【友達SS】友「彼女…欲しいなぁ…」男「そーですか」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 19:39:51 ID:/iVQZpbk
友「なんだよ男、お前は彼女欲しくないのかよ…」

男「いや、欲しいけどさ」

男「ただ、お前みたいにはなりたくないなぁと…」

友「何をぉ?!」

男「お前さ、前にモテキきたじゃん?」

友「あぁ、来たね…あれが俺のピークだったのかねぇ~…」

男「いや、知らないけどさ」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 19:45:39 ID:/iVQZpbk
男「で、モテキが来たじゃないですか、友さんや」

友「何度も言うなよぉ~、照れんだろっ」

男「褒めてねぇし、勝手に照れんな、キモチ悪い」

友「も、物言いがきつくなってますよ?男さん…?」

男「そらぁ、きつくなりますよ」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 19:50:05 ID:/iVQZpbk
男「最初は後輩に告られ」

友「いやぁ、あん時はびっくりしたなぁ…」

男「で、次は同じクラスの女さんに告られ」

友「どこでフラグ立ったんだろーね」

男「更に隣のメンヘラに告られ」

友「いやぁ、リスカの跡が怖かった…でも不思議に守ってあげたくなる気持ちがこみ上げてきてさぁー」

男「しまいにゃ、○○○ときた」

友「○○○○だけど…なんかこぅ、中古ってのに惹かれる…」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 19:56:51 ID:/iVQZpbk
男「で、立て続けに四人に告られ、舞い上がっちゃって四股もし…しまいにゃぁ修羅場に…」

友「俺の後輩と女とメンヘラと○○○が修羅場すぎるぅ!」

男「ふざけてんのか……」

友「いやぁ~、一時はどうなるかと思ったよ」

男「なのにお前は懲りずに彼女欲しいとかほざきやがって…」

友「でも、それって僻みじゃね?」

男「あ”あ”ぁ?」

友「なんでもありません…」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 20:33:08 ID:XcuKPK/w
「……四股野郎には言われとうないわ…」

男「あの後のアウターフォローつうかケアっーか、俺がしたんだぜ?…まったく俺が友達想いでよかったな…」

友「そっかー、悪かったなー」

男「さらっと言うなや!ぶっ飛ばすぞ?!」

友「そう怒りなさんなや、男さん」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 20:53:01 ID:XcuKPK/w
「……はぁ…怒っても無駄かぁ…」

友「ため息つくと幸せ逃げんぞ★」

男「……こんなに能天気な奴友しか知らないよ…」

友「よし、男!新たな出会いを見つける為にどっか行こーぜ!」

男「なにがよしだ!勝手に決めんなよ!」

友「慌てる乞食は貰いが少ないっーが俺は急ぐぜ!モタモタしてたら青春なんざぁすぐに終わっちまう!」ダッ

男「わーすげー輝いてるよ友…」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 20:59:04 ID:XcuKPK/w

男「で、ナンパヤローの友さんや、出会いを見つける為に行く宛はあるんですか?」

友「いやぁ!特にないよ!」

男「ねぇーのかよ…」

友「大丈夫!どっかに落ちてるって!」

男「えぇー……」

友「…お?さっそく…あそこの本屋に居るカワユイ女の子は?」

男「…ん?ありやぁー確か同じクラスの地味子さんだな…」

友「そうか!地味子さんか!よし、おーーーい!!地味子さぁーーん!」

男「ちょ、おま!いきなりかよ!」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 21:04:49 ID:XcuKPK/w
友「あぁ!モタモタしてちゃーフラグは立たんだろ?!」

男「え、あ、お前、地味子さんと面識あんの?」

友「ないよ!てかあんな子クラスに居たの!?」

男「馬鹿だろお前!そして酷くね?!」

友「なんとかなるって!まぁ見てな!」ダッ

男「あの馬鹿…」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 21:14:28 ID:XcuKPK/w
友「おーーい!地味子さーん!」

地味「!!?(わぁ、なんだ?!)」

友「なにやってんのー地味子さん!?」

地味「え、や……本を探してた…よ?(え、え、なになにっ?!なんだこの状況……あ、この人…確か…同じクラスの友って人だっけ?…)」

地味「と、友くんは今日はなにをしてたの?…」(うわぁぁ!会話やだよぅ!怖いよぉ!)

友「え、地味子さん、俺の名前覚えてるの!?いやぁー!嬉しいなぁ!あ、でもクラス同じだから当たり前かぁ!あはは!」

男「おい、友、地味子さん困ってんだろ(お前、さっきまで地味子さんの存在すら知らなかったくせに何を言う…)」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 21:23:13 ID:XcuKPK/w
地味「!!?!/////」(え、嘘?!なんで男君がここに!!キャー//!…あ、友君と仲良かったんだっけ…)」

地味「わ、わたし急ぐからっ!……じゃ、じゃあね!////」タッタッタッタッ……

男「……」

友「……」

男「ほら見ろ、駄目だったじゃん…」

友「……ふっ…ふふふふ」

男「…きゅ、急になんだよ…なんだ?傷ついちゃったとか?」

友「男くぅん……君は分かってないようだね…乙女心って奴を……ふふふふ」

男「4股野郎に乙女心とか言われたくねーよ」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 21:53:39 ID:XcuKPK/w
友「地味子さん……俺に惚れてるな!」

男「は?お前のめでたい勘違いじゃねーの?」

友「お前は見てなかったのかい?地味子さんの表情を…」

男「表情?」

友「途中、恋する乙女の顏になってやがったぜ…」

男「はぁ…」

友「つまり!地味子は俺に惚れている!」

男「色々飛躍しすぎだろ…(確かに…少し顏が赤かったような?)」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 21:59:10 ID:XcuKPK/w
友「あぁーモテ男はつらいわーまじつらいわーひゃー」

男「ミサワ的な感じやめろ、顔面センターにすんぞ?」

友「あぁーいやだねー僻みわーんもぅーーまいっちゃうっ」

男「こっちがまいっちゃうだよ…」(うっぜぇー…)

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 22:05:20 ID:XcuKPK/w
友「まぁ、この眉目秀麗才色兼備の友が明日から地味子さんにアプローチして地味子さんのハートをキャッチだぜ!」

男「才色兼備は女性を指すからな?」

男「……確かに今日の朝やってたな…」

友「おうよ!妹と朝早く起きて見た」

男「なにやってんのお前…」

友「プリキュア面白いぜ!あぁ、同志の阿良々木さんと熱く語りたいぜ!」

男「お前化物語好きだろ」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 22:13:28 ID:XcuKPK/w
男「……」

友「まぁ、なんだ?やっぱ俺1人じゃぁアプローチとか不安だから男、手伝ってよ!」

男「はぁ……まぁ、お前さんが又、変に厄介な事を起こすか心配だから、少しは手伝ってやるよ…」

友「恩に切るぜ!」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 22:18:29 ID:XcuKPK/w
男「で、どんな感じにアプローチとかするつもりなんだ?」

友「ノープランデス!」

男「…えぇー…」

友「ぇー、じゃぁ…ね~…うーんと……そうだ!」

男「お、なんだ?」

友「地味子さんってさ、よく放課後教室でプリントだの雑用とか知ってるじゃん?」

男「…?それ確か委員長じゃない?」

友「えっ」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 22:24:15 ID:XcuKPK/w
男「えっ」

友「……そーだっけ?」

男「……うん…」

友「……あ、じゃあ!よく放課後花壇に水やりとか雑草むしってる子は…」

男「…それ確かモブ子じゃね?」

友「えっ……あぁ、雑草ちゃんが地味子さんじゃないのか…」

男「雑草ちゃんって、お前…」

友「あっれー可笑しいなぁ…」

男「お前が馬鹿なのか阿保なのかよくわからなくなってきた…」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 22:34:38 ID:XcuKPK/w

友「うーん…俺の情報収集は確かな筈なんだが…」

男「…しかも全部放課後のデータじゃねーかよ……某ギャルゲーの独断調査好きのストーカーニヒルの同級生なら的確にエンカウント確率を教えてくれるよ…」

友「俺は先生押しだ」

男「知らねーよ」

友「あ、関係ないけど地味子さんって星の…

男「はいはいどーでもいいからなんかアイディア考えろよ」

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 22:41:44 ID:XcuKPK/w
友「こうなったら、いきなり告っちゃおうぜ!」

男「えぇー…それはどうかと思う…」

友「大丈夫だよ!なんかあの子押したらいけそうだしっ!なんとかなるって!」

男「なんかやみくもにやってないか?」

友「大丈夫だw問題ないw」

男「はぁ…まぁ、やってみるだけやってみれば?」(こいつ振られてもすぐ立ち直るからなぁ……メンタル面分けてほしいよ…)

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 22:49:52 ID:XcuKPK/w
翌日 放課後 教室
友「うひひ……朝ラブレターを下駄箱に仕込んでおいて…あと10分後にここに来るよう書いといた…」

男「そっかー…って10分後?!もぅすぐぢゃん!?」

友「あぁ、その通りだ!早くこの想いを届けたいからな!」

男「ちょ、まてよ!お、おれは何処でお前の愛の告白を見てりゃぁいいんだよ!」

友「えぇー、見んのー?趣味悪ぅ」

男「何があるか分からないからな…一応…」

男「で、俺は何処で見てりゃぁいいんだ?!」

友「ん~……そこのロッカーん中でよくない?よくなくなくない?」

男「ぇー…ロッカーかぁ…」

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 23:03:08 ID:XcuKPK/w

友「よぉし…そろそろだな……男、ロッカーに隠れてろ…」

男「お、おう…」

ガラガラガラガラ…

地味「……私に手紙くれたのって友君……?」

友「………………ぁぁ…」

男『声ちっさっ!』

地味「……要件は何かな……」

友「ぁ”、ぁ”の…実は……デスね…デュフフ…」

地味「……?(え、なにこれキモい…)」

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 23:12:46 ID:XcuKPK/w
男『おいおいおい!しっかりしろよマタオ!告白しちまぇ!』

友「実は、デスね…ボ、ボクト…」ドキドキ…

男『フーられろ!Whoられろ!』ワクワク

友「お友達になってくださぁい!!!!」

男『あ、逃げやがったなマタオ…』

地味「……えっ」(!?!)

男『どーなる…んだ…?』

地味「べ、べつに……いいですよ……(……ぁ!友君と仲良くなれば男君とも仲良くできるかもっ!)

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 23:19:12 ID:XcuKPK/w
帰り道
友「……ぁ~ドキドキしたぁ…」トボトボ

男「腑抜けめ…」

友「だってぇードキドキしたもんはしょうがないじゃーん…」

男「4股してた時、午前中にメンヘラと○○○、夜中○○○と○○○男が何を言う…」

友「あれはあれで○○○痛かったけど…別で楽しかったなー」

男「はぁ…一番可愛いそうだったのは後輩だったよなぁ…」ボソッ

友「なんか言ったー?」

男「いーや、なにも…」(ご愁傷さま…)

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 23:27:14 ID:XcuKPK/w

男「よくメンヘラに刺されなかったな…」

友「言うほどメンヘラじゃなかったけどねー。」

男「アフターケアした俺の身にもなれよ」

友「だねぇー」

男「(こいつ、まじで殺してぇ…はぁ…」

友「漏れてますよ、男さん…」

男「いいよ、別に…本音だから…」

友「……」

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 23:34:26 ID:XcuKPK/w
男「…まぁ、もぅ学校生活もあと残り一年だし…好きにすれば?」

友「だねぇー…」

男「友ってあれ?高校行かないんだよね?」

友「知り合い先輩に紹介して貰ったホスト?で働くー」

男「土方じゃなくて…?まぁ、ニートよりマシかぁ?……いや、全部可笑しいけど…」

友「いいの、俺、人生投げやりだからw」

男「お袋さんが可愛いそうだ…」

友「別にいいしwwなんか言ってきたら殴るからぁww」

男「へぇ…(DQNだなぁ…)」

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 23:40:20 ID:XcuKPK/w
友「にしても地味子さんってスタイル良いよねぇ…ひひ」

男「あわよくばやろうとか考えてんのかよ…」(盛りのついた犬かよ…)

友「いやぁ……ね、できたらいいなーなんて★」ニタァ

男「……そうかよ…」ゾクゾク

友「そうだ、男、この間先輩が○○パーティ(笑)?に俺を誘ったんだけど、男、お前も行く?」

男「いや…いい…」

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 23:45:11 ID:XcuKPK/w
友「そっかー残念」

男「……お前…本当変わったよな…」

友「そう?」

男「あぁ……本当…変わった…」

友「……いいよ別に…あの時男が止めてくれてたとしても……多分俺は…」

男「……そっか…」

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 23:52:35 ID:XcuKPK/w
男「……」

友「………まぁ、いいさ ほら男、帰ろうーぜ!」

男「あぁ……」

モブ「………すごいこと聞いちゃった…」

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/26(月) 23:59:21 ID:XcuKPK/w
月日は経ち、友が地味子と仲良くなるのもあっという間だった

友も、途中で地味子の好意が男に向いてることを知ったのも、そんなに時間はかからないことだった。

ふと、友は恐ろしい事を考えた…

そうだ…地味子を男とくっつけさせよう…そして…

この時の友は正常ではなかった

だか、男はそれをまだ知るよしもなかった。

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/27(火) 00:11:04 ID:awuJDXHs
男「でさぁ、そこでよ友が…」

地味「あはは……面白いね、2人とも…」

友「…………」(そろそろだな…)

友「ねぇ、地味子さん………地味子さんってさ…好きな人居る?」

地味「えっ、いきなり何///」

友「いやぁ…気になって…」

男「いきなりなに言うんだよ…友…」

友「男は気にならないのか?」

男「まぁ…気になるけどさぁ…」

友「だって、地味子さん♩」

地味「え、えっ……///」チラッ…

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/27(火) 00:15:06 ID:awuJDXHs
友「地味子さんは男が好きなんでしょ?」

地味「!?!??!」///

男「ちょ、はぁ!?何言ってるんだよ!友」

友「そうだよね?地味子さん♩でなきゃあんなに男のこと聞かないよね?」

男「……え、本当?地味子さん…」

地味「……」こくん

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/27(火) 00:27:20 ID:awuJDXHs
……眠いので適当に…

その後、男と地味子は付き合うことになった…

だが、友の○○○の計画は始まっていたのだ…

友が次に使った手段は地味子の弱みを握ることだった…

そして友は無事地味子の弱みを握り、友は地味子を廃墟に呼び寄せた…

そして、友は仲間と地味子を襲いかかり、地味子は○されてしまった…そこに男が駆けつけた時はもぅ、遅かった…

男は友の仲間に暴力を振われ身動きが取れない状態で、○され続ける地味子をただ見てるしかなかった

だが、それも長くはなかった。
近所の人が警察に通報したらしい。その後友と仲間は少年院行きとなり、地味子はPTSDになり、自殺をしてしまった…

ただ残されたのは男1人だった…。

おしまい

https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1332758391/l50

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする