【シスコンSS・兄妹】兄「はい?」 妹「だからね…」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/27(火) 01:15:12 ID:YNU2eMX.
妹「わたしヴァンパイアなの」

兄「…」

妹「あ、信じてないでしょ そっちが聞いたのに」

兄「あたりまえだよバカ そんなもん信じるのは電波かシスコンだよ」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/27(火) 01:32:07 ID:YNU2eMX.

妹「でも、兄さんシスコン入ってるよね」

兄「うぐっ…50パー位だからヘーキだ」

妹「アウトだよ兄さん」ニコッ

妹「っとお、話がそれた」

兄「必死に逸らしてたんだがな」

妹「あはは、でもどーやったら信じてくれるかなぁ」

兄「はあ、我が妹に電波入ってたとは…」

妹「そうだ!えっとぉ」

ハネバサァ ハッカマホウ ボーン メラメラ

兄「うおぉ!PSPがぁ!キサマなにやっとんじゃぁ!」

妹「ええぇ、そこは魔法使えんの?!でしょ普通」

兄「だまれぇ!せっかくストーリー進んだのに(泣)」

妹「いいじゃん」

兄「いいわけあるかよぉ まあここまでやられたら信じるしか」イジけっ

妹「ほらほら、ギュってしてあげるからさ お兄ちゃん! 」

ギュッアタッテルアタッテルターイム

兄「おおぅ、ナイス○○」

妹「シスコン 変態」

兄「うるさいよ」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/27(火) 12:13:11 ID:YNU2eMX.

妹「で信じてくれたの?」

兄「うん できればPSP直していただけると」

妹「でね「スルーかよ!」兄さんは誰にも言わずによろしく」

兄「というかそんなこと言ったら俺が社会的に死ぬ」

妹「私も学校で羽出さないように気を付けてるんだぞ」

兄「消せるんですか それ」

妹「うん」

兄「ん?でもなぜ妹はそんな人外生物であらせられるのでしょう」

妹「とーさんがそうだし?」

兄「人生に関わることをそんなあっさり!?

てか50近いのに20代真っ青のイケメンなのはそのせい?!」

妹「うん 他に質問は?」

兄「友ん家で「えっ、サラダに肉(生)にのってないの?」って言って引かれたのは?」

妹「それもだよ普通生肉食べないし 兄さんもやや遺伝してるし」

兄「太陽光ヘーキなのは?」

妹「長い歴史の中で曇りや雨が大好きレベルまでは大丈夫に

あ、にんにくと十字架も同じく」

兄「俺もお前も 病院嫌いだしな」

ダラダラペチャクチャエーマジデ

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/28(水) 15:33:38 ID:8QCkvCjA

一時間後

兄「…………」

妹「返事がない、ただのしかばn 「うがああああ」 あ、おはよう兄さん」

兄「10年分くらいの精神力使った あ、えっと…」

(一つ疑問が…なんで俺には…羽が)

妹「兄さんに羽無いのは遺伝の差だよ」

兄「ついに心を読んだ?!」

妹「いや、もうそれくらいしかきくことないでしょ」

兄「あぁーあ もう今日は疲れたので寝るわ」

妹「おぉ、もうそんな時間(12時)か 私も寝よ」

兄「おやすみ」ノシ

妹「おやすみぃ」ノシ

タッタッタ「おい!そっちはかべ…」スー「壁抜けだと!?」

兄「…ゴクリ」タタタ ガツッ デコキョウダ ギャアア コロガリコロガリ

「………… はぁ… ねよ」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/28(水) 15:34:05 ID:8QCkvCjA

翌日

兄「おおぅ ワタシハドコ ココハダレ?」

妹「妹がベッドにいただけで動揺しすぎだよ?兄さん」

兄「はあ」

妹「いつもは床抜けして逃げるんだけどね」

兄「さらりと常習犯をカミングアウト?!」

妹「ほら、早くしないと学校遅れるよ」

兄「いつもながら、華麗なスルースキル さすが妹」

ンションショ ヒタヒタ カイダンオリール

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/29(木) 22:18:51 ID:WN4Y8yBA

本日のメニュー

味噌汁 生肉 ごはん トマトジュース

父「おはよう 二人とも」

妹「説明しよう、我が家では母が働いて(社長秘書)父が専業主夫です」

父「ん?誰に話しているんだ?」

妹「いや なんでもないよ」

父「さあ さっさと食べないと遅れるよ」

イタダーキマース パクパク ウマイ

兄「……あー 父さん?」

父「うんそうだよ とうとう聞いてしまったか」

兄「心を読んだ?! …デジャブ?」

父「その 知っちゃいました顔 されればね」

兄「…そんなうまくいかないか」

父「いや、もうそれくらいしかきくことないでしょ」

兄「っ!テンポをずらしてきただと…」

父「??」クビカシゲ ウワメズカーイ

兄「なぜ50のおっさんに上目使いが似合う…」

妹「ほらふざけてないで兄さんもう行くよぅ」

兄「なにっ、もうそんな時間だと?」

キガエキガエ カバンモッテ クツハイテ ゴー

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/29(木) 22:19:22 ID:WN4Y8yBA

兄(そういえば、何気なく食べたけど 当たり前のように生肉くってたが

あれオカシイんだな)

テクテーク オッ、ゴヒャクエン  イヤ ヒャクエンカ

兄「こうして普通に登校してると何もなかったかのようだな」

妹「ん?じゃあ今度は兄さんのかばんを燃やs」

兄「やめろ」ギロッ

妹「わーん 兄さんこわいよぅ」

兄「おーごめん よしよし」ナデナデ

妹「ふにゅ~」ニコニコ

兄「って、やべやべ遅れちまう」

妹「えーもっとやってよー」

兄「あー 帰ったらな」

ダダダ クツハキカエ カイダンキツイ ズサー

妹「兄さんじゃーねー」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/29(木) 22:19:45 ID:WN4Y8yBA

友「やあ、息をきらしてどうしたんだい?」

兄「あれ、思ったより早く着いたな おはよう」

友「ふむ、妹さんをナデナデしていて、遅れると思ったから走ってきた と」

兄「恐ろしいほどの勘だな」

友「おや、図星かい? 朝からそんなことを」

兄「まあ 別に兄妹だし いいだろ」

友「クラスの男子たちが嫉妬に満ちた目で見ているんだが」

兄「まあ…いいだろ…」

友「さあ、そろそろホームルームだ」

ガララ ハジメルゾ キオツケ レイ

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/29(木) 22:20:08 ID:WN4Y8yBA

1時限目 数学

T 「じゃあ、兄 ここ答えてみろ」

兄「えー かくかくしかじかで 4√3です」

T 「オッケーだ」

2時限目 体育

タッタッタ ジャーンプ ドサ

友「えー記録4m13

まったく君は足は速いし幅跳びもすごいねぇ」

3時限目 技術

棚をつくれー

ギコギコ トンテンカン シャーー

兄「できたー」

友「君は器用だね」

兄「俺よりよほどすごいものを作り終えているやつに言われたくないがな」

兄(もしや、俺が 勉強でも、運動でも、その他でも中途半端にすごいのは

ヴァンパイアの血をひいているからなのか…)

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/29(木) 22:20:28 ID:WN4Y8yBA

オヒルー キョウノゴハンハナニカナー

兄「おーい友 屋上行こうぜ」

友「ああ、今行くよ」

タタタ ゴゴゴゴゴ(こんな音はしません)

友「いや、君の弁当はいつもすばらしいな」

兄「そうか?」ガツガツ

友「ああ、僕のと比べてしまうと悲しくなるほどにね」

兄「父さんがつくってるからな」

ヒョイ モギュモギュ

兄「あぁ!俺の絶品卵焼きが…」

友「ふぅ、確かに絶品だね 君のお父さまはすごいよ」

兄「もうやんねーぞ」

ガツガツ モグモグ ゴクン

友「ふふっ そんなに急がなくてももう食べないさ」

兄友「「ごちそうさまでした」」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/29(木) 22:21:30 ID:WN4Y8yBA

チューーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ゴク

兄「やはり食後はトマトジュースに限るな」

友「毎度だが 珍しいものだねトマトとは」

兄(はっ、これも吸血鬼)

友「一口貰おうか」

コクコク フウ

兄(あっ、間接…)

友「はい、結構美味しいものだね」

兄「あ、ああぁ …」カアァ

友「どうしたんだい?顔が赤いようだが」

兄「あぁ なんでもない」マッカッカ

兄(ったく、男しゃべりなくせに こういうギャップは反則だろぅ)

友「さあそろそろ、午後の授業が始まるぞ」

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 11:25:40 ID:Or25eKbM

キーンコーンカーンコーン

ゴゴモオワッタ サアカエロウ

兄「よし帰ろう 行くぞー友」

友「ああ今行こう」

テクテク ペチャクチャ

兄「ん?なっ、雨降ってきやがった」

友「ふふふ、僕ら傘を持ってないのにねえ」

兄「なんでそんなうれしそうなんだよ!わっ こりゃ本ぶりだ」

友「もう全身ぬれ鼠になってしまったね」

ワー ダダダ アソコデアマヤドリ

兄「はあ なんで そんなにニコニコしてんだよ」

友「ふふ、もうこんなにぬれてしまったね」

兄(うわ ワイシャツが透けて○が、てかデケーな意外と)

友「…はぁ、兄 君はしゃべり方で勘違いしているようだが

僕も遺伝子的にまぎれもなく女なんだが そんなに見ないでくれないか」

兄「あっっわりぃ」カアァ

友「ふふ 君を見ていると表情豊かで飽きないね」

兄「そうだ、このままじゃ風邪ひくからさ 家こいよ」

友「初デートで家に呼ぶとは 君もかっこいいことするじゃぁないか」

兄「バッ、いや、そんなんじゃねーよ! いいからこい」

友「ははは、君はこの手の冗談がまったく通じないね

本当に見ていて飽きないよ まあ一応お言葉に甘えようかな?」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 11:26:40 ID:Or25eKbM

レッツゴー ザーザー サッサトイコー

ガチャ オープン

兄「ただいm…」

妹「んぅ?」

バタン クローズ

兄(…落ち着け冷静に思い出せ、今俺が見たのは)

友「どうしたんだい 早く中に入ろうじゃないか」

兄(えーまず)

・妹がいた

・ふろ上がりっぽかったな タオル巻いてた

・アクエリ飲んでたな

・羽全開放してたな

羽はマズいっ…

兄「ちょ、ちょっと待ってろ友」

友「??いったい?」

ガチャ ダダダ ギャー

兄「ちょっとこーーーーい」

妹「え?ちょ?兄さん?」

ダダダ バタン

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 11:27:08 ID:Or25eKbM

妹「なに?兄さん?いったい?」

兄「あぁー えっっと 友が家来る 雨に降られたからな

えーーだから羽しまって 服着て」

妹「わかった そんなことか はいはいお風呂自由にね」バサァ

ガチャー

兄「あぁ、すまん入っていいぞ」

友「何してたんだい?」

兄「いや何も」

友「ああ、妹さんが風呂上がりだった、というところだろうか」

兄「お前はエスパーか」

友「いや、君のあわてようからしてそうかと思ったまでさ」

兄「まあ 先 風呂入っちまえよ」

友「少しべたべたしてきたからね、遠慮なくいただこう」

兄「おうゆっくりでいいぞ」

兄(とはいえ、このままでは俺が風邪ひく 着替えとこ)

友「一緒に入るかい?」

兄「んなわけあるかああぁ!」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 11:28:06 ID:Or25eKbM

ガサゴソ ワー ビッチョリ

友「兄 いいよ」

兄「おーう」

トポン フー スッキリ

兄「うー スッキリしたあ」

妹「にーさん アクエリ飲む?」

兄「おう サンキュー」

妹「にひひ、兄さん 約束 覚えてる?」

兄「約束?」

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 11:28:29 ID:Or25eKbM

エー マキモドシ ナデナデ カエッタラ

兄「ああ あれかぁ」

妹「んふ、早く早く」

兄「はいはい」ナデナデ

妹「ふみゅ~ぅ 兄さん撫でるののウマいよね、なんか落ち着く」

兄「昔からやってっからだろ」ナデナデ

妹「はぁ~ シヤワセ~」

兄「ハイ終わり」

妹「えーもっとー」

兄「なんか幼児退化してない?」ナデナデ

妹「と言いつつもやってくれる兄さんは優しいよねぇ」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 11:28:54 ID:Or25eKbM

友「ふむ、シスコンとブラコンの黄金比ということか、見せつけてるのかい?」

兄「わひゃあっ」

妹「こんにちはぁ」

兄「冷静すぎだっ、妹 賢者かお前は」

友「いや、いいものを見させてもらったよ 愛情に溢れていたよ

これで明日も話のタネもとい君のからかいの材料にはこまらないさ」

妹「服、私ので大丈夫でしたか?」

友「胸のあたりが少しきついが、問題ないよ」

妹「むぅ…しくしく」

兄「まあまあ、平気だ妹、俺は○○好きだから」

妹「そんな変態チックに励まされてもうれしくないよ兄さん」

友「ふう、最近肩が凝ってしまってね、兄揉んでくれないか?」

兄「お前も追い打ちをかけるなよ」モミモミ

妹「結局やってる兄さんはやっぱり優しいね」

友「ふふ、まったくだね 君はいいやつだよ」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 11:50:05 ID:Or25eKbM

兄「そういえば、父さんは?」

妹「ちょっと魔k こほん 友達の家に泊ってくるって

母さんも仕事」

兄(ときどきいなくなるの魔界行ってたんだ、カオスな話だ)

友「ほう、つまり今夜は妹との秘密の夜を」

兄「ちげーよっ」

妹「そーだ、こんな時間だしごはん食べてってください」

兄「いっそ、泊ってったら?」

友「なるほど、ハーレムご希望か」

兄「アホかっ お前最近○○いな何か」

友「ふふふ、なんだか面白そうだ、 親に電話してくるよ 泊らせてもらおう」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 11:50:38 ID:Or25eKbM

ペタペタペタ プルル モシー

妹「あ というかご飯作らなきゃ、何にしよう」

兄「いいよ俺が作るよ、チャーハンとかでいいよな」

妹「ホント?兄さんの中華めちゃウマだからね、やったー」

ペタペタ

友「オッケーだそうだよ ただし兄に食べられないようにって言っていたよ」

兄「しねーよっ いや、した… だー ○○いのはお前の親か」

妹「兄さん、おなかすいたよぉはやくー」

友「ほう、兄の料理か 気になるな」

兄「よし作るか、任せろ」

3分クッキングソング スタート ジャジャッ グツグツ パラパラ

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 23:49:29 ID:Or25eKbM

兄「できたー」

メニュー

エビチャーハン サンラータン(すっぱ辛いスープ) チンジャオロース

妹「おぉう、いつもに増して本格的 おいしそー」

友「まったく、君はなんでもできるな」

兄「腹いっぱい食え」

カチャカチャ オイシー モグモグ

友「チンジャオロースにパプリカとは珍しいね」

兄「冷蔵庫それしか無くてね どう?いける」

妹「おいしーーーー全然オッケー」

友「むう、これでは私もがんばらなくてはいけないな」

妹「ですよねぇ、これじゃあかないませんよ ガンバロ」

兄「夜食作ってると自然とね うまくなってたな」

妹「兄さんの夜食はウマすぎます、あれじゃあ太っちゃう」

友「女性には難しい問題だ」

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 23:49:55 ID:Or25eKbM

ゴクゴク カチャ テヲアワセテ

妹友「「ごちそうさまでした」」

兄「お粗末さまでした」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 23:50:16 ID:Or25eKbM

風呂入りなおしてパジャマパーティ

兄「ウノやろうぜ」

友「ふふ、修学旅行以来だなこの雰囲気は」

妹「あ、ドラマ(ドクターズ)見ながらでいい?兄さん」

ワイワイ  アハハ カッタゾー

妹「ウィーやろうよ」

兄「おう、俺の腕前見せてやる」

友「まだやったことがないが おもしろそうだ」

11時

兄「お、もうこんな時間」

友「明日は朝会だったな」

妹「私、委員会でした」

兄「…」

友「そろそろ眠ろうか」

妹「おやすみなさい」

兄「友は俺のベッド使えな 俺は父さんのとこで寝る」

友「ありがとう」

アカリヲケス  オヤスミ

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 23:50:37 ID:Or25eKbM

夜中

ムクッ オキタ

妹「トイレ…」羽 全開

イッポウソノコロ

友「たしか風呂の隣にトイレが」

バッタリ ゴタイメン

妹「んんぅ」

友「ふむ、…」

友「疲れ目だな」

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 23:51:00 ID:Or25eKbM

翌日

妹「朝ごはんできたー」羽 解放

(兄さん呼んでこよ)

友「おはy………      ↑

目薬差したのに、まだ疲れてるのか」

妹(友さん居るの忘れてたぁー)

妹「あの、 これは、あー」

兄「おはようぅ…うっ!」

ツカノマノ セイジャク

友「…座ろうか」

妹「そうですね、いただきます」

兄「うおっ、これうまいな」

友「で、 それは?」

妹「わたしヴァンパイアなんです<以下略

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 23:51:20 ID:Or25eKbM

友「兄、つねってくれるかい? 夢が長いようだ」

兄「おぉ、友がこんなに焦ったの初めて見た」

友「なるほど、兄が皮肉をいうとは、現実か?」

妹「魔法も使えますよ」

ピキーン コオリマホウ ヒャドヒャド

兄「おお、PSPがゴミのようだ     じゃねえよ新しく買ったのにー(泣)」

友「鋭いツッコミ、どうやら現実のようだね」

妹「友さん、このことはどうか内密に」

友「ああ、その方が僕も面白いからね

秘密の関係 ふふっ、なんともいい響きじゃないか」

兄「いや やっぱお前 順応能力すごいな、普通信じんぞこんな話」

ザツダン ワイガヤ ソンナコトマデ

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 23:51:41 ID:Or25eKbM

妹「はっ、 もうこんな時間 遅れるー」

兄「いそげー」

キガエハミガキ  ワーココデキガエルナ

友「さあ、いこうか」

妹「行くよ兄さん」

兄「わわっ 両腕引っ張るなよ」

だーーーーー

エキストラ(ちっ、リア充め)

兄「周りの視線が痛い」

友「ふふ、おもしろいねえ」

妹「あー、飛んだ方が絶対速い」

こうして吸血妹と半吸血鬼と親友は幸せに暮らしていったとさ

めでたしめでたし

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 23:52:02 ID:Or25eKbM

兄「そういえば、あんまびっくりしてないな」

友「ふふ、だって君が何であろうと、僕は君が大好きだからね」

兄「んなっ え それは、どっちの意味の?」

友「ははっ、教えないよ ふふふ」

兄「むぐあーーーーーーーーーーーーーー」

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 23:53:35 ID:Or25eKbM

御閲覧ありがとうございました

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1332778441/l50

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする