【男女SS】男「女が知らない男性と腕を組んで歩いてた」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 12:50:39 ID:vk0mDbHk
男(あいつは一体誰だったんだ)

男(大体俺がいながらなぜ・・・)

男(くそ・・・女のやつまだ寝てやがるのか)

男(起きたら問い詰めてやる)

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 12:51:52 ID:vk0mDbHk
男「・・・・・・」

女「おはよう・・・」

男「・・・・・・」

女「・・・昨日・・・ごめんね?」

男「・・・・・・」

女「怒ってる・・・?」

男「・・・・・・」

女「ごめんなさい・・・」ウルッ

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 12:53:35 ID:vk0mDbHk
男「・・・わ、分かったから泣くなよ!な?」

女「・・・許してくれる・・・!?」パァ

男「前言撤回」

女「うぅ・・・」グスン

男「・・・・・・」

女「・・・」スタスタ

男(どこ行ったんだあいつ)

女「・・・」スタスタ

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:00:15 ID:vk0mDbHk
男(あ、まただ・・・)

女「しにます」スッ

男「ちょっと待て!落ち着いて!な?」

女「さよなら・・・今までありがとう・・・男くん・・・」ニコッ

男「や、やややめてくれ!頼むよ!俺が悪かったから!」

女「え?いや、悪いのは私だよ?」

女「こんな悪い子・・・嫌いでしょ?」

女「でも、私は男くんに嫌われたまま生きていたくないの」

女「だから死ぬの」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:00:59 ID:vk0mDbHk
男「嫌いにならないから!好きだから!とりあえず包丁を離して!」

女「ホント!?うん!じゃあ死ぬのやめる!」

男「えっ?(切り替え速すぎだろ)」

女「・・・えっ・・・じゃあやっぱり・・・」

男「大好きですから死なないで!」

女「分かった!じゃあ包丁置いてくるねっ」

男「お、おう・・・」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:01:42 ID:vk0mDbHk
女「ただいま〜」

男「・・・おかえり」ムスー

女「・・・まだ怒ってる・・・?」スッ

男「怒ってないです心配してるんですお願いだからナイフ取り出さないで」

女「よかった♪」

男「つーか何でポケットにナイフ忍ばせてるんだよ」

女「護身用・・・かな?」

男「かな?って・・・家の中なのに」

女「護身用なんだから肌身離さないでしょ」

男「・・・そういうもんなのか?」

女「そういうもんだよ。あと、最近分かったんだ」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:03:28 ID:vk0mDbHk
男「何が?」

女「男くんに嫌われたらいつでもこれでしねr」

男「お願いだから冗談でもそんな事言わないで・・・」

男「でもポケットに入ってたんならさっきもそれ使えばよかったじゃん」

女「あ・・・そっか・・・じゃあ」サッ

男「使えとは言ってない!直ちにそのナイフを仕舞いなさい!」

女「うん!危ないもんね」

男(こいつこんなに馬鹿だったっけ)

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:04:19 ID:vk0mDbHk
男「あ・・・でさ」

女「うん、なあに?」

男「昨日のことだけど」

女「・・・」

男「とりあえずどういうことか、何故腕を組んで歩いていたのか、説明してください」

女「・・・あの人はね・・・王子様」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:05:07 ID:vk0mDbHk
男「・・・・・・は?」

女「・・・え?・・・あ!」

女「あ!の!ひ!と!は!お!う!じ!s」

男「いや、耳が遠いわけじゃないんだよ」

女「えっ」

男「えーと、分かった。じゃあ質問に答えてくれ」

女「はいっ!」ニコニコ

男「はぁ・・・じゃあ、まず一つ目な」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:06:50 ID:vk0mDbHk
男「昨日あなたと腕を組んで歩いていた男性はどなたでしょうか?」

女「それはさっき言ったよ?王子様」

男「分かった。質問を変える。お前とあいつはどういう関係なんだ?」

女「王子様とおひめs」

男「あーすまん、俺が馬鹿だった」

女「男くんは賢いよ?成績すごく良かったもん!」

男「そうか・・・」

男「で、王子様だって?何それ?」

女「あの人が『僕は君の王子様さ』って言ったの」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:08:40 ID:vk0mDbHk
男「ただの馬鹿じゃねえか」

女「それは私も思った」

男「もう良いや。この際そいつが何者とかどうでもいいよ」

女「会社の先輩だよ」

男「・・・最初からそうやって言いなさいよ」

女「だって『誰がなんと言おうと僕は君の王子様だよ』って」

男「そうですか、お前も相当馬鹿だな」

女「そんなことないよ!男くんと同じ大学出たんだもん!」

男「・・・・・・」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:09:57 ID:vk0mDbHk
女「・・・どうしたの?」

男「ああ、すまん」

女「大丈夫?」

男「うん(なぜ俺は心配されてるんだ)」

女「・・・で、なんだっけ」

男「昨日の話だよ」

女「あ、うん」

男「仲良く腕組んで歩いてたのはなぜ?」

女「わかんない」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:10:49 ID:vk0mDbHk
男「はあ?」

女「酔ってたから覚えてないの」

男「酔ってたって・・・お前酒飲めないじゃん・・・俺もだけど」

女「うん、でも飲んだよ?」

男「どうして」

女「出されたものは残さず頂きなさいってお母さんが」

男「いや、無理なもんは無理なんだから」

女「先輩が注文したんだもん」

男「だからお前も頼んだのか?」

女「ううん。先輩が二人分頼んだ」

男「いや、そこは断れよ」

女「せっかくのご厚意を無碍にするわけには・・・」

男「それはたぶんご厚意じゃないぞ・・・」

女「え、そうなの?」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:12:18 ID:vk0mDbHk
男「まあそれは良いとしてそのあとは?」

女「うーん。ああ、代金は自分で払いますからって断ったのに」

男「うん」

女「『姫に払わせるわけにはいかないよ。ここは僕が払う。気にすることはないさ』って先輩が言うから」

男「ご馳走になった、ってか」

女「うん」

男「今更だけどその・・・王子様こと先輩はいくつ?」

女「37歳」

男「予想よりはるかに歳上」

女「そうなの?・・・で、話、続けていい?」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:16:04 ID:vk0mDbHk
男「お、おう・・・」

女「で、お店を出て少し歩いてたら、男くんに会ったの」

男「・・・えっ」

女「ん、何?」

男「俺と会ったときは仲良く腕組んでたよな?」

女「男くんがそう言うならそうなんじゃない?」

男「完全に記憶あるじゃん」

女「じゃあ自然に腕を組んでたんだね?たぶん」

男(し、鎮まれ・・・俺の腕よ・・・怒りを鎮めろ!!)

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:20:47 ID:vk0mDbHk
女「でさ、そのあともう一軒行って」

男「・・・・・・」

女「終電ギリギリになっちゃってさ」

男「・・・それで?」

女「『姫。今日はもう遅い。幸い、僕の城はすぐそこなんだ。よければ泊まっていかないかい?』」

男「最初からそれが目的だと何故気づかないんだこの娘は」

女「でもね、私はちゃんと断ったんだよ」

女「ありがたいですけど、ごめんなさい、家で男くんが待ってるので、って」

男「女・・・」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:22:58 ID:vk0mDbHk
女「男くんに嫌われちゃったら、私、死なないといけないんです、って」

男「人聞きが悪いな」

女「でもなかなかしぶといんだよ、あの人」

男「ほう」

女「『大丈夫だよ。姫を守るのが王子の役目さ。だから安心して。君は死ななくて良いんだよ。』とか言い出して」

男「ああもう何が何だか」

女「あまりにしつこいから最終手段に出ました!」

男「おおっ・・・!?(嫌な予感・・・)」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:38:10 ID:vk0mDbHk
女「私はナイフを取り出し」

男「ナイフって・・・それ?」

女「・・・」スッ

男「取り出さなくていいから!」

女「刃先を自分の喉元に向けて」サッ

男「やめなさい!」

女「帰してくれなかったら男くんに嫌われちゃいます!」

女「先輩と一緒にいるところを見られてるし!これ以上帰りが遅くなったら完全に嫌われる!」

女「私、男くんに嫌われたら生きていけません!」

女「だからいっそのこと、ここで死にます!」

女「と、一芝居打ったわけです」

男「芝居なのかよ」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:38:43 ID:vk0mDbHk
女「そしたら、『わ、分かった!じゃあ気をつけて帰りなさい!またね、女さん!』って言って帰してくれたの」

男「先輩さんめっちゃ動揺してるやん・・・」

女「そんなわけで終電に無事間に合って、帰って来ることができました!」

男「小芝居のおかげだな」

女「でも、終電に間に合わなかったら、ホントに死ぬつもりだったよ?」

男「・・・はい?」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:39:24 ID:vk0mDbHk
女「だって、私たち二人を見た時の男くん、顔引きつってたし」

女「ヤバい・・・嫌われちゃったかも・・・って気が気じゃなかったの」

女「その上終電に間に合わないなんてことになったら・・・」

男「連絡くれりゃ、別に文句は言わないのに」

女「でも・・・」

女「男くんはいつも早く帰ってきてくれるのに、私は朝帰りなんて・・・」

男「迎えに行くよ」

女「迷惑じゃないの?」

男「そりゃいつもいつもってわけにはいかないけど、たまにならな」

女「でもダメ!」

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:40:34 ID:vk0mDbHk
男「なんで?」

女「男くんも仕事があるんだから夜は寝ないとダメなの!」

男「そこまで気にするならタクシー拾えば?」

女「お金がもったいないよ」

男「じゃあ尚更迎えに行くわ」

女「でも・・・」ウルウル

男「・・・これから遅くなる時は連絡すること!分かったか?」

女「はい・・・ごめんね?」ウルウル

男「もういいよ、怒ってないから」

女「・・・ホント・・・?」

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:41:32 ID:vk0mDbHk
男「おう!むしろ嬉しいよ。お前がそんなに俺のこと想ってくれてるなんてな」

女「私は男くんのこと大好きだよ!」

男「じゃあ、この話終わりな」

女「うんっ♪」ニコッ

男(ああ女マジ天使)

男「さてと、女」

女「なあに?」ニコニコ

男(女かわいいよ女・・・だがしかし)

男「今からちょっとだけ説教な」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:42:51 ID:vk0mDbHk
女「えっ?な、なんで?さっきは怒ってないって・・・」

男「いいから黙って聞け」

女「はい・・・」

男「まず、一つ目」

男「死のうとするのやめろ」

女「でも私は・・・」

男「黙って聞けと言ったよな?」

女「はい・・・」

男「お前が死んで悲しむ人がどれだけいると思ってるんだ」

女「・・・」

男「あと、俺の心臓にも悪い。何度見てもハラハラするんだよ」

男「だから例え冗談だとしても今後一切しないこと」

女「・・・ごめんなさい」

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:43:32 ID:vk0mDbHk
男「もう一つ」

女「・・・」

男「そのナイフ、携帯するのやめなさい」

女「・・・どうして?」

男「護身用とか言ってたけど、さっきの話聞いてる限りでは全く護身になってないよ」

女「なったよ!先輩のところから逃げたもん!」

男(あ、一応逃げたということになってるのね)

男「・・・でも死のうとしたんだろ」

女「・・・」

男「たとえ芝居でもそんなことに使うなら携帯するな」

男「いや、護身用だとしても、もう必要ない」

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:44:32 ID:vk0mDbHk
男「俺がずっと守るから」

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:45:08 ID:vk0mDbHk
女「・・・え?」

男「俺はお前が死なないようにずっとお前のことを愛し続けるし」

男「お前をずっと守り続ける」

女「・・・・・・///」

男「分かった?」

女「・・・はい!」ニコッ

男「それと、ちょっと待ってろ・・・」ガサゴソ

女「・・・?」

男「・・・ん、これ」ピラッ

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:46:44 ID:vk0mDbHk
女「これ・・・婚姻届・・・」

女「・・・・・・」グスッ

女「・・・ありがとう、男くん!」ニコッ

男「おう、ホントはもう少し待とうと思ってたんだけど」

男「堪え性がないんだよな」

女「ふふっ、男くんらしいね」

男「そうだな」

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:47:21 ID:vk0mDbHk
男(もう17年経つのか・・・)

男(女が隣に引っ越してきて)

男(一緒に遊ぶようになって)

男(初めて「男くん、好き」って言ってくれた日)

男(手作りのチョコレートをホワイトデーにくれたんだよな・・・)

男(『バレンタインに作るの忘れちゃったから・・・』って・・・如何にもあいつらしい)

男(ホワイトデーに出しに行くか、書類)

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:47:55 ID:vk0mDbHk
女「・・・ねえ、男くん、聞いてるー?」

男「ん?ああ、ごめん、ボーッとしてた」

女「むぅ・・・大事なことなのに!」

男「ごめんごめん、もう一回!」

女「仕方ないなあ」

女「あのね・・・」

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:48:15 ID:vk0mDbHk
女「書類・・・3月14日に出しに行かない?」

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/25(日) 13:52:28 ID:vk0mDbHk
一応おわりです

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1332647346/l50

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする