【オリジナルSS】女勇者「伝説の武具ください」魔王「どうぞ」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 01:48:02 ID:3yCx5.Nw

女勇者「……ほんとですか?」

魔王「あ、はい。自分魔王なんでそういうの封印さてんすよww」

女勇者「いや、てか、えぇ!?まままままままま?!」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 01:51:51 ID:g4PLyQ7c

魔王「そんな焦んなくてもいいじゃん」

女勇者「いや!だって!なんで魔王が最初の町の武具屋にいるの!?いきなりクライマックス!?」

魔王「いやあー近頃の勇者弱いからさ、助けてやろうかなって」

女勇者「だからって……」

魔王「ま、ぶっちゃけヒマ」

女勇者「うぅ……」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 02:03:58 ID:ZvcpiLo6

戦士「あ、女勇者じゃん!なにしてんの?

女勇者「戦士くん……」

魔王「こんにちわ」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 02:22:13 ID:PK4FnDZU

戦士「えwwちょっとなにコイツww角はえてんだけど」

女勇者「あ、それはえっとあの」

戦士「あれか?お前の父ちゃん母ちゃん異文化交流かwwやべぇww」

女勇者「」

魔王「異文化交流?」

戦士「ちょハレンチww聞くなw詳しくは聞くなww」

魔王「ま、いいけど。それより伝説の武具どうする?」

女勇者「あ、ください」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 02:26:02 ID:ut6CGZXY

魔王「意外としたたかww」

女勇者「それでお前殺すんで」

魔王「え」

女勇者「あ、ごめんなさい」

魔王「まあそりゃそうか……そうだよな」

戦士「勇者ちゃんさーこれからヒマ?」

女勇者「はやくください、最初からクライマックスで結構焦ってるんですよ!私」

魔王「あ、どーぞ」

女勇者はすごい剣をてにいれた

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 02:29:37 ID:MuXyRKzc

女勇者「あのすごい剣って」

魔王「いやだから封印してんだよね、伝説を」

戦士「伝説を封印!?えっwwなにコイツww」

女勇者「どうやったら封印解けるんですか?」

魔王「それはまぁ友の死とか乗り越えたりするんじゃない?」

女勇者「友の死…」

戦士「えっ?なんで俺見んの?」

女勇者「いや殺そうかなと」

戦士「えっ」

女勇者「いきなりクライマックス」ザクッ

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 02:32:22 ID:SyaTSGAw

戦士「なん……で……?」

女勇者「あ!」

魔王「どうかした?」

女勇者「戦士くんのこと一度も友達と思ったことなかった」

戦士「いやひど……」

魔王「じゃあ無理だわ。封印解かれんわ」

女勇者「うぅ……」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 02:35:53 ID:UOwe8FK2

女勇者「ていうか私友達いなかった」ショボーン

戦士「悲しいわ……事実だけど」

女勇者「戦士くん……」

魔王「ベホマ」プルルリ

戦士「あ!」

戦士「治ったぜ!」

魔王「可哀想だからね、うん」

女勇者「……戦士くん」

戦士「な、なんだよ!」

女勇者「友達になってください」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 02:39:11 ID:3KmqGoa6

戦士(いやこれ絶対フラグだからね?これ絶対ね)

女勇者「だめ?」

戦士「いや、あの」

魔王「勇者がここまで言ってるんだ、なってやれよ」

戦士「ここまでって大してそんななぁ!?」

女勇者「」ウルウル

戦士「い、いや……」

女勇者「だめ?」ウルウル

戦士「しゃっ、しゃあねえなぁ!いいぜ」

女勇者「ほんと?」

戦士「お、おう!」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 02:42:28 ID:PK4FnDZU

女勇者「じゃっ」ザクッ

戦士「ですよねー」バタン

女勇者「……」

女勇者「……」

魔王「ダメだね」

女勇者ずは友達作りから始めたらどうだい?」

女勇者「はぁ……そうですね」

女勇者「じゃっちょっと行ってきます」

魔王「行ってらっしゃい」

魔王「さてと」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 13:08:55 ID:w9q/VFCc

女勇者の家━━

女勇者「母さん母さん」

母「あれま!勇者ちゃんじゃないかい!!まだ旅に出てなかったのかい?」

女勇者「ちょっと武具屋で一悶着あってね」

母「大変だったねぇ……そうだ!!ごはん食べていきな!!」

女勇者「悪いけどそんな暇ないよ。私は友達の旅に出なきゃいけないんだ」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 13:13:34 ID:FYx7mR0k

母「友達の旅?魔王征伐の旅じゃなかったのかい?」

女勇者「結果そうだよ」

母「うーん、母さんバカだからついていかれないよ」

女勇者「ごめんね説明不足で」

女勇者「それでね、この家に魔法書とかなかったっけ?」

母「ないねぇ。あるとしたらおばあちゃんの家だね。北の洞窟を抜けた」

女勇者「そっかぁ、残念諦めるよ」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 14:10:33 ID:7ilPE5QE

母「あんたは変わらないねぇ…昔からそうだった」ブワッ

女勇者「えっ」

母「昔から直ぐ諦める癖があった」

女勇者(なんかオーラ見える……)

母「ふふふ……」

女勇者「意味わかんない」

母「その腐った感情叩き潰してやるって言ってんだよ!!」ブワァッ

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 14:12:38 ID:wpAruW2k

女勇者「うわこわ」ザクッ

母「えっ」バタン

女勇者「あ……」

母「」

女勇者「母…さん?」

女勇者「そんな、そんな!」

女勇者「母さぁぁぁぁぁぁぁん!」キラーン

女勇者「えっ」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 14:19:06 ID:j9SF4wAI

魔王「ひのきのぼう安いよー、そこの森で拾ったよー」

女勇者「魔王!」

魔王「…来たか」

女勇者「どういうことなの!?すごい剣がすごく光る剣に変わったんだけど」

魔王「封印解かれたんじゃね?」

女勇者「まじで!?」

魔王「うん」

女勇者「えっ、じゃあ!?」サッ

魔王「ふっ」ヒョイ

女勇者「ちっ」

魔王「はははは!そんな簡単に!当たってくれるかよ!!いきなりクライマックスだからっていきなりクライマックスで終わらないんだよ!!」

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 14:29:44 ID:Lq0BHVcI

女勇者「じゃあ伝説の装飾品ください」

魔王「ははは!我の強さにひれ……えっ?」

女勇者「それで素早さあけてお前を捉える」

魔王「」

女勇者「そして殺す」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 16:50:03 ID:9kWLuk4Y

女勇者「えっ」

魔王「はい、どうぞ」

女勇者「いやあのこれ…」

魔王「錆びてる、って?」

女勇者「うん」

魔王「そりゃ百年前だし錆びるでしょ」

女勇者「な、なるほど…」

女勇者「ん?」

魔王「お?」

女勇者「ま、魔王…!」

魔王「ようやく気付いたか」

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 16:59:08 ID:9kWLuk4Y

女勇者「むむ…許さんッ」

そういうと勇者は剣を縦に振るうと
錆びた根本から空に向かって聖鉄の塊が
飛んでいき、やがて地に刃が刺さった。

魔王「おお…流石は錆びても聖鉄!
これが聖剣の誕生の仕方か…!」

女勇者「いや、違うよっ?!
剣の柄もないし、これただの
鉄以外の何物でもないよ!?」

すると、勇者が持っていた柄、そして
地に刺さった聖鉄の刃は輝きだし
柄は刃に向かって空を舞い、やがて
一つとなり、美しい聖剣に”戻った”。

魔王「ふむ…流石は勇者が生まれた地…!」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 17:06:17 ID:9kWLuk4Y

女勇者「な、なんか納得いかない…」

女勇者(だけど、これを抜けば真の勇者に…!)

魔王「よいしょ」

なんと、魔王は聖剣を手に入れた!

女勇者「な…」

魔王「さ、城に帰ろうかの」

女勇者「ま…待てやゴルアァァア!!」

魔王「な、なんだ!?どうした!?」

女勇者「魔王が聖剣抜くって…おか…」

魔王「おか?」

女勇者「おかしいだろうがああああ!!」

魔王「…はあ。じゃあ、やるよ。ほら」

女勇者「えっ」

女勇者(なんかデジャヴ……)

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 17:13:17 ID:9kWLuk4Y

女勇者「ま、まぁいっか…よし!」

魔王「ん?」

女勇者「魔王殺しゅ!」

魔王「……」

女勇者「……」

魔王「ぶふっ…ぶはははは」

女勇者「わ、笑うなぁー!」

勇者は聖剣で斬りかかるも魔王に刃が
触れる瞬間、そこに禍々しい魔力が流れ
勇者は思わず手を離し、聖剣は
粉々に砕かれてしまった。

女勇者「なっ…!」

魔王「…あ。わし、自分の体の周りに
強力な結界張っているのじゃよ」

女勇者「せ、聖剣が…」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 17:19:13 ID:9kWLuk4Y

女勇者「うう…」

魔王「こ、今度は何だ…?」

女勇者「うわあああああん」

魔王「!?」

女勇者「ばかばかばかばかばか」

そう言いながら勇者は魔王に抱きつく
寸前の形でポカポカと魔王のお腹を殴っている。泣きながら。

魔王「な、泣くな!泣くな!」

女勇者「…うう…」

魔王「こ、こんな街の真ん中で…」

女勇者「じゃ、じゃあね…」

魔王「ん?」

女勇者「…なでなでしてくれる?」

魔王「なぬ」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 17:24:40 ID:9kWLuk4Y

女勇者「してくれないの…?」

魔王「上目遣い…だと…」

魔王(はっ!しまった思っていることが
口に…!も、もちろん…あれ?)

女勇者「…うぐ…ひっぐ」

魔王「わ、わかった!しよう!
してあげようではないか!」

女勇者「…本当に?」

魔王「うむ」

魔王はその大きな手で小さな少女が
傷つかないように静かに頭をなでた。

女勇者「…えへへ」

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 17:35:53 ID:9kWLuk4Y

女勇者「…あ、そういえば」

魔王「む?」

女勇者「あのね、今日お城でね…」

魔王「ん?」

女勇者「ぱ、パーティがあるんだけどね…」

魔王「ふむふむ」

女勇者「ま、魔王も来る…?」

魔王「なぬ?!」

女勇者「い、嫌じゃなかったらだけど…」

魔王「…しかし、わしは魔王であるぞ?」

女勇者「えっと…王様が呼んでたの」

魔王「なぬ。しかし、いつの間に」

女勇者「さっきメール貰ったの」

魔王「魔法も廃れる時期か…」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 17:42:51 ID:9kWLuk4Y

王様「おお!そちが魔王か!よく来たの」

魔王「あの…自分、魔王なんですが…」

王様「細かいことは気にするな!」

魔王「……」

魔王(…細かいことなのか?)

女勇者「あ、あのね魔王…」

魔王「ん…どうした?」

女勇者「最近、”かがくぎじゅつ”って
いうのが発達してね、魔王を
一瞬で封印する機械ができたの」

魔王「なぬ」

女勇者「魔王が触れるか、魔王が触れて
いる武器が触れるか、魔王の
魔法が触れると魔王を封印するんだって」

魔王「なにそれこわい」

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 17:50:23 ID:9kWLuk4Y

王様「ふふふ…そういうことだ魔王」

魔王「…いつの間に背後に?!」

魔王(…こいつ…できる…!)

王様「さて、そろそろかの…勇者」

女勇者「…うん。魔王、こっち向いて」

魔王「む?」

魔王が振り向くその先には球体の
勇者の印が描かれたものがあり、それは
魔王の頬にぴったりと触れていた。

魔王「…まさか」

女勇者「…ごめんね」

王様「すまんな」

魔王の予想通り、それは先ほど勇者が
言っていた機械で、触れた1秒後には
魔王はそれに吸収され、封印された。

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 18:01:42 ID:9kWLuk4Y

女勇者「…これで良かったんだよね?」

王様「うむ。平和のためには仕方あるまい」

女勇者「…また会おうね、魔王」

女勇者(その時は…今より強くなってるから)

王様「…さぁ、皆のもの!魔王の魂、
そして躰はここに封印された!」

「「「おぉー!」」」

王様「今宵はパーティじゃああああ!」

「「「うおおおぉー!」」」

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 18:02:25 ID:9kWLuk4Y

──騒がしい城のそのずっと奥の地下に
真の聖剣があることを少女は未だ知らない。

それでも、魔王は毎年、1年ごとに
新たな科学技術によって封印される。

いつしか魔王が人の心を知り、人と
馴染めるその日が来る未来を信じて。

女勇者「聖剣を持てるほど優しく
なれたんだね、魔王」

──どうやらその未来は、近い気がする。

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/23(金) 18:05:21 ID:9kWLuk4Y

>>22からの短い話ですが、終わります

読んで頂いたみなさま。
ありがとうございました(*^ω^*)♪

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1332434882/l50

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする