【オリジナルSS】鼠「憧れのスーパーラットに!」【擬人化】

1 :本文:2012/03/20(火) 00:09:26 ID:6IEsPfqM
鼠「やぁ!僕、鼠!」トットット

鼠「屋根裏に住んでる正真正銘の鼠だよ!」トットットットット

鼠「…もっとも、今は庭を走り回ってるんだけど…」トットットットトトトトトトト

鼠「あいつら…超しつこい…」トトトトトトトトトトトト

猫A「ニギャギャギャギャ」ドドドドド

猫B「ムナフゥ~!ムナフゥ~!」ドドドドド

猫C「ヴァーーーオゥウ!」ドドドドド

鼠「屋根裏に帰ろうにも…」チラッ

烏A「アーー!アーー!」バッサバッサ

烏B「グッグッグッグッ…ガー!」バッサバッサ

鼠「…」トトトトトトトトト

鼠「窮鼠!まじ窮鼠!!」トトトトトトトトト

2 :本文:2012/03/20(火) 00:10:38 ID:OCgb9VSo
鼠「なんでそんなに?!5当分なんてしたら微々たるモノだよ!?恨み?恨みなの?!末代まで祟る的な!?」トトトトト

猫A「ニギャギャギャギャ」ドドドドド

猫B「ムナフゥ~!ムナフゥ~!」ドドドドド

猫C「ヴァーーーオゥウ!」ドドドドド

烏A「アーー!アーー!」バッサバッサ

烏B「グッグッグッグッ…ガー!」バッサバッサ

鼠「は、鼻息が!風圧が全身に!」トトトトトト

鼠「だが…勝った!排水管に間に合う!!」ズザァ

猫s「「フギュギュ」」ガタガタ

烏s「「ガー!ガー!」」ガンガン

鼠「…テーテレッテー…テーテテー…テーテレッテー…テーテテーテーテー…と、歌ってる場合じゃない…屋根裏に戻ろう」グラグラヨジヨジ

3 :本文:2012/03/20(火) 00:11:24 ID:6IEsPfqM
鼠「あいつら飼い猫だよな…?排水管壊れるぞ…」ヨジヨジ

猫s「「フギュー!」」メキッ

猫s「「…」」

猫s「「…」」オマエガ…オマエダロ…

鼠「あ…壊した」ヨジヨジ

家主「ぅおい!騒がしいと思ったら!…ちょっ排水管メッコメコじゃねぇか!あぁ…上の方まで…」

猫s「「…」」ウエハチガウヨ…ウエハカラスガ…

猫s「「…」」

猫s「「…」」ピュー

家主「あっ!こいつら!…隣人!隣人!!…てめぇんとこの猫が…」

鼠「グッジョブ家主!」ヨジヨジ

4 :本文:2012/03/20(火) 00:19:01 ID:y/HfE95E

ーー
老鼠「お前に話すときが来たか…」フム

鼠「…」ゴクリ

老鼠「お前の先祖は海を渡って来たそうじゃ」

鼠「へぇ」

老鼠「前の住みかではやりたい放題での…飼い猫をからかい、詰り、馬鹿にし…果ては飼い犬や使用人、親戚の鼠を利用し飼い猫にストレスを与え続けたそうじゃ」

鼠「すげぇな」

老鼠「飼い猫は勿論、飼い主にやくたたず扱い…悲惨な最後を遂げたそうじゃ…」

鼠「まさか…」

5 :本文:2012/03/20(火) 00:21:20 ID:MB5aYHqg
老鼠「だから…まあ…何じゃ…」

老鼠「…祟られとる」

鼠「…」

老鼠「どうすることも出来ん」

鼠「…」

老鼠「もう無理」

鼠「わかったよ!」

6 :本文:2012/03/20(火) 00:22:03 ID:K7TMTUsc
老鼠「屋根裏の安息の為に食われろ」

鼠「辛辣!」

老鼠「出てって孤独に対処しろ」

鼠「ヒント!ヒント頂戴!」

老鼠「希望となるかは知らんが、都会にはスーパーラットと呼ばれる奴等がおるらしい…名前から察するに猫くらいはワンパンじゃろう…それに成ることが出来れば…」

鼠「なるほど…きっと先祖もそれだったんだな!…ありがとう!生きる方法を探してみるよ!」トットット

老鼠「…」

老鼠「スーパーラットは生まれつきじゃ」ボソ

老鼠「薬品耐性があるだけじゃし…」ボソボソ

7 :本文:2012/03/20(火) 00:28:54 ID:K7TMTUsc

ーー
猫B「…」ポカポカ

家主「おい!郵便受けで寝てんじゃねぇよ!」

猫B「ナーゥ」バーカ

家主「退きなさいっての」

猫B「ナーゥ…ナーゥ」バーカバーカ

家主「なんか腹立つな!…無理矢理退けてやる」グイグイ

猫B「ウヌヌ」グググ

家主「ウヌヌじゃねぇよ!おらぁ…グイグイ…あ!変なところが柔らかい…力加減が…ちくしょう…隣人!隣人!!」

8 :本文:2012/03/20(火) 00:42:03 ID:li.St6Do
鼠「…」

鼠「…気付かれてはいない…か…」コソコソ

鼠「さてと、スーパーラットになるには…都会に行くには遠すぎるし…よし、先祖の動きを真似てみるか…」

鼠「step1.猫を馬鹿にする」

鼠「無理無理無理無理無理!!」

鼠「…これやんなきゃ、スーパーラットに成れないの?…」

鼠「…仕方ない」グッ

9 :本文:2012/03/20(火) 01:06:11 ID:sHFq.3DM

ーー
鼠「ほーらね!ほーらね!」グラグラヨジヨジ

猫s「「ムギャー」」ガツンガツン…バキャ

鼠「…」ヨジヨジ

猫s「「…」」イマノハオマエダ…マァオチツケ…

鼠「…無理!おっす!おら、ここで生きる!」フゥ

老鼠「まじ、疫病神」

10 :本文:2012/03/20(火) 01:16:40 ID:li.St6Do
鼠「だって~!都会行く手段も無いし!」ジタバタ

老鼠「いっそ、隣人の家に住んでみたらどうじゃ?」

鼠「え?馬鹿なの?…老いるって、そういう事かい?」キョトン

老鼠「イラッ…スーパーラットになるには、ある程度、自分を追い詰める必要もあるはずじゃ!」

鼠「さっき、これ以上無いくらい追い詰められたけど…」

老鼠「もっとじゃ!先祖と同じ環境でスーパーラットに目覚めるのじゃ!」

鼠「うぅ…しょうがねぇ…やってみるか…駄目だったら…戻ってくりゃいいんだし…」ハァ

老鼠「…大概受け継いどる様に思えるんじゃが…」

鼠「…」トットット

老鼠「…」

老鼠「次はしくじるなよ…猫共」ボソ

老鼠「念のため、バリでも作るか…」イソイソ

11 :本文:2012/03/20(火) 01:57:58 ID:sHFq.3DM

ーー
猫C「マーォ」カミカミ

家主「さぁて、ガーデニングの手入れでもウォォオオーーー!!」

猫C「マウマウ」カミカミ

家主「離れろやぁ!ワシのハーブに手をだすんじゃない!」グググ

猫C「マォマ」ハゲガ

家主「口を!口をハーブから離せ!…根本から噛むのはおかしいだろ!ウッホウ根っこごと持っていかれちゃう!…隣人!隣人!!」グニグニ

12 :本文:2012/03/20(火) 01:59:11 ID:li.St6Do
鼠「…」

鼠「祟られてんの俺じゃなくて、家主じゃ無いのか?」コソコソ

鼠「さて、この壁をどう越えるか…ん?」

雀A「…」ジー

鼠「あいつはなんでこっちを見てるんだ?」

雀A「…」ジー

鼠「お前は襲われる側だろ?逃げなさいよ…さあ!逃げろ!」

雀A「チュンチュンジーチュンチュンチュンジーチュンチュンチュンジー」

鼠「雲雀みたいに騒ぎ出した!?」

雀A「チュンチュンチュンジーチュンチュンチュチュチュチュチュチュチュ…」

鼠「ウルセェー!!…はっ」クル

猫s「「…」」

13 :本文:2012/03/20(火) 02:00:54 ID:8rUAx8v2

ーー
鼠「外には敵が多すぎる…」グラグラヨジヨジ

猫s「「フン!フン!フン!」」ガツンガツンガツン

鼠「あいつらもう、遠慮してねぇな」ヨジヨジ

猫s「「フン!フ…」」ガツン…バキャ

鼠「…」ヨジヨジ

猫s「「フン!フン!フン!」」ガツンガツンガツン

鼠「止める事すらしなくなった…」ヨジヨジ

家主「ゴラァアア!」ダダダ

鼠「…?…あれ、先に進めない?何だ!何だこの壁!?」ヨジ…バンバン

猫s「「…」」ピュー

鼠「くそっ!負けるものかぁああ!!」ガリガリ

14 :本文:2012/03/20(火) 02:16:40 ID:lpImyqFc

ーー
鼠「諦めない…これ大事!」ドヤッ

老鼠「バリを食い破るとは…」チッ

鼠「次からは食い物以外で壁を作るんだな!!」ゲップ

老鼠「そうする」

鼠「でもあれ変わった味だね…始めて食べた」

老鼠「ホウ酸団子って言う、ゴキブリさん用の食事じゃよ」ホッホ

鼠「ふぅん」

老鼠「あれ?お前スーパーラットじゃね?」

鼠「何言ってんの?猫殴り倒した事無いんだけど…」

老鼠「…仕方ない、背に腹は変えられん…付いてこい…」

鼠「どこいくの?」トットット

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/20(火) 04:27:53 ID:Nbs94Cr6

鼠の先祖って…

まさかあの茶色い…

16 :本文:2012/03/20(火) 07:58:18 ID:b9Qb524U

ーー
老鼠「外が駄目なら地下からじゃ、さあ、排水口から隣へ向かうのじゃ」

鼠「常に老鼠の後ろにいる大量の鼠達が一言も喋らない…怖い」

老鼠「気にするな!」

鼠「そういえば、一度も言葉を聞いたことがない…『…』すら無い…怖い」

老鼠「皆、シャイなんじゃ!いいから…」

鼠「提案は嬉しいんだけど、水分って駄目なんだよね…埃なら気にしないんだけどさ…ベタベタすんじゃん?」

老鼠「はよ行け」ドンッ

鼠「ですヨネ」ヒュー

老鼠「ワシも、こいつらの声は聞いた事ないわ…」ボソ

老鼠「水流しとこ」クルクルジョボボ

17 :本文:2012/03/20(火) 13:42:47 ID:6B2ZRfg.

ーー
鼠「ベタベタする」ドロドロ

鼠「水垢の匂いも好きじゃ無いんだよね…」ジャババ

鼠「そうそう…泳ぎも得意じゃ…って水?」 ザバァ

鼠「…」ブクブク

鼠「プハッ」ザバァ

鼠「まさか身内にも敵が居るとは…バリは小粋なジョークじゃ無かったのか…」プルプル

鼠「まさに四面楚歌!」キリッ

鼠「…行こ」トットット

18 :本文:2012/03/20(火) 13:44:28 ID:6B2ZRfg.

ーー
猫A「~~!…」ムリムリ

家主「何やってんのこの猫?」

猫A「~~!…」ジョロロロ

家主「サドルの上に何やってんのこの猫?」

猫A「ムファサ!」ピョン…ピュー

家主「…こ、こら…あっ…」

家主「…」フキフキ

家主「…違う!隣人!隣人!!」

鼠「すげぇなあいつら…」コソコソ

19 :本文:2012/03/20(火) 22:20:36 ID:y6il15rw
鼠「それにしても、こんな簡単に壁の反対に出られるとは…」

鼠「そいじゃ、お邪魔しますよっと」コソコソ

犬A「…」ジー

20 :本文:2012/03/20(火) 22:22:12 ID:4fpsUDvU

ーー
鼠「…」キョロキョロ

鼠「…」コソコソ

鼠「…わ~明るい!小綺麗!」

鼠「しかし」チラッ

鼠「玄関の磨りガラスに数匹の犬のシルエットが…」ドキドキ

犬s「「グルル…」」ウロウロ

鼠「…入った所を見られたに3000点」

鼠「グルグル言ってるし…」ヒョイ

鼠「あれ?…俺浮いてるよ?」

21 :本文:2012/03/20(火) 22:25:19 ID:6IEsPfqM
隣人(姉)「あれ?新しい子?」ナデナデ

鼠「くすぐったい」

姉「大人しい…」ナデナデ

鼠「ふむ、喰われる事は無さそうだ…」

隣人(妹)「ただいま~」ガチャ

犬s「…」ゾロゾロ

鼠「入ってきた!」

犬A「グルル…」ヒタヒタ

犬B「うぅ~…」ヒタヒタ

鼠「まずい、動けない」

姉「隣のおじさん何だって?」

妹「飴くれた」コロコロ

姉「怒った感じで呼ばれるのに、いつも何かくれるんだよね…うちの子も相手してくれてるみたいだし」

妹「優しい」コロコロ

姉「ね」

22 :本文:2012/03/20(火) 22:27:56 ID:b9Qb524U
犬A「グルル…」クンクンジリジリ

犬B「ウゥ~…」ハッハッジリジリ

鼠「近づいてくる…」ガクガク

妹「あ!めっ!」

犬s「「クゥン」」ピタッ

妹「ちょっと外に行っててね」グイグイ

犬s「「わふぅ」」テッテッ

鼠「まじ、女神」

姉「どうしたの?」

妹「その手にいる子、怯えてた」

姉「あぁこの子?」チラ

鼠「ども」

姉「どこから連れてきたの?」

妹「知らない、私じゃないよ」フルフル

23 :本文:2012/03/20(火) 22:54:59 ID:U2mh3Qsw
姉「?」チラ

妹「?」チラ

鼠「?」

隣人(母)「あら?何その子?」パタパタ

姉「?」フルフル

妹「?」フルフル

鼠「何?」

母「勝手に入っては来ないわよね…」

姉「あの動物包囲網を越えて?」

母「またあんた達が拾って来たんでしょ…」

妹「ぅう~、お母さんこの子…」ウルウル

母「はぁ、取り合えずお風呂で洗ったげなさい…」

妹「わーい!私が洗ったげる!」ヒョイ

鼠「何?…何!?」

24 :本文:2012/03/20(火) 22:58:21 ID:cm9I65OE

ーー
妹「物凄い暴れた」ビショビショ

姉「急遽手伝わされた」グショグショ

鼠「溺れ死ぬかと思った」プルプル

鼠「ただ、すげぇさっぱりした…」

鼠「足のベタベタも無くなった」サラサラ

妹「いまは全然逃げない」ナデナデ

姉「ただ、水が苦手なんだろうね」ツンツン

鼠「くすぐったい」

妹「床に置く」ペタ

鼠「?」ゴロン

姉「抵抗しないねぇ」

妹「かご、いる?」

姉「要らないかもね」ツンツン

鼠「そこ弱いから止めて…」ウネウネ

25 :本文:2012/03/20(火) 23:11:12 ID:yI65gmdI

ーー
鼠「て、事がありました」

老鼠「ねぇ、なんで戻って来たの?」

鼠「抜け道を見つけたので…」

老鼠「違うよ?そうじゃないよ?」

鼠「いつでも行き来可能です」ドヤッ

老鼠「お前、やっぱ子孫だわ」

鼠「あのクッサイ排水口から行かなくても良いし…」

老鼠「そりゃ良かったね…」

鼠「あっ、思い出した!」

老鼠「何を?」

鼠「…水攻め」

老鼠「ドロン…ボヒュ」

26 :本文:2012/03/20(火) 23:25:55 ID:98itl7Vg
鼠「…」
老鼠「…」

鼠「口で言っても意味無いですよ?」

老鼠「すみません、冗談でした」

鼠「冗談なのに『すみません』?」

老鼠「まぁまぁお詫びにこれでも食ってよ」スッ

鼠「何これ、見たことある」パクパク

老鼠「ホウ酸団子」

鼠「うめぇ、うめぇ」パクパク

老鼠「まじ、スーパーラット」

鼠「それだ!忘れてた!」

鼠「進化して見せる…憧れのスーパーラットに!」

老鼠「ガンバレヨ」

鼠「ヒ・ン・ト!ヒ・ン・ト!」

老鼠「…先祖と同じ事やれば?」

鼠「…」

27 :本文:2012/03/20(火) 23:49:42 ID:KofoPpTA

ーー
鼠「結局それか…」

鼠「step2.犬をどうにかする」

鼠「ザックリしてるな…」コソコソ

鼠「…隣に行く為の道に猫Aが!」

鼠「いやあれは猫Bか?」

猫C「マーフ…」ペロ

鼠「猫Cだ…鳴き声以外に区別無いの?」コソコソ

鼠「犬をどうにかする前に猫をどうにかする羽目になるとは!」キリッ

鼠「…」

鼠「上手くは無いな…ん?」クル

猫A「…」

鼠「…山田くん全部没収して」

28 :本文:2012/03/20(火) 23:51:15 ID:KofoPpTA

ーー
鼠「日が悪い時もある」グラグラヨジヨジ

猫s「「フン!フン!フン!」」メキョメキャバキン

鼠「もう配水管としての機能は死んだな」ヨジヨジ

猫s「「フン!フン!フン!」」ドカッグシャパキン

家主「オラァアア!!」ドスドスドス

鼠「…」ヨジヨジ

猫s「「…」」

猫s「「フン!フン!フン!」」バキッメコッパカッ

家主「せめて逃げろ」

鼠「…不憫だ」ホロリ

29 :本文:2012/03/21(水) 00:02:37 ID:dJL5stHc

ーー
鼠「もう一回、挑戦しようと思う」

老鼠「一々戻ってくんな」

鼠「言うほど、俺いて変化なくね」

老鼠「ワシの心労が思いの外、違う」

鼠「じゃあ、しょうがないね」

老鼠「皆の不満そうな顔を見ろ!」

鼠「むしろ、無表情なのが怖い…不満げな顔ならどんなに良いか…」

老鼠「そうじゃろ?ワシも怖くて直視できん…常に後ろにいてもらう」

30 :本文:2012/03/21(水) 00:03:54 ID:dJL5stHc
鼠「指示は聞くんだ…」

老鼠「でもそれ以外は何もしないよ」

鼠「俺の後ろに付け!」

鼠「…」

老鼠「怖っ!」

鼠「怖っ!老鼠の後ろに付け!」

老鼠「ワシの命令じゃなくても良いのか…」ショボン

鼠「老鼠を慰めておやり…」

老鼠「慰めは結構…あれ?」

鼠「微動だにしない」

32 :本文:2012/03/21(水) 00:22:31 ID:J1J5aLiM

ーー
鼠「そんな訳でもう一度、挑戦するよ!」

老鼠「犬は無理ゲー」

鼠「そういえば、人間には何もされなかったよ?対象外なの?」

老鼠「元々、疎まれとるからな…」

鼠「あぁ…そうね」

老鼠「基本的には生きとし生ける全ての生命に嫌われる呪いじゃ」

鼠「鼠と人間以外…か…」

老鼠「人間だけじゃろ?」

鼠「!?」

33 :本文:2012/03/21(水) 00:25:15 ID:J1J5aLiM

ーー
鼠「今度は問題なく入れた…」コソコソ

鼠「では改めて…」

鼠「step2.犬をどうにかする」

鼠「…」コソコソ

妹「あ!いた!」ヒョイ

鼠「捕まった」

妹「何やってたの?」

鼠「また水攻めですか?」

妹「可愛いね」ナデナデ

鼠「くすぐったい」

妹「お姉ちゃん!いた!」トテトテ

鼠「あぁ…犬が遠ざかっていく…」

34 :本文:2012/03/21(水) 00:36:10 ID:qTC6hj2Q
姉「どこにいたの?」

妹「玄関の横」ポテ

鼠「…」ゴロン

姉「家の外に出たかったのかな?」

鼠「犬に会わせてよ」

妹「かな?」

鼠「聞いてる?犬に会わせてよ!」

姉「ま、戻る所があるのかもね」

妹「お友達、いるの?」

鼠「アポは無いよ…駄目?」

姉「かもね…」

妹「じゃあ、会いたいのかな」

鼠「ワンワン!ワンワン!上手くない?」

妹「会わせてあげないと!」ヒョイ

鼠「あ、運んでくれるの?」

35 :本文:2012/03/21(水) 00:53:31 ID:MKfq.yd6

ーー
妹「はい、友達にあっておいで…」ナデナデ

鼠「くすぐったいから」

妹「へへ、連れてきても良いよ?」

鼠「あっちに居るみたいだな…」トットット

妹「あれ?犬Aの方に行っちゃった…」トテトテ

鼠「寝とる寝とる」コソコソ

犬A「グルル」Zzz

妹「寝てる寝てる」コソコソ

鼠「なんで付いて来てんの?」

鼠「ま、いいや…さて、どうにかするってどうしよう…」

鼠「…」

鼠「鼻に石でも詰めるか…」コソコソ

妹「石持って走ってる…鼠さんって立って走るんだ!知らなかった!」

36 :本文:2012/03/21(水) 01:10:42 ID:dJL5stHc
犬A「グル…」クンクン

鼠「薄目を開けた!?匂いか?俺の匂いなのか!?」コソコソ

犬A「ワフ?」クンクン

鼠「このままでは起きちまう…そうだ!鼻が詰まったら匂わないはず…いっけ~!」ザクッ

犬A「グワァアアア!?」バシッ

鼠「反射的に捕まった!」ジタジタ

犬A「…」プンッ…コロコロ

鼠「石が!」

犬A「グルル」コロス

鼠「まずいまずいまずいまずい」

妹「…」ジー

37 :本文:2012/03/21(水) 01:24:06 ID:C.KIJFsw
犬A「…」

妹「仲良し?」

犬A「…」

鼠「…」ジタジタ

妹「喧嘩?」ウルウル

犬A「…」ソッ

鼠「…動ける!」サッ

犬A「…」ガッ

鼠「爪が!…尻尾に爪が!」ジタジタ

犬A「…」ニッコリ

鼠「?…?…」

犬A「クゥン」チラ

妹「…」ハラハラ

鼠「…なるほど」

38 :本文:2012/03/21(水) 01:55:06 ID:e94KdiSY
鼠「…」ニッコリ

犬A「クフゥン…クゥン」ペロチラッ

鼠「ははは、こいつめぇ~」ツンツンチラッ

妹「良かった!お友達って犬Aだったんだ!」ニパッ

犬A「…」ホッ

鼠「人間に弱いのか…」フムフム

妹「じゃあ、遊んでていいからね!」トテトテ

犬A「…」

鼠「あれ?目付きが鋭い?」

犬A「チッ…」クルッスタスタ

鼠「襲われるかと思った…はっ!これって…」

鼠「犬をどうにかしたのでは?」

39 :本文:2012/03/21(水) 01:57:20 ID:e94KdiSY

ーー
鼠「どうにかしたのでは無かろうか?」

老鼠「わかった。しつこい。うざい」

鼠「酷い」

老鼠「ねぇ?なんで戻って来んの?」

鼠「老鼠に会いに」ガガガ

老鼠「嬉しくねぇ~…人に好かれ、犬に許される存在がこんなワシに会いに来てくれる…嬉しくねぇ~」ガガガガ

鼠「卑屈だなぁ」ガガガガガ

老鼠「なんの音じゃ?うるさいよ?」ガガガガガガ

鼠「なんだろうね?」ガガガガガガ…

烏s「ガガガァーー!!」バリーン

老鼠「ギャアアアア!!」

家主「屋根がぁあああ!…鳥にぃぃいい!…ギャアアアア!!」

鼠「外の声がよく通る様になった」トットット

40 :本文:2012/03/21(水) 02:00:10 ID:ggfvhRCg

ーー
鼠「と言う夢を見ました」

老鼠「夢にすんな」ボロボロ

鼠「さすが!生きてる!凄い!」

老鼠「…キューブリックの介入を見た」

鼠「泣いたり笑ったり出来なくなったの?ヒッチコックじゃない?」

老鼠「?」

鼠「…」

老鼠「…!」///

41 :本文:2012/03/21(水) 02:15:19 ID:ggfvhRCg
老鼠「そんなことより!見ろ!襲われたじゃないか!」

鼠「まぁまぁ…怪我人も無かったんだし」

老鼠「やつら、お前しか見えてなかったしな…」

鼠「びっくりした」

老鼠「外だとあんな感じなの?」

鼠「もっと酷いよ?」

老鼠「出てけ」

老鼠「また襲われたら、ワシの心臓は爆発する」

鼠「凄い爆発?」

老鼠「爆発しない自信が無い」

鼠「ねぇねぇ凄い爆発?」

老鼠「線香花火クラス」

鼠「影響無いなら良いや」

老鼠「ワシに!影響が!ある!」

42 :本文:2012/03/21(水) 02:49:43 ID:ggfvhRCg

ーー
鼠「追い立てられた」

家主「郵便受けに猫がぎっちぎちに詰まってる」

猫B「マオゥウ」マブシイ

家主「郵便物はどこへ?」

猫B「マゥマオ」ウルサイ…カリカリグググ

家主「閉めようとするな!郵便物は!?」グググ

猫B「ウヌヌ」グググ

家主「お前何なんだよ!郵便物を返してぇぇええ!!」

鼠「…取り合えず隣に行こう」トットット

43 :本文:2012/03/21(水) 02:52:32 ID:SF6E8PqA
鼠「…あれ?壁にこんな穴空いてたっけ?」

鼠「…」ジー

猫A「…」ヒョイ

鼠「…」

猫A「…」

猫A「…」キョロキョロ…ニヤッ

猫A「ニャオウ」ハロウ

鼠「…キューブリックの介入を見た」

45 :本文:2012/03/21(水) 09:23:10 ID:17TjbFu6

ーー
鼠「老鼠が正しかった。シャイニングクローの餌食になるところだった」

老鼠「そうじゃろ、そうじゃろ」

鼠「配水管もベコベコで使えないし」

老鼠「そういえば、ここまでどうやって来たんじゃ?」

鼠「玄関から」

老鼠「家主のやつ、ザルじゃのう」

鼠「屋根の事ブツブツ言ってた」

老鼠「はよ直してくれんと、気が気じゃない」

鼠「たしかに」

老鼠「それと、あれじゃ」

鼠「あれ?」

老鼠「戻ってくんな」

鼠「…」

46 :本文:2012/03/21(水) 19:49:33 ID:e94KdiSY

ーー
鼠「結局、こっちに来るんだな」トットット

鼠「やぁやぁ!諸君!」

犬s「…」チッ

鼠「襲われないけど、顔が怖い」トットット

妹「じゃあ、洗ってくるね」トテトテ

母「先に、ちゃんと水抜くのよ?」

妹「はーい…あっ!」

鼠「…」

妹「ぅう…遊びたいけど、お風呂洗わなきゃ…」ウズウズ

鼠「なんか怖い」

妹「すぐ終わらせるから待っててね!」トテテー

鼠「あっちは水攻めした部屋…」

鼠「…」

47 :本文:2012/03/21(水) 20:59:43 ID:ggfvhRCg
鼠「まさか、今度こそ息の根を止めるつもりでは?」ガクガク

鼠「させるかぁ!先手必勝じゃい!」トットット

48 :本文:2012/03/21(水) 21:06:47 ID:J1J5aLiM

ーー
妹「…汚れを落としてから水を抜けばすぐ終わるはず」キュキュキュ

妹「急げ急げ」キュキュ

妹「向こう側が手がたわない」アブアブ

妹「もうちょっと…」グググ…ツルッ

妹「あっ!」ザブン…ガボガボ

鼠「もう水の準備を始めてる!」トットット

鼠「しかし!」

妹「…ダッ…ガハッ!」ガボガボ

鼠「水を抜いちまえばこっちのもんよ!」キリッ

妹「…カ…ガハッ」ガボガボ

鼠「…あった!この鎖だ!」ガポッ…ギュルギュル

妹「ケポッ…パァ」ジャバジャバダンダン

鼠「水が抜けて行くわ」ホッホッホ

49 :本文:2012/03/21(水) 21:17:03 ID:ggfvhRCg
姉「…大丈夫?凄い音してるけど?」ガチャ

鼠「援軍は一足遅かったな」ドヤァ

姉「ちょっと大変…妹!妹!!」ヒョイペチペチ

妹「コホッ…ケンッ、ケンッ…あ、おでぇぢゃん」ウルウル

姉「溺れたの!?」

妹「ヒック…ヒック…ビェェエエエ!!」

鼠「そんなに悔しがらなくても…」

鼠「凄い罪悪感」

50 :本文:2012/03/21(水) 21:30:55 ID:J1J5aLiM

ーー
妹「鼠さんが水抜いてくれた」スンスン

姉「鼠って頭いいのね…」ナデナデ

鼠「くすぐったいってば」

母「先に、水抜きなさいって言ったでしょう?」ヨシヨシ

妹「ぅう…ごめんなさい」スンスン

母「大事にならなくて良かった」ヨシヨシ

妹「うん…鼠さん…ありがと」ナデナデ

鼠「くすぐったい…仕返しはやめませんか?」フルフル

母「鼠さんにお礼しなきゃね」スタスタ

鼠「ふむ、もしやとは思ったが」

姉「リボン付けたげよう」クルクル

鼠「コミュニケーションが取れてないのでは?」キュ

51 :本文:2012/03/21(水) 21:40:30 ID:NMQMxrT2

ーー
鼠「エサ貰った」ポンポン

鼠「有り得ないほど旨かった」

鼠「もうホウ酸団子には戻れない…」ブロロ…バタン

?「家主さーん?いらっしゃいますか?」

鼠「…」

鼠「隣が騒がしいな…」トットット…ヒョイ

妹「窓から外見てる…」

母「この子の行動は知性が感じられるのよね…」

鼠「家主の家になんか来てる…」

52 :本文:2012/03/21(水) 22:00:29 ID:YQIw1kvg
母「じゃあ、おやつ取ってくるわね」スック

鼠「補修業者か…な…!?」

姉「私も手伝うよ」スタスタ

鼠「あ…あの車…あの白服は…」

白服「じゃあ、見積もりとりますんで」

家主「よろしく」

鼠「見積もりから作業までが迅速な対応のダ●キン…ネズミ駆除サービス…!!」ガクガク

妹「あれ?震えてる…」ナデナデ

鼠「老…鼠…」

鼠「老鼠ーーーっ!!」

53 :本文:2012/03/21(水) 22:12:09 ID:m37woqnY
妹「プルプルしてる」ナデナデ

姉「おやつだよ~」カチャカチャ

鼠「あ、いい匂い!」クルッ

母「鼠さんのもあるわよ」スッ

鼠「食べていいの?ワーイ!」パクパク

鼠「…」モグモグ

鼠「老鼠…」モグモグ

54 :本文:2012/03/21(水) 22:38:05 ID:hB2.y7.c

ーー
老鼠「酷い目にあった…」ゾロゾロ

老鼠「お前たちは大丈夫かの?」

老鼠「…」チラ

老鼠「息一つ切らしてない」

老鼠「遂にワシらもドブ暮らしか…」

鼠「やっぱり生きてた!凄い!」

老鼠「なんでいるの?」

鼠「老鼠いないとつまんないし」

老鼠「隣人に気に入られてんじゃろ?」

鼠「じゃあ、一緒にいく?」

55 :本文:2012/03/21(水) 22:54:39 ID:m37woqnY
老鼠「え?ワシも大丈夫なの?」

鼠「あの家なら問題ないよ?きっとだけど」

老鼠「キャー!一匹増えてる!ブチャ…とかならない?」

鼠「擬音が生々しい」

老鼠「でも…こいつら…」チラッ

鼠「…あれ?」キョロキョロ

老鼠「…いなくなってる…」

鼠「…」

老鼠「…あいつら」ホロリ

鼠「…行こう老鼠」

56 :本文:2012/03/21(水) 23:16:47 ID:SUnD98E.

ーー
ドブネズミA「ねぇ、増えてない?」

ドブネズミB「気にするな!」

ドブネズミA「倍以上の規模になってんだけど…」チラ

ドブネズミB「振り向くな!」

ドブネズミA「君達はどっからきたの?」

ドブネズミB「馬鹿!話し掛けるな!」

ドブネズミA「聴こえてる?ねぇ…ちょ…何?囲まれると怖いんだけど…」

ドブネズミA「ちょ…ちょまっ…たすっ!」

ドブネズミA「…」

ドブネズミA「」

ドブネズミB「…また取り込まれた」ブルブル

57 :本文:2012/03/21(水) 23:20:54 ID:hB2.y7.c

ーー
老鼠「…ワシは」

老鼠「お前に言わねばならん事がある…」

鼠「何?」

老鼠「スーパーラットって実は…カクカクシカジカ」ゴニョゴニョ

鼠「マジで!?」

老鼠「スマン!」

鼠「じゃあ、スーパーラットにはなれないのか…」シュン

老鼠「…いや、お前スーパーラットだから」

鼠「!?」

二匹は往々に狙われる事もありましたが、犬sによる牽制もあり、隣人宅でそれなりに幸せに暮らしましたとさ…
猫sの鼠を襲えなくなった事へのフラストレーションは家主にぶつけられましたとさ…

めでたし、めでたし

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1332169766/l50

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする