政治家か!」

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 19:59:51 ID:gKdt/sN6
男「・・・・女」

女「なに?」

男「あのさ・・・・男友達ちゃんといる?」

女「いるよー」

男「・・・・そうか」

女「ん~残念か?」

男「いや、嬉しい・・・かな」

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 20:06:08 ID:gKdt/sN6
女「?」

男「あ、おれ帰らんキャ」

女「え?」

男「じゃあな」

女「ちょ!何処行くのよ!」

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 20:08:43 ID:gKdt/sN6
女「まちなさいよ!」

スカ

女「え?」

男「・・・・」

女「どうゆう・・・え?」

男「アハハー」

女「何で笑うのよ!」

男「いや、・・・・」

女「な、なにかいってよ!」

男「じゃあ・・・・・俺は!だれでしょーーー!」

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 20:11:21 ID:gKdt/sN6
女「はあ?何言ってるの?あんたは男でしょ」

男「ぶぶー!残念」

女「は?ふざけてんの?」

男「はぁ・・・相変わらず短期だな、お前」ナデナデ

女「・・・・・え?」

男「wwww」クシャクシャ

女「・・・うそ!」

男「ホンと」

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 20:13:45 ID:gKdt/sN6
男「・・・・・どうした」

女「なにが?」ウルウル

男「泣いてんぞ?」

女「!・・・」ゴシゴシ

男「・・・・・じゃあ、あらためて!」

女「ん?」

男「俺は!誰でしょう」

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 20:19:14 ID:gKdt/sN6
女「か、彼・・・君?」

男「疑問系すか?」

女「だって、信じられないって言うか」

男「まあそうだろうな・・・」

女「何で?戻ってきたの?」

男「お前が心配で」

女「・・・私?」

男「うん、お前男友達居なかったろ?」

女「前は」

男「だから、このままお前に男が出来ないかと思ってさ」

女「普通彼氏なら男は作らせたくないんじゃない?」

男「俺は、お前の幸せを祈ってるから、このまま一生一人ってのにはさせたく無い」

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 20:22:08 ID:gKdt/sN6
女「あ、あのさ!」

男「?何かな?」

女「ずっとこっちに居れないの?」

男「それだと約束が違うからね~」

女「約束?」

男「うん」

女「誰と?」

男「神様!」

女「神様?」

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 20:25:40 ID:gKdt/sN6
男「そう、お前に男友達が出来てるのを確認しに」

女「そ、それが分かれば?」

男「ん?そりゃ黄泉にもどるよ」

女「じゃ、じゃあもう?」

男「うん、ほら体が」

女「!」

男「もう触れないでしょ?」

女「うん」

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 20:29:00 ID:gKdt/sN6
男「・・・・」

女「あのさ!」

男「ん?」

女「最後に、そのは、ハグを」

男「触れないじゃん」

女「いいの!形だっけでも」

男「・・・・・・そうだな」

女「運」

男「ほら」スゥ

女「・・・・・なんか変な感じ」

男「と言うと?」

女「抱きついてるのに、感覚が無い」

男「フフ・・・だな変だ!」

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 20:31:01 ID:gKdt/sN6
男「ん」

女「どうしたの!」

男「いや・・・・体が半分消えた」

女「?!」

女「いかないで!」

男「それは無理かなww」

女「なんで?!」

男「約束だから」

女「そんな!」

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 20:40:51 ID:gKdt/sN6
男「大丈夫!あっちで待ってる!」

女「でも」

男「自害はスンナよ!」

女「やだーーー!」

======
数十年後
======

女「こらー!」

子供「キャハハハ」

女「パパからもちゃんといってよ!」

友「あんまり騒ぐな」

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/17(火) 20:44:15 ID:gKdt/sN6
子供「ねぇー此処は誰の墓なの?」

女「貴方のパパになる予定だったひと」

友「おい!」

子供「そうなの?」

女「うん」

子供「ん~じゃあお参りする」

友「お参りじゃないんだが」

女「ふふ、いい子ね」

チーン

女「(そっちに逝くにはまだ時間がかかりそうです)」

彼「だろーなーwww」

女「・・・・フフ」

FIN

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1334653558/l50

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする